自転車の組立 | R.P.M revolutions per my life

R.P.M revolutions per my life

自転車・モーターサイクルの事や、日々の活動、愚痴(笑)などを不定期更新していきます。

今日は、自転車屋さんのお仕事拝見のコーナーです。


世間には自転車は自転車屋さんが組み立てているということを知らない人が結構いらっしゃるようなので、今日は自転車が1台組みあがるまでをお送りしたいと思います。


まず、自転車は7分組みという状態で箱詰めされて送られてきます。


R.P.M revolutions per my life
こんな感じです。中身を出すと…


R.P.M revolutions per my life
車種やメーカーによって微妙に異なりますが、大体こんな感じ。

自転車にまとわり付いている梱包材を引っぺがして、組立開始です。


R.P.M revolutions per my life

まず、後車輪周りを組み立てます。


R.P.M revolutions per my life
まず、自転車が倒れないようにスタンドを付けて、内装変速機を付けます。

よく、自分でタイヤ交換をされた方は、この辺をほぼ全員組み間違っておられます。

外した場合は、間違いなくもとの順番で組んでくださいね。最悪の場合、後ブレーキが効かなくなります。


そしてこの時に、チェーンやベルトの張りを調整します。


R.P.M revolutions per my life
後から微調整するので、ここではテキトーに

んで、後ハブナットを仮締めします。


次は、前車輪です。

組み付け前に車輪の振れ取りをします。


R.P.M revolutions per my life
最近は某社会主義国家の部品が多く、組立もいいかげんな物が多いです。

後の車輪も後でやりますが、前の車輪は走行だけでなくブレーキにも影響するので、キッチリ点検します。

振れ取りが終わったら、車体に組み付けます。


R.P.M revolutions per my life
次は前ブレーキとドロヨケを付けて


R.P.M revolutions per my life
カゴを組み立てて、車体に取り付けます。


R.P.M revolutions per my life
そして、前フォークの中心に車輪が来ることを確認して前ハブナットを締め付けます。

ちなみにこの自転車は、車輪が向かって右に1㎝くらい寄っていたので、再度調整が必要でした…


R.P.M revolutions per my life

R.P.M revolutions per my life
ハンドルポストとサドルポストの穴に、うっすらとグリスを塗ります。サビでのかじりつきを防止するためです。


R.P.M revolutions per my life
ハンドルを真っ直ぐになるように組み付けてワイヤー類を通します。


R.P.M revolutions per my life
量販店で売っているものはこんなこと絶対にしてありませんが、ブレーキレバーが遠いので調整ネジで調整します。

あとは、さっき仮締めだった後車輪をベルト・チェーンの調整をしてから締め付けて、ブレーキの調整、変速機の調整、ライト・ベルの取り付け等すれば


R.P.M revolutions per my life
はい、出来上がり。

1台組むのに約30分~1時間ってトコでしょうか。


次は、折りたたみ自転車や、安い自転車に多い9分組み状態の自転車です。


R.P.M revolutions per my life
こんな感じで送られてきます。

梱包材を剥がして…


R.P.M revolutions per my life
ハンドルを直して


R.P.M revolutions per my life
真っ直ぐ組み付けます。

量販店やホームセンターなどではこの状態で店頭に並べるのだと思いますが…


R.P.M revolutions per my life
自転車屋さんは当然、前後の車輪を調整します。

この自転車も、前車輪が中心にいませんでした。


R.P.M revolutions per my life
OK

チェーンの張りも点検して、ブレーキ関係やその他の部品もメチャクチャについている物が多いので、ひと通り点検します。


R.P.M revolutions per my life
コレは車輪が斜めについていたので、それを直したらブレーキが片効きしたようです。


全部済んだらタイヤに空気を入れて


R.P.M revolutions per my life
完成ビックリマーク

こちらは一台、約10分~30分ってトコでしょうか。


春先は朝から晩まで自転車を組んでいるので、腰が悲鳴をあげますショック!

しかし、人様の命を乗っけて走るものなので、ここは手を抜けません。



いかがでしたか?

皆さんの知らないことが結構あったんじゃないでしょうか?

自転車に限らず、全ての物はその物を熟知した専門店で買いたいと思っていただければ幸いです。