3Dバラのレリーフ3

 

「〇〇バラ色」という言葉はよく聞きますが、幸福な様子を表しているようです。さて本当の色としてはどんな色なのでしょう。個人的な感想ではピンクがかった赤でしょうか。赤の濃さはどんなものでしょう。私の勝手な妄想ですが、カルメンが口にしているバラはかなり濃そうです。ピンクがかっていなさそうなイメージもします。

 

ローズピンクという言葉もあります。

わざわざピンクとつけるからにはこの色は淡い色なのでしょう。以前バラの色については述べましたが、今では他にも白、黄色、オレンジ、紫など豊富な色があります。しかしイメージとしてバラ色はバラ色なのでしょうね。その色のイメージの中にはエレガントな形状のイメージも加味されているような気がします。

 

とはいえ色自体曖昧なものです。余計なお話これくらいにして、本題です。

 

 

以前の「バラ」の記事

https://ameblo.jp/crosstoyou55/entry-12472050411.html

 

記事は下に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ご自宅で勉強!テレ受講できます!

グループで講義を見るだけの授業ではありません。個別指導で、しっかり実技が学べます。

ジュエリーデザインコース、3DCADコース Jスキルコースはスカイプでリモート受講が出来います。

関連記事 https://ameblo.jp/crosstoyou55/entry-12472054077.html

https://ameblo.jp/crosstoyou55/entry-12472049683.html

https://ameblo.jp/crosstoyou55/entry-12472052811.html

スカイプ見学も実施中!

 

ジュエリーデザインコース課題

手描きレンダリング

 

リモート受講

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

前回に続きバラの花束ためのパーツ作りです。

 

 

1

前回の満開の花と同様こんな形からです。

 

2

8分咲くらいで、前回のものと花の開きが違います。また少し横から見たアングルになっています。場所によって花弁の形が違います。それぞれにあった外形にしていきます。

 

3

このアングルからのバラを作ると花弁が反ってひっくり返る様子を表現しなければいけません。満開時より枚数は減っていますが、ひっくり返りを表見するのは少し手間がかかります。しかし特別なコマンド使っていません。コツコツ制御点を移動すれば決して難しくはありません。

 

4

安全性も考慮してエッジは少し丸くしています。それとエッジは少し丸くする方が制御点ワークはやり易くなります。

 

5

最後まで形を変形できるように、制御点は表示できるように作業を進めます。

 

 

この後、つぼみ、葉パーツをつくっていきます。「バラの花束」までもう少し。

「乞うご期待」

 

 

アテナ宝石デザイン研究所

http://www.athena-design.co.jp

3DCAD講座

http://www.athena-design.co.jp/course_4.html