カッ飛びスノーボーダーが中小企業診断士を目指す!!

2008年1次試験敗退
2009年1次合格・2次敗退
2010年2次敗退

2012年復活!!w
雪山をこよなく愛するスノーボーダーが診断士受験にメゲながらも
2012年の2次試験完全突破を目指すBlogです。

中小企業診断士を受験する皆様・雪山を愛する皆様・横ノリを愛する皆様
ヨロシクお願いしまーっス!!

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Come back

I'll be back


Coming soon・・・



カッ飛びスノーボーダーが中小企業診断士を目指す!!

あと1週間ですね。。。

2次試験、あと1週間ですね。。。

僕は今年の2次試験に挑戦できなくなってしまいましたが、なんかソワソワしてます(笑)


今年はどんな「サプライズ」があるか全くわかりませんが、受験される皆さんが「平常心」で立ち向かえる事を願っています。


今更ですが、、、9月初めのTAC2次模試の結果を晒します。

事例1:50点台
事例2:60点台
事例3:60点台
事例4:30点台

合計210点 上位8.3% ランクA

「。。。。。」

2次を中心にやってきたので、当たり前かもしれませんが。

今年の2次の権利を得られなかった僕にとっては、なんとも言えない結果となりました。


特に事例4はランキング表の中で「ブッチギリ最低点」を取ってますし!!(←名前がバレますねw)

ま、事例4の途中で飽きてこなければ、倍くらいの点数は取れたかな(←負け惜しみ)


やはり、僕の2次試験に対する課題は「集中力・持続力の維持」だと思われます。。。特に事例4(爆)


いちおー、今回のTAC2次模試に関する個人的な分析です。
本試験前に皆さんの「型」を崩す恐れもあるので、参考程度にしてください。

元来、僕の解答は「TAC」とは相性が悪かったです。
「方向性はあってますの赤入れ→2点/20点満点」などが連発され、自己採点より各科目で▲15点は下回っていました。

今回の模擬試験は「簡単だった」「採点基準が変わった」などあるかもしれませんが、僕が今回の模擬試験を受ける上で心がけた事は2点のみ。


【与件に忠実に、設問に素直に】

【解答のヒントは必ず与件・設問の中に隠れている】



だけです。
今回、6月頃より1次試験対策に集中し、かつ微妙な得点だった為、2次学習については9月初旬までの約3ヶ月間はガッツリと行っていませんでした。

その為、細かいテクニック的な事は忘れてしまった(曖昧になった)ので、素直な解答しか記述できませんでした。

その結果が、「相性が悪い」ハズのTAC模試で「良い結果」に繋がったのかな、と。


以前に、とある講師の方が
「2次試験はミエルようになったら、いつでも合格点を取れる!!!」
と、断言されていたことが、少し分かったような気がしています。

今まで、いろいろな物を犠牲にして勉強してきた「ノウハウやテクニック」から導き出された「方向性」や「解答骨子」を、本試験という環境の中で「見直す」「修正する」というのはなかなか難しいとは思いますが、

「与件には忠実か?」「設問に素直な解答か?」「周りの皆の方向性は?」

などを考える事ができれば、きっと今年の本試験でもイケルのではないかな。。。


一緒に切磋琢磨してきた本気道場生の皆さん、このBlogを見てくれている2次受験の皆さん、本試験でのサプライズなどには負けず、平常心で戦って合格される事を祈ってます!!!


僕はしばらく、、、
ここ数年、自重していた「The・スノーボーダー」に、この秋冬は戻りたいと思います。
ペタしてね

Knockin' on heaven's door~シンダンシのトビラ~

残念ながら、今年は1次試験科目合格のみとなってしまいました。

2次試験を見据えた学習を続けてきただけに「自分自身への不甲斐なさ」にイラつきます。

結果論ですが「神がかり的な解答変更」によりマイナス20点、かつ416点という、笑えない結果となりました。

今の心境はナゼかこんなカンジ

↓↓↓




Knock, knock, knockin' on heaven's door
Knock, knock, knockin' on heaven's door
Knock, knock, knockin' on heaven's door
Knock, knock, knockin' on heaven's door


Bob Dylanのですが、いろんな人がカバーしていて、中でも特にGunsのがいいッスね。



今年は「診断士の扉」を開くどころか、

「2次試験の扉」でさえもノックできませんでした。。。
もぅどうしようかな。。。

いちおー、TAC2次模試までは受験しましたので、後日プロセス等をUPします。。。

強烈すぎる逆エッジ

1次試験を受験された皆様、お疲れ様でしたーーー。

やはり「7科目」ってのは重いッスねぇ。。。



さて、僕の結果ですが、


「416点」


想像していた中で最悪の結果でした。


人生最大の逆エッジを喰らいました。
※ちなみに逆エッジとは→逆エッジ


今まで、どんな逆エッジを喰らっても立ち上がってきたんですが、サスガに今回はちょっとその場に倒れたまま、空を見上げていたいです。

昨年、同様に1次試験で涙をのんだ仲間を見ていただけに、2次の学習をセーブして1次対策に取り組んだつもりです。なんだかんだ言いながら自信はあったのですが。。。

もしかしたらそーゆーのがイケナイのかもしれません。



以下は「自分自身への言い訳」&「愚痴」ッス。珍しく?ネガティブ要素タップリですんでご了承ください。
---------------------------
各科目の結果は
経済=68
財務=60
企経=54
運営=57
法務=55
情報=64
中小=58

試験後の手応えで「できた」と思った経済・運営・法務・情報で点が伸びず、「足切りを覚悟」した企経と中小はそこまでの失点をしていませんでした。


しっかも、、、各科目とも「何とも煮え切らない」点数を取ってるし。。。


協会発表の解答を見て、少し見直したんですが「間違った設問」は深く考えすぎだったカンジです。

「2次に使う1次知識」を再確認しながら、「細かい枝葉の知識まで網羅しようとした」為か、余計な邪念に引っ張られ、「単純な文言のヒッカケ」や「サービス問題」のような設問をかなり落としてしまいました。

見直し時に解答を変更した設問は全て正解→不正解へという失態も犯しました。


「運」もなかったッス。


2択までに絞り、選択した解答を数えてみたら「8割強」がハズれていました。

昔っからこの手の「ヒキ」は強烈に強いんですが、
「診断士試験」においては昨年の2次試験、今回の1次試験とも
「ホントあと少しの勝負強さが無い」
ッス。

ガキの頃から、
試験とかスノーボードとか「一発勝負」には強かった

んですが、どうやらそうじゃなかったようです。

「運も実力のウチ」と言うけど、そもそも診断士試験を4年やって、2次を2回落ちてリセットされた1次で引っ掛かるようじゃ「診断士としての資質」もないのかも。

応援してくれた皆様、
期待して待っていてくれた皆様、
僕をライバル言ってくれた皆様、
「2次のステージ」にすら立つことができず、ホントにゴメンナサイ。

しばらく、逆エッジを喰らった空を見上げて、今後どうするのか考えたいと思います。

ペタしてね

1次試験

だーいぶ久しぶりです。


明日(正確には今日)、振り出しの「1次試験」ッス。


十分とはいえないけど、自分の中でやれるべきことはやってみました。


つか、改めて


「7科目って多いーーーーーー!!」


ここ数年、2次メインでやってきた自分にとって、改めて痛感させられました。


が、平均的な点は取れるレベルまではもってきた・・・ハズ!




あとは自分自身の積み重ねを信じるのみッス。


決戦地は「渋谷フォーラム8」


同じ会場になった方はヨロシクです。



大雪が降っている日の前の日のように興奮(覚醒?)して眠れないので

(なぜか頭の中からアントニオ猪木の「1・2・3・ダー」が離れないw)


強めのアルコールを飲んで、寝マスル。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>