カウンセリングサロンレモのブログをお読み頂きありがとうございます。

たくさんの花がいっせいに咲き出しました。

今年は急に春が来た感じがします。

 

 

悩みのご相談に来られた方にお聞きするのは

今通院されている病院があるかどうか

何か服用している薬があるかどうか

カウンセリングやセラピーを受けたことがあるかどうか

この悩みをいつごろから抱えていたか

なにか悩みになるきっかけがあったどうかなどです。(他にも初回時は質問しています)

 

私は医者ではありませんので、心療内科、精神科の先生が処方された薬に関して意見を言うことはありません。

 

ただ、私の考えとしてお伝えしたいことは

もし人間関係、親子関係、幼少期のいじめ、虐待、トラウマなどが原因で心理的苦痛を抱えている場合、薬だけではその悩みは解決しないかもしれないということです。

薬を飲めば一時的に楽になりますが、問題は何も解決していないので通常の生活に戻った時に、苦しいままの状態が待っています。そうなるとまた薬が必要になります。

 

この訳の分からない不安感は何が起因しているのか?

過緊張で仕事に支障がでるのは、そもそも何があったからなのか?

人間関係に疲れて度々落ち込むのは、どうしてなのか?

意味がないと分かっているのに同じことを繰り返し考えて自分や相手を責めるのはなぜなのか?

 

一体何が原因なのか?

これに向き合うには、勇気がいります。

怖いですし、痛みが伴うかもしれません。

でもやはり、問題は自分の中で起こっているのでそこを避けて通ることはできないのです。

薬を飲めば、不快な感覚や不安感などは収まるかもしれません。気分も良くなり、心が安定し、夜もストンと眠れます。

でももし薬がなくなればまた同じ不安感や不快感を味わうことになります。

 

つらい気持ちを誰かに話してわかってもらうことや、抑圧している感情を知ること、自分の考えのパターンやクセを理解すること。

とことん自分の内面に向き合うこと。(すごく怖いけどね・・)

それは、自分をつらくさせるのではなくて、むしろ自分に対しての愛や思いやりなのではないでしょうか?

 

私は極度の不安感を常に感じていました。

幼少期に不安症になり言葉がしゃべれなくなる期間もありました。

トラウマもありました。

おそらく私よりもっとつらい体験した人はたくさんいらっしゃるでしょう。

もし今悩まれているとしたら、カウンセリングやセラピーも選択肢に入れてほしいと思っています。

決して病院や薬を全面的に否定しているわけではありません。

 

 

*お願い*

もしお薬を服用されている場合は勝手に薬を止めたりしないでください。必ず主治医とご相談ください。

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着の問題、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

セラピーはIFS(内的家族システム療法)をベースに行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリングサロン レモのブログをお読み頂きありがとうございます。

 

みなさんお元気ですか?

3月になってもまだ冬のコートが手放せません。><..

春が待ち遠しいです。

 

今月は、TCネットワーク(治療共同体ネットワーク)主催のエンパワメント・グループ研修に参加してきました。

(TC=Therapeutic Community)

依存症のためのエンパワメント・グループなのですが、依存症施設の職員だけではなく、介護、教師など様々な方の参加がありました。対面は50名ほど、オンライン参加の方もいらっしゃいました。

薬物、アルコール、ギャンブルなどのアディクションからの回復を目指す施設で使っているグループセッションの勉強会です。

 

私がこのエンパワメント・グループに出会ったのは1年半ほど前になります。

依存症の自助グループミーティングでは、「言いっぱなし、聞きっぱなし」の方法が広く活用されています。

ですが、欧米の治療共同体ではグループの中で発言者に対して質問をしたり、フィードバックをすることで、発言者をサポートするといった手法がつかわれているのです。

 

【治療共同体モデルは「仲間を助けることによって回復する」というセルフヘルプの力を、より効果的に引き出す仕掛けとなります】とテキストには書かれています。

 

最初のころはどんな質問をしたら良いのか分からなかったのですが、他の方の質問をよく聞いているとみなさんが、仲間の回復を支えるような質問をしていました。

決して相手を責めたり、「なんでできなかったんですか?」など問い詰めるような質問はしません。

「なにがあれば出来ると思いますか?」「それをどんな風にして乗り越えましたか?」

こんな感じで、発言者(悩みのテーマを出してくれた人)に対して共感したり、あたたかいまなざしを持ちながら質問していきます。

エンパワメント・グループでは誰も主導権を持ちません。ものごとの解決ではなく、ものごとを取り巻く感情の解決をしています。

 

最後にフィードバックを一人一人言うのですが、ここでも批判することなくただ感じたことや伝わってきたことを素直に発言者に伝えます。提案はしません。

この新しい手法に戸惑いました。

 

なぜかと言うと、私のやっているカウンセリングは一対一で、セラピストは自分が感じたことを言うことがないからです。

私自身、こういったグループ内でしかも知らない人の中で苦しみが変化するとは思えませんでした。

 

でも何回かエンパワメント・グループに参加しているうちに、みなさんの表情が変わってきたり、質問している私にも変化が起こり始めたのです。「このグループは何かがある」と感じました。

 

私が発言者の回復を助けているつもりだったのに、いつの間にか私自身の方が助けられているという現象が起きたのです。

私の感情が動きなにかが起きて、そのうち心にかかっていた雲が消えるような感じがして晴れ晴れとした体験をしました。

本当に雲ひとつない青空のようなすっきりした気持ちになりました。

 

今回は研修で参加した人たちでグループに分かれ実際にエンパワメント・グループをしてみました。

私たちのグループは、援助職が3名一般の仕事をされている方が3名、ファシリテーター&副ファシリテーターの全員で8名でした。

テーマを出してくれた人に、それぞれ質問してその答えを聞く。

発言者の方の感情もそれなりに感じることができました。

(エンパワメント・グループでは話した内容は外に持ち出さないルールです)

最後にみんなでフィードバックをして、発言者の感想を聞きました。

最初は怒りや悲しみや色々な感情が混じっていたようですが、だんだんと落ち着いてきて表情が変化していっているように見えました。

ご本人も心がすっきりして、気持ちが変化したことを教えてくれました。

 

私がこのグループセッションを見て思ったのは、安全な場所で話せることがまず大事。

そして信頼できる人たちがいること、

自分のことを思ってくれていると感じること、質問やフィードバックに愛があること。

これらがあると、傷ついた人の心は癒されていくのかもしれないと思いました。

 

グループの力、効果を強く感じています。

一対一のカウンセリングにこだわらず、なにか別のアプローチでも

それが癒しにつながるのなら、取り入れていこうかなと考えています。

 

 

 

image

 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

セラピーはIFS(内的家族システム療法)をベースに行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

カウンセリングサロンレモのブログをご覧頂きありがとうございます。

 

ここ数日暖かい日が続いてまるで春みたいです。

 

東京都美術館で開催されている

『印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵』をみてきました。

 

 

こちらの絵がとっても良かったです。

木漏れ日が美しい

 

 

チャイルド・ハッサム

花摘み、フランス式庭園にて

1888年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリの印象派の画家たちの作品や日本、アメリカの画家の作品まで展示されていました。

どれもうっとりするくらい美しい。

 

ハッサムの絵からは、エネルギーみたいのが伝わってきて感動で胸が震えました!

130年以上前に描かれた作品なのに、今もハッサムの息づかいが感じられて、見ているうちにその絵の世界に引き込まれていくような感じになりました。

 

印象派展は人気があり、とても混んでいました。

私はランチをしてから午後から入ったので、比較的空いていたようで、ゆっくりみれました。

朝一番は混んでいるようです。

 

 

 

帰りに一階のミュージアムショップで、大好きな宮廷画家 ルドゥーテの本を買ってしまいました。笑

ピエール ジョセフ・ルドゥーテはベルギーの画家であり、植物学者。

 

ユリやバラなどの植物を描いたボタニカル・アートの天才画家。

ルイ16世王妃マリー・アントワネットや、のちにナポレオン1世皇妃ジョセフィーヌに仕える宮廷画家でもありました。

 

ルドゥーテのバラはずっと眺めていられるほど好きです♡

 

美術館に行ってミュージアムショップをのぞくだけでも新しい発見があって楽しいのでまた行きたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

セラピーはIFS(内的家族システム療法)をベースに行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

カウンセリングサロンレモのブログをご覧頂きありがとうございます。


東京にも大雪が降りました。

あっという間に道路の雪は溶けてしまいましたけど。

寒くなったり暖かくなったりして春に近づいていますね。


今年から依存症についての勉強を始めました。


アルコール、ギャンブル、薬物、処方薬などの依存症。

女性のアルコール依存症も増えてきています。

子育て中のストレスから毎日少しずつビールを飲み始め、いつのまにかアルコールがないと生活できなくなったり。

子育てが一段落して持て余した時間にスマホで始めたギャンブルにハマってしまったり。

依存症になる背景はさまざまですが、やめるのはとても大変なことです。


最初は家族に隠れてお酒を飲んでいたのに、朝起きられなくなって仕事へ行けなくなったり、飲んで騒いで飲酒が発覚したり。

この時点では自分でいつでもお酒をやめられると思っています。

家族は世間体を気にして依存症であることを隠したり、お酒を隠したり本人を責めたり苦しみがどんどん広がっていきます。

依存症は家族を巻き込む病気です。


またこの学びをここでもシェアしていきたいと思っています。


それにしても、テレビでアルコールとギャンブルのコマーシャルが多いこと!

子供たちもみているテレビなので影響が心配になります。




 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

セラピーはIFS(内的家族システム療法)をベースに行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 


カウンセリングサロンレモのブログをお読み頂きありがとうございます。

 

外は北風が吹いて寒いです。

こうしてお部屋の中でゆっくりしていると和みます。

 

クッキー

 

一杯のお茶

 

あったかい膝掛け

 

窓から入ってくる日差し

 

こんなささやかな幸せを大切にしたいと思います。

 

 

今日の午前中はセラピスト仲間と交換セッションをしました。

 

最初に私がクライアントでセッションをしてもらい、次に相手がクライアントになって

私がセラピーを行いました。

 

 

私が使っているのはIFS(内的家族システム療法)という、自分の内面にいくつかの自分(パーツと呼ぶ)がいて、そのパーツの言い分を聞いてあげたり、パーツが守っている子を見つけてあげたり、その子が傷ついた時に本当はしてほしかったことや、したかったことを安全にさせてあげる心理療法です。

 

このIFSの何が素晴らしいかというと、セラピストはファシリテートするために存在するのですが、あくまでもクライアントさんのセルフが主導するかたちでセッションが進んでいくのです。

そのセルフとは、自分自身です。

私たちみんながもっている本当の自分。

 

例えば、つらい思いをしたパーツは、セラピストに理解してもらうのではなく、あなた自身に分かってもらいたがっているのです。

セラピストに「それは大変だったね」「そんなことによく耐えたね」と言ってもらうのではなく、セルフであるあなたから慰めの言葉や優しさや共感が欲しいと願っているのです。

 

今まで私がやってきたセラピーも癒しが起こり、もちろん変容していくことがありました。ただこのIFSを使うようになってから回数を重ねてセッションを受けて頂くと、クライアントさんのセルフがリーダーシップをとれるようになって大きな変化が自然と起きることが多くなったと気が付きました。

シンプルに言うと、その方の大丈夫感がぐっと倍増する感じです。(もちろん癒しも進みます)

自分が大丈夫だとわかると本当に生きやすくなります。

 

IFSを継続で受けてくださったクライアントさんからこんな感想を頂きました。

 

『かつての自分は打たれ弱くて、何か言われると傷ついてもう無理~となっていたのが、傷つくことは同じでも、そのあと「何とかやってみよう!」になってきました。これは昔の自分とは全然違います』

 

同じ出来事に傷ついても、自分の中で何かが変わっていると実感されていてとても嬉しいです。

それは「何とかやれる自分」を発見し、自分を信頼できるようになったからだと思います。

内的対話が出来るようになってきたともいえます。

 

 

そしてこのように変化できたのは、この方のセルフがリーダーになりひとつのチームとして機能し始めたからだと思います。

 

サッカーや野球、また会社でもチームワークが良いと強くなれます。

個人競技のマラソンもコーチ、監督、応援してくれる仲間、こういったひとつのチームで戦っているのです。

勝っても負けても支え合う仲間がいることが大事なのです。

 

私たちも、自分の中に何人もの仲間がいて

そのメンバーと協力して生きていくんだと思うとなんだか心強くないですか?

 

だからこそ、その大切なメンバーの一人が悲しんでいたり、つらい思いを抱えていたとしたらやはり理由を聞いてあげたいなと思うのです。

 

 

 

あなたの中に誰か話を聞いてあげたい人はいますか?

 

 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

セラピーはIFS(内的家族システム療法)をベースに行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 


皆さま あけましておめでとうございます

カウンセリングサロンレモの神田よしこです。

新年を迎え清々しい気持ちで仕事をスタートしました。

皆さまにとって素晴らしい一年になるよう祈念いたします。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。



新年から様々な出来事が各地で起こっていますが一日も早く能登半島の地震がおさまるようお祈りします。



【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

セラピーはIFS(内的家族システム療法)をベースに行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

カウンセリングサロンレモのブログをお読み頂きありがとうございます。

 

今年もあと少しとなりました。

毎年クリスマス前のこの時期はマフラーぐるぐる巻きで外出するのですが、今年はまだそれほど寒くありません。

みなさまのお住まいの地域はいかがですか?

大雪のところもあるようですね?

どうぞ気を付けてお過ごしください。

 

年末年始の営業日のご案内をさせて頂きます。

 

年内は12月27日(水)が最後で

年始は1月6日(土)より営業になります。

 

オンラインまたは、対面カウンセリングどちらかご希望をおっしゃってください。

お問い合わせお待ちしております。

 

 

丸ノ内のクリスマスツリーを見てきました。

とってもきれいです♡

 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

セラピーはIFS(内的家族システム療法)をベースに行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

カウンセリングサロンレモのブログをお読み頂きありがとうございます。

 

冬の空って感じです。

青くてすっきり雲もなくて。

突然、やってきましたね。

冬が☃️

さむさむ~~

 

できれば毎日気楽に過ごせて、楽しいことをして暮らしていけたらいいですよね。

そう思っているのにどうしてこんなに心が苦しくなってしまうのでしょうか?

 

私もずっとこのように悩んできました。

 

でも、ある日「あれ? これって自分から苦しいところに向かっていない?

と気付いたのです。

自ら苦しい方に目を向けたり、苦しい物の考え方をしていることに。

 

ではどうしたら良いのでしょうか?

 

それは、自分で向かっているなら、自分で方向を変えることもできるのでは?

悟りの本からヒントを得て実践してみたのです。

 

例えば相手に「そのやり方はよくないんじゃない?もっとよく考えたら」と言われ

『相手の言った言葉に腹がたった!』という怒りが起きている自分の解釈をしっかり見つめます。

相手にバカにされている・・・この解釈が怒りを起こしているので、この解釈を変化させていくのです。

感情は自分の思考から起きています。

もし思考がなければ感情は出ないのです。

 

相手が言った言葉によって、ほんの少しでも自分のためになることや、良い点を探し出してみます。

まぁもう少し考えてもいいかも・・・

失敗するリスクを回避できたかも・・・

思考が変化すると感情も変化していきます。

苦しみ(私はバカにされている、だから相手が悪い⇒憎い)から、楽の方向(私はラッキーだ、失敗しないように支えてもらえている)にベクトルが変わっていきます。

 

最初はこのようなやり方に慣れないので大変だと思いますが、毎日少しずつやってみてください。

私はすぐに苦しい思考に飛びついて、猛ダッシュで誰かをバッシングして感情まみれになっていましたが、

段々と自分の思考のパターンに気づき、練習していくうちに苦しみの方向から楽な方向に進路変更ができるようになりました。

 

よい解釈ができるようになると不思議と良いことが増えてきます。

感謝や愛が自然に自分の中からあふれてきます。

 

よかったらやってみてください!

 

 

 

 

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

セラピーはIFS(内的家族システム療法)をベースに行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

カウンセリングサロンレモの神田よしこです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。
 
まだ半袖で過ごしています!
こんなに暑い日が続くといつ衣替えしたら良いのか迷いますね。
クローゼット内では分厚いセーターがスタンバイしていますが、出番はまだまだ先になりそうです。

 

 

お待たせいたしました。

ようやくリニューアル工事の終わりが見えてきました。

皆様には長いお休みをお願いしました。

予約してくださった方には11月に延期していただき大変ご迷惑をおかけしました。

申し訳ございませんでした。

 

カウンセリングの予約を再開いたします。

 

11月11日以降より可能となっております。

ご予約はこちらのフォームよりお願いいたします。⇒

 

カウンセリングご希望の日時を第三希望までご記入ください。

オンラインまたは対面のカウンセリングが可能です。

 

カウセリングというと、なんだかハードルが高いと感じる方もいらっしゃると思います。

私自身も一番最初のカウンセリングは行くまでにかなり迷いました。

申し込みフォームを書いては消しを繰り返したりしました。

 

私の場合、知らない人に相談することや、初めての場所に行くことが不安でした。

しかもセラピストさんが男性でしたのでそのことに対する抵抗もありました。

 

でも、知らない人に悩みを聞いてもらえる方が何でも言えて気楽で意外に良かったです。(笑)

受容して聞いてもらえることが嬉しかったですし、変なジャッジがないのも良かったです。

プロのセラピストさんは守秘義務もきちんと守ってくれるので安心でした。

セラピーも初めてでしたが怖さはなく自然とできました。

 

 

カウンセリングが初めての方や、セラピーを受けるのが怖いという方もいらっしゃいます。

レモでは、そのような方に初回60分のご相談をおすすめしています。

お話を伺うだけのセッションもございますのでお気軽にお問い合わせください。

 



 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

セラピーはIFS(内的家族システム療法)をベースに行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

カウンセリングサロンレモのブログをお読み頂きありがとうございます。

 

金木犀の香りに誘われて公園を歩いてみました。

どんぐりを拾ったり、お花をながめたり。

秋は楽しみがたくさんあります。

 

 

 

先日、書類をある会社に郵送したのですが、記入するところが間違っていたようで送り返されました。

それによって色々な手続きが間に合わない事態になってしまったのです。

慎重な性格なのに、たまにこういミスをします。

 

書類が送り返された日の夜、頭の中で色々な考えがぐるぐるして眠れなくなりました。

 

「なんで早めに確認しなかったのか!」

という自分を責める声。

「仕方ないよ。だってこのところ忙しかったからね」

と慰めてくれる声。

「いつもこういうミスをする!」

厳しく批判する声。

「私ってなにやってもダメだから」

と諦めの声。

「どうしてあの時確認しなかったの?」

と後悔する声。

「めんどくさい!何で私がこういうことをしなくちゃいけないの?」

と怒っている声。

 

これらの声が交互に出てきて、全く眠れなくなりました。

 

みなさんもこのような頭の中での会話に気づいたことはありませんか?

 

時には対立し合っていたり、もうどうでも良いと自暴自棄になるような声もあるかもしれません。

自分に優しい声もありますよね。

 

その声の主を、パーツと呼んでいます。

私の中にいた、怒っているパーツ、あきらめているパーツ、批判するパーツ。応援してくれるパーツ。

 

日常生活の中で、あまりにも怒っているパーツが活性化していると、些細なことでイラつき人とコミュニケーションがうまくとれないかもしれません。

私は何をやってもダメ人間だと批判するパーツの声が大きすぎると、何かに挑戦することをためらってしまうかもしれません。

警戒心の強いパーツがいる場合には、人との間に高い壁を作って入らせないようにするかもしれません。

不安なパーツがいれば、相手の顔色をうかがってビクビクするかもしれません。

 

過剰に反応するパーツには、何か訳があるのです。

私の行っているセッションでは、パーツを歓迎し、話をゆっくり聞いてあげる内的対話を重視しています。

 

それぞれのパーツの本当の意図や役目を知った瞬間、涙が出たり感動したりする人もいらっしゃいます。

 

ちなみに私は号泣しました。💦😭

 

もちろん感じ方は人それぞれです。

でも、今まで無自覚にしてきた自分の行動が、実はちゃんとした理由があったと知ると、それを引き受けてくれたパーツの優しさに触れて、もっと深いところで自分を理解できるようになります。

 

そして、これは体験することでしか分からないことかなと私は思っています。

 

体験すると頭での理解より、私ってこういうふうに出来てるんだ〜って、腹落ちします。

そして、もっと自分が好きになっていきます。

 

ぜひ、IFSというセラピーにご興味がありましたら一度体験してみてください。

 

お悩みは、日常生活で困っていることや、人間関係で悩んでいることなど、何でも大丈夫です。

 

興味がある方は予約フォームから、お問い合わせください。

お待ちしています!

 

 

☆申し訳ございません。10月のセッションはお休みさせて頂いております。

来月の予定は決まり次第、お知らせいたします。

 

【このようなお悩みをお持ちの方へ】

発達性トラウマ、愛着障害、心身の不調、依存症、アダルトチルドレン

人間関係全般のお悩み

 

カウンセリング、サイコセラピーを通して回復をサポートしています。

セラピーはIFS(内的家族システム療法)をベースに行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。