鉄道模型900ちゃんねる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

コッペル保存鉄道仕様その5-3・変態改造編(緑/終)

変態改造編(緑)の第3回。

けっこう続いた津川洋行 コッペル保存鉄道仕様の

改造シリーズもいよいよラストです。

 

休日を全て改造に捧げ、行くところまでイッちゃいましょう!

 

まずは前回、塗装したボイラーを完成させます。

image

別に作っておいた煙室と合体。

これだけでもなかなかそれっぽくなってきました

 

ボイラーバンド他にゴールドの差し色をし、

細かい部品をドレスアップ。

キャブと煙室扉以外、ベースはほぼガンプラの
ディテールアップパーツというのがすごいです(笑)
 
サイドタンクで隠れる部分は、走行装置のクリアランスのために
大きくえぐってあります。

 

メンテナンスしやすいように、
ビスなしのはめ込み式、という当初の目標はクリア。
 

0.1mmのエナメル線で、作用菅を作ります。

止めバンドは0.1mm厚のプラペーパーです
 

ついでにスチームチャンバー前方に、

でか目のスチームセパレーターも追加しました。

色的には英国SLなのに、「コッペル黒編」で目覚めた

無骨でにぎやかなドイツSLの機器レイアウトのエッセンスも注入。

 

キャブ内の前方には、Bトレ用のウェイト。

コールバンカーには石炭も積み込みました。
 

黒のウェイトがあまり目立たないのが幸いで、

かろうじてキャブの向こう側が見えます。

ボイラーの左右と上に一通りのパーツが付いたので、
あとは前後を調整します。

 

ノーマルより一回りでかくなった顔面。

多少雰囲気が変わって、煙室ハンドルとのバランスもよくなり
いい感じです。

 

単機でのバック運転も考慮し、

テールのデザインも立体的にまとめてみました

これでボイラー部分が完成しました。

 

いよいよラストフェイズ、下回りを完成させます。

緑、赤、黒のカラーの組み合わせはかっこいいですね。
動力は、見えない部分には手を加えましたが、
津川製コッペル動力をアピールしたいので
見える部分はディテールアップせずにそのまま。

 

前後の動力の間隔は、3mmほどでもけっこうな余裕があります

 

ボイラーの芸風に合わせるために、

下回りもディテールアップパーツを加えましょう。

またまたガンプラディテールアップパーツを中心にポンプを製作。
黄色の部分はGM製の保線車両のパーツです。

上のネタバレ写真ではとんでもなく雑な感じですが、

塗装すればそこそこ見れるようになるのが面白いです。

 
小さめのエアタンクも作ります。

鉄コレのなにかの床下機器をカットしたものです。

 
それぞれを塗装し、こんな感じで装着。
 
素っ気ないデッキ部分に、ライトを追加しようと思います。
問合せもあったので、ここは詳しく紹介。
 
まず、ガンダムディテールアップパーツ「丸モールド」の
2.5mmφのパーツのここの部分を、ランナーごと切り取ります。
 
それをまたさらにランナー中央でカットし、
前後で接着したのちに塗装。
 
反射板にシルバーを入れたのち、
ガンダムの透明アイパーツの1.5mmを接着。
 
それぞれ切り取ってデッキに取りつけます
津川製のスクリューカプラーも加工して取り付けました。
 
ついでに動力ユニットの動きの邪魔にならない
サイドタンク下の部分に、ストッパーを兼ねたステップを追加。
前後動力ユニットの隙間が、多少目立たなくなります
 
細かい色差しをして下回りが完成。
 
当初の目標性能を大幅に上回り、
R50mmのカーブもなんとか通過可能です。
いよいよボイラーと合体させます
 
毎回のことながら、この瞬間がたまりません。
 
 
しばしば過度なディテールアップをすると
逆にオモチャっぽくなったりしますが、
この模型の場合、ディテールアップした方が
本当に存在する機種っぽくなったのが不思議です。
 
 
「乗降口からずれているハシゴからどうやって乗り込むか」
を考慮しての、手すりワークとステップがポイントです(笑)
フリースタイル模型はどうも…… という人は、
津川コッペル動力を使って、かつての国鉄マレー蒸気機関車、
4500形などを再現してみるのも面白そうですね
(画像はWikipediaより)
 
 
走行動画はこちらです。

 

 

 
 
これにて「津川洋行 コッペル保存鉄道仕様」をネタにした

一連の改造シリーズ、完結です!

 

まぁ個人的にコッペル動力にハマってるので、

なにかやるかも知れませんが(笑)

 

つづく。

 

 

 

 

コッペル保存鉄道仕様その5-2・変態改造編(緑)

コッペル保存鉄道仕様(緑)の変態改造編、第2回。

 

走り装置の目処はついたので、今回はその煮詰めと、

ちょっと危うげな外観の欠点の落とし所をまとめていきましょう。

image

 

この模型で重要なのは、

改造途中で調整を繰り返さなければいけない、という性質。

そこでメンテナンスを考慮し、

いつでも分解可能なパーツ編成にしたいと思います。

 

このランボード/水タンクパーツに、ビス留めなしで

ボイラー/キャブをパチンと嵌め込めるようにしたいので

水タンク上面の間隔をボイラーに合わせてやや狭めに設定しました。

 

さて、次は懸案のボイラーです。

 

大きすぎるサンドポットの「無粋な穴」は、

テーパー状のガンダムパーツでなんとかごまかしてみました

 
下から。

 

グレーの部分は全部ガンダムのディテールアップパーツです

ちなみに後部のコールバンカーはガンダムの手の甲の部品。

 

プラパイプの煙室にはウェイトが詰め込んであります。

 

ライトは点灯させずに、銀の反射板と透明パーツで

見た目の反射にこだわりました。

そういえば「緑編」といいながら、

上周りパーツで使ったコッペルパーツは煙室扉のみ(笑)

 

まぁマレー化という変態改造だけに仕方ないでしょう。

 

それでも前方への荷重がいまひとつ不足していたので、

動力の前部にBトレ動力用のウェイトを取り付け、

GMの保線車両のパーツをぶった切ってステップとして目隠し。

 

ボイラーに戻って、最近手慣れてきたコーションベルの制作です。

津川DBのパーツとタミヤ電柱パーツの組み合わせ。

 

いよいよ塗装。

ノーマルの緑よりも明るめのグリーンで塗りました。

クレオスのグリーンと明灰緑色(中島系)を4:1で混合、

フラットベースを少々加えたものをエアブラシで塗りました。

 

車体と前部ステップのクリアランスを調整。

 
そして動力の脱落を防止する、自作のリングストッパーをはめ込んで、
走り装置部分が完成。

前後の動力をコードでリンクさせるのかを、現在迷い中。

 

ここまでの完成時での走行動画です

この走りなら、特に前後をリンクさせなくてもいいかな。

次回、完成させます!

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コッペル保存鉄道仕様その5-1・変態改造編(緑)

今回よりコッペル保存鉄道仕様の「緑」をネタに

いじっていきたいと思います。

image

 

前回での報告の通り、津川洋行さんから

3個のコッペル動力をご提供いただきました。

ただいま早速改造検討中。
これで過去作品から犠牲者が出ずに済みました。
ありがとうございます。
さらに、マレーで2個使用しても1個余るという嬉しさ!
さて、どうしてくれようか(笑)
 
前回はほぼ妄想の大雑把なイラストでしたが…
今回は実現段階に移行するために
色々と模索していきたいと思います
 
まず根幹の課題として絶対クリアしたいのは、
小さいカーブを通過させたい
ということ。
 
いちばん簡単なのは以前、蒸気動車改造でやった
「動力を固定して中間車輪のフランジを削る」というもの。
image
簡単ですが台車が首を振らないため、
蒸気動車に比べて車輪が目立つマレー式だと
臨場感に欠けますね。
 
ここは「変態改造」を謳うだけに、
モーターポケットをピボットとして動力ユニットが首を振る、
この方式で行きたいと思います。
しかしこの方式だと、コッペルのような小さい車体では、
小カーブが連続する走行ではフリクションロス(摩擦抵抗)と
パワーに相対するウェイトとのせめぎあいになり、
かなり調整が難しそう。
 
とりあえず摩擦を減らすため、
動力の擦動部分に剥離紙(シールなどの台紙)を貼りました

 

一方、車体部分はランボードをつなげて、

下面を平滑にサーフェイスします。平らに見えても、

ほんの小さい凹凸があるのですね。

 

モーターポケット部分は回転させるために穴を少しだけ広げて、

左右にコードの「逃げ」部分をカットしました

 

さらにランボードの下面にはマスキングテープを貼り、

ろうを塗り込んで摩擦抵抗を減らしました

 

補強とウェイトを兼ねてのサイドタンク。

内側にウェイトを貼り込んであります。

 

下回りパーツ完成。

前動力は、後部カプラーポケットをカットして支えを追加し、
後動力は、前部カプラーポケット含めシリンダーギリギリまでカットしました。

 

いよいよ問題のボイラー部分の製作。

 

全高を伸ばすのとタンク増設加工がしやすいので、

もったいないですが、キャブは津川DB158のものを使用しました

また、モーターに対して細すぎるノーマルボイラーは使えないので、
10mmのプラパイプを使用。
それでも仕方がないとは言え、できるかぎり車高を抑えたいので、

モーターの逃げのためにこんな巨大な穴が空いてしまいました…

 

しかし、調整が大変なのでは、との予想はいい方に裏切られ、

ここまでは非常にスムーズに走行することを確認。

フリクションロス軽減加工が効いていることを実感しました。

 

「穴」部分はモーター可動部の余裕を確保するため、

内部の厚みをできるだけ減らしたいので、

タミヤの0.2ミリのプラペーパーで

モーターポケット代わりのサンドポットを制作。

 

なんとなくブラックホール的なヤバい穴になってしまいましたが…

こんなんでうまくデザイン的にまとめられるのでしょうか…
 
つづく。

 

 

 

コッペル王に、おれはなるっ!!

今まで作ったコッペル動力の改造機。

これらの他にも津川さんにさしあげたものも含めると、

我ながらこのドハマり沼には、いまだ底が見えません(笑)

次の「保存鉄道・緑」の改造機を作るに当たって、

これらのどれかを犠牲にしようと思ってたら、

なんと津川洋行さんから動力提供の連絡が。

 

やった! 津川洋行のSさん、ここ読んでくれていたのね。嬉しい。

 

ちなみに「保存鉄道・緑」については、「変態改造編」として、

以下の2つのプランを練っていました。

犠牲を考えると、インナーロッド案にしようかと思っていましたが…

 

ここは「津川さん公認改造シリーズ」!! …との勝手な思い込みによる勢いに乗じて、

より変態度が高いマレー型に挑戦するしかないでしょう!

 

はたして成功するのか?

ちゃんと走るのか?

 

現在、なにも手付かず……!!

 

つづく。

コッペル保存鉄道仕様その4-2・中級改造編(赤)

コッペル保存鉄道仕様(赤)の中級改造編。

 

走行性能に重点を置いての、アメリカンスタイルへの改造です。

image

ポイントはフロント部分への補重の工夫。

 

走行性能の鍵となるサドルタンクの中には

ウェイトをぎっしりと詰めました。

 

また、デフォルトの赤より鮮やかなモンツァレッドで塗装してみました

 

 

アメリカンスタイルのアイコンとも言えるダイヤモンド煙突も
派手なカラーリングで。
いつものコトブキヤのガンダムパーツを使用しました。

 

ヘッドライトはBトレ連結器の丸い部分を流用します。

 

これもアメリカンスタイル蒸気機関車のアイコン、

巨大なヘッドライト。

極小模型なのでここまで拡大するとボソボソになり、
粗が目立ちますすね(笑)
 

気にせず作業続行。

煙突、ヘッドライト、カウキャッチャーが

もしダイキャストパーツだったら

フロントにもかなり補重できるのに…

 

それでもサドルタンクのおかげで

かなりフロント加重になったので、

キャブにもウェイトを貼り付けてバランスをとります

 

赤、銀、茶、黒、青… 屋根の色が迷いどころ。

後で全体を組んでみてから考えることにします

 

続いて下回りの制作。

シリンダーはスライドバーギリギリのところでカットし、

半円型に加工した3mmのプラ棒と、前面に

ガンダムの丸モールドパーツを貼り付けてみました

 

小さくてほとんど目視できなくても、

赤い車輪レリーフを立体的に塗装。

 

車輪のウェイト位置を合わせ、様子見で一通り組んでみます

 
やはり塗装すると、バッチリ決まりますね。

 

引き続きテンダーを組んでいきたいと思います

 
台車はごちゃまぜパーツ引き出しの奥で眠っていた、
鉄道コレクションの何かのやつ。
車輪だけは津川洋行の最新のものを塗装して驕ります

 

 

テンダーは、アーリーアメリカン蒸気機関車に見られる

かなり原始的なものにしたいので、コレが水タンク。

 

 

ニスを塗って樽っぽくしてみました。

台枠も同じく、あと3ヶ月経ったらゴミ箱行きパーツの
引き出しの奥で眠っていた、鉄道コレの何か。
 
何かのインナー台枠でしょうが、
原始的で無骨な感じで気に入っています。

 

津川製のパーツをレリーフ的にちょい足ししました。
 

木材燃料は本物の木の小枝を砕いたものを

モーリンの「スーパーフィクス」で固めました。

 

 

 

エンジン部分も、ボイラー、キャブ、足回り、

それぞれのパーツを合体させて完成。

 

 

結局屋根の色はセミグロスブラック、

最初スプレーで塗ったら綺麗すぎたので筆塗りに落ち着きました。

我ながら、わけのわからないこだわりに、
たまに俯瞰で自分を見ると、プチ自己崩壊に陥りますが満足(笑)

 

 

上から見るとかなり立体的で、面白い仕上がりになったと思います

 

 

今までの煙室のテカテカシルバーに多少違和感を感じたので、

色調を落としてみました

 

 

原始的なテンダーともベストマッチなスタイリング。

 
エンジン部分でかなり重量を稼げたので、
以前のピンクコッペルのように、
テンダー集電とする必要がないので楽です。

 

木肌むき出しの塗装にしたハフなどを牽引させたくなります。

 

アーリーアメリカンなスタイルはやはりかっこいいです。

別にこれを書いている今日が大統領選のスーパーチューズデーだから、

というわけでもないのですが(笑)

 
走りもなかなかいいです。
(動画は手前に向かっての勾配になってます)

これにて「中級改造・赤編」、終了。

 
次からはいよいよ「変態改造・緑編」。
image
ところで、急遽追加した先日の「黒編」で、
コッペル動力使い果たしちゃったんだけどどうしよう…
 
何かから剥がして赤塗装するしかないかなぁ…
 
つづく

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>