福島の温泉街。時間がなくて温泉は入れなかった。バスから降りて会場までの道が分からず、そこにいたどこかの温泉宿の送迎バスの方に聞いたら「このバス乗って。途中で降ろしてあげる。」と親切にして頂き、バスに乗って15秒ほどで会場に着いた。知らない土地に着いて、最初から経験した好意が嬉しくて気持ちがなごんだ。


一緒にワークをしたのは、初めて会う方が多かった。恐らく私(40代)とほぼ同年代の人たち。自己紹介のあと、ワークが始まった。その時点で何がきっかけだったか、私はイライラして自己嫌悪感にまみれていた。

「自分はダメなやつだ。」 見知らぬ色々な人が集まった緊張感がきっかけで、何か嫌な思い出や感覚が湧き上がって来たみたい。


自分の感覚を感じながら俯きかげんに黙々と歩くワークがあった。「ああ、私は小学生の頃こうやって下を向きながら、無になって1人歩いて帰っていたなあ」と思い出した。

同級生と上手く馴染めず、孤独で悩みが多かった私は、こうやって下を向いて一歩一歩ゆっくり歩きながら帰っていた。

歩いているうちに少しずつ重い気が晴れて来た。私はあの時自分の為の時間を持ち、小さいながらに頑張って自分を癒していたんだなあと思った。会場に流れる音楽が軽快になる頃には、イライラが綺麗に消え去っていた。


皆とアホみたいに踊った。汗が吹き出して来て、皆の色んな匂いも感じた。

男性と一緒に踊った時、小学校の同級生と踊ってるような感覚になった。はっちゃけて踊ってる人、凄く可愛かった。とにかく愉快だった。


午前のワークが終わる頃には、何故か皆は自分の小さい頃からの幼馴染!くらいに親しみを感じていた。あとはもう手放しでその場にいることしかできなかった。ただリラックスして、ここにいる。


1番最後のワークは壮大だった。というか、自分の中にある力強い野性のエネルギーを信じられないくらい感じた。そのくらいのエネルギーが本当は自分の中を駆け巡っているんだ。

そんなこと座学だけじゃ想像がつかなかった。

五行の宇宙は自分の外の世界だけじゃなく、確実に自分の内側で脈を打っている。



お腹が目一杯空いて帰りに皆と食べた福島のご飯は、今も思い出してしまうくらい美味かった。



(追記)

このワークの後、自分のソロライブがあったのだけれど、自分でも戸惑うくらい身体とハートが開いて、今までにない自分の歌を歌えた。

そういえばワーク前の自己紹介の時、

「人前で歌を歌う時、長年染み付いた身体の緊張がどうしても前に出てきて歌に出てしまう。次のライブで身体と心を繋げて歌えるように、今回のワークを臨みたい。」という様な事を言っていた。

ライブではそれが実現できたのだ、と思って今、とても感慨深いです。


​龍と踊る

Awakening 

Sleeping Dragon

https://www.tao-goddess.org/awakening-sleeping-dragon



12/8福島パート2、ワークに出た私の感想です。


次は大阪は1/11、東京は1/13に開催されます。

東京は私がオーガナイザーです。


沢山の方と、心身のエネルギーがダイナミックに踊るこのパワフルな龍のワークをご一緒したい!

何が起きるかは人それぞれですが、

興味が少しでもある方に、このワークの醍醐味を味わって頂きたい。


事前に開催される、パート1(オンラインzoom)では、タリカのリードで自分の生まれ持ったエネルギーの傾向を、五行(木・火・土・金・水)の知恵に導かれてひもといていきます。パート2ご参加の方は無料です。パート1だけのご参加も大丈夫。かなり興味深く面白い。

これについてもブログ書こう。




ドデカおにぎり!!




ライブが終わり、FBに投稿した。↓



昨日、3回目のsilky jazz liveが終わりました。

初めてひろこさんから銀座のトティデさんでライブをやってみないか声をかけて頂いた時、「お願いします」とお返事するのに数ヶ月も掛かった…

ひろこさんプロデュースとはいえ、自分も企画して主催してお客さんを呼んで値段も決めてのソロライブはやった事はないし、歌もまだまだ下手くそ、もうとにかく全然自信がなかった。
そんな事を自分がするのか!と思ったら、
自分を高く見積もる、とか自分大好き!というイメージがやって来て、「恥ずかしい!」という気持ちが湧いて大変だった。

マインドはいつも大袈裟で大変だし、しつこい。
でも自分がどうしたって歌が好きなこと、新しいことに挑戦してみたい気持ちを尊重してみることにした。
人生一回きりだし。
この先こんな風に声を掛けて貰えることはないかもしれないし。
あと、自分のことも好きです。

結果、3回目も迎えられたし、リピートして来てくださる方もいて、胸が熱い。
自分の歌もちょっとずつ豊かさを増している。
銀座のゆったりとして急かされない空気感と、トティデさんのお料理が美味しくてお客さまにはリラックスして頂けるし、昼間という時間帯も良い。
1回目から、共演して頂くミュージシャンの方々も素晴らしく、私のまだまだ拙い歌をゴージャスに後押してくださり、ほんとうに有り難く有り難く、、、、ありがとうございます!!

昨日は地に足をつけて高く伸びるように歌うべく、ヒール無しの靴で歌いました。
楽しかったな。

あの場で時間を共有してくださった皆様、ありがとうございました!

次が迎えられますように🙏




ライブ前日のFB投稿↓

11月の終わりにタオのセクシャリティワークに参加し、座学も含めて先週は五行のエネルギーバランスを整えるワークに行きました。
両方ともお手伝い参加ですが、ワークもがっつりやって
集中し取り組んだ分、身体の気の通りが良くなっているのを感じています。
感情やエネルギーが湧いては留まらずに流れて、循環している感じです。
あと、前よりも丹田に力が入るようになってる様に思います。

ワークで習った五行の中の「土」の気功、凄くキツくて辛くてやっている間止めたくてしょうがないのだけど、今日やった後に歌を歌ったらまるで違う声が出て、びっくりした。
恐るべし…!気功!

明日はライブなので、お客さまがご飯を食べている背後で土の気功をしよう…

とにかく何が言いたいかというと、緊張症の私には珍しく明日のライブで歌うのが楽しみなのです。

「踊れ踊れ!人生を踊れ!」というタイトル、良いね!!

あと、五行のスペシャル1デイワークは1/11大阪、1/13東京。東京、私は初めてオーガナイズさせて貰います。沢山の方とワークの時間を共に過ごしたい。
1デイワークの前には座学で五行を学べる日もあって、これもめちゃめちゃ面白い!

さー寝るぞー!

(タリカメルマガ「踊れ踊れ!人生を踊れ!」)
タオビオソーマ、終わった。

すごくすごく良かった。

美しく 繊細で、 その場の空間が余すことなく呼吸していた。

自分達が生命そのものだった。


…言葉で説明するのが〜〜難しい!


セクシャリティーは人生の一部ではなく人生そのものだとジェロニモは言っていたけど、

今までどれほど人生を蔑ろにして生きて来たのだろうか。


今回は男性の参加者さんが多く、

そのお陰で鍵を掛けてしまいがちだった自分の内側のセクシャルなエネルギーが、大きく揺れ動いて顔を出した。


男性の皆さんが語ってくれた正直な言葉に、胸を打たれた。

私はずっと、男の人の繊細さ、優しさ、飾らない等身大のその人自身の姿…そういったもの見たいと願っていたのたけど、

その望みが叶ってしまった。


自分が頑なに癒されるのを拒否していた、男性への不信感とか苦しい思い出が

みるみる内に解けて行った。


本当に本当に素敵な人達が集まっていたなー。



帰り道、思いがけず車の追突事故に遭ってしまった。

家に帰り着いて暫く経ってやっと、恐ろしさが込み上げて来た。

もし何かが違っていたら、命が無くなっていたかもしれない。

生きてるからこそ、死への導線へもちゃんと繋がっているんだと、改めて意識させられた。


タリカのワークに出始めてから、

生きること、死ぬことを身近に感じざるを得なくなっている。









私の始めてのセクシャルプラクティスは、
タオイストジャパンの「女神の集い」だった。


始めて女神の集いに参加した時①



始めて女神の集いに参加した時②

 


女神の集いというからに、キラキラ✨

なイメージを、何も知らなければ思い浮かべるかも知れないが、

全くサラっとしたものではなくて

汗と涙とムン…とした湿度のあるエネルギーが溢れかえる、超絶ウェットなワークだった。

その中にキラキラもあった。

極上のキラキラだった。


ワークの体験は本当に衝撃的なもので、

それまでは真っ暗な深い海で半分溺れながら

足が付かない恐怖の中を

どこに進んでるのかわからないまま必死に水掻きしながら生きてきた様な毎日だったのに、

その感覚が嘘のように消え去って

浜辺の上にゆっくり座って沈みゆく夕日を見ながら、その美しさと尊さをに胸を打たれてただただ涙する…

みたいな感覚に翻ってしまった。


その後も、波はもちろんあるけれど、

その感覚はずっと身体の奥に残り続けている。


頭でいくら考えて理解したつもりになっても、すぐ消え去ってしまう。

心と身体で知ったことは、こんなに説得力を持って自分のものになるんだなあと感じた。


このワークに出たことで、

私は本格的に

人生を方向転換する選択をし始めた。