皆さんは、どこかの誰かが誤発注したせいで、損をした経験はありますか?

昨日のブログ「 「まさか!?」のリスクを想定していますか? 」では、一瞬のうちにとんでもない値動きをするフラッシュ・クラッシュ(瞬間的急落)のリスクをお伝えしました。

フラッシュ・クラッシュの要因の1つに、誤発注があります。
2016年10月7日のポンドの急落は、誤発注ではないか、という説があるみたいですね。

どこかの誰かが誤発注したせいで、自分がとんでもない大損失をくらう、というのは、なかなか受け入れがたいことではありますが。。。(^^;


もしも誤発注であれば、一瞬だけ急落しても、すぐに元に戻るはずです。
ですが、逆指値を入れていたら、もしくは、証拠金が不足して強制的にロスカットされたら、元に戻る前に大損失が確定してしまいます。

株であれば、たとえ誤発注で、とんでもない巨大な売り注文が出ても、「連続約定気配」になって、すぐには約定しません。
もし、誤発注した人がすぐに気づいて、売り注文が取り消されたら、損失を出さずに済みます。

また、株であれば、ストップ安という制限もあります。
誤発注した人が気づくのが遅れても、その日のうちに売り注文が取り消されたら、最大でもストップ安で損失を抑えることができます。

FXや仮想通貨には、こうした制限は無いので、どこかの誰かが誤発注した時点でアウトです。
すぐに気づいても、後の祭りです。


また、FXは基本的にレバレッジを掛けてトレードします。

レバレッジは、よほどのことがない限り証拠金が無くならないように計算して掛けるとは思いますが、フラッシュ・クラッシュは、その「よほどのことがない限り」の想定を超えてしまう値動きなので、一発退場や、借金になることもあり得ます。
かといって、フラッシュ・クラッシュでも耐えうる程度のレバレッジに抑えると、利回りは小さくなってしまいます。

株であれば、上場廃止になる確率がけっこうあるので、たいていの場合、自分の資金を超えるようなポジションは持ちません。
つまり、たとえ上場廃止でゼロになったとしても、借金に陥らないようにします。
空売りをしていて、連続ストップ高に巻き込まれた場合は、一発退場や借金もあり得ますが、出来高の少ない仕手株を避ければ、遭遇する確率はかなり小さいと思います。

いずれにせよ、株であれば、レバレッジを掛けずにトレードすることがほとんどですので、誤発注のせいで一発退場や借金になることは、まず無いと思います。

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)