韓国語は書くのが難しい! | 子育て終了、海外にいこう!・・・オーストラリア、ブリスベン

子育て終了、海外にいこう!・・・オーストラリア、ブリスベン







ブリスベン35年。
子育ても仕事も終わり、毎日の暮らしをゆっくり楽しむはずが、
なんの因果か、そうではない…

土曜日は韓国語のレッスンの日。

 

コロナ発生以来、Zoomを使ってオンライン。

 

対面だったら、

クラスのあとでお茶飲んだりできるのに……

 

コロナのせいか?

生徒は私ともうひとりだけ。

 

 

レッスンを受けるたび、

韓国語と日本語と似てるなあ、と。

 

だから、もうひとり、彼女は英語母国語のオーストラリア人、に、

気の毒だなあ、と。

 

はじめから大きな差がついています!

うん、ずっこいんです、私。

 

 

この似てるのは、

昔々から?

それとも、植民地にしたから?(Sorry……)

 

もともとが同じような起源の言語だったんでしょうか?

かなりかけ離れた方言みたいな?

 

 

不思議なことに、

中国語にはそういう類似点が見い出せません。

 

やっぱり地理的に近くて、

昔々から交流があったのに。

 

もちろん、私の中国語はまだまだ、

ニーハオぐらいだから、

気づかないのか? 笑

 

 

韓国語、しゃべるのなら、

細かい発音はおかしいだろうけど、

ごまかせます。

 

でも、書くのが難しい!

 

日本語と違って、子音が多すぎて、

私には同じに聞こえても、

書き方が違う!

 

おまけに、前後の文字の子音と母音をつなげて発音してたり。

 

 

その点、日本語は簡単!

(と、日本語を勉強する人が思うかどうかは別として)

 

 

7歳の末っ子を連れて、

昔々、韓国に半年ちょっと住んだことがあります。

 

彼はもうすぐ27歳。

 

むむむ、私って、

20年以上、韓国語を勉強していて、まだ十分にしゃべれないのか!

 

どうしたら、上達するんだろ?

 

 

でも、英語は中学校からだから、55年か。

ということは、20年はまだ短いや、ホホホ