中学受験は、そもそも

長男が友人に誘われて、

「無料テストうけてみたい」といったのがはじまり。

 

結局3つの塾のテストを渡り歩いたのです。

実に楽しそうでした。

塾ではイベント扱いですから当然です。

 

最初から、

●勉強は、自学自習が基本。塾は、合格力をつける場所。

つまり、勉強など自分でやるってこと。

 

では、親として

塾選びの基準に

●教材の評価

を重点におきました。

 

よく、いい先生がいるからなどの意見がありますが

なぜ、他人任せなのか

私にはわかりません。

 

いい先生など他人任せの判断材料を

示すようでは、本来の「勉強」」という面から

大きくはずれます。

 

先生で勉強の習熟が変わるようでは

実力を発揮する、など

できるはずは、ありません。

 

いいテキストであるか?

これが

まあ、特に「中学受験したい」と

決めたこどもの

自学自習の習慣をみにつけるカギなのです。

 

先生や、雰囲気、この子に合うかしら?

など、

その次のステップです。

 

教材がわるければ、いつまでたっても

自学自習の習慣などみにつきません。

 

長くなりました。

次の機会に、「いい教材とは?」について

記事にします。

 

 

2016年9月は、怒涛のセミナーを開催していました。

当日の朝に、軽食を準備していました。

image

 

 

 

 

AD

リブログ(3)

  • 答え合わせを親がやると台無し【中学受験】

    答え合わせを親がやっているってまったく意味がわかりません。 台無し。 どんなに学年が小さくても、自分で、読んで、自分で、答えて自分で、丸ツケをして自分で、解説を読む。 それで、仕上がるのです。まるつけで、ズルをするから? こどもですから、します。じっと、それを見ていればいいのです。ズルをした丸ツケが…

    コンチェルト

    2017-10-10 20:44:11

リブログ一覧を見る