チャーリー 虹の橋を渡る

テーマ:

こんにちは、サイクルショップコダマです

 

実は、チャーリー

 

5月29日に虹の橋を渡りました

 

 

 

 

みんなに 可愛がられていた

 

チャーリー

 

高齢による 肺炎でした

 

 

 

 

今まで、みなさん

 

ありがとうございました

 

楽しかった過去を

 

振り返りたいと思います

 

 

チャーリーはコダマに来て約13年でした

 

12月6日の寒い夜

 

よっぱらった社長がタクシーから降りた所

 

かんたんの交差点に一人で座っていたね

 

 

 

 

すでに、成犬だったチャーリー

 

保健所と警察に連絡をし

 

合同新聞に「迷い犬 預かってます」の掲載をしてたけど

 

飼い主が現れなかった

 

それからコダマのアイドルになったチャーリー

 

 

 

 

フィラリアに感染をしていて

 

この子は、長く生きられないですよ

 

と獣医さんに宣言されたけど…

 

数年後、めでたくフィラリアはいなくなったよね

 

 

 

 

 

食いしん坊の

 

チャーリー

 

何かを食べていると

 

すぐに来る

 

 

 

 

いろんな場所へ散歩に行ったね

 

 

 

 

 

 

 

専務の愛情も全開

 

 

 

 

 

 

 

ブラッシングは 大嫌いだったね

 

 

 

 

 

 

 

あんまり 仲良くないけど

 

たまには、猫たちと一緒

 

 

 

 

海にも行ったね

 

 

 

 

お部屋でゴロン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、見つめていたね

 

 

 

 

グレイと、仲良しじゃないんだけど…

 

 

 

 

時には、弄ばれ

 

 

 

 

でも、愛情いっぱいだからね

 

 

 

 

カメラは嫌いなんだけど

 

 

 

 

伸びた毛

 

 

 

 

レオがいたとき

 

 

 

 

 

 

 

仔猫だいすきな

 

チャーリー

 

 

 

 

 

 

 

見つめる、見つめる

 

 

 

 

天国で 一緒だね

 

 

 

 

専務のお昼どきは

 

いつもそばに行ってたね

 

 

 

 

 

 

 

なんか くださ~い

 

 

 

 

落ちて、こないかな

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ物が 絡むと

 

すぐ怒る

 

 

 

 

 

 

 

どんなチャーリーも

 

大好きだよ

 

 

 

 

ねて

 

 

 

 

寝て

 

 

 

 

集まって

 

 

 

 

遊ばれる

 

 

 

 

楽しいのだ~

 

 

 

 

 

 

 

もう、帰りを待っててはくれないね

 

 

 

 

今まで 楽しい思い出を

 

沢山 ありがとう

 

いつまでも 大好きだよ

 

さようなら