この記事は、「 勝率が高い手法と、低い手法、どちらが良いか 」の続きになります。

(1) 勝率が高く、コツコツと小さな利益を積み重ねていく方法

(2) めったに勝てないが、勝つ時は大きく稼ぐ、一発逆転の方法

この2つの手法のどちらが自分の性格に合っていて、続けやすいかを判断するために、それぞれの特徴を見てみましょう。


(1) 勝率が高く、コツコツと小さな利益を積み重ねていく方法

どちらかと言えば、勝率が高いトレード手法の方が人気があるでしょう(^^)

ボリンジャーバンドを使って、レンジ内で行ったり来たりする値動きを狙うトレードでは、こちらのパターンになりやすいです。
FXでは、こちらのパターンがうまく行くように思います。

コツコツ利益を積み上げていけるので、仕事に近い感じです。
トレードという労働をして、その労働に対してお金をもらう感覚があります。

勝つことが多いので、気分も良いです。
「自分は相場を分かっている」「トレードで利益を出す力がある」という自信を感じやすいです。

「このまま続けていけば、利益が増え続ける」と確信できるので、安心して続けられます。


欠点としては、めったに負けないので、負けることを忘れてしまうことがあります。

「どうせ勝てるから、もっともっとトレードしたい」と思って、我慢できず、安易なトレードをしやすいです。
また、「どうせ勝てるから、大きく稼ぎたい」と思って、無茶な大勝負をしやすいです。

また、負けのターンが来ても、いつも勝てると思い込んでいるので、損切りを躊躇しやすいです。

もしも大きな損失を出してしまったら、長い時間をかけて取り戻すしかありません。


(2) めったに勝てないが、勝つ時は大きく稼ぐ、一発逆転の方法

強いトレンドが出て、一方的に昇または下降する時を狙うトレードでは、こちらのパターンになりやすいです。
株、特に新興市場の株でトレードすると、こちらのパターンがうまく行くように思います。

トレードをしても、どちらかといえばお金が減ることが多いので、労働に対してお金をもらえる感じがしません。
リスクを取ることの対価として、お金が手に入る感覚です。

やってもやってもお金が減ってばかりなので、わざわざお金を捨てている気分になります。

ただ、ごく稀に大きく勝つ時は、気分が高揚したり、興奮を味わえます。
「相場がくれた大きなチャンスを、しっかりモノにできた」という満足感も得られるでしょう。

「このまま続けていけば、またいつか大きく稼げる時が来る」と確信できるので、希望を持って続けられます。

どちらかといえば負けるので、トレードを仕掛ける前から、損切りを考えざるを得ません。
損切りを忘れたり、躊躇することは無いでしょう。

逆に、「もう負けるのは嫌だ」と思って、エントリーを躊躇してしまうことがあります。

欠点としては、もしも、ごく稀に大きく勝つチャンスを逃してしまうと、ダメージが大きいことです。
何か用事があってトレードできない日に、運悪く、そうしたチャンスが訪れてしまうと、やるせない気持ちになります。



いかがでしたか?
ご自身の性格に合っている、続けやすい手法は、どちらでしょうか?

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)