皆さんは、勝っている時と負けている時、どちらがトレードにのめり込みやすいですか?
 
トレーダーの性格によって、答えは様々だと思います。
勝っていると調子に乗ってしまう人もいることでしょう。
 
私は反対に、勝っている時に手控えてしまい、負けている時に頑張ってしまう傾向があります(^^;
これは悪い癖なので、意識して直すようにしています。
 

相場には好調/不調の波がありますので、トレードにも波ができます。
お金が増える時期もあれば、減る時期もあります。
トレードチャンスがたくさん見つかる時期もあれば、チャンスがほとんど無い時期もあります。
 
トレードはルール通りに淡々と繰り返すのが良い、とされています。
ですが、それは、毎日同じ回数のトレードをして、毎日同じ金額の利益を得る、という意味ではありません。
相場には好調/不調の波がありますので、淡々と一貫したトレードを行うと、結果的に波ができるのは自然です。

「相場が好調」というのは、必ずしも、株価が上昇している、とか、他のトレーダーがみんな儲けている、ということではありません。
あなたのトレード手法と相場がうまく合致して、あなたのトレード手法でうまく利益を出しやすい時期、という意味です。
 
トレンドに乗るのが得意なトレーダーであれば、強いトレンドが出ている時期が「好調」です。
逆に、レンジ相場が得意なトレーダーであれば、強いトレンドが出ている時期は「不調」になると思います。
 

本来であれば、相場が好調な時期にはトレードに積極的になり、逆に、相場が不調な時期にはトレードに消極的になるべきです。
 
ですが、私の性格だと、勝ちが続いてある程度の利益が出ると、
 
「もう十分に利益が出た。さらにリスクを取って、この利益を減らしてしまうよりは、この利益をキープしたい」
 
という思いが生じて、トレードを手控えてしまいます。
 
探せばたくさんチャンスが見つかる時期なのに、探そうとしないため、チャンスを獲り逃してしまうことになります。
 

逆に、勝てない時期が続くと、
 
「少しでも改善したい。ただ好調になるのを待つのではなく、なんとか努力して、少しでも利益を出したい」
 
という思いが生じて、もっとトレードをしようと、頑張ってしまいます。
 
不調な時期ですから、勝率や期待値が下がっているのに、少しでもチャンスになりそうだと思えば手を出してしまって、余計に損が膨らんでしまうことになります。
 
 
この性格ですと、勝ちやすい好調な時期ほどトレード回数が減り、負けやすい不調な時期ほどトレード回数が増えることになり、逆効果になってしまいます。
 
トレードに負けている時に、やる気が出てくるのは、良い面もあります。
本を読んだり、ブログを読んだり、トレードについて学ぶ意欲が沸いてくるのは、うまく行かない時の方が多いかと思います。
トレード手法を見直して、改善できることもあるでしょう。
 
ですが、実際にトレードを遂行する段になれば、相場の波に合わせて、好調な時期に積極的になり、不調な時期に消極的になるようにしましょう。
 
もっとも、専業トレーダーになると、
 
「今は相場が不調だから、しばらく何もせず、無収入でいいや」
 
とは、なかなか思えないかもしれませんが(^^;

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)