東京・世田谷「呼吸」が前向きな力にかえるブレスライトセラピーアロマサロン・骨格調整セラピスト向けスクール 

東京・世田谷「呼吸」が前向きな力にかえるブレスライトセラピーアロマサロン・骨格調整セラピスト向けスクール 

呼吸の循環力と骨格調整の軸でストレスを前向きな力にかえるブレスライトセラピー(breath light therapy)アロマサロン。理学療法士が直接伝える解剖・生理学から結果をだす技術を伝えるセラピストスクール。


<<日本唯一の 呼吸専門アロマセラピーサロン>>

理学療法士が生み出したブレスライトセラピー
安定的な「呼吸の循環力」を生み出すためには、
【骨格軸×マインド軸×呼吸のポンプ力】の3つが必要です。

そこで、理学療法士である角田里紗は、
呼吸の循環力に必要な3つの要素を同時に手に入れられる
「ブレスライトセラピー」を考案しました。
呼吸の安定による心の安定にも注目し、
アロマを取り入れたオリジナルの施術を行っています。

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆

■セラピスト向け講座・メルマガ■

角田里紗 現役セラピスト 兼 理学療法士
講師プロフィール


2019 年 春 
サロンセラピスト向け 呼吸セラピーを開講予定







テーマ:
View this post on Instagram

【独立起業は実績づくりから、味方がうまれる】 2週間ぶりの一人時間。 私は超個性的でもあるけど 超senstive、そう見えないですがw 一人時間がなくなってくると 呼吸が浅くなる。 自分一人のゆったりとした時間と 自分の氣を感じる時間。 他人ではなく、自分の内側に集中 俯瞰して、自分の心を観る、追いかける、受け取る。 人と会うことも楽しいですが、 スケジュールが過密になってくると 私が私でなくなる。 私が私であるために、 必要な、ふーっと吐き出す時間。 立て続けに、悲しいことがあって その中で、子供達の卒園式に、 お別れ遠足に、長男の面談に、 仕事も、プライベートも息つくヒマがない。 独立起業して9年。 自分軸って何だろう? 独立した以上 自分が商品、どう見せていくのか? 何が求められてるのか? どうありたいのか。 自問自答を繰り返しながら、 今にいたる。 長男出産後、ふつうに仕事復帰は 難しいだろうと、 いたしかたなく、 飛び込んだ起業の世界。 失敗まみれ、 いいように利用されることも多々、 自分の弱さともとことん向き合った時間。 たくさんのご縁に恵まれ ずっと続けてこられたお仕事。 続けて、形にしていくと、 批判的だった、無関心だった人達も いやでも、応援するようになる。 今、独立起業を反対されて、 うまくできない人がいたとしたら、 どんな形でも、 小さな形でも良いから 結果を残していくこと、 実績を残していくと、 人は簡単に掌をかえす。 孤軍奮闘することも多いけど、 きっと、 あなたを心から応援してくれる人も、 想い次第で集まってくる。 続ける力。 踏ん張る力。 そこから、仲間がうまれていく。 さ、一人会議♪ #角田里紗 #独立起業 #小さな成功の積み重ね #大きな徳がうまれる #信用信頼の積み重ね #起業長生きの秘訣

ブレスライトセラピーofficial角田里紗さん(@breathlighttherapy_lisakakuta)がシェアした投稿 -


テーマ:
View this post on Instagram

「たくさんの子供を残してくれてありがとう」 角田の曽祖母、荼毘にふしました。 全てのお別れが滞りなく終わり、通常業務に戻っております。 題名の言葉は、 曽祖母が、三つ指たてて 55歳も離れてる私に、頭を下げて伝えてくださった言葉。 双子を生んで数ヶ月経った頃 三人未熟児を生んで 嫁として、母として、傷心な状態だった頃。 角田親族のボスが、 一言その言葉を放ってくれたとき、大袈裟かもしれないけど その一言で、私はどれだけ救われただろう。 長男の嫁として 多かれ少なかれ、求められた役割で、想定を超えた叶え方で、 痛々しい孫たちの姿をみせて、義母を泣かしてしまったことに、かなり悔やまれ、悲しかった。もっと、喜ばしてあげたかった、ごめんなさいという気持ち。 それが、ひぃ婆のことばで癒されたのだ。 そして、 角田親族はなんとも面白く 3男児家族が3つも集まり、 また、典型的な多動児など、HSCがひしめく。 みんな手がかかるお兄ちゃん達ばかりで、それに悩まされた先輩達を前にすると、 長男の落ち着きのなさは、愛嬌にしかうつらず、気が楽になる。 そんな外れものとして、 扱われた子供達も高校生にもなると、なんとも大きな厚みのあるエネルギーを解き放ち、落ち着きある殿方へと変身していた。 夫と、すごいね、すごいね、 こんな風に成長していくんだね!と、親としても学ばせてもらっている。 ひぃ婆が見せてくれた 繋げてくれた 子供達や親達の輪は 私に大きな影響を与えてくれる。 ひぃ婆は、子供三人、孫五人、ひ孫11人に囲まれて 天に召された。 大きな大きな輪や財産を残して 自由に好き勝手にたちまわり、 愛されて振り回して 天国に召された。 そんな生き方在り方は とてつもなく、羨ましく思った。 夫が隣で笑う。 「Lisaもこうなりそうだなー 自由にやりすぎて 子供達が、苦労するなー かわいそうだな、笑」と ニコニコして言った。 ひぃ婆さま、 私を嫁として、受け入れて 愛してくださって 本当にありがとうございました。 #長男嫁 #跡取り #3男児 #未熟児 #角田里紗

ブレスライトセラピーofficial角田里紗さん(@breathlighttherapy_lisakakuta)がシェアした投稿 -


テーマ:
View this post on Instagram

【僕は人気者になる!】 やっとこの日を迎えられた 保育器にはいって、 生死をさまよいながら、 なんとか生還して今にいたる双子たち。 何度もドクター達から、 「〇〇が下がってきてるから、危ないか」など、そんな話がくるたびに、 見えない命の炎を再発火しなおして、 一気に挽回して 「何とか、切り抜けましたよ!」 と、ドクター達のホッとした顔と共に彼らはここまでやってきた。 この子達は強い。 そんな彼らの信頼感を頼りに 未熟な母は育ててきた。 卒園式や卒園パーティーが 終わった夜 幼少期の育児を終える寂しがあったのか、授乳してる夢をみた。 本当に幸せだったなと思い出す。 ただ、二人分の授乳は、 毎回フラフラになって、 ガツガツ食べないと倒れそうだったなとも思い出したりw 気分は「あーホルスタインw」 と自分で揶揄しながら、毎回授乳してたっけ。 そんで、食べすぎると、胃をいため、結局食べられなくなるという悪循環繰り返したり、セルフケアが難しかった。 双子を自然妊娠するなんて、 それも、弱々しい未熟児を育てるなんて 何度も天を仰いで ギブアップしそうだったけど 今となっては 本当良い思い出で 卒園式のときは、 全てが走馬灯のように流れて 涙が止まらなくなったのは 言うまでもない。 双子兄の目標は 「人気者になって女の子にモテること」を毎日口にだして、 ファッションを気にする君は、 ランドセルもゴールド。 目立つことはちょっと苦手なわりに、派手なことが好き。 残念ながら、同性人気の彼はどう挽回していくのかな。 双子弟の目標は 「〇〇ちゃんと結婚してパン屋さんになること」 いつも天真爛漫、ニコニコ笑顔で 女性陣のハートを鷲掴み、兄には悪いが女性人気の高い坊や。 アンティークな緑色のランドセル を背負って、目立つこと大好きな君はどんなパフォーマーになるのかな。 保育園に入れてなかったら、 三男児を私の心健康に 育てることなんてできなかった。 行政のシステムで、 双子の育児への援助なんて ほぼない。 ほとんど寝られない育児のなかの 保育園の制度は本当に助けられた。 三人三様、自己主張の強い子供達、 保育士さん、栄養士さん、看護師さん達の沢山の目があったからできたこと。 たまには、公に自分を褒めようw 私、よくやった! 子供達もよくやった! 何より、パパもよくやった! そして、ヘロヘロになってる私達夫婦を支える母上様もよくやった! 春からは小学生! 4/1からは3つの学童弁当つくり、、、 違う頑張りがまだまだ続く! 楽しもう୧(๑•̀⌄•́๑)૭✧ #一卵性双子 #自然妊娠 #過酷な育児 #三男児 #男児ママ #子育てはまだまだ続くよ #角田里紗

ブレスライトセラピーofficial角田里紗さん(@breathlighttherapy_lisakakuta)がシェアした投稿 -

Ameba人気のブログ