「魂が喜ぶ成功へのナビゲーション」

「魂が喜ぶ成功へのナビゲーション」

見えない世界 X 見える世界 = ∞の可能性

早く、簡単に、楽しく

夢を現実にするナビゲーター

相馬玲子です。

 

共感する力って誰にもあります。

ただ、種類がある事に気づきました。

 

夢を現実にする為に

使える共感力

についてのお話です。

 

そもそも共感するってどういう事でしょうか?

共に感じる。。。フムフム

 

色々な「共に感じる」があります。

 

何かの意見に共感する。

例えば、

クジラは知性に優れている生き物であり、

それを殺すのには反対だ、

という意見に共感する、とか。

 

誰かの嬉しさや悲しさに共感する、

っていうのもあります。

 

例えば、

身内が亡くなって悲しんでいる人の側にいると、

自分もその人の悲しみを感じて

涙が出て来る、悲しくなって来る、

ってありませんか?

 

或いは、逆に、

例えば、子供が学校で先生に褒められた!

って嬉しそうに報告してくれたら、

その嬉しさ、誇らしさが伝染して、

こちらも、とっても嬉しい気分になる。

 

こんなのもあります。

病院にお見舞いに行くと具合が悪くなる

という友人がいます。

 

これって、その入院している知人の苦しさを感じちゃう、

だけじゃなくて、

多くの病人の方々の苦しさもまとめて感じちゃう、

って事のようです。

 

 

さて、色々なケースを見てみると、

 

共に感じる」って、

 

その雰囲気に自分も同調しちゃう、

 

という事のようです。

 

これ、ちょっと難しく言うと、

 

その振動数に同調しちゃう、

という事。

 

すべての物は振動している、と言われています。

これ、科学の話です。

 

嬉しがったり、悲しんだり、っていう、

喜怒哀楽の感情も

目には見えないけど、

振動しているのだそうです。

 

 

さて、本題、

夢を現実にする為に

使える共感力とはどんなのか?

 

ズバリ!

その夢のイメージの振動に同調する、

です。

 

どうやって?

って、思いますよね。

 

そのイメージの中の自分の気持ちを

強く感じるんです。

 

例えば、

お客様が喜んでくれて

仕事で成功して

家族も喜んでくれて

収入もド~ンと増えて

っていうイメージをして、

 

そのイメージの中の自分の気持ちを

今の自分も「共に感じる」。

 

自分の叶えたい夢なわけだから、

そこにいる自分は当然、

嬉しい、楽しい、誇らしい、ワクワクする

そういう気分ですよね。

 

想像でいいんです。

 

記憶を紐解いて、

嬉しかった時の気分、

楽しかった時の気分

誇らしかった時の気分

ワクワクした時の気分、

 

そういう気分を思い出して、

叶えたい夢の中の自分の気持ちだ、

って当てはめて(そう思えばいいだけ)

ジックリ味わう。

 

簡単でしょう?

 

もちろん、人の痛みや悲しみを感じて、

だから、寄り添える、という事は大事。

これも素敵な共感力。

 

私自身、家族が亡くなった時に、

友人が黙って抱きしめて、

悲しみを共に感じてくれて、

本当に慰められました。

 

ただ、

夢を現実にするのには

役に立ちません。

 

共感力、って素晴らしい能力です。

 

自分の夢の実現にも使いましょう。