ご無沙汰してます。

少し間が空いてしまいました。

このところ、色々あって・・・、

ちょっと発信ができなくなってました。

 

ですが、

アラフィフ主婦チャレンジ

続けております。

 

新たにチャレンジし始めたのは、

音声配信!

 

ほんとはStream Yardを使った

ライブ配信をしようと思ってたのですが、

勇気がありませんでした・・・。ショボーン

 

やっぱりライブ配信は、なところで

やりたい。

不特定多数の人に顔出しして喋るのは

どうも抵抗がある。

やるなら、グループ作って、

私のことをよく知っている人

向けて発信したい!

 

そう思って、ライブ配信はとりあえず、

保留にしました。

 

音声配信は、続ける自信が

全くなかったので、こっそり始めてました。

ほんとにこっそり、誰にも言わず・・・。

 

とりあえず、21日間続いたら・・・

って思ってやってたら、どうにか

21日間続いたので、ここで公表することに

しました。

 

でも、まだまだ慣れなくて、

何を喋ったらいいのか、

迷ってますが、続けてます。

 

喋るネタ下さいあせる

こんなこと喋って!

あんなこと聞きたい!

があれば、コメント下さい。

続けるために、

是非、お願いします。

 

・・・で私の音声配信は、

ポッドキャスト、スタエフ、Spotifyなど

メジャーな音声配信スタンドで聞けます。

ついでにYouTubeにも載せました。

 

Portlane Essentials

「アロマな時間」ですビックリマーク

 

興味のある方は、聞いてみて下さいね。

 

一応、YouTubeのリンクだけ

貼っておきますね。

 

 

アラフィフ主婦チャレンジ!

是非、応援して下さい。

メディカル・アロマセラピーの

プチお役立ち情報

「プチ・アロマ」 No.4 

エッセンシャルオイル(精油)選び方



今日は基本に戻って、

メディカルアロマで使用する場合の

エッセンシャルオイル(精油)選び方

をご紹介します。

 

これ、以外とあまり気にせず

適当に選んで買ってる方が

結構多いんですよねぇ・・・。

 

ちょっと残念!

 

リラクゼーション目的

メディカルアロマ目的

違うんですよー。

 

なぜか?

 

それは・・・、

エッセンシャルオイル(精油)が

 

1.直接肌に触れることがあり、

 

2.芳香成分薬理効果

考えて使用するからです。

 

 

じゃあ、どのエッセンシャルオイル(精油)を

選べばいいの?

 

高品質なもの!

 

・・・って、ちょっとざっくりすぎますね。

 

ちなみに、医療グレードとか、

セラピストグレードとか

書かれているものがありますが、

あれは全く当てになりません!


そんな基準はアロマ業界には存在しないので、

ご注意下さい!

 

 

もう少し具体的に説明します。

 

エッセンシャルオイル(精油)を

メディカルアロマ目的で

使用する場合、

 

皮膚からの浸透と、

脳(大脳辺縁系)への働きかけ

 

この2つを主に活用します。

 

なので、エッセンシャルオイル(精油)と

書かれてあっても、なんでもいいわけではないんです。

 

エッセンシャルオイル(精油)は植物なので、

育つ環境(土壌・標高・気候・風土等)により、

含まれる成分構成比が異なってきます。

 

だから、私がエッセンシャルオイル(精油)を

購入する時にまず最初にチェックするのは

エッセンシャルオイル(精油)の成分分析です。

 

有名なのが、GC/MS分析というもので、

まず、そもそもこの成分分析をきちんとして

販売されているエッセンシャルオイル(精油)

なのかどうか?

 

成分分析がされていないものは

結構あるんですよ。

どこにも表記がないものは

絶対Xですね。買いません!

 

そして、その分析結果をきちんと製品に

添付、もしくはサイト上などで詳細データ

表記されているかどうかがポイント!

日本で販売されている高品質なものは

紙の成分分析表が製品の箱に

入っていることがありますが、

海外ではほとんど成分分析表は

ついてきません。

 

なので、ウェブサイトなどで分析結果が

見れるかどうかをまずチェックしてから

購入するようにしています。

その他にも購入時のチェックポイントは

もちろん色々ありますが、まずは成分分析が

きちんとされているかどうかが、

大きな目安にはなるので

覚えて置いて下さい。

アメリカで購入できる

高品質なエッセンシャルオイル(精油)

Pranarom
Aromatics International
Florihana

Stillpoint Aromatics

 

 

私が買ったことがないサイトもありますが、

この辺りならきちんと成分分析表が見れるので

割と安心して使えるものだと思います。

 

ご参考までに・・・。

 

New America

ようやく大統領選の決着

がついたようです。

 

いやー、ここ数日はハラハラしました。

選挙権のない私でも、

先行きがとても不安でした。

 

あまり政治的なことや宗教のこととか、

Facebookやブログには書きたくは

ないのですが、それでも今回の

大統領選は誰もが注目していたので、

少しだけ私の考えを書きます。

 

まあ、詳しい政治政策など

実際にはよく分かってませんけど・・・、

とにかくトランプさんが大統領になってから

なんだかこの国が・・・、社会全体が・・・

「変」になりましたよね。

 

彼がアメリカ第一主義を抱えてから、

国民が同じように、

自己中心的に物事を判断するようになり、

暴言を吐き、を作り、差別し、やがて

暴力へと発展していったような気がします。

 

どこへ行った?

あのフレンドリー

アメリカ国民達は?

人を思いやる人達は?

安全なポートランドの街は?

 

ほんとにどこ行った?

って感じです。

 

 

この大統領選を終えて、

新しいリーダーになったら、

きっと元のアメリカいや、

もっと新しいアメリカになって

 

アメリカだけでなく、

他の国々や、地球全体をも

皆が互いに思いやる社会

なっていって欲しいって

本当に心の底から思います。

 

確かに自己主張が強くなければ

やっていけない国ですが、

ここまで自己中心的

なってしまっては、

世の中おかしくなってしまう。

 

やっぱり「和」も大事。

 

日本のように、なんでも協調性

重視しがちなのも、今の世の中

やっていけないし、次世代の

子供達は自分の意見

しっかり言えるようにならないと

やってはいけない、

とくにアメリカでは無理なのは

目に見えている。

 

だからといって、

自分!自分!では駄目なのよ

ってことが、この4年間で

よーく分かったんじゃあないかと

思います。

 

失敗から学ぶこともあります。

 

この4年間を無駄にしないためにも

学んだことを次のリーダーとなる

バイデンさんとハリスさんには

活かして欲しいですね。

 

そして、平和な世の中

戻ってきますように・・・。

 

 

メディカル・アロマセラピーの

プチお役立ち情報

「プチ・アロマ」No.3です。

 

こんにちは。

今回は、メディカルアロマ

在宅テレワークについて

考えてみます。

 

まずコロナ禍の現状は・・・。

 

◆在宅テレワーク

もうこの形での仕事の仕方が

定着しそうですよね。

 

最初は不便な感じもしましたが、

意外と効率よく仕事がはかどることから、

日本でも本格導入する会社も

多くなってきたのではないでしょうか?

 

 

アメリカと日本事情の違い

アメリカは日本よりも家庭での

パソコン普及率が高いと思いますし、

 

家自体も日本の家よりは大きいので、

新たにPCや机を置くスペースや、

一人になれる空間もあって、

 

わりとすんなり在宅勤務に

移行できているのかもしれません。

 

それでも、子供達の学校が

通学ではなくオンラインになり、

ここポートランドの小中学校は

いまだオンライン授業のまま。

 

電波の問題や、子供達の声や

生活の物音など、

仕事の妨げになることはあります。

 

ストレス

またずっと家の中に

籠もっているだけでも、

ストレスになる人も

多いのではないでしょうか?

 

意図的に外に出て

ちょっと散歩してみるとか、

ヨガなど自宅でてきる運動をしてみるとか、

身体を動かすことをしないと、

ほんとに一日中ずっと座りっぱなし

ってこともあり得ると思います。

 

そうなると、ストレスだけでなく、

身体の不調が出てきても

おかしくないですよね。

 

ストレスと身体の不調が重なると、

効率よくできるはずの仕事も

当然はかどらなくなってきます。

適度に気分転換や運動は必要ですね。

 

 

在宅テレワークを快適にするための対策

 

メディカルアロマを活用する方法を

ちょっと考えてみました。

 

 

香りの伝達

 

「香り」は鼻から嗅覚刺激となって

脳の中の大脳辺縁系と呼ばれる

人間の本能を司る場所へ

ダイレクトに作用します。

 

なので、香りによる効果は

即効性が高く、

ちょっとした気分転換には

もってこいなのです。

 

 

◆ビジネスモードへの切り替え

メリハリのない毎日をしゃきっと

朝からビジネスモードに・・・

朝に目覚めよく

頭がすっきるする香り、といえば・・・、

 

  • ローズマリー・カンファー
  • レモン

  • グレープフルーツ
  • ペパーミント

  • レモングラス など

これらの精油は、

頭をすっきりさせたり、

集中力や記憶力を

あげる作用のある精油

 

この中からお好きな香りを

仕事を始める前に嗅ぎます。

 

香りを香らせる方法

コットンに一滴

好みの精油を垂らして

机の片隅に置いておくだけでも

充分に香ってきます。

 

毎日であれば、

下の写真のような

アロマウッド

アロマス トーン

活用してもいいですね。

 

同じ香りを数日続けて嗅ぐことで、

脳と身体が香りと作用を覚えて、

仕事モードへの切り替え

スムーズになってきます。

 

Umora 熱を使わず 簡易芳香器具 黒胡桃木梅花のアロマプレート アロマオイル 専用アロマディフューザー WOODタイプ 車載 安眠 瞑想 2個セット

 

無印良品 アロマストーン 皿付・白 02868284

 

アンドエヌイー(&NE) 美濃焼プレート付き 珪藻土アロマストーン Leaf NAO-111-LF

 

ディフューザーがあれば、

仕事に取り掛かる少し前から

お部屋を香らせておくといいですね。

 

ここで要注意なのは、

仕事中ずっと

ディフューザー

たいておくのは

やめましょう!

 

嗅覚刺激が強すぎて、

返って気分が悪くなったり、

頭痛がしたりする

場合があるからです。

 

だいたい20分もあれば充分です。

また、近距離で香らせる

必要もありません。

 

不快でない程度に

ふんわり

香らせるようにして下さい。

 

神経毒性を含む香りもありますので、

香りの嗅ぎすぎや、直接皮膚へ

つかないように気をつけて下さい。)

 

休息には・・・

そして、仕事に疲れてきて

少しリラックスしたい時や、

休憩時には・・・

 

以下の香りを少し嗅いで、

気分を切り替えてみて下さい。

 

  • オレンジ・スイート

  • ゼラニウム

  • ラベンダー・アングスティフォリア

  • カモマイル・ローマン

  • ベルガモット

  • サンダルウッド など

 

これらの精油には

リラックス効果があり、

疲れを癒やす作用があります。

 

仕事部屋から出て、

お茶を飲んだり、

少し目を閉じて

横になったりする際に

これらの精油を嗅いでみて下さい。

 

すーっと気分が変わってくるかと思います。

 

その他に、これらの精油を使って

ハンドクリームを作って

手をマッサージしたり、

 

温湿布にして

眼精疲労を取りのぞいたり、

 

キャリアオイルと混ぜて

座りっぱなしの足のむくみを

マッサージすることもできます。

 

活用方法は色々ですが、

まずは鼻から香るのが

一番簡単なので、

試してみて下さい。

 


◆睡眠前には・・・

また仕事を終えて、

夜寝る前には・・・

 

誘眠作用のあるものや、

仕事や将来の不安や、

更には鬱症状などに作用する

 

以下の精油を香りながら

眠りにつくのもいいですね。

 

  • ラベンダー・アングスティフォリア
  • プチグレン

  • マンダリン
  • ベルガモット

 

長引く新型コロナ対策として、

皆さんの在宅テレワーク

少しでも快適なものとなりますように・・・。
 

 

もう11月、早いですねえ・・・。

そろそろ風邪の季節がやってきますね。

 

この頃からいつも風邪対策を始めています。

 

もちろん、アロマで対策もしますが、

数年前から使っているもの、

 

エキナセア(Echinacea)

 

ずいぶん前のブログですが、

書いていたので、ご参考までに・・・。
 

アメリカからの遠距離介護

関しての記事の続きです。

 

これまで長い記事にお付き合い下さって

有難うございます。

 

これで一応最後にするつもりですが、

遠距離介護に関連する色んな経験談は

また追々書いていこうかなあとは

思っています。

 

これまでの記事はこちら↓

「超高齢化社会の日本。日本の親を思う。

アメリカからの遠距離介護でできることは?できないことは? #1」

 

「超高齢化社会の日本。日本の親を思う。

アメリカからの遠距離介護でできることは?できないことは? #2」

 

アメリカからの遠距離介護でできることは?

できないことは?番外編(摩訶不思議な事件簿)

 

 

さて、本題です。

 

日米間の遠距離介護で、

私ができていなかったことについて・・・

 

それは、「覚悟」です。

 

この「覚悟」には2つありました。

 

1つ目の「覚悟」は・・・

最初に母が入院してすぐに

ある看護師さんから

言われた言葉から得た

「覚悟」でした。

 

当時ちょっと変わった看護師さんがいました。

海外で看護の勉強をされたとかで、

はっきり物を言う、

なんかちょっと周りの看護師さんと

違う雰囲気の方でした。

 

ちょっと偉そうで、やることも少し雑な

感じの看護師さんでしたが、

それでも色々と私に介護の方法を細かく

教えてくれる方でした。

 

気管切開による喉に溜まった

痰の処理の仕方とか、

排便がうまくいかない時の

便のかきだし方とか・・・

普段看護師さんがやるようなことまで

色々と教わりました。

 

そして、ある時彼女にこう言われました。

 

「お母さんの命を助けるって決めて、

助けたのはあなたでしょう?

だから、あなたは一生お母さんの

面倒を看ないといけないのよ。」と・・・

 

どんな話の流れでこんなことを

言われたのか忘れましたが、

かなりガツンときた一言でした。

 

後から思うと、なんでこんなキツイ言葉を

患者の家族に投げかけたのか?とも

思いますが、それでも・・・

 

あー、私にはそんな「覚悟」はできて

いなかった・・・と思い知らされました。

 

このことがあって、

私は絶対に母の面倒を

何がなんでも看ていこう!と

決めたので、

 

結婚してからも、

アメリカに住み始めてからも、

子供が生まれてからも、

遠距離介護であっても、

 

母の世話は私がする!と

決めていました。

 

 

そして、2つ目の遠距離介護で

私ができていなかった

「覚悟」とは・・・、

 

 

母の死に目に

逢えないかもしれない

という「覚悟」でした。
 

頭ではちゃんと分かっていましたよ。

もちろん半分はアメリカにいるんだから、

ひょっとしたら最期を看取ることは

できないかもしれない。

 

「覚悟はできているつもりです。」

なんて言ってました。

 

でも全然「覚悟」なんて

できていなかった!

 

どこかで・・・、

これだけ頻繁に日本に帰ってるし、

蜜に病院や施設とも連絡を取ってるし、

事ある毎に実際に帰国して、

母の世話もしているし・・・、

 

だから、私は母の最期には立ち会えると

ずっとどこかで思ってました。

 

そして、最期の時には母に

あー言おう、こう言おう、

最期までちゃんと手を握って、

耳元で「有難う!」と言おうと

決めてました。

 

 

・・・でも、できませんでした。

実際には母の最期には

立ち会えず、電話越しで

母の最期の報告を受けました。

 

最後に病院に行ったあの時に、

なんで、もっと話しかけなかったんだろう、

なんで、もっと手を握ってあげなかったんだろう、

なんで、もっと身体を擦ってあげなかったんだろう、

なんで、もっとゆっくり病院にいなかったんだろう、

なんで、ちゃんと「バイバイ」と言わなかったんだろう、

・・・と

全て後悔に変わりました。

 

 

遠距離介護でできないこと

それは・・・

 

最期を看取ることができない

かも?しれないということです。

 

そして、その「覚悟」を常に持って、

遠距離介護をしないといけないということです。

 

辛いことですが、

遠距離に住んでいるということは

こういうことなんだと

私は身を持って学びました。

 

遠距離介護をされている方、

これから遠距離介護にたちむかう方に、

何かの参考になれば・・・と思います。

 


メディカルアロマテラピーランキング

アメリカからの遠距離介護に関しての

記事#2からの続きです。

 

前の記事を読まれてない方は、

こちら↓

「超高齢化社会の日本。日本の親を思う。

アメリカからの遠距離介護で

できることは?できないことは?#2」

 

さて、続きですが・・・。

一つだけ、

私ができていなかったこと。

これを話す前にもう一つやってたことを

後から思い出しました。

 

それにまつわる摩訶不思議な事件

今日は書きます。

 

遠距離介護で、

もう一つ欠かせないことは

ご近所の方々への協力

お願いすることです。

これもとーっても重要です。

 

ご近所数軒を回って、帰国時には挨拶し、

時々お礼に行ったり、お土産持って行ったりして、

関係を築きながら、連絡先も教えてもらい、

何かあったらお願いします!と

常々頼んでいました。

 

父の今住んでいる地域では、

高齢者の一人暮らしも珍しくなく、

時々自治会でカラオケ大会やら、

輪投げ大会、定期的な昼食会、

たまに日帰りツアーなんかもあり、

色々と催し物があります。

 

母への介護とは直接関係はないのですが、

父も高齢者で一人暮らし。

 

何かとできないことや、電話ではよく分からない

ことが多々あります。

 

パソコンはもちろん、スマホも全く使えない父。

インターネットもよく分からない。

 

なので、電話しか連絡手段がないんです。

 

・・・実は少し前に

普通じゃあ考えられないこと

起こりました。

 

父と電話で話をしていて、

途中から父が同じことをボソボソと繰り返し

喋り始めました。

 

最初はあれ?って思ったのですが、

何度問いかけても一方通行で、ずっと

ぼそぼそと喋り続けます。

 

それも絶妙なタイミングで、私の問いかけの後に

繰り返し、同じ話が続くんです。

 

そして、はぁーと一呼吸置いて、またぼそぼそと

同じ話が続く・・・。

 

なんか、おかしい、絶対おかしい。

父の様子が変だ!

 

そう気づいても、電話口からは何もできません。

必死で呼びかけるも、父は無視してボソボソと

喋り続けます。

 

半ば、私は大パニック状態で、

必死で問いかけ続けながら、

身振り手振りで主人に説明。

 

主人からは脳梗塞じゃあないか?

などと言われ、余計にパニック!

 

もう怖くて怖くて、手が震えだし、

半泣き状態です。

 

主人になんとか私の姉(同じくアメリカ在住)に

連絡してもらい、姉から日本の親戚に連絡。

 

でも、こういう時に限って全く連絡が取れない!

誰も繋がらない!

 

そして、最後の手段で、実家のお隣のおばあちゃんの

娘さんに電話連絡。

 

この方とはお互いの親がお隣どおしで、

しかも高齢者の一人暮らしということで、

事前にお互い連絡が取れるように

電話番号だけ交換してました。

 

「バイクで走れば15分くらいだから、

様子を見に行ってあげる!」と親切にも

言ってもらえたので、すぐお願いしました。

 

その間、私は電話を切ろうにも切れない!

切ってしまったら、もうおかしくなってしまっている

父がこれからどうなるのか分からない。

 

そして、ソワソワしながら、連絡を待つことしばらく・・・。

 

その娘さんから連絡があり、

「お父さん、大丈夫でしたよ~。」

 

え?あれ?どういうこと?

今、電話でまだボソボソと喋り続けてるのは

いったい誰~????

 

よく分からない状況の中、携帯電話を取り出し、

父の携帯に電話。

 

その間、こっちの家電と父の家電はまだ

そのまま繋がったままで、

父の声は聞こえてる状態。

 

すると、「はい、もしもし」と、普通に電話に出た父。

え?え?え?どういうこと?

 

そして「なんで、近所の人、呼んだんや!」と

(関西弁)言い出す始末。

 

「あんたの電話、途中で切れたやんか!」と

(関西弁)さらに怒ってる!

 

どういうこと???

 

ほんとに意味不明ですが、その時点でやっと

電話がおかしかったと気づいて、家電を

切ったという私。

 

でも、こんなことってあり得ます???

 

普通にしゃべってる途中で、電話がなぜか

録音され、しかも途中の私が喋ってる声は一切なく、

父の声だけがずっと流れてたんです。

 

それも、私の問いかけに絶妙なタイミングで

その音声が繰り返し流れる。

 

ありえないでしょう?!

 

普通、録音だって分かるだろう?!って

思うかも?しれませんが、実際全く分から

なかったんです。

 

ぼそぼそと喋っていたからか?タイミングよく

音声が流れるからか?

 

だいたい、まず誰も電話で喋ってる最中に、

その声が録音されて、音声が流れるなんて

想像しないですよね。

私もそんなこと考えもしなかった。

 

父に後で聞いても、何もボタンなど押してない

って言うし・・・。

こっちも何も操作はしてません。

 

普通にお互い喋ってただけ・・・。

おー、こわ!

盗聴でもされてたのか???

 

未だにいったいなぜこんなことが怒ったのか

さっぱり分かりません。

 

でも、こんな摩訶不思議なことがあったんです。

本当に・・・。作り話じゃあないですよ。

 

まあ、何事もなかったから、もうほんとに

腰が抜けるようにほっとしました

 

この事件があってからは、自治会長さんや

民生員の方などにも声をかけて、連絡先を

聞いて、何かあるたびにお願いしています。

 

あー、また長くなってしまいました。ごめんなさい!

 

介護にまつわるエピソードはいっぱいあるので、

思い出すと、色々と出てきますので・・・。

また追々、このブログで綴っていきます。

 

次回こそは、遠距離介護で、

私ができていなかったこと

書きますね。

 

 


メディカルアロマテラピーランキング

先日書いたアメリカからの遠距離介護に関しての記事の続きです。

前の記事を読まれてない方はこちら↓を読んでから、この記事を読んで下さい。

「超高齢化社会の日本。日本の親を思う。アメリカからの遠距離介護でできることは?できないことは?#1」

母、介護される側に対して、

遠距離介護ではできなかったこと

(あくまでも私の経験談からです。)

 

それはもちろん、毎日のお世話です。

介護は毎日のことです。

私が毎日できない分、遠距離介護の場合は、

誰かに負担が回ります。

 

うちの場合は父と、入院先の病院や施設の方々でした。

父の協力なしには、遠距離介護はできなかったと思います。

誰かの協力があってこそ成り立つ遠距離介護です。

 

遠距離介護で罪悪感を覚えることは多々あります。

・・・が、できないことはできない!

割り切りも必要

誰かにお願いすることもやっぱり必要なんです。

 

ですが、中には他人では難しいこともあります。

細かいことを言うと、ちょっとした治療や処置が発生した場合、

家族の承諾が必要になります。

医師や看護師が勝手にできないことが多いのです。

また必ず父以外にも連絡を取れる家族が必要で、

それは親戚や従姉妹にお願いしていました。

 

私が、遠距離介護でやったこと・できたことは、

とにかく日本にいる間に

医師や看護師やケアマネージャーさんなどと

何度もお話させていただきました。

 

何かあった時の対処法や家族の希望、嫌なことですが、

最悪のことなどを想定してどうしたらいいのか

アドバイスを受けながら相談しました。

 

当時は介護保険や医療保険の改正があったりと、

日本の制度的なものが分からない、知らないことも

多々ありました。

 

そういったことは、調べたり、その場で聞いたり、

相談したりしながら、変更になればその都度

聞いて対処するしかありませんでした。

 

また連絡手段、メールアドレスや、繋がる時間帯まで、

連絡が入って帰国までの時間なども、

細かくお伝えしておきました。

 

そして母、介護者の症状の現状確認を、

帰国する度に事細かく聞き出して把握し、

今後どうなるかなども視野に入れながら

対応していました。

 

なんらかの症状が出たり、病名が分からない時は

恥ずかしがらず医師にしつこく質問しまくり、

分かりやすく説明してもらいました。

 

薬もやたらめったら増やされるのは嫌だったので、

いちいち細かく何の薬で、どういった作用をするものか、

また本当に必要か、後でやめれるのかなども

聞いたりもしていました。

 

とにかく、介護の世界はわからないことだらけです。

母が倒れた時は、私はまだ20代だったので、

本当にあたふたしてました。

 

当初は「褥瘡」と言われても、私にはなんのことか

さっぱり分かりませんでした。ガーン

 

「床ずれ」と言ってくれれば分かるんですがね・・・、

気難しい医師に当たると、やたらと難しい言葉を

使いたがる先生もいました。

 

なので毎日の細かいお世話ができない分、

帰ってきたら全力で世話しました。

 

あー、私が側にいたら、もっとこうしてあげられるのに、

あーしてあげれらるのに・・・

なんてことはほんとにたくさんありましたが、

そこはぐっと飲み込んで、

介護士さんや医師や看護師さんに感謝しつつ、

帰った時だけでも、娘としてできることを

しっかりやったつもりです。ニヤリ

 

食事の介助や、歯磨き・手洗いなど、

細かい日々のお世話や下の世話、

オムツ替えやトイレの介助はもちろん。

 

お風呂も病院や施設では通常は

家族はついていきませんが、

嫌がられながらも必死でお願いして、

毎回一緒にお風呂場に行って、

母の身体を丁寧に洗いました。


私は介護資格はもってないけど、

もし将来生活に困って稼がないといけなくなったら、

介護の仕事で私は生きていけるなあって思うほど、

一通りの介護のことはできる自信があります。

 

新人介護士さんより、たぶんちゃんと寝たきりの人の

おむつを替えられると思います。えへへウインク

 

リハビリも理学療法士や作業療法士の先生から

色々と教わってできる限りのことを覚えて、

リハビリのない日にも、私が代わりに母を介助して

リハビリをしていました。

 

車椅子や歩行器、靴や介護パジャマ、

その他の介護用品なども損傷がないか、

足らないものはないかを毎回チェックして、

帰国中に調達するようにし、

私がアメリカにいる間に必要になった場合に、

問い合わせ先や注文先、担当者名など

全てチェックして、なんでもコピーや写メを取って、

アメリカにも常に情報を持ち帰るようにしていました。

 

父は毎日病院や施設に足を運んで、

食事の介助などはできましたが、

それ以外の細かいことはあまりできず、

ちょっとした問い合わせとか、

医師や看護師との相談も耳が遠いのでとても苦手。

 

また区役所に出す書類等の処理も

全てできなかったので、

そういった細かい書類上のことも

全部帰国時にまとめてやるようにしてました。

 

こんなふうにして、なんとか20年間という長い間、

アメリカと日本を行ったり来たりしながら

私は遠距離介護を続けました。

 

そして、一つだけ、

私ができていなかったことがあります。

 

それは・・・、

長くなったので、続きはまた後ほど・・・。

 


メディカルアロマテラピーランキング

ここ数日、なんだか嫌なことが続いてました。私はFacebookとこのブログを中心に色々と思ったことや情報を発信していますが、今まで割と穏やかに何事もなく続けてこれていました。・・・が、ほんのここ数日で色々あって凹んでます。

 

まず、数日前からFBを通じて知ったビジネス系コンサルに参加しました。めちゃくちゃ期待してワクワクして参加。内容的には充実しており、選んだものは間違ってないとは思っていたのですが、コンサル一日目が終わって担当者と連絡取ろうとしても、レスポンスがほとんどない。あれ?相談は無制限じゃあなかったの?って感じで、なんだか暖簾に腕押し状態。でもFB見る限り、担当のコンサルタントの方も忙しいのだろう、ここはぐっと我慢して待つことに・・・。


待ってる間に何かしなきゃ!と思って、FBの友達申請をこちらからすることにしました。今までは友人・知人としか繋がってなく、全く見知らぬ人からの申請は断ってました。でもある方の助言から、ビジネスをやっていくなら、FB上での認知は必須。知らない人とも繋がっていった方が良いと言われ、知り合いの知り合いなど信用できそうな方からの申請は最近は受けるようにしていました。

 

そして、今回は私からも積極的に友達申請を出し始めました。もちろん、知り合いの知り合いなどから始め、最初は順調に繋がり始めてました。・・・が、なぜか急にどんどん友達申請がこちらに来るようになってきて、あー、こうやってお友達が増えるのかあ・・・なんて最初は悠長にかまえてましたが・・・、どんどん増えてくる。だんだん承認するのに一人一人誰との繋がりかを確認するのも一苦労。そのうち、またどんどん申請数が増え始め、ほんの2日ほどで軽く100人超え。え???って感じで、承認するにも一向に数が減っていかない。どうなってる?って不思議に思いながら承認続けるも、だんだん変なものが混じってくるように・・・。

 

どうみてもスパムでしょう?というものがちらほら入り始め、スパムらしき名前で変な日本語(明らかに日本人が書いたのではない日本語)でコメントが入ったり・・・。外国のお医者様が連続で入ってきたり、まったく共通の繋がりのない人や、日本国外からも色々。なんかおかしいと思い始め、さっきのコンサルの方に助けを求めてまた連絡。でもやっぱり返事がない。困って別の担当の方に連絡し、その方からはすぐ返事が来て、自分のビジネスとは関係なさそうな人とは繋がらなくてもよい、直感的に変だなと思う人や嫌な人とも繋がる必要ないと言われ、そこからこういうちょっと変だなという方々からの申請は拒否し始めました。どんどん拒否し始めると、あれ?ほとんど男性ばかり。そう、急に増えた友達申請はほとんどが男性でした。なんでだー!あー、怖い!

 

今までの私の繋がりはほとんどが女性。一部、学生時代の友人やビジネス通じて知り合った方などもいますが、ほんの数えるほど。それが一気に男性に広がり始め、ちょっと焦りました。そして、最初の方に大丈夫だろうと思って申請を承諾した人の中でも変な人がちらほら。


繋がった途端、メッセンジャーでプライベートメッセージ。最初の挨拶やビジネスの紹介などはよくありますが、そういったものではなく、なぜか今日の名言やら、住んでる地域のお天気やら、気に入ったメッセージの写真やら、挙げ句に今日の一日歩いた歩数の写真まで・・・、なんですかこれは???どう返信しろと???

 

はたまた別の方は、私のずいぶん前の投稿写真を見て、いいねをつけてきたかと思うと同時に、私のFBから主人のページに行って、主人が載せた写真にまでいいねをつけてきた。え?なんでそこまで見てるの???


また別の人は、綺麗などこかの温泉の写真と共に、セミナー案内を送ってきて、宿泊もできます、費用は無料・・・と、なんだそれ!誰が行く???

 

やっぱりおかしいよね。こういうの・・・。なので、一旦繋がった方々でも切らせてもらいました。

 

こんなので喜んで返事する人いるんだろうか?よっぽど暇な人や、同じ趣味?の人しかいませんよね。しかも、今まで全く見知らぬ人ですよ。顔写真がある人もいれば、写真もなく、名前も本名じゃあない変な名前で投稿してる人が申請してくるとか、ほんとに色々。

 

いやー、焦りました。どんどん広がっていく世界。ちょっと恐怖すら感じました。これまで家族ネタで投稿したことが多かったので、もちろん主人や子供達の写真もたくさん載せてたし・・・、なんだか知らない人から見られてるのって怖いです。芸能人の方など、名前の知られた方ってこういう恐怖と共に生活されてるんだなあと思うと、改めてすごい精神力じゃあないと持たないよなあと思いました。

 

そして、先日FBで在米日本人で国際結婚カップルに役立つだろうと思ってちょっとした情報を投稿。私自身が別グループで知った内容で驚いたので、出所も確かめた上で投稿し、それに対する意見をちょこっと書いただけです。それが、ある一人の方(これも男性)から、攻撃?にあいました。この方も実はあまりよく知らない方でした。以前Zoomのとあるセミナーに参加した時にご一緒し、海外在住組という共通点で何人かの方とその時繋がったうちの一人でした。なので、実際にはどういう方なのかよく知りませんでしたが、一度Zoomでお会いしているので、まあいいかと承認し、実際にはその後の交流もなく繋がっただけの関係でした。


もろに重箱の隅をつつくような感じであれこれ言われ、私が言いたかったことを理解していないのか?考え方もそもそも違うので意見も合わず、意見が合わないのは仕方がないのに、それを更につついてくる。もうどうしていいか分からなくなり、とりあえず「もう止めて下さい!」と強制終了してもらいました。これ以上議論しても平行線だし、疲れるだけで、言葉尻を取ってあれこれおかしいと言われても、もうあちらに同意しない限り終わりそうもないと判断しました。だけどやっぱり同意できないものは同意できないし、言ってることがどんどん違う方向に行ってしまい、手に負えなくなり無理やり終わらせました。その後は何も言ってこなくなったのでほっとしてますが・・・。あとから何かメッセージでも送ってこられたらどうしようってちょっと怯えてました。

 

そんなわけで、ここ数日なんだかいやーな気分で凹んでおります。あー、発信して広く知られていくことってこういうことなんだ。私にはまだ覚悟が足りなかったんだと実感しました。ビジネスにはまず認知が必要ですが、こういうこともあるんだと認識しました。発信がちょっと怖くなってきた私ですが、ブログやFBで発信している方ってこういう怖さとどう戦いながら続けているのでしょうか?自分の言動がどう広まっていくのか、ちょっとした言葉遣い一つで勘違いも簡単に起こりえます。意図したこととは違う方向に取られてしまうこともあり得ます。ビジネスされてる方で、発信することが怖い、認知されるのが恐怖だと感じた人はいないのでしょうか?

 

少しの間FBを見るのも嫌になり、意図的に見ないようにしてました。その間、友人達数名から心配のメッセージを頂きました。有難う!嬉しかったし、有り難かったです。ですが、あえて正直に言うと、あの場で助けてほしかったなあ。あとから個別でメッセージも嬉しいけれど、あの場で私が間違ってないと思っていてくれたなら、相手に言ってることがおかしいですよと一緒に言ってほしかった。・・・でも同時に、きっと同じように攻撃されるのが怖かったんだろうなあ、巻き込まれるのが嫌だったんだろうなあとも思いました。そりゃそうです、私が逆の立場なら同じように巻き沿いくらうのは嫌ですから・・・。

 

だからといって、今回のようなことを見て、だからFBって怖いのよねえとか言いつつ、FBから決して抜けようとはしないくせに、外から眺めるばっかりで自分は何もしない何も言わない人もどうかなあ?とは思います。他人の私生活とか覗き見するのは好きだけど、自分のことは一切見せないという人は実際多いと思います。確かに発信が苦手な人は多いので、それはそれで構わないのですし、無理にする必要はないとは思います。・・・が、その場は見てるだけで、後から別の場所で色々と批判したり意見したりするのはどうかなあとは思います。でもまあ公の場では言えない人が多いのでしょうね。

 

投稿を消したほうがいいんじゃあないかというアドバイスももらいました。でも、私、何か間違ったことしましたか?別に私は何も変なことしてません。荒らしてきたのは向こうの方です。それに必死で対応したまでです。それも含めて私です。私という一人の人間を知ってもらう意味では、対応の仕方とか、色んなこれまでの発言とかを見てもらえれば分かると思ってます。見苦しかったとは思いますが、そう思うなら途中で見なければいいことでは?そう思ったので、あえて消さないことにしました。これも私の決断ですし、これが私です。

 

怖いながらもこうやって書くことで、少し気持ちを沈めています。もちろん賛同してくれてる方々もいる?と思うので、発信は続けていきたいけど・・・。私の中では良かれと思って発信しています。大きなお世話?かも知れませんが、世の中には知らないことがいっぱいあります。私自身が知って良かったこと助かったこととか、他の人にも伝えた方がいいんじゃあって判断したことを素直に載せているだけです。他意はありません。あれば、なぜそうしたいかをちゃんと書きます。

 

結局は自分で一線を引くことが必要なんだろうなあって思いました。どこまで許すか、どこまで書くか、どこまで受けるか、どこまで手を伸ばすか、どこで切るか・・・そういうことを決めておかないと、変な方向に行ってしまうのだろうと学びました。

葛藤しながら、ゆっくり続けていきます。

中秋の名月を迎え、秋が深まってきましたね。さて、この頃になるとだんだん空気が乾燥してきて、お肌がカサカサしてきませんか?私は時々アトピー症状が出るので、この時期から肌の乾燥を防ぐように注意しています。

 

今回はそんなアトピー肌や乾燥肌が気になる方に、すぐにできる超簡単な対策方法をお届けします。

 

私は綺麗好きが講じて実は昔はお風呂に入ったら必ず身体を2回洗っていました。しかも2回とも念入りに、石鹸をたっぷりつけてしっかり洗ってました。・・・が、それが良くなかったのか?洗いすぎて常在菌まで全て洗い流してしまったのか?原因は定かではありませんが、肌がカサカサになりアトピー肌になりました。最初にアトピーのような肌荒れが出始めたのは、腰まわりと首まわり。そして耳の裏、肘や膝の内側がカサカサし始め、次第に痒くなってきて無意識でかくようになり悪化しました。幸い、私のアトピーは出たり出なかったりで、最近はあまり酷くならなくなり、肌の状態も比較的落ち着いていますが、酷い時はステロイドも使いました。

 

最悪だったのは、身体ではなく目の周りに急にアトピーが出た時。しかもそれが結婚式の数日前!めっちゃ焦りました。両目全体が腫れ上がり、まんまると赤い輪郭ができ、皮膚がカサカサで痒みもあり、もちろんお化粧もできませんでした。結婚式という晴れ舞台で、もちろん写真撮影もあるし、もうどうしようかと思いましたが、なんとかぎりぎり治って当日はお化粧もできて写真も撮れました。この時は洗いすぎってことはなかったので、今思えば、原因はストレスだったのかなあ?って思います。

 

さてさて、原因は何にせよ、カサカサ肌やかゆみとの戦いはなるべく避けたいものですよね。もちろん私のように洗いすぎは駄目です。皮膚にある常在菌まで洗い流してしまうので、清潔すぎるのはかえって健康な肌を維持するのを難しくしてしまいます。今は新型コロナの影響で消毒液やハンドサニタイザーを使うことも多いので、アトピーまではいかなくとも、手荒れになっている人も多いかと思います。

 

実は肌荒れしてしまった肌にエッセンシャルオイル(精油)を使うことはかなり注意が必要です。エッセンシャルオイル(精油)は高濃度な植物のエッセンスです。自然なものとは言え、常に安心安全とは限りません。肌荒れして弱った皮膚に、高濃度なエキスを使うとどうなるでしょうか?逆効果になってかえって肌荒れを起こしてしまうことがあるんです。私もかつて酷い手荒れ(いわゆる主婦湿疹)に、エッセンシャルオイル(精油)を配合したクリームを自作してせっせと塗りたくり、かなり悪化させた経験があります。なので、少しカサついているくらいの時ならまだいいのですが、皮膚表面の荒れがひどい時は私はエッセンシャルオイル(精油)の使用はお勧めしていません。

 

しかし、カサカサ肌はなんとかしたいですよね。私がお勧めしているのは、お風呂に入る前のオイルマッサージです。ここで使うオイルはエッセンシャルオイル(精油)ではなく、キャリアオイルと呼ばれる植物油。特にココナッツオイルがお勧め!そして、お風呂に入った後ではなく、お風呂に入る前ですよ!←ここ重要!

最初はベトベト感が少し気になるかも?しれませんが、お風呂に入る前にささっと気になる部分に塗るだけでも構いません。試しにやってみて下さい。身体を洗いすぎることがなく、しっかり保湿してくれるので、お風呂上がりは肌がしっとりします。アトピーがひどい方は、汗をたくさんかいた日でなければ、石鹸はなるべく使わず、お湯でオイルを流す程度にしてみて下さい。石鹸をどうしても使いたい場合は、なるべく石鹸は少量にして、ささっと手で撫でるくらいで汚れを落とします。できるだけ、ココナッツオイルのぬるっとした感覚が残るようにして下さい。お湯で洗い流した後、少しベトってした感じのままタオルドライすると、あとからしっとりスベスベ肌になってきます。さらにお風呂上がりに保湿クリームを塗っても大丈夫ですが、ココナッツオイルだけでも充分しっとりしてきますよ。体全体でもいいですし、まずは部分的に肌荒れが酷いところだけ試してみてもいいですね。

 

できれば、ココナッツオイルは肌用(化粧品グレード)のものをお勧めします。食用のものは、口に入れてもいいくらいだから、大丈夫だろうと思われがちですが、用途が違います。食用だと、肌に刺激を与えるような不純物を取り除いてない場合があるので、肌用の方がお薦めです。特にアトピー肌の人や肌が元々弱い人、肌荒れがひどい状態の人には、食用のものを使用するとピリピリしたり刺激を感じる人もいますので、注意して下さいね。

 

アトピー肌だけでなく、乾燥肌が気になるこの時期に是非このお風呂前のオイルマッサージをしてみて下さい。ご参考になれば・・・。