アートブランドCOMOデザイナー・ミレイの仕事録

アートブランドCOMOデザイナー・ミレイの仕事録

日常の中で気軽に楽しめるアートを目指して様々なプロダクトデザインをしたり、イラストを描いたりしているミレイの仕事を綴ったブログです。

青森県立美術館をじっくりゆっくり堪能して、

新青森駅行きのバス時間まで残り1時間ちょっと。

微妙なところだけど…毎度時間切れで行けなかった三内丸山遺跡へ行ってみました。

 

三内丸山遺跡のHPにおすすめの見学コースを紹介してくれていて、重要なものだけをサクサク回る40分のコースがあったのでそれを見本にさっくりと回ってみよう!と思ったのですが…

時間足りるわけないよねー。

 

だって、こんなに広々と縄文の世界が広がっているんだもの!

 

でも、とりあえず重要なものから!と回ってみました。

竪穴建物。

中にも入れます。

 

掘立柱建物。

この丸太の階段を登って中を覗くことができます。

今から約5900年前くらいにこんなに大きな建物が作られていたなんて、信じられないなと思ったのですが、

三内丸山遺跡といえばの、これ!

大型掘立柱建物!!

どデカい!!

これは復元ですが、これだけでも圧倒されたのに、

発掘された大型掘立建物跡。

こちらを見学できるところに入った時には、体が震えるような吸い込まれるような不思議な感覚に陥りました。

なんだったんだろう。

縄文時代が確かに存在して、そこに人々が生きていたということを生々しく感じたというか。自分の想像を超える現実を目にして圧倒された、という感じかなぁ。言葉にするのが難しい感動があったのです。これを見れただけでも、ここに来た甲斐があったな!と思いました。

 

大型竪穴建物。

これも中に入れました。

中が広々としてここで縄文の人たちはどんな生活をしていたのかなと想像するのが楽しかったです!

左側にある池からもたくさんの土器などが見つかっているそうです。この景色って縄文の人たちも同じようなものをみていたのかなーなんて想像しました。

 

屋内の縄文時遊館には発掘されたたくさんの遺跡と縄文の人たちの生活を再現した人形があって、かなり勉強できそうでした。

時間がなくて足早になっちゃったけど、面白すぎた!

かなり大きな縄文土器。

この土器の飾りが可愛くて好きでした。

何を思いながらこの土器を作ったのかな。

案外、こうやったら可愛いじゃん!って今の人たちと変わらない感覚で作っているような気がしてきます。

 

おしゃれで有名な縄文の人たち。

ヘアピンや耳飾りもたくさん発見されていますよね。

大ぶりな耳飾りは、結構好みです❤️

 

40分で見て回れるというのは、結構難しいですね!笑

見るほどに引き込まれて、時間との戦いになりました。

県立美術館で全部見終わった後にカフェを利用したんですが、休憩しないでこっちにくれば良かったなと、ちょっぴり後悔。

バスに乗るのを諦めて、ギリギリまで見てタクシーで駅に向かおうかとも考えたのですが…、バスを選択!

 

旅って、選択の連続ですね!

 

次こそは三内丸山遺跡をメインにゆっくり見学したいと思います。もうちょい歩きやすい季節で!

コレクション鑑賞も面白い青森県立美術館。

毎回特別展とコレクションの共通チケットを買っています。

棟方志功の作品があるのも最大の魅力ですが、この美術館をくまなく歩きたいという願望もあります。

 

ちょっと面白い企画が。

青森出身の棟方志功と奈良美智の共通点というテーマで作品が並べられていたんですが…

猫。

猫?

 

…ちょっと無理が。。笑

 

志功さんが描いたおかっぱの女の子。

…やっぱり無理が。。笑笑

 

こんなしっかりした志功さんのイラストを見たことがなかったのでラッキーだったけど、無理矢理感が面白かったです。

グミガール。我が家にもいます!

 

志功さんのお皿。奈良さんのを撮り忘れたけど、この隣に奈良さんのお皿もあって。同じくらいの大きなお皿って共通点。

…やっぱね、無理矢理です。

 

奈良さんの作品のおウチの中に志功さんの絵が飾られているのは貴重で嬉しかったです。

 

青森県立美術館といえば、あおもり犬。

こちらも20年の流れを感じさせる。

ずっとここにある、っていいですよね。

 

美術館を歩きたい理由。

とにかくかっこいいんです。

エレベーターもかっこいい。コレクション展に移動する時、他にお客さんがいなかったので写真撮れた!ラッキー。

 

棟方志功コレクションの中の一つ。

友人が家を建てた時に、自分が壁の絵を描くんだと疑いもなく思っていた志功さんが描き上げた大作。お友達も描いてもらおうと思っていたから良かったけど、頼まれる前から張り切っているという志功さんらしいエピソード付きでした。

 

そして、青森県立美術館といえば!

アレコホールです。

記憶が正しければ、青森県立美術館のこけら落としで開催されたシャガール展に来たのが初めてだったと思うんですが、このアレコの舞台背景画にめちゃくちゃ感動しました。生で見ると本当に大きくて、その大きさに飲み込まれそうな迫力もあるんですが、中央の椅子に座ってゆったりとした気持ちで眺めているとその迫力とは裏腹にとても落ち着いて癒されていく感じがするんです。

展覧会に入る時・コレクション展に移動する時・コレクション展から出てくる時、全てこのアレコホールを通っていく作りになっているんですが、その幸せなことと言ったら!

マイナスイオンを浴びるってこんな感じなのかな?ってくらい、良い空気を吸い込める空間です。

 

2016年に出来た八角堂の中にいるあの子に初めて会いに来ました。建物の中央から何か突き出てる!

 

この子『Miss Forest』。

 

地面を入れるとてっぺんまで画角に入らない。

 

なんとか、てっぺんまで入れてみる。

一本の木のように天まで伸びていきそう。

この子の周りを歩くことができます。

 

すっごいデカいのに、ぷっくりほっぺが子供のそれで可愛い。

森の中で知らない建物の中に入ったら出会ったみたい。自分が小さな子供になったような、この子の周りを歩くと童心に返ったみたいで心が軽くなって建物から出てきました。

 

久々の青森県立美術館を隅から隅まで堪能してきました!

この旅の目的地四つ目!

(一つ目はマタニ。二つ目は棟方志功記念館。三つ目はマロン。)

青森県立美術館で開催されていた奈良美智さんの大規模個展〜The Beginning Place ここから〜を観てきました。

この個展の情報を知った時に、青森行きたいなーとふわふわ旅を計画し始めたのです。

中学生の時の修学旅行を除いて、初めて青森に来た時も目的は奈良美智さんの個展でした。そこから、青森ごと大好きな場所になりました。(まだ青森市と弘前市しか訪れられてないんですけどね。)

 

建築家青木淳氏が設計した青森県立美術館。

何もかもがかっこいんです。看板から書体から。

 

わーーーー!ついに来た来た!

久しぶりに来たーー!と心躍ります。

この美術館に入れるだけでも嬉しい。

 

美術館が出来た年にも来たので、本当に本当に隅から隅まで真っ白だった頃を知っているので、建物から年月を感じてしみじみしちゃう。近くにある三内丸山遺跡から構想を得たというお話を読んだことがあるんですが、この美術館も時を刻んでいるんだなと思いました。寂れるのではなく、年輪のように重厚な時間を過ごしている感じがしました。

 

開館時間の少し前に着いたので少しだけ並びました。

このポスターの目の前に並べたのも嬉しかったな。

 

最近はかなり多くの美術館が撮影OKになりましたよね。

今回も全てOK。

 

奈良さんの学生時代の絵。

初めて見た気がします。こういうのを見ると、当たり前なんだけど本当に上手いな、と思ってしまいます。

好きな芸術家の方の初期の作品を見るのが好きなんですが、始まりは皆めちゃくちゃストレートに絵が上手い!そこから自分の表現したいもの、自分なりの表現の仕方などを模索していく中で各々のスタイルというか独自の手法に進んでいくんだけど、絵を学んでいる時とか己を投影せずにスケッチしている時期のものはただひたすらに上手い!と唸ってしまいます。

 

奈良さんが自分の一本の幹を見つけるきっかけになった、封筒の山。自分の生きてきた時間を感じて愛おしくなったそうです。

なるほどなーと。日常の当たり前に繰り返される動作とその結果も生きているからこそ積み重ねられるもの。ポンと置かれたお家の置物が守り神のようだなと思いました。

 

写真がOKだとついつい作品を撮ってしまいますが、

私は好きな展覧会はたいてい図録を買うので、そんなに写真撮らなくてもいいかと気付き、会場の雰囲気がわかるような場面に出くわしたら撮ることにしました。

 

これ、今回一番好きな写真。

そして、好きな作品です。

奈良さんの描く女の子に熱が加わったような感じがして。みずみずしさと柔らかさ印象的でした。

キラキラとした涙も気になります。

とても心地よい空間なんです。

奈良さんの作品と美術館が凄く合ってるんだろうなー。

 

何度か個展を訪れたので、あ!知ってる!って作品もちらほら。

《I DON’T MIND,IF YOU FORGET ME.》は初めて見た展覧会でそれまで現代芸術家の作品展を見たことがなかったので衝撃と共にこんなに楽しいのか!とワクワクしたのを今でも鮮明に覚えています。

 

懐かしい子達。

可愛いなー。

 

芸術家の机。

こういう感じ憧れたなー。

 

奈良さんの弘前での青春がぎっしり詰まったロック喫茶《33 1/3》が再現された作品。

大学生と高校生が集まってこの小屋を自分たちで作って、お店をやっていたのだから凄い!一緒に味わっていないのに、じわっと熱いものが蘇ってくる感じがしました。

 

奈良さんを知ったのは私がハタチくらいの頃で、将来絵に携わることで食べていけたらなぁってぼんやり思っていて、奈良さんのロックを聴きながら絵を描くというスタイルがもの凄くかっこよくて「私もロックを聞いてみよう!」って格好だけを真似しようとしたこともありました。

結果的には音楽を聴きながら絵を描くというスタイルは私には合わず、もっぱら芸人さんのラジオを聴きながら仕事しています。

集中の仕方は人それぞれですね。

 

先月の25日で閉幕しましたが、本当にこのために来ようと決意して良かったなーと、遥々来た甲斐がありました!

大規模な展覧会なので全国巡回するのかな?と思ったらどうやらしないようだったので、これは行くしかない!となりました。

 

これはやっぱり、地元の青森でやるからこそ意味があるんだなって思える展覧会でした。

奈良さんのこれまでとこれからをじっくり見せてもらい、たくさんの想いを感じられた気がします。