朝から神田で用事があり
昼飯時になったので何か食べようと
思って入った親子丼屋さん。
 
美味そう。
 
 
 
に見えて普通でした。
なんでしょうね、
関西人、及びグアム人からすると
東京のお店の接客は塩辛く
感じると思いますが
このお店は更に塩が効いていました。
そうなると
美味いモンでもそうは感じないですね。
 
しかし一つ貴重なアイデアを盗みました。
コロンブスの卵かけご飯と言いますか
知ってしまえば簡単な事でも
その発想は出てこないよ的な。
こういった庶民的なお店こそ
アイデアの宝庫な気がします。
 
 
その夜は料理人の友人と。
気になるお店をハシゴです。
 
一軒目。
 
 
ここもソルト。
しかもお会計の時に
なんだか高いなと思い
店を出てレシートを見てみると
飲んでいない飲み物が
4杯もついていました。
店に戻って返金してもらいましたが
その対応もヒマラヤンソルト。
なかなかのツワモノでした。
 
続いてピザの名店。
4年ほど前から絶対行きたいと思っていて
念願叶いましたが
うーん、なんなんですかね。
ここは外国人の利用が多い様ですが
対応がかなり違いました。
ま、ここだけでなく
今回私が利用したお店や施設の
接客する人達は
総じて外国人、特に白人系に
砂糖な気がしました。
結局田舎の人達何ですかね?
 
ま、それは良いとして
予約してなかったので
席は1時間制だとのこと。
腰が落ち着きません。
先ずは前菜のこれ。
 
 
イタリアから輸入しているそうです。
でもそれが故に
中身が固くなって
クリームチーズになっています。
 
 
本場イタリアで食べた事がないので
これが本来かもしれませんし
何んとも言えませんが
「これじゃない」し、
この状態はあまりうまくない
と私は断言します。
 
んでピザ。
 
 
そしてピザ。
 
 
感想は特に無いです。
 
店を出て料理人の友人がポロリと本音を。
曰く、
彼はピザは食べに行かないそうで。
何故なら、
一口目を超える感動はないから。
食べきるまでに
必ず味が落ちる食べ物で
しかもその振り幅が大きいから
だそうで。
 
そう言われると納得です。
小藪さんがピザを食べにいく
面白動画があるのですが
言ってる事は正解かもです。
 
銀座に場所を変えて
シメに和食屋さん。
 
 
銀座でお店をするという事は
大変な事ですね。
 
 
色々勉強した1日でした。