こんにちは☀

CSS公務員セミナーでチューターを務めさせて頂きますAと申します。

文部科学省で内定をいただきました。

少しでも皆さんのお役に立てるように、様々な情報を発信していきたいと思います!

よろしくお願いします(^▽^)/

 

本日は、「インターンシップの参加」についてお話しできればと思いますニコニコ

この記事を読んでいる多くの方は、公務員試験を受ける方だと思いますが、

まだ志望先が決まっていない人もいるのではないかと思います。

 

そんな人におすすめなのが、インターンシップの参加ですびっくりマーク

時期的に難しい方や、勉強の進度によって難しい方もいるかもしれませんが、

少しでも興味のある場所でインターンシップに参加してみると、

「行きたくなった!」「少し思っていたものと違うかも。」のように、考えが深まったり、変わったりするかもしれません

 

もちろん、勉強の時間を割いてまでインターンシップに参加することが、一概に良いとは言えませんが、

私は「参加して良かった!」と思っています。

 

実際にインターンシップに参加して良かった点をご紹介します。

①業務内容が細かく分かる

先輩職員と一緒に働くことを体験してみて、説明会では詳しく話されないことも分かるので、

実際に自分が働くことを想像しやすいです。

逆に、自分が思い描いていたものとは異なることもあるかもしれません。

 

②職員の雰囲気が分かる

働いていくうえで人間関係を重視する方も多いと思いますが、インターンシップに参加することで、

職員の方はどんな人が多いのかや、自分は一緒に働きたいと思えたか等、様々なことを感じることが出来ると思います。

私自身、一緒に働きたいと思うようになりました。

 

③先輩職員という強力な味方ができる

試験前や面接前に、アドバイスをいただいて勇気を出していました。

また、面接の際には、どんな雰囲気であったか等、自分の気になることを質問させていただくことで、

少しでも安心して試験に臨めるようになります。

 

④面接時に強みとなる

実際にインターンシップに参加した場所での面接になりますが、

面接官と話す際に、自分の体験をより身近なものとして伝えることが出来るので、

面接官に思いが伝わりやすい気がします。

 

以上、「インターンシップの参加について」でした!

いかがだったでしょうか?

 

勉強とは異なる視点でしたが、参考になれば幸いですニコニコ