CREATIO DOMUS

CREATIO DOMUS

創造、現家。

Amebaみんなの編集局公式ライターとして執筆中⇒Spotlight

仕事のご依頼について
出版・広告等の企画のご相談、企画・執筆・編集からデザイン、DTP組版、イラスト、写真撮影、印刷データ納品まで、ご相談ください。ご用命、ご意見、ご感想等は、コチラ(津田容直宛)までお問い合わせください。
yoshinao-tsuda@hotmail.co.jp

ツイッターでもフェイスブックでも、ときどきつぶやき♪
$CREATIO DOMUS$CREATIO DOMUS



素材写真 フォトライブラリー

テーマ:

こんどうしょうたさんの「『息子の味』を、おふくろへ 母のためにごはんをつくりました」(主婦の友インフォス)より、しょうた先生にとっての「おふくろの味」である玉子焼きをつくりました。

 

玉子焼きは自分のレシピもありますが、砂糖を入れない自分のレシピと違って、しょうた先生のレシピは砂糖入り。だからその分、どっしりとした味に仕上がります。プロの味みたいで、自己満足度の高いレシピだと思いました。

 

甘いというよりは、ずっしりした満足感のある味で、弁当にも入れてみたら、これだけでも結構お腹にたまる感じです。

 

しょうた先生のおふくろの味といえば、玉子焼き。

詳しいレシピは、本をご覧ください。

 

 

仕上がりはプロ並みの味わい。

 

さて、次は何にしようかな。楽しみの時間がひとつ、増えました。お母さんの玉子焼きもレシピになっているので、そっちもつくって食べ比べてみるか……。

 

大学芋のときも思ったのですが、撮影中にいただいた味に比べて、どうも自分でつくるとしょうた先生の上品さが出ていないような気がして……調味料のせいじゃないかとしょうた先生は仰ってくださいましたが、性格の問題じゃないかと思っている次第。

 

料理って、人柄が出ますね。

ちょっとがっかり(笑)。


テーマ:

こんどうしょうたさんのレシピ本から、ひと品つくってみました。本当はメインとサブでつくるように考えてくださったレシピなのですが、撮影のときにいただいてからお気に入りのレシピになった、「おかず大学芋」です。

 

そもそもサツマイモ、蒸したものはおやつとして好きなのですが、おかずとしてはあまり好まない存在なのです。嫌いとまでは言いませんが、個人的にはそういう存在である中で、大学芋がおかず?という疑問が湧いたレシピではありました。

 

ところが。

 

普通、大学芋というと仕上げに黒胡麻というイメージがありますが、ナントそんなものを振り掛けるとは……言われてみれば、甘辛いものにはよく合う調味料ではありますが、そんな発想がなかったので、目からウロコが落ちました。

 

そして何と言っても、美味しい!

これが一番です。

 

このレシピは試す価値あり!ですよ。レシピは本をご覧ください。

 

 

焼酎のアテにもいいかな、という味わい。

 

引き続き、この本からつくってみたものを紹介したいと思います。


テーマ:

先日、書店にごあいさつをいたしました。主婦の友インフォスの編集担当の岡田さん、著者のしょうた先生とともに。

 

発売日1月26日(金)

ブックファースト(ルミネ北千住店)→ブックファースト(新宿店)→紀伊国屋書店(新宿本店)→ブックファースト(ルミネ新宿店)

 

 

 

▲紀伊国屋新宿本店。平積み+ポップ付きがありがたいです。

 

▲つばめグリルでランチ。期間限定のカキフライ。

 

1月31日(水)

有隣堂(横浜駅西口ジョイナス店)→有隣堂(ルミネ横浜店)→紀伊國屋書店(そごう横浜店)→文教堂(あざみ野東急店)→有隣堂(たまプラーザテラス店)→紀伊國屋書店(玉川高島屋店)

 

 

 

 

 

▲大かまど飯 寅福 たまプラーザテラスでランチ。ご飯3種類と副菜3種類が食べ放題。結構なボリュームです。

 

書店の方におかれましては、お忙しいところ、ていねいに対応くださって、ありがとうございます。しょうた先生直筆!の、手書きポップをつけてくださっているところもあるので、見に行ってください。イラスト、ポップでも描きました。本編で使われているものに、着色したものです。どれに着色してあるのかは、本を探して見てください。

 

他、蔦屋家電(二子玉川店)、ブックファースト(アトレ大森店)、ブックファースト(自由ヶ丘南口店)でも、表紙が目に止まる場所に置いてくださっているのを確認しました。

 

近所の本屋さんで、確認して見てください。

 

本を買ってくださった方の反響をいただいています。単なるレシピ本としてだけでなく、こんどうしょうたさんのことがわかる本になっていて、特に最後のコラムは引き込まれて読んだとの感想を多くいただきます。最後のコラムは、こんどうしょうたさんのお父さんも涙したお話しです。

 

ぜひ、お読みください。


テーマ:

こんどうしょうたさんの「『息子の味』をおふくろへ 母のためにごはんをつくりました」が、いよいよ1月26日の金曜日から発売開始となります。

 

それに伴い、主婦の友インフォスでの紹介が開始されました。動画も公開中です。

 

↓主婦の友インフォスでの紹介が開始されました。

http://www.st-infos.co.jp/books/detail/id=5888

 

↓今、主婦の友インフォスのチャンネルトップで紹介されています。

https://www.youtube.com/channel/UCV9JUxt76yYi22eU_RXr7Nw

 

随時、電子書籍化もする予定となっています。

 

↓アマゾンでの予約はこちらをクリック!


テーマ:

料理研究家こんどうしょうたさんから、ご挨拶が届いています。どんな人なのか、少し、みてみてくださいね。初々しさが残る、爽やかな好青年です。

 

今回は動画の編集もしてみました。初挑戦のことで、どうなることやら……と思っていたのですが、素人ながら、まずまずの出来というところでしょうか。

 

と、自画自賛しましたが、それもこれも、こんどうしょうたさんが良いから、です。最後まで、我慢してご覧ください。NG付きなので、そこまで見て初めて、こんどうしょうたさんのお人柄がわかります。

 

イベントなど、お会いできる機会も増えると思いますので、その折はこちらでも告知してまいります。お楽しみに。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス