1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-17 22:00:01

老けない細胞を作る脳の動かし方

テーマ:若さを保つ土台作り
✿コラーゲンを育てる 潤肌石鹸の入荷状況のお知らせ✿

大変お待たせいたしました。ぺこり

 

潤肌石鹸の入荷日が確定しました。

12月22日(金)に入荷致します。

 

キラーン只今、ご予約注文をしていただけます。

現在、ご予約頂けると、入荷次第すぐの発送をさせて頂きます。

 

キラーンNEWキラーン石鹸のご購入を頂いた方に、キメ細かい透明感のある肌を作る洗顔の仕方とすすぎ方の動画をプレゼントさせて頂きます。

※商品発送時のお知らせメールに動画のURLをお送りさせて頂きます。)

 

洗い方一つで肌は変わります。毛穴の引き締めや美白など、

より効果的に石鹸をお使い頂く為にご活用頂ければと思います。

 

石鹸の入荷を毎回、お待たせをしてしまっておりますが、

 

3年以上、25種類以上のハーブを漬け込んで

抽出した成分を、生きたまましっかり成分を閉じ込める

特別な製法で

 

コラーゲンを育てる石鹸として職人さんが
一つ一つ作っております。

 

石鹸で使っている油も酸化させない

コールドプロセス製法の数少ない石鹸です。

 

毛穴が小さくなる、くすみがなくなる、

吸い付くようなしっとり感が出てくる

というお声を頂おております。

 

キラキラ石鹸を使って頂いたモニターさんの4週間の経過写真は

こちらからご覧いただけます↓

http://ameblo.jp/cspring/entry-12292877738.html

 

大量生産ができないので毎回、ご予約いただく分のみで

完売させて頂いておりまして、

入荷して2日ほどで完売をさせて頂いております。

 

ご予約頂きますと、確実に在庫を確保させて頂けますスマイル

今ご予約頂くと入荷次第、すぐの発送が出来ます。

 

ご要望の方は、こちらからお申し込みください♥akn♥

http://cspring-official.com/shop/products/detail.php?product_id=5

 

石鹸の成分や詳しい説明はこちらです↓

http://cspring-official.com/uruhada/

 

このブログにご訪問頂きありがとうございますぺこり

 

このブログでは

「自分のキレイを

最大限に引き出して保つセルフケア」

 

をお伝えしています。

 

自分のキレイを自分で創り続ける

 

スキンケアなどの外的なケア、

身体の中からのインナーケア、

内分泌や自律神経を司る脳の動かし方

 

など、

根本的なセルフケアの方法をお話ししています。

 

セルフケアの効果を上げて、きれいを創るのは、

スキンケアなどの方法の前に、土台が必要です。

 

それがあって、内分泌や細胞レベルで

キレイが生まれてきますので、

初めての方は、以下の記事からご覧頂ければと思います。

 

何をやっても効果が出ない本当の原因

https://ameblo.jp/cspring/entry-12284878107.html

 

老化の速度はここで変えられる 老けない土台の作り方

http://ameblo.jp/cspring/entry-12290948705.html

 

 

こんばんは、藤田千春ですニコニコ

 

ご覧頂いてありがとうございますぺこり

 

前回のお話はこちらからご覧ください♥akn♥

罪悪感なしの安心スイーツは自律神経も整える

https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventrylist.do

 

先週日曜日は、

東京での脳科学美容セミナーでした。

 

今回も内容が盛りだくさんで、

 

内分泌を変えて老化の速度を遅らせる脳の動かし方&

自分で小顔とリフトアップを作る

セルフリフトアップフェイシャル、

 

やたるまない顔に必須の

身体のゆがみをとって骨盤を立てる開脚

などなどなどをお伝えした

 

約4時間のセミナーでした。

 

少人数で実技とワーク中心でとても楽しかったです。

 

静のワーク中の皆さん↓

 

この後は身体を動かすワークやセルフとアップフェイシャルや

小顔整体、

 

骨盤を立てる開脚や体のゆがみ取りなどやって

皆さんぽっかぽかになっておられました。

 

ブログ同様、セミナーも全部出しでお伝えしますので、

終わった後、わたくし数日使い物にならずkonatu

 

超珍しく風邪っぽくなって、

記事の更新が今日になりましたが

 

今回セミナーの内容をお伝えしていて

とても大事だなと思ったポイントを

シェアさせて頂こうと思います。

 

私は、自分をよりキレイにするための事を

学んで、自分自身で実践をしてきて

ブログに書く

 

ということをやってきたのですが

 

きっかけになったのは

出産後期から出産後のこの頃です

 

この頃、物凄く勉強しまして

知識はものすごくついて、

 

出来ることは実践して

お金を掛けられる部分はかけてました。

 

玄米菜食だったし、

ローフードだし、

 

スキンケアお金をかけて

表情筋のエクササイズも

毎日1時間以上して…

 

まぁなにをやっても、

全然変わらなかったわけです。

 

むしろ写真の状態より悪くなってました。

 

「なんで、

こんなにいいと言われてることをやってるのに

変らないんだよムキー

 

と腹が立ってました。

 

色々やってるのに、肌も顔の感じも

益々、下がっているし

険しい顔だし肌も荒れてくるし

 

なんでなんだと本気で怒ってました。

 

ある時に、自律神経と

脳の働きを学んでいる時に

 

何故、

自分がこうなってるのか知ったわけなんですが、

 

それが、

 

自律神経を動かし、

体内の内分泌を変える

 

脳の動かし方でしたし、

情報の使い方でした。

 

どういうことなのか簡単に説明しますと

 

脳には報酬系と言われる部位と

苦痛系と言われる部位があります。

 

報酬系は脳の線条体と言われる部位で↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%9A%E6%9D%A1%E4%BD%93より出典

 

お金をもらったり、おいしいものを食べたり

好きな人といたり、

 

建前ではなく、

その人自身が本当にうれしい、心地いい

リラックスしている

と感じている時に動く部位です。

 

報酬系が動いている時

身体の中の内分泌の状態は

 

ドーパミン、オキシトシン

βエンドルフィン、セロトニン、

といった物質が分泌されます。

 

これらは、精神の安定や幸福感、

安心感などを感じさせる脳内神経伝達物質ですが

 

美容や健康面で、

なくてはならない大きな働きをしていて

 

ドーパミン血流を良くさせて代謝を上げるホルモン

 

・血流が良くなると、栄養が細胞の隅々まで運ばれる細胞が活き活きする

代謝が上がると体温も上がると免疫も上がる、

老化しづらい体内環境が出来る

 

オキシトシン=新陳代謝を上げるホルモン

 

・ストレス耐性が強くなるホルモンでもある

(つまり活性酸素の量を減らせる)

脂肪燃焼効果もあって、ダイエットに大きな働きをするホルモン

 

ベータエンドルフィン=女性ホルモンの分泌が高まるので、

肌や髪にうるおいやハリが生まれる

 

・免疫力が高まる、代謝が上がる、毛細血管を広げて血流もよくなる

抗酸化力が強く、老化の原因の活性酸素を除去できる

 

セロトニン=幸せホルモンなのでストレスに強くなる

 

・このホルモンが一番たるみに関係あり、

たるまない筋肉、抗重力筋を増強させるので

顔を引き上げる僧帽筋や、目の周りの眼輪筋や

口の周りの口輪筋も発達させる

 

・肌代謝を良くしたリ、

副交感神経のスイッチにもなる

 

報酬系が動くことで、

これらのサプリメントでは補えない

内分泌がどばーっと分泌されますし

 

自律神経のバランスも整ってきます。

 

苦痛系は脳の前部帯状皮質

という部位で↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%B8%AF%E7%8A%B6%E7%9A%AE%E8%B3%AA

より出典

 

物理的な痛みを感じることで反応を示しますが、

肉体的なストレス(暑さ、寒さ、寝不足、疲れ、痛み)や

 

精神的なストレス

(不安・恐怖・怒り・悲しみ、葛藤、

緊張、不安、悩み、寂しさ、辛いとか、苦しいとか)

 

を感じる場合でも活性化する場所です。

 

この時の体内には「HPA系」

というストレスホルモンを放出する

回路が動きます。

 

そうすると免疫が抑制されます。

 

ざっくり言いますと老化しやすく、病気になりやすい

体内環境が出来ます。

 

この時、分泌されるホルモンが

コルチコステロン、ノルアドレナリン、テストステロン

コルチゾールといったホルモンで

 

コルチコステロン=嫌な事、アクシデントが起こると

分泌されるホルモン

 

・海馬の細胞をダメにするので、

新しい記憶が更新されないためストレスを感じやすくなり

活性酸素の量を増やす。

 

(新しいことを考え付かなくなる過去の事をぐるぐるしてしまう。

よりストレスを感じやすくなるホルモン)

 

ノルアドレナリン=交感神経優位にスイッチさせる

 

・血流が止まる、血液が筋肉に行って筋肉が硬直し、

シワたるみを作る

 

内臓に血が行かなくなって内臓が弱り

主に消化器が弱る(胃は頬のたるみ・大腸はほうれい線と連動)

緊張状態で眠りの質が悪くなって、成長ホルモンが出ない

精神的にもイライラしやすくもなる

 

テストステロン=・体毛が濃くなり・オイリーな肌になる

・顎の周りにニキビが増える

・抜け毛が増える

・体臭が強くなる

・イライラしやすくなる

 

コルチゾール=筋肉をやせさせる、運動しても筋肉がつかないため

新陳代謝代謝が落ち肌代謝も落ちる

 

という状態にスイッチします。

 

なので、

1日のうちに脳のどちらを多く動かしているのかが

肌にも見た目の年齢もキレイにも

健康の状態にも大きく影響します。

 

以前の私は、知識をものすごく得てはいましたが

 

「これをやらなきゃ」

「これが正しい情報だから、よくなる為にやるべき」

「変わりたいきれいになりたい」

 

という感じで、行動の全てが

その動機だったので、

苦痛系がフル活動でした。

 

どういうことか

私の脳の動きからみますと

 

「これをやらなきゃ」

 

黒右「やらなきゃ」の裏を返せば

本当はそんなにやりたくないけど、

正しい情報だからやるという動機がある

 

黒右やりたくないことも

やらないと自分はまくいかない前提(脳の信じ込み)

を強化し続ける

(なので、まぁ長いこと随分やりたくないことやってきました。)

 

黒右苦痛系が動く

 

「これが正しい情報だから、よくなる為にやるべき」

 

黒右自分の過去のデータから

自分はいつも間違っているし、

間違う事は恥ずかしい、

正しいことをしなきゃ

 

という恐れと不安を持ち続けていたので

自分の選択は間違っていて、自分はいい状態ではないという

前提を強化する

 

黒右苦痛系が動く

 

「変わりたい きれいになりたい」

 

黒右今、自分は、キレイじゃなく

今のままでは、だめだから変わりたい

という前提からきている言葉

 

黒右自分は、今のままではだめだ

という前提を強化するので、

きれいになりたい変わりたいと思う状況が続く

 

黒右苦痛系が動く

 

といった感じです。

 

上記の動機で行動していたので

苦痛系がフル稼働になるので、

 

何かの知識を学んで実践すればするほど

苦痛系が動いたていたので

 

肌も見た目も健康面も

全然よくならなかったんです。

 

いつもイライラしてました。

 

行動の裏にある言語、

その行動の前提となっている動機によって

苦痛系が動くか報酬系が動くかが決まります。

 

どれだけ、報酬系の回路を動かせるのかが

肌も見た目の美しさも健康もカギだと実感しています。

 

たくさんの情報をがある中で、

それをどう使うのか

どうやって報酬系を動かすのか

 

ここが、今の自分をさらに美しくする

セルフケアのどっしりとした土台になります。

 

実際、私が知る限りで報酬系を動かしている人は

本当に美しくて若いです。

 

報酬系の動かし方と

報酬系を動かす動機や

 

情報を報酬系を動かすために使う例など

一気にこの記事に書こうと思いましたが

 

この部分は一番お伝えしたい部分なので

丁寧にお話ししたいと思っていたら

長くなったので次回に続きます。

 

内分泌は自分で作れる

老化の速度も作れる

 

私はそう実感しています。

 

自分のキレイを自分で作って

今の自分をもっともっと素敵に輝かせていきましょう♥akn♥

 

藤田千春(^-^)

 

キラーン現在ご提供中のサービスキラーン

はな。毛穴縮小、透明感UP、コラーゲンを育てる潤肌石鹸​の詳細はこちらからはな。

http://cspring-official.com/uruhada/

 

はな。ブログでは書けない、あなただけのキレイを自分で作る
セルフケアを学び身につける
藤田千春の個人カウンセリングの詳細はこちらから
はな。

http://cspring-official.com/counselin

 

応援よろしくお願いいたしますぺこり

にほんブログ村 美容ブログへ 
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

Facebookやってます facebook

お友達申請して頂くと、とても喜びますデレデレ

https://www.facebook.com/cspring0223

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>