なぜ変わりたいのに変わりたくなのだろう? | 変わることを恐れない コミュニケーション能力不足からの大逆転

変わることを恐れない コミュニケーション能力不足からの大逆転

コミュニケーション能力向上と変わること、そして人前での緊張やあがり症を解決していくためのブログです。

変化を人は恐れる、組織も国も恐れる

変われたらいいのに変わることが怖いし億劫なのは、個人だけでなく組織もこの日本も同じです。
変わることはとても労力がいることですし、変わった後の保証がどこにもありません。
今の現状を変えなくてはいけないことは百も承知なのですが、感情的に怖かったり不安が出てきてしまいます。
 
だから行動しないほうが安心で、その安心もとても非常にレベルが低い安心なのですが、個人も組織もそれで腐りながら無駄な時間を過ごしていきます。
だから、変わるためには爆発的なエネルギー点火が必要です。
 

爆発的なエネルギー点火、脳の活性化と刺激と覚醒

私も変わりたいのに変われない人間でした。
変化を望みながら、誰よりも変化を恐れていました。
だから、現状維持をしようとしました。
結果的には現状維持すらままならず、心も立場も落ちていったのですが。
 
こうなったら、変われない悲惨さで心をかきてててください。
ジリ貧になり、完全に行き詰まった人生、その時の閉塞感やうつ状態を想像してください。
 
現実から目をそらしては駄目です!
恐怖を直視する勇気を持ってください。
 
そして保証します。
恐怖から、現実から目を背けるよりも、ちゃんと直視したほうが全然怖くありません!
これをはっきり言いたいです。
 
見れば見るほど怖くなくなっていきます。
最初は覚悟が必要ですが、その覚悟以上の結果がついてきます。
 
頑張ってください!
変わるためには現実を直視することです。
そしてこのままの状況で未来はどうなるのか、ちゃんと分析してください。
 
時間的制限をかけてください。
時間が永遠にあると思ったら、永遠にかわれませんし、ジリ貧の未来が確実に到来します。
時間的制限(いついつまで行動する、結果を出す)をかけることで、脳が目まぐるしく動いてくれます。
 
その爆発力は「変われなかったらどうしよう」という不安も吹き飛ばしてくれます。
 
怖くても私が保証します。
現実を直視したら、怖いものも不安なことも小さくなってきます!