• 22 Oct
    • 2018年はこんな年になる・・・かも

      こんにちは。相馬玲子です。2017年も残り2ヶ月と少しですね。時が飛んでいく速さには驚くしかない・・・というわけで、2018年の事を考えている方も多いのではないでしょうか。アカシック・レコード・リーディングの師匠である、ゲリー・ボーネルさんの「2018年予言」、ってのに行ってきました。お金の話から、宇宙人まで、広範囲に話してくれました。DVDが出るそうですので、詳しくはそちらをご覧ください。とはいっても、ちょっとだけ(笑)私が興味をひかれたものを。お金、というか金融に関して、2018年は物凄い激変があるだろう、との事です。世界の銀行システムが大きく変わるだろう。2007年&2008年のリーマンショックの時のようなクラッシュがやって来そう。という事で、投資をしている人は、しっかり考えろ、って。中国の経済は、実は、危機的で、China バブルははじけそう。という事は、世界中が激震するかも。他にも、株はこの銘柄がいい、とか、ビットコインの事とか細かい話がいっぱいあったのですが、それは、DVD見てください。日本は他の国々に比べれば、そんなに酷くはないそうです。環境問題に関しては、2つの大きな問題があるそうです。1つは、永久凍土がドンドン溶けていて、長期間氷漬けになっていたウィルスや微生物が現れて来た。人間には免疫がないものが多くあるので、かなり人口が減るかも。もう1つは、海水温上昇によって、北極の海底にあったメタンガスが溶けだして来ている。プクプクっていうガスの泡は海底では小さいけれど、海面に近くなると、大きくなり、物凄い波を起こす。世界では、海岸に近い所に澄んでいる人が多いので、かなりの被害が出るかも。あと、メタンガスが空中に放出されるので、空気が・・・これは、アカシック・レコードとかいう話ではなくて、今、起きている事実。世界中の科学者たちがこれについては、口をつぐんでいるそうです。あまりに大変な事だから。これに関しては、ゲリーは前から言ってます。海岸近くには住むな、って。ゲリー自身、数年前にフロリダの海のすぐそばの素敵なおうちから、ノースカロライナの標高の高い所に引っ越してます。前のうちにいたら、ハリケーンでやられてるでしょうね。もし、ゲリーが日本に移住するとしたら、〇〇だ、って言ってました。(知りたい方は、個別に(笑))火山噴火や地震については、これはもう当たり前(苦笑)という事で、あんまり楽しくなさそうです、ちょっとは楽しそうな話題を、というわけで、2018年は、地球外生命体があるビデオを発表するだろう、と。すでに、人類に紛れてかなりの地球外生命体はいるそうで、人間とのハイブリッドもすでに、生まれ始めているそうです、巨大な地震とか、大噴火とか、自然の大災害を、地球外生命体が抑えてくれてる、って、言ってました。これらの情報をどう思うかはもちろん、各人の自由です。そして、なにより、自分の意識が自分の現実を創造する、ってのを心に刻む必要がありますね。恐れてしまえば、そういう現実がやってくる、って事でしょうか。それより、大激変だからこそのチャンスってあると思うのです。自分が大きく変容していく、きっかけになりますよね。ゲリーは、とにかく「葛藤」をなくしなさい、って、繰り返し言ってます。そうすれば、いるべき場所にいるべきタイミングでいるよ、って。自分の中に溜まっている様々な重い思い(ダジャレじゃありません(笑)や固定観念等自分を縛りつけている制限を削除する、っての、益々、重要な年になりそうですね。==============いつも思うのですが、アクセス・バーズの凄い所は、やってあげると、人のだけでなく、自分の制限も取れる、って所なんですよね。「1日の講習会でできるようになる」東京目黒駅から徒歩3分での「アクセス・バーズ」講習会11月4日(土)9:30-18:30で開催予定です。詳細はこちらをご覧ください。

      NEW!

      13
      テーマ:
  • 19 Oct
    • 自分は情報でできている?!

      こんにちは。相馬玲子です。私たちの毎日って、選択の連続だと思いませんか?そして、選択は情報に基づいて行っています。例えば、今日は雨だけど、大きい傘にしようか折り畳み傘にしようか?天気予報を見て、一日雨らしいから、大きい傘にしよう、とか、天気予報はあてにならないし、今日の仕事は外出はないから、折り畳み傘にしよう、とか、選ぶわけです。これって、天気予報という外部の情報を参考にしたり、あたらない、という体験の記憶という情報を参考にしたり、様々な情報をもとにして、どれにするか決めてるわけです。自分自身の事だってそうです。私は、相馬玲子です。これって、名前という情報です。東京に住んでいます。住所に関する情報です。〇〇の仕事をしています。仕事に関する情報ですよね。〇〇大学を卒業しています。学歴に関する情報です。旅行が好きです。これは好みに関する情報です。Etc. etc.あげていくと、無数の情報です。そして、これらの情報は単に情報です。別に、掴めるものでもないし、抱きしめられるものでもありません。でも、これらの無数の情報が自分を作り上げている。ウ~ン・・・よく、わからないと思っても当然です。でもね、ちょっと量子力学の事を考えてみてください。観察する人がいるからそれがある。認識するからこそその現実がある。つまり、自分の様々な情報をそういうものだと認識するからそういう自分になっている、っていう事ですよね。という事は・・・その情報を書き換える事も可能なはずですよね(^_-)そうか~、そういう事か~(^O^)/って、思ったのですが、それをどうやってやるか?(汗)そこですよね。それが簡単にできたら、人生が劇的に変わるかも。長くなったので、それは、また今度。

      60
      テーマ:
  • 18 Oct
    • 自分にとって本当に幸せな生き方の見つけ方

      こんにちは。相馬玲子です。毎日、世の中、驚く事の連続で、事件の連続で・・・そんな中、友人ご夫婦の所に他の友人と遊びに行ってきました。奥様が超人的にお料理の上手い方で、もう本当に美味しいランチをご馳走になりました。ご主人の方は、超アヤシイ人で(笑)色々な情報を教えてくれる人です。ひさしぶりにお会いしたのですが、2人とも若返った感じでした。そして、本当に素敵なご夫婦だと改めて思いました。これまでの人生で色々な事があったはずです。そして、今、二人で生きているその時空間、それは、二人だけのものです。外から見ると、普通のある程度年齢のいったご夫婦ってだけでしょう。でもね、そばにいると、二人の作り出しているその雰囲気が家にも満ちていて、なんとも居心地がいいんです。あ~、本当に幸せなんだろうな、この二人は、って自然に思えます。この所、なんだか元気のない私は、2人を観察してました。元気がないっていっても、別に、体調が悪いとか、なにか問題があるとか、そういう事ではないんですよ。なにかがピッタリ来ていない感じ。これって、要は、魂が望む事とマインドが望む事の違い、といってもいいのかもしれません。その友人はメールをくれました。その最後に、「あやしいもの好きの玲子さんを、満足させるものを、真剣に探してはいかがですか?」エッ、エ~ッ!そう言われても(汗)というわけで、私はとっておきの方法をくりだしました。それは、「私が、本当に望む生き方ってなに?」「私が、心から幸せだと思う生き方ってなに?」って、ただ、宇宙に問いかける。これ、アクセス・バーズの創始者ギャリー・ダグラスが教えてくれたんです。ただ、そう、宇宙に質問する。そうすると、起きてくる事が変わるよ、って。そうなんですよ、本当に。あ~だ、こ~だ、と考えないのがポイント。思考を使って、ジタバタしてもこういう時は、どうしようもないんです。でね、起きてくる事が、自分のマインドにとって喜ばしい事とは限らないんですよね(^_^;)むしろ、嬉しくない事が多いです。だって、今を壊して変容していく、っていう事ですから。さ~て、何が壊れて、何がやってくるか。「まな板の上の鯉」状態です。==============どうも意識の大転換点が来てるみたいですよ。それを掴むかどうかは、その人次第。「新月意識拡大ナイト」10月20日(木)19:00-21:000詳細はこちらをご覧ください。

      34
      テーマ:
  • 13 Oct
    • このタロット・リーディング、凄いです。

      こんにちは。相馬玲子です。今日は、タロット・リーディングをやって頂きました。友人なのですが、知り合ってもう20年近くになります。まだ会社勤めをしていた時代、転職先で働き始める前に休暇をとりました。2カ月位フリーな時間があったので、行った事のないヘビーな所、インドに1カ月行きました。それも、なんとOSHOのアシュラム。(OSHOの事を知らない方は、検索してみてください。)スピリチュアルとは無縁だったのになぜ?実は、尊敬する友人から勧められたのです。一人で行くのは、どうもね~・・・だったので、OSHO Japanという所のツアーで行きました。そのツアーで知り合ったのが、今日タロット・リーディングをしてくれた友人です。彼女、実は、凄い人で、前は、セッションをガンガンやってました。でも、ご主人の引退に伴い、千葉の郊外に引っ越し、それ以来、昔のお客様で是非、やってくれ、という場合のみ、東京まで出てきて、やってます。私、アカシックを読むセッションをやらせて頂いているのですが、自分の事を読むのって、実は、一番難しいんですよね(^_^;)もちろん、自分でも読んで、それを確認するつもりでお願いしました。結果、その通り!だったんですけど、改めて、彼女のタロット・リーディング凄いな、と思ったわけです。今のエネルギーを読むので、半年位先までで、何年も先ってのは、ダメみたい。でも、近未来のために、今、どうしたらいいか?って、役に立ちますよ。質問に対して、YES, NO までわかるので。凄いので、他の方にご紹介してもいいかどうか尋ねたら、いいですよ、って言ってくれました。そんなにガンガンやるつもりはないようで、彼女のスケジュールに合わせて、って感じになりますけど。なんと、1時間のセッション、8,000 円でやってくれるそうです。エッ、そんなに安くていいんですか?って、思わず聞いちゃったのですが、いいんだそうです。ガンガンやってた頃も、評判を聞きつけて、北海道からいらしたりして、何十万円もボンと置いて、お礼です、って言われても、そんなには頂きません、決まった料金だけで、後は、お持ち帰りください、って、言ったのだとか。エ~ッ、くれると言うものはありがたく頂けばいいのに・・・なんて事を思ってしまった私でした(^_^;)って、いう私のアホな話は置いておいて、ご希望の方は、私までご連絡ください。こちらです。「講座/セッション/イベント名」欄に、「タロット・リーディング」とお書きください。友人につながせて頂きます。彼女は、HPもないし、ブログもやってない人ですので。場所は、東京の錦糸町になると思います。あのアレイスター・クローリーのTHOTH(トート)タロット・カードです。これで、読んでくれますよ(^^♪

      70
      テーマ:
  • 12 Oct
    • 自分のタイプを知る事って超重要ですね

      こんにちは。相馬玲子です。本田晃一さんていう方の「はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法」っていう本が売れてるらしいです。重版かかっても、あっという間に売り切れだそうで、アマゾンではずっと欠品状態みたい。多分、かなり上手い売り方をしてるのだとは思いますが、アピールする内容でもあるのでしょう。そんなに売れてるのはナゼ?と、好奇心がうずき、思わずアマゾンでポチッてしちゃいました。ちょうど重版分が入荷した時にアマゾン見たらしいです、ラッキー!で、読ませて頂きました。なるほどね~、と売れる意味に納得。アマゾンでの評価はメチャクチャ高い。多分、元々の本田さんのファンが購入してるのだとは思います。あと、私みたいにそんなに売れてるの?じゃ、っていうちょいとおバカな(笑)人が買ってるのかな。凄くわかりやすいと思いました。そして、素晴らしい事も書いてある。例えば、「山の頂上にたどりつくのに、断崖絶壁をひいひい言いながら登ってもいいし、お花畑を見ながら、ラクして登ってもいい。」当たり前だけど、その通り!「人は自分が選びたい道を選んでいるだけ。どんなかたちであれ、自分が選んだ通りの人生を歩いているだけ。」これも、まさにその通り!あっさり書いてるけど、これって、量子力学の事を考えてもその通りだと思います。で、本は続きます。何が選ばせているか、というと、それは、セルフイメージだというわけです。で、セルフイメージを高める方法が書いてあります。確かに、成功している(成功の定義は人によって違います)多くの人って、自己肯定感が高いです。これって、育ち方にかなり影響されるので、なかなか難しい事柄ではあるんです。他にもいっぱいの役に立つ事が書いてあります。この本を読んで、サクサクと夢を叶えて行けるとしたら、それは素晴らしいと思います。多分、自分の中に抱えているもの、傷や痛みとともに刷り込まれた信念や観念等が、少ないのではと思います。それは、とても幸せな事で、その幸せを十分感謝して、サクサクと夢をかなえて行けばいいだけです。今回の人生はそういう設定なのだから。もし、この本を読んで、ダメだ・・・自分には無理・・・そんなに簡単に自分を変えられない。って思っちゃう人は、そこで諦めずに、自分の中に溜まっている様々なものをまずは捨てる、っていう事が必要と思います。アマゾンのカスタムレビューで、「・・・きっとこの本は素晴らしいことが書いてあるんだと思う。やれば豊かになれると思う。でも読んでて本当に苦しい。信じたいけど、とても難しいです。」っていう悲しいレビューを読みました。諦めないでほしいです。方法は、いっぱいあるので、探せば、自分にご縁のあるものと出逢えるでしょう。今回の人生の設定が、自分ととても違う人の話を聞いて自分はダメだ、と思わないで欲しいと思います。この本が凄く売れていて、評価もメチャクチャ高いという事は、自分の中に重いものをためていない人たちが増えて来てるのかもしれませんね。それって、素敵な事ですね(*^-^*)新しい人類の始まりなのかもしれません。

      45
      テーマ:
  • 11 Oct
    • 10月20日新月意識拡大ナイト

      こんにちは。相馬玲子です。10月10日に、木星がさそり座に入ったそうです。木星って、「幸運の星」とも言われてるらしいですが、「探求・冒険」の星でもあるらしいです。この辺りは、別記事「12年前はどんなでしたか?」をお読み頂ければと思います。これから約1年間、「探求・冒険」の木星が「秘密・謎」のさそり座にいる。10月20日(金)は、初めての新月になります。面白そうなので(笑)、また、やります。「新月意識拡大ナイト」●日時:10月20日(金)19:00-21:00(開場18:45)20:30からは、みんなでお茶しながら、オシャベリです。これが、毎回大好評。楽しいですよ~♪●場所:東京 JR目黒駅から徒歩3分(ご参加の方には、詳細をお知らせいたします。)●参加費:2,000 円●申し込み方法:こちらのページからお願いいたします。「イベント名」の欄に、「新月意識拡大ナイト」とお書きください。●内容:*今回も、「静寂」へ至る瞑想やります。*その後、未来を観に行く誘導瞑想やります。未来がモヤモヤっとしてたら、そこに、望むものを設定してきましょう(^^♪そのやり方もお伝えしますね。

      36
      テーマ:
    • 12年前ってどんなでしたか?

      こんにちは。相馬玲子です。10月10日に木星がさそり座に入ったんだそうですね。私は、西洋占星術って全く詳しくはないのですが、木星は「幸運の星」らしいです。よく読んでいるオスカー・ケイナーさん(あのジョナサン・ケイナーさんの甥で継承者です。)によると、木星は、「探求と冒険の星」だそうです。その星が、「謎と秘密の星座」、さそり座」に入る、って事だそうです。さそり座って、12宮の中で一番、謎めいている星座なんだとか。でね、木星って動きが遅いらしくて、1年その星座にいるらしいんですよ。って、事は。前回さそり座に入ったのは、2005年 12年前です。12年前って、何をやってたかな?思い出してみました。2004年に長い会社員生活に終止符を打ったものの、どこへ向かって、何をしたらいいのか全くわからない、って状態でした。でも、これから始まるであろう新しい生き方にワクワクしていたのを思い出しました。まさに、「謎めいている道」へ踏み込み、「探求・冒険」してました。(私の場合は、翌年の2006年にリコネクションに出会って、大きく人生が変わる事になりました。)12年前の、木星がさそり座に入った時、前に何が待っているのか皆目わからず、ただ、直観に導かれるまま歩いていたな、って懐かしく思い出します。12年たった今、また、同じように目の前に何があるのかわからない、って感じです。あ~、新しい道に踏み込んだな、ってのはわかるけど、その先に何があるのやら(^_^;)前回より、12歳年をとっているので(当たり前ですよね~)、やっぱり億劫になってます。動きが遅くなっているというか(汗)でもね、思い出しましたよ。あの五里霧中の中を歩く感覚。もちろん不安はあるけれど、そこにフォーカスするのではなく、どんな新しい面白い事が待っているんだろう、って楽しくなって来る感覚。「謎めいている道」に踏み込み、「探求・冒険」が始まりますよ(^^♪私以外にも、なんだか今までとは違う道だってのはわかるけど、何をしていいのか、これでいいのか、何が何やらわからな~い(◎_◎;)って方、いらっしゃるかも。でもね、それでいい、っていうか、そういうタイミングみたいですよ。それに気づくためにも、12年前はどんなでしたか?==============新しい「謎めいている道」を「探求・冒険」するには、やっぱり重い荷物は邪魔です。自分の中に気づかずに溜まっている固定観念や信念等、削除しちゃいましょう。1日でできるようになっちゃう「アクセス・バーズ講習会」10月14日(土)開催です。東京目黒駅から徒歩3分です。詳細はこちらをご覧ください。==============

      16
      テーマ:
  • 06 Oct
    • 意味不明のものを見ちゃった時は

      こんにちは。相馬玲子です。色々と興味深い体験をメールしてきてくれる友人が、また、メールをくれました。「うとうと…朝方に西側の窓ごしに輝く月を見て、窓外から何かが身体に入って来た!?身体を通り過ぎた!?感の強烈な不思議体験をしました。あっ 龍だっと一瞬見たのか 感じたのか 直ぐにメッセージ送ろうと考えながら起きておれずに強制寝落ちなんだったのか 笑」この絵は、新月紫紺大という画家のものです。そのギャラリーからお借りしてきました。どうやら凄いエピソードがあるようです。ご興味のある方は、こちらがギャラリーです。この友人は敏感なのか、昔から、様々なものを見たり、聞いたり、感じたり、なので驚くに値しないのですが、最近は、かなり多くの人が昔は、気づかなかった事に気づく例って、あるみたいです。いわゆる見えないものが観えちゃう、気配を感じる、ってやつです(笑)これはなぜか?って聞かれても私にもわかりません(^_^;)でも、やっぱり「場」が変わって来たのかな、なんて推測してます。これから益々、いわゆる五感を超えた知覚が鋭くなってくるんじゃないかな。で、これ、結構脳波にも関わりがあります。α波からθ波にいたる脳波の時、通常より意識が拡大しちゃう事ままあるんですよね。ちなみに、アカシック・レコードを読むためには、この意識状態を使います。でね、このα波からθ波にいたる脳波ってのは、目覚めているけど、目覚め切ってない、って感じです。朝、起きて、まだ、ボ~ッとしてる時の感じです。上記の友人の例はまさにソレですよね。この状態で起き続けてるのって、結構難しいです。だって、眠りに入って行く時の状態なわけだから、自然にしてたら、眠っちゃうわけです。じゃ、眠らないように頑張る!って、頑張りすぎると、β波に逆戻りで、見えてたものも見えなくなる(涙)なので、頑張りすぎずに(笑)眠っちゃわないように、ってのを繰り返してると、段々できるようになります。でね、そういう状態の時に何かを見たりして、意味不明な時は、「今の私にわかる形で教えて」って、頼んでみてみるといいですよ。いきなり形が変わるとか、なんだかわかっちゃう、とかそういう時、結構あります。上記の友人の場合も、なにかのエネルギーを龍として認識したのかもしれません。人は、自分が知っていることでしか認識できませんから。私もアカシック・レコードを読んでいて、意味不明な事しょっちゅうで、「今の私にわかる形で教えて!」を連発する事もあります。最後には、目の前にデッカイ文字が出てくる事があって、「どうだ!これならわかるだろう!」とでも言われているような気がして笑っちゃうことがあります(苦笑)意味不明なものを見たりしたら、よかったら使ってみてください。「今の私にわかる形で教えて」==============新講座「楽しく、アカシックを読む」11月期募集中詳細は、相馬玲子のHPをご覧ください。================新しい生き方について、色々なヒントや気づき、ちょっとアヤシイ事(笑)不定期に書いています。よろしかったらご登録頂ければ嬉しいです。「相馬玲子オフィシャル・メル☆マガ」PCからご登録の方は、こちらからどうぞ。スマホからご登録の方は、こちらが便利です。

      62
      テーマ:
  • 04 Oct
    • ご縁がある人には、強烈なインパクトがあるかも

      こんにちは。相馬玲子です。昨日に引き続き、ちょっとディープでマニアックな話題を(笑)先日、船井フォーラムでのKan.さんのワークショップで、Kan.さんがババジから伝授されたというあるワークを教えてもらいました。その時に、Kan.さんが「ババジとは誰か、という説明はしない。知りたかったら、「あるヨギの自叙伝」を読んでください。」とおっしゃいました。私は、出た~!って思いました。なぜなら、その本は、私にとって、言葉では言い尽くせない位のもので、まさに、「出逢ってしまった」本だったからです。4,536円もする本で、足の上に落としたら骨折するんじゃないか(笑)位、分厚い本です。その分厚さなのに、2段組。凄い分量の文章です。もうずいぶん前に買った本ですが、その頃、知り合った人が、この本に感銘を受け、持ち歩いている、って、聞いて驚愕しました。(だって、重いよ~!)あのスティーブ・ジョブズが、自分のiPadに入れていた唯一の本だそうです。パラマハンサ・ヨガナンダというヨギが書いた自叙伝です。もう、エッ、エ~ッ!っていう驚きの話ばかりですが、そういうセンセーショナルな事ではなく、読み終わった後、何をどうとは言えないけれど、深い所で、何かが変わってしまったのを感じました。これはもう、ご縁がある人は人生が変わってしまう本だけれど、ご縁が無い人には、トコトンつまらない本だと思います。最後のページのこの写真は、肉体離脱(肉体的には亡くなるという事です)の1時間前に撮影されたものだそうです。目の奥から光があふれだしているようなこの写真を見た時、どういうわけか私は、ボロボロと涙が出て来て止まりませんでした。色々と不思議な事はあるものです。

      56
      テーマ:
  • 03 Oct
    • 夜明けの目覚ましが鳴り始めてる感じですね

      こんにちは。相馬玲子です。今日は、ちょっとディープ&マニアックな話を(笑)いわゆる精神世界とかスピリチュアルとかの分野では様々な本が出版されています。その中でも名著と言われているのが、葦原瑞穂さんの「黎明」上下2巻。2017年に新装版が出たらしいです。「あるヨギの自叙伝」のように精神世界の名著には、外国の方の翻訳本が多い中、日本人で、これだけの本を書いた方がいたのだ、と初めて読んだ時に感動したものです。それ以来、何度読んだかわかりません。その葦原先生のセミナーに一度、参加した事があります。いかにも凄い人だ!感が満載、ってのとは、正反対(笑)静謐感とでも言えばいいのでしょうか、肉体があってそこで喋っているけれど、本当にここにいるんですか?みたいな感じを受けたのを覚えています。滝沢泰平さん曰く、八ヶ岳の聖者、と呼ばれていたとか。かねがね、2017年の10月は大きな変化が起きる、非常に重要な時だと、おっしゃっていたそうです。どんな変化?何にとって、非常に重要なの?っていう疑問が湧いてくるかもしれませんね。それは、各自が感じとる事なのだと思います。下巻の一番最後に、葦原先生が書かれた文章がヒントになるかもしれません。「今回の地球生命系始まって以来の大変革期にあたり、この地上にそれぞれの使命をもって化生(けしょう)してこられた読者の方々に、こうしてお約束通りのものをお渡しできたことを嬉しく思います。 最後に地球上の生命の全個的表現と、宇宙全体に対する最大の奉仕のために、読者の方々ひとりひとりを通して、「私」すなわち普遍意識が自覚に至り、それぞれの方々の役割を成就されますことを、普遍意識よりお祈り申し上げて筆をおきたいと思います。」2016年10月2日、亡くなられました。病気だったわけでもなく、約束通りのものを、私たちに渡して、スッと旅立たれたような印象を受けました。それぞれに感じるところは違うでしょう。10月に入って、なんか不思議な感じがしているのですが、今日、葦原瑞穂さんの「黎明」が降って来た感じですので、書いてみました。凄い音で目覚まし時計が鳴り始めた感覚がしています(大汗)

      26
      テーマ:
    • 人と較べちゃって、ツライ時にはこれお勧め

      こんにちは。相馬玲子です。「人と較べるな!」って、よく言われてますよね。これ、その通りなんだけど、ポイントが2つあるな、って、思うんです。ちょっと話は飛んで、NHK朝ドラ、「ひよっこ」は終わり「わろてんか」が始まりました。「ひよっこ」ロスというのもある位人気でした。女性の偉人伝みたいなのが続いていたけれど、「ひよっこ」は本当に普通の女の子の話。それでも、視聴率が取れたってのが話題です。「ひよっこ」をご存知ない方のために、ちょっと説明。高度成長期、奥茨城村から東京に出稼ぎに来ていた父親が行方不明になり、家に仕送りするために、高校卒業後、代わりに東京に集団就職で来た女の子の物語。その女の子「みね子」が落ち込んでる事がありました。毎日、ウェイトレスとして忙しく働いて、田舎に仕送りして、その繰り返しの地味な人生。そんなみね子を見て、同じレストランのコック見習いの青年がみね子に尋ねます。「みね子は仕事は好きか?」好きだ、と答えるみね子に、青年は言います。「イキイキと働いているみね子を俺はカッコイイと思うよ。」その後、彼は力を込めてみね子に言うのです。「人と較べちゃダメだ!」そして、自分の子供の頃、父親がいなくて貧乏な家の自分と、他の子を比べて、お姉さんから、怒られたエピソードを話します。これを見てて、私はその通り!って思いました。他の人と自分を較べるのって、やめた方がいいです。例えば、彼女は、金持ちの素敵なダーリンと結婚して、可愛い子供もいて、仕事もバリバリと成功してて、私には何も無い・・・とか、あいつは、20代で起業して今や年収1億円を超え、美人と結婚して、可愛い子供もいる。シンガポールに住んで、自由な時間がいっぱい。俺は、通勤電車に押し込まれ、毎日、朝早くから夜遅くまで、残業の毎日で、月収30万円。彼女もいなくて、休みの日はゴロ寝。明るい未来なんて全くない。とか。他の人と較べると、良い所ばかり目について落ち込むものです。気持ちはよくわかります。でもね、人は、それぞれの人生の青写真を自分で描いて生まれて来るのだから、他の人と較べても意味がないんですよね。本当に、それはその通りだと思います。これがポイント1.2つ目のポイントは、TVドラマで、彼がみね子に初めにした質問です。「みね子は仕事が好きか?」これ、とっても大事だと思うんです。つまり、今、やっている仕事は好きか?もっと、大きく言うと今の自分を好きか?っていう事です。もし、自分に聞いてみて、今の自分をあまり好きじゃないと思うなら、周りを見渡して、この人、自分を好きなんじゃないかな?って、思える人とお近づきになって、自分の事、好きですか?って、聞いてみるといいですよそこまで、ストレートに聞ける相手じゃなかったら、観察する。そして、この人、自分の事を好きだ、ってわかったら、質問しちゃう。そういう人は、怒らないはずです。或いは、自分を好きでいるコツを、吸収しちゃう。私も、これ、やって来ました。いいですよ~(*^-^*)周りを見て、落ち込む、っていう方、よかったら、やってみてくださいね。~~~~~~~~~~~~~~~ブログには書かないちょっとディープでマニアックな話題や、イベント情報等、不定期で発信しています。「相馬玲子オフィシャル・メル☆マガ」よろしかったら、こちらから。PCの方は、こちらからご登録ください。スマホの方は、こちらからが便利です。

      16
      テーマ:
  • 02 Oct
    • 幸せでいるのも、不幸でいるのも、ご自由に

      こんにちは。相馬玲子です。先の記事、「成功するのも、苦労するのも、ご自由に」に登場したお客様の話の続編です。先の記事をお読みでない方は、そちらを先にお読みくださった方が話がわかりやすいと思います。とても美しい方で、ファッションも素敵です。いつも黒や白やグレー等の地味な色合いのシンプルな、とても上質な洋服です。地味な色だけど、パッと引き立つ。「美貌」っていう言葉が出て来ちゃいます。昨日も、黒のパンツに白のブラウス。そして、とても綺麗なローズピンクのケリーバッグをお持ちでした。あまりに綺麗な色なので、思わず聞いてしまいました。ご主人からのプレゼントなのだそうです。ケリーバッグの、今年の新色だそうです。ご主人は、お店の人に、今年の新色だから、ある時に買った方がいいと言われて買ったのだそうです。写真はイメージとして、ショップからお借りしてきたものです。彼女は、嬉しそうに言ってました。「いつも黒や白の洋服ばかりだから、こういう綺麗な色のバッグ、とっても嬉しいんです。凄く素敵な色で、好きだし。」ちなみに、彼女の洋服は、全部、ご主人が選ぶのだそうです。(ご主人、フランス人です。)ここまでの話だけだと、へ~、いいな~、お金持ちで仲が良くて、って、思いますよね。だけど、2年半ほど前に、初めて来てくださった時には、「もう、主人のやる事、なす事、腹が立つんです!今日も、喧嘩して出て来ました(; ・`д・´)」決して仲がよいご夫婦ではなかったんです。それが、「不思議な事に、主人に腹が立たなくなって来たんですよね。主人のやる事は変わらないんだけど。」「むしろ、笑えるようになっちゃって。私が笑ってるから、主人も腹を立てない。」って感じになってきて、しばらくすると、「最近、私たち、また、仲が良くなったんです❤」に変わって行きました。そして、二人で協力して働いているから、益々、事業は成功していく。本当に選べるんだな、って彼女を見ているとしみじみ思います。自分は今、どういう意識の状態にいるんだろう?って、いつもチェックなさっているようです。そして、これは自分にとって望ましくないと気づくとサッと変える。そのあたりも成功の理由かな、と思います。自分がどうありたいかを選ぶ。選べる、って気づく事はとても大切ですね。宇宙は、やっぱり、幸せでいるのも、不幸でいるのも、選択できるようにしてくれてるんですね。==============いつも思うのですが、アクセス・バーズの凄い所は、やってあげると、人のだけでなく、自分の制限も取れる、って所なんですよね。「1日の講習会でできるようになる」東京目黒駅から徒歩3分での「アクセス・バーズ」講習会10月14日(土)9:30-18:30で開催予定です。詳細はこちらをご覧ください。

      32
      テーマ:
  • 01 Oct
    • 成功するのも、苦労するのも、ご自由に

      こんにちは。相馬玲子です。昨日、アクセス・バーズのセッションにいらしたお客様、もう2年半くらい1-2カ月に1回は来てくださる方です。アクセス・バーズの創始者、ギャリー・ダグラスバーズのデモンストレーション中。いつもジョーク連発で、本当に楽しそうに生きてます。セッション終わった後、しばらく、ボ~ッとしていて、「今日は凄かったです。私、誰かと喋ってました。なかなか戻って来られない・・・」なんておっしゃってたのですが、お茶を飲んでお話しているうちにこちらに戻って来ました(笑)かなり成功している女性の方です。その方が、ニコニコしながら、「私、この前、凄い事に気づいちゃったんです。」「成功もこんなもんかな、って自分が思っているのに気づいちゃったんです。」「自分がそんな事を思ってたなんてビックリ!あぶない、あぶない、って思いました。」これ、凄く重要な事をおっしゃってますよね。自分で自分に制限をかける。って事です。誰しも、いくつもの制限を自分にかけていますよね。だけど、それらの制限に気づかずに生きている。ふとした事で、それに気づく事がある。彼女の場合は、パスタを食べてる時に突然気づいたそうです(笑)自分の中にあるいっぱいの制限、育つ過程で、親や教師や、周りの人からの影響って大きいです。大人になってからでも、社会からの影響ってのもドンドン受けるしね。そういう自分では気づかないうちに溜め込んでいる制限、取っちゃうっての、大事だな、ってニコニコしている彼女を見て改めて思いました。「成功するのも、苦労するのも、ご自由に」って、宇宙は言ってくれてるんですよね。==============いつも思うのですが、アクセス・バーズの凄い所は、やってあげると、人のだけでなく、自分の制限も取れる、って所なんですよね。「1日の講習会でできるようになる」東京目黒駅から徒歩3分での「アクセス・バーズ」講習会10月14日(土)9:30-18:30で開催予定です。詳細はこちらをご覧ください。

      20
      テーマ:
  • 27 Sep
    • 潜在意識を活用する時代

      こんにちは。相馬玲子です。先日の船井フォーラムのKan.さんのワークショップに行きました。「超意識のめざめ」っていうしびれるテーマ。いっぱいの深い話や、ワークがありました。その中で、ちょっと話題に出ただけのある事に私の耳はダンボ。それは何かというと、潜在意識の話でした。潜在意識って、全員共通。これを使いこなすのは重要。使いこなせるようになると色々便利だし、できるようになった方がいいよ、って。その日のテーマとは違うので、これだけのサラッとしたものでした。でね、ここからは私の考えです。ここでいう、潜在意識って集合意識の事かな、って。普通、よく使うのは、子供の頃の傷が潜在意識に溜まってる、みたいな言い方ですよね。個人のもの、って感じがします。でも、Kan.さんがおっしゃるのは違う。言葉は人によって、定義が違うからそれは全然問題なしなのですが、私が思ったのは、これって、アカシック・レコードと同じじゃないか、少なくとも、非常に近い、って事です。全員共通のものだから、誰でも読みに行ける。まさに、インターネットですよね。ネットって、誰でもつなげられるけど、検索の仕方で、取れる情報の量、質は全然違いませんか?どんなアプリを入れとくかでも違うしね。スマホ無くても、情報取れたら便利ですよね。誰でも、~~の気がする、とか、虫の知らせ、とか、第六感、なんてありませんか?これ、アカシック・レコードを読んでるんだと思います。それを何となく、じゃなくて、意識して、やる。そして、検索して情報を取るためのコツがある。面白い時代だな、って思います。アカシック・レコードの探索をやってみませんか?==============新講座「楽しく、アカシックを読む」10月期&11月期募集中本日9月27日23:59までにお申込みの方は、新講座特別価格です。詳細はこちらをご覧ください。==============

      72
      テーマ:
  • 26 Sep
    • 「アクセス・バーズ」って、やっぱり軽くなる

      こんにちは。相馬玲子です。9月23日秋分の日は、アクセス・バーズの講習会でした。6名の方がご参加くださって、和気あいあいで、素敵な秋分の日を過ごさせて頂きました。全員初受講だったのですが、みんな上手い!私がやり始めたのは、2015年の2月。その頃に比べて、「場」が変わってるのか、早く上手くなる方が多い気がします。話がまたコロンと変わるのですが、今日はアカシック・コンサルティングのセッションをさせて頂きました。ご質問は仕事についてだったけれど、情報を取ると、その前にこれ、ってのが出て来ました。それは「家族」親、特に、その方の場合はお母さんと向き合う事が必要。もっと言うと、お母さんと向き合うという事は、お母さん云々じゃなくて、お母さんとの関わりの中で、自分に溜め込んで来たものを出すのが必要。でね、幸いな事に、その方はアクセス・バーズをできるって事だったのです。お母さんに「練習台になって」って、頼んでやらせてもらう。そうしたら、お母さんの中に溜まってるものも取れていくし、自分の中に溜まっているものも取れるので、軽くなってから、お母さんと向き合って話してみる、ってのをするといいですよ、と申し上げたら、ウ~ン(-.-)って、迷ってる感じ。じゃ、まず、友人にやってあげて、自分の中に溜まってるものを捨てて自分を軽くする。そうすると、お母さんにやってあげる事が今より簡単にできるでしょう。って、お伝えしました。アクセス・バーズって、やってもらう側だけじゃなく、やってる側が自分に溜めてるものも取れちゃう、っていう便利なものなんです。アクセス・バーズについてはこちらをご覧ください。ドヨンとしちゃってる時、新しい事に進みたいのに進めない時、等、な~んか、ダメ、私、って時は、やっぱり「捨てる」事ですね。自分の中の何を捨てていいかわからない、ってのが普通です。バーズに限らず、なんでもいいから、なんか軽くなった気がする、っていう事をやるといいと思いますよ(^^♪==============東京目黒駅から徒歩3分での「アクセス・バーズ」講習会10月14日(土)9:30-18:30で開催予定です。詳細はこちらをご覧ください。==============

      17
      テーマ:
  • 25 Sep
    • 究極に自分一人だけの川

      こんにちは。相馬玲子です。2017年もあっという間に、4分の3が過ぎましたね。本当に、あっという間に時は過ぎて行きます。この分じゃ、あっという間に死んじゃうよ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/ってのは、大げさかもしれませんがその位、時が経つのは早いです。昨日、Kan.さんのワークショップに行きました。もう、揺さぶられる事満載でしたが、ある一つの事をシェアです。人というのは、二つの川を生きている。一つは、日常生活というドラマの川で、ここでは、大勢の人と一緒に流れていく。もう一つの川は、日常生活のドラマとは真逆の川。究極に一人の川。私が思うに、この川は、「自分は誰だ?」っていう究極の問いへの答えを探す旅のような気がします。一生、続く旅。Kan.さんは、ライフワークって、おっしゃってました。そうだよね~、って、思わず心の底から頷いちゃいました。でね、この二つの川があるっていう事に気づかない人生もあると思います。日常生活のドラマの川、大勢と一緒に流れていく川、しか気づいていない。それはそれで、OKだと思うのですよ。ある意味、幸せかもしれません。でもね、気づいてしまったら、もう無視はできませんよね。でね、この二つの川のバランスをとるのって、なかなか難しいです。人生の時期によっても、どちらかに傾く事はありますよね。生活に必死だと、日常生活にドップリですもの。そして、ある時期、或いは、人によっては、究極の一人の川の方に心惹かれる。どうしても、そちらに傾いてしまうってのもあると思います。個人的には、こちらにドップリになってしまいたい誘惑にかられる事が多いです。でも、両方をやってこそだな、という事もわかります。みんなと一緒に流れながら、自分一人だけの川でも流れる。そのバランスを取りながら、あと3分の1の2017年を流れて行こう、って、改めて思っています。二本の川、意識していらっしゃいますか?================新しい生き方について、色々なヒントや気づきを不定期に書いています。よろしかったらご登録頂ければ嬉しいです。「相馬玲子オフィシャル・メル☆マガ」PCからご登録の方は、こちらからどうぞ。スマホからご登録の方は、こちらが便利です。

      27
      テーマ:
  • 20 Sep
    • R65不動産

      こんにちは。相馬玲子です。「逆転の発想」の面白さについて、先日、「注文をまちがえる料理店」というのを書きました、認知症の方々が、接客をやっている、というお店の話です。でね、またまた、これは凄い!っていうのを見ちゃいました。「ガイアの夜明け」でやっていたので、ご覧になった方も多いかも。「R65不動産」不動産会社なんだけれど、キャッチコピーは、「65歳からのおへやさがしなら」エッ、エ~ッ(@_@。今の日本では、高齢者というのは、65歳以上って事になってます。そして、高齢者、特に、一人暮らしの方が部屋を探すのってとっても難しいのだそうです。番組である男性を追っかけました。67歳男性の一人暮らし。白内障を患っていて、サングラスを手放せない。長年住んでいたアパートを建て直す事になったそうで、立ち退き勧告。一生懸命、探すけれど、高齢者の一人暮らしだからという事で断られてばかり。途方に暮れてました。そこに、現れたのが、R65不動産の山本代表。まだ27歳の青年です。事情を聞き、長年住んでいるその地域に住みたいという希望を聞き、物件を探し始めます。電話を次から次へとするのですが、年齢を言うと、断られます。何百件も電話をかけるのは普通の事だそうです。この山本さん、ただ探すってだけじゃなく、高齢者が部屋を借りられるためにはどうすればいいか?っていう所からも考えてます。高齢者を断る大家さんにも会いに行きます。大家さんが恐れるのは、孤独死。事故物件になってしまって、その後、貸せなくなってしまう。そして、高齢者、特に一人暮らしは、孤独死のリスクが、若い人に較べれば高い。山本さん、孤独死を防ぐには、って、事で、照明器具メーカーとも新商品の開発に乗り出します。天井の照明器具の内側にセンサーを取り付け、動くものがあるかどうかをチェックする。タブレットで大家さんはそれを確認できるという事です。これなら、例え、倒れても、長期間放っておかれる事もない。孤独死が減るでしょうから、大家さんも、低リスクで貸せるようになる。人口の減少とともに、借り手も減って来ていて、大家さん側も、問題ないなら高齢者にも貸したいのが本音だとか。このR65不動産を立ち上げた山本さん、大学卒業後、不動産会社で働き始めたそうです。そこでの、ある高齢者との出会いが、この仕事を始めるきっかけになったそうです。山本さんを含め、常勤は2名。TV出演後、問い合わせが増えるとは思うけれど、電話に出られない事も・・・その際は・・・って、HPにはちゃんと事前に説明が書いてあります。この不動産会社、64歳未満の人は、扱わないそうです(笑)ポジショニングがしっかりしてますね。ただし、対応の良い会社を紹介します、って。凄くないですか?敬遠するのが常識、っていう65歳以上の人のための不動産会社。まさに、逆転の発想ですよね。投資の話もずいぶん来てるそうです。山本さん、この分野は儲けられる!、って、参入したのではないでしょう。でも、ビジネスになっている。そして、今後、益々、増えていく市場である事には間違いありません。困難を乗り越えていくにはどうしたらいいだろうか?って、ひとつひとつの事を丁寧に、考えて、行動して、乗り越えていく。常識を疑う。↓非常識への風穴を開ける。↓もっと良くなるには、どうしたらいい?って、常に疑問を持つ。↓行動する。やっぱり、これですね(*^-^*)先に出た、67歳の男性、住んでいたアパートから1分の所に借りる事ができました。「山本さんがいなかったら、絶対に探せなかった。」って感謝して、握手を求めてたのが印象的でした。

      84
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 9月20日「新月意識拡大ナイト

      こんにちは。相馬玲子です。2017年も約4分の3が過ぎました。エ~ッ、もう?!って、驚いちゃいますよね。ここで再度、心を静めて、どんな残りの4分の1にしたいか、自分を見つめたいなと思っています。明日は、新月。最適ですね。どうやら、占星術的にも最適みたいですよ。オスカー・ケイナーさんによると、「新月の到来とともに水星が海王星とオポジション(0度の位置関係)を形成します。特別な出来事を祝うのにこれ以上ふさわしい時はないかもしれません。海王星のビジョンと魔法が私たちにより良い未来を思い描かせてくれるでしょう。そして水星の新たな道が、そこにたどり着く方法を教えてくれるでしょう。」20日(水)新月の夜にまたやります。「新月意識拡大ナイト」●日時:9月20日(水)19:00-21:00(開場18:45)(毎回、時間が延びるので、最初から長くしました(^_-))20:30からは、みんなでお茶しながら、オシャベリです。これが、毎回大好評。楽しいですよ~♪●場所:東京 JR目黒駅から徒歩3分(ご参加の方には、詳細をお知らせいたします。)●参加費:2,000円●申し込み方法:こちらのページからお願いいたします。●内容:*今回は、この瞑想の前に、様々なものをクリーニングする、ってのをやります。これ、お初です。*そして、今回も、「静寂」へ至る瞑想やります。現実を創造するのって、「可能性領域」という「場」です。すべてが在って、何も無い。∞の世界です。そこは、感じることも、見ることもできない「場」。でも、そこへ至る瞑想っていうのはあるんですよ。*そして、その後、スッと、願いを叶える「意志」を発動する、っていうのもやります。より、願いが叶いやすい、やり方をお知らせしますね。

      22
      テーマ:
    • 「年相応」と「〇〇らしさ」の違い

      こんにちは。相馬玲子です。昨日、美容院に行きました。ご夫婦でこじんまりとやっています。もう30年近くお願いしています。行き始めた頃は、私も白髪なんてない頃でした。バリバリにやってた頃でした(笑)お互いに年をとり、お店もこじんまりな感じになり、私も仕事が大きく変わり、そんな話をお互いにして来た仲です。昨日は、しみじみした話をしました。年を取って来るに連れ、自分の枠が狭まってきている。例えば、レストランに行く時もこの店はいい、って知ってる所につい行ってしまう。若い頃のように、新しい店を開拓していく元気がない。こうやってドンドン自分の世界を狭くしてしまうんだね、って。これ、マズイよね~、って。家に帰って来て、これはイカンと勇気をもらうため、好きな本を出しました。それが、これです。「島田順子おしゃれライフスタイル」若い方はご存じないかもしれませんが、ファッションデザイナーです。25歳でパリに渡り、キャシャレルでデザイナーをしていたけれど、40歳で独立。自分のコレクションの発表を始めました。以来、36年間やり続けている。私は、彼女の服が好みというわけではないけれど、その生き方は、潔くてカッコイイと思います。そして、76歳の彼女のカッコイイ事!上記の本の中で、おっしゃってます。「年齢は関係ないという人がいますが、いえいえ、年齢は大いに関係があると思います。でも年齢に縛られる必要は、まったくないのです。」素敵!日本は特に、「年相応」である事を求められ、年をとって、ちょっと派手な格好をしていると、「いい年してね~・・・」なんて言われたりします。誰が決めた「年相応」なんでしょうね。格好でも、生き方でも、「年相応」っていうのは、周りを見て生きているのかも。そして、「自分らしさ」を追求するっていうのは、周りじゃなくて、自分を大切にして生きているっていう事じゃないでしょうか。どちらを選ぶかは、自分の自由ですね(*^-^*)

      23
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 注文をまちがえる料理店

      こんにちは。相馬玲子です。台風18号が日本列島を通り抜け、東京は、台風一過の晴れです。皆様のお住いの地域は如何ですか?被害に会われた皆様へは心からお見舞い申し上げます。TVでたまたま見たのですが、この3連休、東京六本木に「注文をまちがえる料理店」というのが、期間限定で開店したのだそうです。へッ? なんじゃ、そりゃ?と思いました。ウェイター・ウェイトレスが全員認知症の方々。メニューは、わかりやすいように3品のみ。A,B.Cにしてあるのですが、それでも、間違えちゃう事多々。スタッフの方々がちゃんと見てるし、料理は、一流店のプロがやってるそうです。それも、ボランティアで。注文を別のテーブルに持っていくなんて、序の口。様々な間違いがあります。でも、みんな笑顔。お客さんも笑顔。日本は凄まじい高齢化社会に突入し、高齢者の5人に1人は認知症の時代と言われているそうです。一気に何もわからなくなるわけでは当然なく、徐々に物覚えがひどくなり、わからなくなるというのは、本人も非常に辛い。そして、外に出なくなっていく人も多いそうです。でも、人と接するという事は、症状を遅らせるのにも有効だし、なにより生きていく喜びに大きく関わる。素晴らしい取り組みであるという事は、誰でも同意するんじゃないでしょうか。でね、私が面白いなと思ったのは、その逆転の発想です。どういう事かと言うと、注文通りのものが来るのは当たり前、っていうか、レストランて、それは0(ゼロ)地点で、そこから、味は、価格は、雰囲気は、サービスは、等々、積みあがって行きますよね。それが、最初に「まちがえる」って、宣言しちゃってる。そして、それがある種「売り」になってる。実に、上手なマーケティングです。ロゴも素晴らしい。多分、多くのプロが参加してるのでしょう。私は知りませんでしたが、クラウドファンディングをやってたらしいですね。世の中には、様々な人がいます。その人達が一緒になって、何かを成しえていけたら素敵ですね。でね、自分でも考えてみたのですが、殆どの事を、常識の「内」でやっています。それも、無意識に。(これが恐い)この常識ってやつは、子供の頃から、親や学校や社会や、に教えられた事です。これ、実は、本当に狭い「枠」なんですよね。だって、例えば、文化が違えば、私の常識は非常識、って事、多々ありますから。自分が当たり前の事として、無意識にやってる事を見直して、いつもの自分なら、これ、絶対やらない!って、事をやってみると面白いんじゃないかな。そして、その向かう先が「みんなで笑顔」だったら、素敵ですね(*^-^*)(写真は、6月に豊洲で開店した時のものです。)

      26
      テーマ:

プロフィール

相馬玲子

性別:
女性
血液型:
AB型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
長年、外資系の会社ばかりで、マーケティングの仕事をしてました。 好きでやっていた仕事ですが、知らず...

続きを見る >

読者になる

ブックマーク