カウンセリングサロンレモのブログをお読み頂きありがとうございます。
心理セラピストの神田よしこです。
今年から友達の影響でウォーキングを始めました。
今のところ続いています。
歩いた翌日は筋肉痛になります。(-_-;)
 
 
カウンセリングってどんなことをするの?

何をいつもしているのか教えてほしい。

 

このようなご質問をいただきましたので、

カウンセリングでどんなことをしているのかをお伝えしたいと思います。

 

まずは、苦しい気持ちを話して頂きます。

「あの人がひどいことを言ったので私は傷ついた」

「彼が気にかけてくれなくて私は悲しい」

「何もかもがうまくいかなくて私はつらい」

このように

~なので自分が苦しい・・といった主観的な思いを話して頂きます。

 

私はそのストーリーを客観的に見て頂くような言葉がけをしていきます。

「〇〇さんにこんなことを言われた自分はどんな風に見えますか?」「その時、どんな風に傷ついていたのでしょうか?」

少しの間、感情に巻き込まれないようにサポートしながら、この一連の出来事を客観的に眺めてもらいます。

なるべく何が起きているか事実を冷静に見てもらいます。

 

そのあと感情をセラピーを使って癒していきます。

どれだけ悲しかったのか、どんな怒りが出てきたのかを感じてもらいながら、それを引き受けてくれている自分(パーツ)に共感しながら言葉をかけネガティブな感情を解放していきます。

 

充分癒された後は、また主観的な目線を持ってもらいながら、これからどうして行くと良いか考えてもらいます。

そして自分で考えた課題に取り組んで頂きます。

 

セラピストのサポートと共に、主観から客観に、そしてまた主観にもどり、どのように行動すれば良いかを探していきます。

これをたった一人でやるのはかなり難しいのですよ・・・(実感)💦

 

私も出来ないことがあります。そんな時は信頼しているセラピストさんにお願いしてカウンセリングを受けています。

 

主観⇒客観⇒主観的に行動する

 

人が回復していくには・・・

 

1.傷ついた自分を癒す(セラピーをつかって傷を治す)

 

2.心のしくみを理解する(自分に起きていることを理解する)

 

3.行動が変わっていく

 

時間はかかりますがこのようなプロセスが必要だと思っています。

心のしくみを理解することは、自分の苦しみの回復の助けになります。

「あぁ・・・そうだったのか?私はこんな風に考える思考のクセがあったんだ」

「親からいつも干渉されすぎて自分に自信が持てなくなっていたんだ。だからいつも人に従っていたんだ」

「親に見捨てられるのが怖くて、いつもいい子になるよう自分の思いを殺していたんだ。だから親に(無意識に)憎しみを抱いていたんだ」

 

自分の思い込みや信念が徐々に変化していくと行動にも変化が出てきます。

 

カウンセリングを通して苦しみ解決のサポートや、なりたい自分を実現するためのお手伝いをさせて頂いています。

 

今回は、カウンセリングで具体的に何をしているのかというお話をさせていただきました。

 

 

 

 

 

あがってしまうことで苦しんでいる人のためにこちらで、記事を書かせていただきました。

よろしければご覧ください。

あがり症を克服するブログ

 

 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

カウンセリングサロンレモのブログをご覧頂きありがとうございます。

いつもの生活が戻ってきました。

皆さんの毎日はいかがでしょうか?

何となく体が重い、学校や職場に行くのが何となく嫌だ・・・

こんな感覚や気持ちになったりしていませんか?

目に見えないような小さなトゲも、体のどこかに刺さっていたらチクチクとした痛みを感じ、不快感につながります。

どんより重い気持ちが、何のサインなのか探してみてくださいね。

 

 

依存症で悩まれている方々の支援をしています。

(アルコール・ギャンブル・薬物・買い物・タバコ・スマホ)

自分の意志のコントロールが出来ないのが依存(アディクション)なのです。

ですので、何とか自分で止めようとしたり、家族でやめさせようとしてもできないのは当たり前なのです。

つまり自分たちだけで問題解決するのは無理なので、必ず誰かのサポートが必要になります。

自助グループの仲間や、支援者の力を借りて回復していくことが可能になります。

 

共依存という言葉を聞いたことはありますか?

最初、アメリカで共依存という言葉はアルコール依存症者の配偶者が病気に巻き込まれておちいることをさしていました。

アルコール依存症の配偶者は、相手のアルコール依存を心配して毎日、相手のことばかり考え続け相手の行動を何とかしようと必死になっているために、自分の生活が空っぽになっていることには気が付きません。自分のほとんどの時間を相手のために費やしているのです。

世話をしているうちに、相手を何とかしたい、相手をコントロールしたいという気持ちが強くなっていきます。こういった人間関係を共依存と呼ぶようになりました。

世話をする人は、「私があの人をなんとかしないといけない」「私無しではあの人は生きていけない」という思いが強くなり境界線を越えて相手の人生に介入し、いつしか依存しあう関係から抜け出せなくなってしまうのです。

 

依存症の人がいる家族は、悩み苦しみ、また誰にも相談できないのです。やがてその状態が共依存につながっていきます。

 

ぜひ、このようなお悩みがある方は一人で解決しようとせずに支援してくれるところに頼ってください。

 

私が現在サポートさせて頂いている施設はこちらです。

 

またレモでは、依存症で悩まれているご本人やご家族の方のカウンセリング・サイコセラピーも行っております。

依存症を引き起こしている、背景や悩みの根底にあるものを丁寧に読み解きながら、ご自身の思いに寄り添う気持ちを大切にしたセッションを心掛けています。

 

 

 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

カウンセリングサロンレモのブログをご覧頂きありがとうございます。


明けましておめでとうございます。

皆さま、新年はどのよう過ごされましたか?

カウンセリングサロンレモでは、今週よりカウンセリングのご予約を承っております。

引き続き今年もどうぞよろしくお願い致します。


今年は、自分の心を見つめ直してみたい、人間関係を変えて楽に生きてみたい、そういう希望をお持ちの方をサポートさせて頂きます!


私のお正月は、ひたすらおせちやご馳走を食べて過ごしました。

お雑煮、すき焼き、カニ🦀料理。。。

運動しなくちゃ😱

今年は、健康に気をつけて一年を駆け抜けたいです!



【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み


カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

カウンセリングサロンレモのブログをご覧頂きありがとうございます。


先日は、薬物予防教育のために中学校へ行ってきました。

私はお手伝いでしたので、端っこで学生の皆さんの姿を見させていただきました。

依存症にはどんなものがあるのか、お酒を飲んだり、薬物を使って依存症になると何を失ってしまうのか。

ゲーム、スマホなども依存になりやすい。

なぜ断りたいのに断れなくなるのか。

信頼できる人に相談することの大切さ。

依存症体験者の話も交え盛りだくさんの内容でした。

みなさん、質問コーナーではたくさん質問をされていて積極的でした。

そして素直。

中学生ってあんなにかわいいかったのかしら?

また来年も別の学校へ行く予定です!




年内の営業は今日までとなります。

一年間、ありがとうございました。

また来年もどうぞよろしくお願い致します。




【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み


カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


カウンセリングサロンレモのブログをお読み頂きありがとうございます。

 

2022年も残すところあと2週間。

今年できたことも、できなかったことも合わせて

ゆっくり振り返ってみたいと思います。

 

 

アロマ講座をしました♪

 

アロマテラピー(芳香療法)の説明や香りがどのように、匂いとして認識されて心と身体に作用するのか、また、感情と身体の関係などなど・・・

そのあと、植物を使ってスワッグ(ドイツ語で壁飾り)を作りました。

最後に自分で出来るアロマトリートメントを体験して頂き90分の講座を終えました。

ローズマリーや、杉、ユーカリのいい香りがお部屋いっぱいに広がりまるで森林浴をしているような気分になりました。

 

 

どうやって香りが心を癒すのか少しだけご説明させて頂きます。

 

人間の五感、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚。この中で嗅覚の刺激だけが大脳新皮質(考え)を通さず、大脳辺縁系にダイレクトに伝わります。大脳辺縁系は食欲や感情を司る部位です。その周辺には自律神経の中枢である視床下部やホルモン分泌にかかわる下垂体があるため、刺激が伝わると考えるよりも早く心と身体が反応します。

 

 

【香りのルート】

鼻から脳へ~

 

精油の香りを鼻から吸い込む
大脳辺縁系に電気信号として伝わる(感情・欲求)
視床下部へ伝わる(自律神経の中枢)
自律神経系へ(交感神経・副交感神経)
身体へ(リラックス・元気になる)
 
【感情から身体へのルート】
 
ある出来事(例:友達が部屋から出て行った)に対して嫌な思い、ネガティブな解釈(例:見捨てられた、相手の機嫌が悪くなった)
大脳辺縁系 感情(不安・緊張・恐怖・悲しみ・孤独感)
視床下部へ伝達(危険モード)
自律神経系(交感神経・副交感神経のスイッチ)逃走・闘争モード
身体の反応(心臓がバクバク・呼吸が浅くなる・身体がこわばる)
心や身体の不快を感じたくないために、スマホ、ゲーム、お酒などにはまって麻痺させる(依存)
 
それによってひと時の安心感を手に入れる
しかし、それは仮の安心感。
 
このように香りが鼻から入って脳に到達して、身体に作用していくのと同じように、嫌な思考が大脳辺縁系に伝わりネガティブな感情を起こし自律神経系に伝わり身体へ作用していくのです。
 
アロマテラピーでは、香りが大脳辺縁系の感情を癒しますが、サイコセラピーでは一番最初の、ネガティブな思考が生まれる瞬間、感情、自律神経系などに働きかけて癒していきます。
 
講座の中では、香りがどんな風に身体に作用していくのか体験して頂きました。また、身体へのタッチでホルモン作用(オキシトシン)があることをお伝えしました。
 
アロマで良い香りの中、呼吸が深くなりリラックスモードで講座ができました。
ありがとうございました。
 
 
 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

カウンセリングサロンレモのブログをお読み頂きありがとうございます。

 

今日は暖かい一日でした。

皆さんはどのように過ごされましたか?

 

私はアロマ講座の教材を探しに浅草橋まで行ってきました。

もみの木と松ぼっくりとワイヤーなどを購入。

来週の講座の様子もブログでご報告しますね。

今から楽しみです。

 

夜はNetflixのFirst Love初恋の続きを観ました。

最終話まで。

宇多田ヒカルのFirst Loveのメロディと歌詞が心に響きます。

ストーリーも役者さんもとてもいいです。

その中で、主人公の同僚役の濱田岳さんのシーンが個人的には切なくぐっときました。

これからご覧になる方もいると思いますので、書けないのですがセリフがいいんです。(´;ω;`)

観た人いますか?・・・

 

 

 

 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

カウンセリングサロンレモの神田です。

 

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

12月に入りました。

ここからあっという間に年末になるように感じるのは私だけでしょうか?

今年の秋からいろいろな出来事が起こり、心にあった夢がひょんなことから実現しました。

実は以前からやってみたいと思っていた依存症の方々をサポートする施設で働くことになったのです。

まだこれからどんな形で私がお手伝いできるか分かりませんが、私の学んでいるトラウマケアが少しでも依存症で苦しまれている方のお役に立てればと思っています。

 

これからは、依存症で苦しんでいる当事者、またそのご家族の方に役立つ情報もあわせて発信していきたいと思っています。

 

引き続き、カウンセリングはどんなお悩みでもオンラインで受け付けております。セラピーももちろん継続のセッションを行なっていますので、ご安心ください。

 

私が勤務している施設はこちらになります。

オンブレ・ジャパン

(アルコール依存症・ギャンブル依存症・薬物依存症)

こういった依存症で悩まれている方のご相談にのったり、プログラムに参加して頂きながら回復へのプロセスをお手伝いさせて頂いています。

もし、ご本人またはご家族が依存症でお困りでしたらぜひご連絡ください。

 

オンブレ・ジャパンについて・・

アルコール・薬物・ギャンブルなど、さまざまなアディクション(嗜癖的行動・依存症)に関する予防・啓発・リハビリテーション、社会復帰を支援する機関です。

「オンブレ」はスペイン語で「人間」の意味。スペインにおいて、年間1万7000人以上のアディクション問題を持つ人とその家族に対応し、予防・リハビリテーション・社会復帰支援で定評のある非営利組織「プロジェクト・オンブレ」の理念と活動を参考にします。

(オンブレ・ジャパンのホームページより引用)

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

カウンセリングサロンレモのブログをお読み頂きありがとうございます。

 

お休みの日に、秋バラを見てきました。

青い空と美しいバラを見たら元気になりました。

ということは、実は私、元気がなかったんだ〜と気がつきました。

普通に生活できていたけど、本当は少し疲れていたんですね。

 

 

見捨てられ不安という言葉を聞いたことはありますか?

 

見捨てられ不安は、周りの人間から自分が見放されるのではないかということに対する強い不安を抱えていることをいいます 。

 

こんな経験はありませんか?

 

* 安心感を得るために相手に必死にしがみついてしまう

* 周りの人が自分を理解してくれないと不安になる

* 相手の反応を見るための試し行動をして、人を振り回す

* 人が離れようとするとひどく裏切られたような気持ちになる

* 孤独感が強く、一人になるのが怖い

* 人に必要とされたい気持ちが強すぎる

* 人に少しでも否定されると、相手を攻撃してしまう

* 相手の言動に一喜一憂する

* 相手を束縛してしまう

 

こういった行動は誰にでも多少あると思います。

しかし、相手に対して離れて行かないように異常に束縛が強かったり、反対の意見を言われただけなのに、相手から嫌われたのでは・・といった不安が強すぎる場合、それはもしかしたら見捨てられてしまうという恐怖心からきているかもしれません。

 

見捨てられ不安を抱えた人は、大切な人に拒絶されたり見捨てられたりすることを恐れて、警戒しながら人間関係を築いていきます。

その警戒心が強すぎるために、人間関係がうまくいかなくなってしまうのです。

見捨てられたくない相手は、子供の頃は親や友人。

大人になると、恋人や配偶者、職場の同僚や上司、友達になります。

 

幼少期にトラウマ体験(怖い体験や、日常的に無視されるような体験)や親との愛着が持てなくて孤独感が強い場合に、なんとかしてつらい気持ちや苦しい感情を味わないようにしようと必死になります。そのため、親の顔色を気にして親の機嫌をとったり、嫌われないよい子を演じてみたりします。

常に相手の気持ちを先回りしたり、その場の雰囲気を察知し気を使い過ぎるため神経的に疲れてしまいます。

本当の自分を見せることができないので息苦しさを感じたり、安心した気持ちを家庭内で持つことができません。

 

本来、子供はどんな自分であっても親から愛され絶対に見放されない、自分を守ってもらえる安心感の中で育ちます。

それによって、本当の自分らしさを表現したり、言いたいことを言ってみたり人との信頼関係を築いていくようになります。

幼いうちは怖い目にあったらすぐに親の元に逃げ込んで、守ってもらい安心感を得ます。

しかし、親がしょっちゅう喧嘩をしていたり、親が夜帰ってこない、両親の離婚、子供を叱る時に「おまえはうちの子じゃない」など脅かして育てたり、また親が病気で家にいない場合なども、子供の心の中に一人ぼっちになる不安感や恐怖心が植え付けられます。

子供にとって親から見放されるということは、もう生きていけないほどの絶望感や無力感を味わいます。それを味わいたくないためだったらどんなことでもします。親の感情に敏感になり、怒らせないように悲しませないように必死になります。

大人になって、恋人やパートナーが自分から離れようとすると、相手にしがみついて、なんとかそれを止めようとします。

自分でも感情が抑えきれずに、パニックになったり、相手に暴言を吐いたり、自傷行為をしたりすることもあります。

 

自分の行動や、反応パターンに気づいてみましょう。

「だから私は相手にあんな暴言を吐いてしまうのか」

「だから私はあの人にしがみついていたんだ」

など自分の依存行動の理由を理解していきます。

自律神経系が整えながら、自分の内側をゆっくり見ていくことが大切です。


 

 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

カウンセリングサロンレモのブログをお読みいただきありがとうございます。

 

このモフモフはコキア。

枯れたらほうきになるそうです。

 

緑から赤へのグラデーションも素敵。

 

 

コスモスも秋風に揺れてかわいい

 

 

 

セラピーでパーツを見て頂く際に

「何もイメージが見えません」

とおっしゃる方がいます。

ビジュアルでしっかり見える人や、

言葉がはっきり聞こえる人の場合は、セラピーがしやすいです。

話している相手が見えたり、言葉が交わせることでインナーチャイルドやプロテクターとの対話が可能になります。

 

イメージが見えないと、相手がどんな表情をしているのか、何を伝えているのかを知ることが難しいのです。

そういった場合、身体の感覚を使ってセラピーを進めていきます。

例えば、「悲しい感じがする」と言った時に体はその感情をどこかで感じています。

身体のどこでそれを感じていますか?

「胸のあたりがぎゅっとなる感じがします」

その胸のぎゅっとなっているあたりは、なんて悲しいって言ってる感じがしますか?

「誰にも気づいてもらえなくて悲しい・・・って言ってます」

このように身体の声を頼りに対話を続けていきます。

見えない場合は、小さな自分の表情や様子を知ることは難しいのでそこを必死に見ようとすると、ますます見えないという思いが強くなってセラピー自体が進まなくなってしまいます。

 

私は昔、自分の潜在意識の中にダイブして何が見えるか聞かれて、全く何も見えませんでした。

目を閉じているので真っ黒しか見えないですと言っていたのを思い出しました。笑

 

その頃やっていたトレーニングをご紹介します。

最初は幼少期の自分を思い出すところから始めます。

何か、楽しい思い出のシーンが良いです。

その時の表情や周りの様子も一緒に思い出してみましょう。

それができるようになったら、次はその自分に声をかけるのです。

「なんでそんなに嬉しそうなの?」

「楽しそうだね」とか。

もしかしたら

「プールで泳ぐのが楽しいの」

「友達と遊んでるの♪」

こんな風に楽しい思いが聞けるかもしれません。

もし、言葉が交わせなくても楽しい気持ちが伝わってくれば大丈夫です。

徐々に会話ができるようになっていきます。

私もこのように練習して、イメージをとらえたり対話ができるようになりました。

このトレーニングは楽しいシーンでないと続かないので、できるだけハッピーな思い出を見つけてやってみてください。

難しいと感じた場合は、その時撮った写真を見ながらやっても良いでしょう。

 

このイメージが見えたり、会話ができるようになるとセラピーがしやすくなります。

小さな自分に優しくできるようになって、愛着も育むことができるようになります。

ぜひ一度やってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリングサロンレモの神田です。
いつもブログをご覧頂きありがとうございます。
 
今日は寒かったですね?
冷たい雨も降って凍えそうになりました。
なのにアイスコーヒーの写真。
ブルブル・・・

 

IFS(Internal Family Systems Therapy 内的家族システム療法)とは、こちらのブログをご覧ください。

 

IFSは苦しんでいる自分にとことん優しいアプローチなのです。

システムを理解すると、悩みの整理ができて日常生活の混乱が減っていきます。つまり苦しみに巻き込まれなくなるんです❣

 

今回は、IFSのセラピーを3回受けてくださったクライアントさんから感想を頂きましたのでご紹介いたします。

(ブログ掲載の許可は頂いております)

 

「3回のセッションを終えて

IFSの心理療法は初めてでどんなセラピーなのか楽しみ半分、不安半分でした。

ある出来事の話をしていく中で、私の中に色々なパーツがあることがわかりました。

ふてくされているパーツ、安心できずにおどおどしてしまうパーツ、批判的なパーツなどなど、神田さんの誘導にて色々なパーツが私の中にあることに気づいていきました。

 

そしてどんなパーツに対しても愛情を向けてあげられるとよいことも伝えられました。

さらに関心を向けていることが大事だが入り込みすぎないことも大切と伝えられ各パーツとの関わる距離やかかわり方も学べました。

小さい頃の自分の本当に気持ちにかかわるうちに、何度も涙を流し、理解し、共感しているうちに深い安心を得ていることにも気づきました。

 

私の中には深い安心という感覚が欠けているという自覚があるものの、どのようにしたらそれを自分の中に育てていったらいいのか分からずにいましたが、自分の中にある各パーツに丁寧に愛情をもって関わり続けることもひとつだと感じています。

 

神田さんとのセッションではとても素直に正直な気持ちを自然と表せている自分がありました。これも安心の感覚だと感じました。

またよろしくお願いします。」

 

B様、セッションの振り返り、感想をありがとうございました。

本当にたくさんのパーツに会いましたね。

そのパーツさんたちがどうして、そのような行動や態度をしているのか理由を教えてもらいました。

 

いくつかの質問で、「どうしてそういう事をしているの?」

そうすると、パーツは「あなたが困らないようにしている」などB様を守るためにやっていることを教えてくれました。

 

たとえその行動が一見悪いことだったり、あまり好ましくない態度だったとしても、その目的は自分を守るためにしてくれているのです。つまり、嫌な役目を引き受けてくれているのです。

 

おどおどしながら警戒してくれたり、ふてくされて、これ以上傷つかないようにしてくれたり、ダメ出しして萎縮させることで守ってくれたり。

 

どのパーツも自分の最強のサポーターです!

 

セッション中に、B様の愛に満ちたセルフのまなざしを何度も感じました。

時々、「そこにいてね。私を守ってね」と声をかけてあげてくださいね。

ありがとうございました。

またいつかその後の感想を聞かせてください。

 

 

*IFSのセラピーをご希望の方は申込みの時にメッセージをください。

 

IFSの詳しい説明はこちらのブログをご覧ください。

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。