フルーツパーラー クリケット スタッフブログ

フルーツパーラー クリケット スタッフブログ

世界のフルーツをおいしく食べてもらおうと考えた京都中央市場の荷受け業者がオープンさせたお店。

本日9月2日(水)〜8日(火)まで!

大丸京都地下一階にて

ゼリーとサンド

を、販売しております✨


お近くの方はぜひこの機会に!

よろしくお願いいたします♪
今日8月26日(水)から!

9月2日(火)まで♪

京都高島屋地下で

ゼリーとサンドの販売をいたします!

ぜひ!

よろしくお願いいたします♪♪
こんにちは。

クリケットの小坂です。

季節を連想できるのも果物の楽しいところですが、夏といえばやはり「スイカ」ですね。

ということで、今回の果物ブログはスイカについて書かせていただきます。

冒頭に「夏といえばスイカ」といいましたが、実際は一年の半分以上の時期でスイカは出荷されています。
これは冬場でもハウス栽培で暖房を使い栽培しているのですが、「冬にスイカ」というのは意外かもしれませんね。

ですが今回は一般的な「夏のスイカ」のお話です。

スカイの産地は九州から始まりこれからの季節ですと、長野県、山形県のものが増えてきます。長野県の松本、山形県の尾花沢などから出荷されるものは品質の評価も高く期待できます。

甘いスイカを選ぶための方法ですが、スイカをたたいてその音を確かめる人もおられます。

これはたたいた時の音でスイカの中身に空洞が無いかを確認するためなのですが、最近は品種改良も進み空洞のあるスイカは殆どありませんので音を確認していただく必要はありません。

ではどこで判断するのかといいますと、

まずは、黒の縞模様と地色の緑のコントラストがハッキリとしているものを選んでください。
スイカは適度に養分を吸収すると組織の組成がしっかりとしそれが色のコントラストとしてスイカの表面に現れるからです。

加えて黒の縞模様激しくギザギザしているもののほうがより生育が良いと判断できます。

他には、上部のツルが付いている周りが少し盛り上がっているものも上手に生育している証拠になりますので一緒に確認してみてください。

以上が分かりやすいスイカの選び方ですが、最近ではなかなか丸ごとスイカ一個を買うよりカットされたスイカを選ばれるほうが多いと思います。

そうなると先ほど述べたような選別をすることができません。

そんな時はカットされた実の種を見てください。

種の周りが白くワタのようになってきていると収穫してから時間のたっている証拠で古くなってきている恐れがあります。

もう一つのポイントは食べにくいですが種の多い部分を選ぶことです。
生き物ですので当然種周りの精が強く養分が集まりやすいため糖度の高い実を食べることができますので是非お試しください。

逆に種が嫌いでスイカを敬遠される方は黒の縞模様に沿って包丁で切ってください。

種は縞模様の内側に集中しているので種なしの実を切り分けやすくなります。

「暑い夏によく冷えた甘いスイカ」

季節の味をぜひお試しください。

こんにちは。

クリケットの小坂です。

コロナ自粛はいったん解除されましたが、僅かながらリクエストを頂きましたので、こちらの果物の話はもうしばらく続けていこうと思います。

初夏も迫る今回はこれからのが旬の桃について書かせていただきます。

もうすでにハウス栽培のものが出荷されておりスーパーなどでも桃を見かけるようになっています。

桃にはたくさん品種がありますが、大きく分けて早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)と三つの時期に分かれており中生の7月~8月中旬が一番の旬の時期といえます。

一般的な桃のイメージである赤みがかった品種の白鳳、白桃や岡山県など作られている高級桃でクリーム色をした清水白桃など品種は本当にたくさんありますが、一つ一つの出荷時期はそれほど長くはありません。

それもあってたくさんの品種があるにもかかわらず、多くのスーパーなどでは品種名ではなく「桃」という商品名で販売されています。品種を特定すると桃の中でもその品種しか陳列できず在庫管理や仕入れが難しくなるのです。

ですので、今回はあまり品種ごとの話をしてもそれを探すのが難しいと思いますので、見分け方、買い時を中心にお話しさせていただきます。

選び方としては、まず正面から見て左右対称の形をしているものを選んでください。これは順調な生育をしてきた証でもあります。これと同じ理由で桃の真ん中にある溝(縫合線といいます)がくっきりと見えるものを選んでください。

また桃は2~3日雨が降らず、晴れの日が続いた時に収穫されたもののほうが水分が抜けて甘くておいしく育っています。
木に生っている桃の実はその木にとって水筒のような役割をしています。雨が続き木の水分が多くなれば桃の実に水分を貯め、晴れが続き木の水分が少なくなれば桃の実から水分を吸収します。
ですので、晴れの日が続いた後の桃は水分が少なく甘みの強い実であるといえます。
ではどうやって晴れの日に収穫されたかを見分けられるのでしょうか?

それには桃の表面を確認してください。
桃の表面には産毛のような毛が生えていますが、雨の日に収穫しているとその産毛が濡れてダマになり桃の表面に埃が付いたような状態になっています。

以上の点に注意して選んでいただくと美味しい桃に出会える確率が高くなります。

また、個人的にはそれぞれ果物には高い、安いがありますがその中でも桃は高いものを買う価値がある果物だと思います。
理由としては値段の高い桃は糖度計で厳しくチェックされており、機械的に選別されているので必然的に出荷量が少なくなり、その分値段は張りますが味は保証付きと考えやすいのです。(もちろんお手ごろな価格で美味しい桃もたくさんあります!) これからが旬の桃ですのでぜひ美味しい桃をご家庭でお楽しみください!


今日から!
7月8日(水)〜14日(火)まで

大丸地下一階にて


◎ゼリー

◎サンド

を販売いたします✨


ぜひ、お立ち寄りくださいませ♪
本日から!

6月24日(水)〜21日(日)
までの5日間!

大丸地下一階にて

・ゼリー
・サンド
・みかんジュース
・コンフィチュール


を販売いたします!


ぜひ、この機会に♪

お立ち寄りくださいませ✨