1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-23 20:00:00

母子一体感と離別感Ⅱ

テーマ:ブログ

人間関係構築には『離別感』が必要。

とはいえ、多くの人は『母子一体感』を相手に求める。

 

 

そんなことを前回書きました。

 

 

では、どうして『母子一体感』を相手に求めるのか?

 

 

自分のことがわかってもらえている(母子一体感)と安心ですよね。

 

 

反面、わかってもらえていないと不愉快になります。

 

 

でも、わかってもらえないことの方が多いのも事実です。

 

 

だから、わかってもらえないときにどう捉えるかが肝心。

 

 

『母子一体感』だと、何とかわかってもらおうとします。

 

 

即ち、自分目線です。

 

 

『離別感』だと、違うのは当然。

まずは、相手のことを理解しよう。

 

 

即ち、他者目線です。

 

 

当然、後者が良いことは皆、知っています。

 

 

でも、やっぱり『母子一体感』を求めます。

 

 

どうしてか?

 

 

キーワードになるのは、『恐怖心』

 

 

えっ、どういうこと?

 

 

『母子一体感』を求めるのは、『恐怖心』なのです。

 

 

もう少し具体的に言うと、

 

 

幼少のころ、自分のことがわかってもらえないことで怖い思い

をしてきたということです。

 

 

私もあります。

 

 

幼少のころ、ポン菓子というお菓子がありました。

 

 

お米を持っていったら、それをポン菓子にしてくれる業者があったのです。

 

 

そのポン菓子が欲しいと母親にせがんだところ、ダメという返事。

 

 

理由は、いつも食べ残し勿体ないこと。

 

 

子供のころは、そんな正論は考えません。

 

 

欲しいものは欲しい!

 

 

だから、泣きながら訴えたのです。

 

 

これに対し、母親は鉄拳制裁を加えてきたのです。

 

 

力には叶いません。

 

 

母親に屈したのです。

 

 

悔しかったです。

 

 

例えば、こういう出来事。

 

 

相手にわかってもらえないことで、悲しい思いが多ければ多い程、

『母子一体感』を求めます。

 

 

わかってもらえないことへの『恐怖心』が強いからです。

 

 

では、『母子一体感』から『離別感』という意識になるためにどうしたらよいか?

 

 

この続きは次回にて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-21 20:00:00

母子一体感と離別感

テーマ:ブログ

『母子一体感』と『離別感』という言葉を聞いて、いかが思われますか?

 

 

『母子一体感』は、何か包まれるような安心感がある。

『離別感』は、何か寂しい感じがする。

 

 

そのような感想をよく耳にします。

 

 

では、人間関係を良好にするためには、どちらが大切か?

 

 

そりゃ、『母子一体感』ですよ。

 

 

そう答えられる人が殆どです。

 

 

正解は、

 

 

『離別感』

 

 

どうしてか?

 

 

母子一体感とは、私とあなたは一心同体という感覚。

 

 

即ち、私のことはわかってもらって当然、という意識です。

 

 

夫婦でよくある喧嘩。

 

 

「どうして私のことをわかってくれないの」

 

 

というやつです。

 

 

夫婦に限らず、上司部下の関係にも当てはまります。

 

 

「どうして、私の言っていることがわからないの!」

 

 

なんて、どやしつける上司は母子一体感の強い上司です。
 

 

一方、離別感は、

 

 

私とあなたは違う考えを持った生き物。

 

 

そういう捉え方です。

 

 

よって、人間関係構築には『離別感』が必要でること、おわかり

いただけたと思います。

 

 

とはいえ、多くの人は『母子一体感』を相手に求めます。

 

 

どうしてでしょうね?

 

 

この続きは次回にて。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-19 20:00:00

自己受容

テーマ:ブログ

自分に期待してる。

これが、自己肯定している人の特徴。

自己肯定していくために何が大切か?

それは、『自己受容』

 

 

そんな話を前回書きました。

 

 

では、『自己受容』とは?

 

 

私は著しく自己肯定感の低かった人間です。

 

 

人より秀でるものが何もない。

しかも、身体的コンプレックスも。

 

 

こんな自分が嫌だ!とずっと思っていました。

 

 

人より秀でているものがある人や、身長がすらっと高い人を見ると

羨ましく、どうして何かに優れた人間に生んでくれなかったのか?

 

 

と両親を恨むこともありました。

 

 

卑屈になっていました。

 

 

そして、自分じゃない自分になろうとしましたが、挫折の連続。

 

 

ますます、自分のことが嫌になっていました。

 

 

では、どうして変われたのか?

 

 

自分のことが嫌いであるという現実を受け容れたのです。

 

 

それまでは、何とか自分を肯定しようと、違う自分になるために頑張っていました。

 

 

そして、優秀な人間に見られるように振舞おうとしていました。

 

 

だけど、そんな努力をしていても虚しさばかりが募っていました。

 

 

だから、自分を好きになるのを諦めたのです。

 

 

そして、先述しましたように、自分のことが嫌いであることを受け容れたのです。

 

 

実はこれ。

 

 

『自己受容』なのです。

 

 

現状をあるがままに見て受け容れることこそ、『自己受容』なのです。

 

 

『自己受容』により、物事の見え方が変わりました。

 

 

今や過去は顧みないで、明るい未来ばかりを追いかけ、そして、

そうならない現実にイライラしていたのが、・・・・・。

 

 

今に自分の現実にしっかり目が行くようになったのです。

 

 

今の自分が、どうしてここにいるのか?

 

 

なぜ、思ったように事が進まないのか?

 

 

今や過去を顧み、そして、今どうしたらいいのか?

できることは何なのか?

 

 

よって、今、何をすべきなのかが初めてわかったように思えたのです。

 

 

『自己受容』ができると、今、に視点に向く。

 

 

これが、大きな気づきをもたらしていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。