ストップ安が多発!あのアンジェスも。。。

テーマ:

今日5月14日(火)は、日本株はようやく大きく反発しました!

日経平均は、ETFの【1570    (NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信】を見るとほぼ丸坊主の大陽線と、ほぼ1日を通して上昇しました。



マザーズ指数も、寄り付きから30分ほどは下落しましたが、9時半頃からは急反発して、結局、長い下ヒゲとなりました。



これを見ると、今日はほとんどの銘柄が反発したように思えるのですが、何故か、昨日に引き続いて、今日もストップ安の銘柄がたくさんありました。

5月13日(月) ストップ安 19銘柄
5月14日(火) ストップ安 12銘柄


昨日5月13日(月)は、世界同時株安が下げ止まらない雰囲気だったので、たくさんの銘柄がストップ安をつけても、おかしくありませんでした。
逆に、セリング・クライマックスの印象もありました。

ですが、今日は相場全体が反発したのに、ストップ安の銘柄がたくさんあったのは、不思議な感じです。

もちろん、ストップ安から反発して、陽線で引けた銘柄もあります。
しかし、ストップ安で引けた銘柄が、7銘柄もありました。

特に目立ったのは、昼休みに「遺伝子治療用製品の販売開始を延期」のニュースで、突然にストップ安になった【4563 アンジェス】でした。
 

アンジェスは後場ウリ気配スタート、遺伝子治療用製品の販売開始を延期


昼休みに悪いニュースが出ると、まずPTS(私設取引)で700円まで急落しました。

12時すぎには、まだ売り注文が出ず、784円あたりで寄り付きそうな気配だったので、PTSでも765円あたりまで値を戻しました。
しかし、12:30の後場スタートが近づくと、およそ70万株もの大量の売り注文が出て、結局、後場は寄り付かずに、688円のストップ安で引けました。

大引けでは、およそ400万株もの膨大な売り注文が出ていましたが、買い注文もおよそ55万株が出て、688円で約定しました。

夜間のPTS(私設取引)では、588円のストップ安までは下落せず、およそ615円あたりで推移していました。
この値段は、2月21日にストップ高を付けて急騰し始めたスタート地点まで戻ってしまったことになりますね。



ですが、PTSでは最終的に644.9円まで上昇して引けました。
ダウ平均も上昇しており、明日5月15日(水)は、そこそこ高い値段で寄り付きそうです。

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)