【4592 サンバイオ】の急反発、しっかり利益を獲れましたか?

2月5日(火)に2401円の最安値をつけてから、8日(金)には3690円まで上昇して、わずか3日で、なんと1.5倍以上になりました!

もちろん、大底と天井を当てることはできませんが、単純に、5日(火)に2440円で寄り付いた時に買って、あとは何もせず、8日(金)の大引けで売ったたけでも、資産がおよそ3割も増えたはずです。

 



ですが、このビッグチャンスでも、ビビッて手を出せなかったり、すぐに降りてしまったりして、うまく利益を獲れなかった人もいると思います。

その一方で、株を始めたばかりのトレーダーが、簡単に大きな利益を上げていたりします。

この違いは、どうして起きるのでしょうか?


今回の暴落が起きる前から【4592 サンバイオ】を見ていたトレーダーは、暴落が起きて、大きなショックを受けたはずです。

株を保有していたトレーダーはもちろん、運良く株を持っていなかったトレーダーも、暴落が止まるまでの一週間は、サンバイオのことばかり考えていたと思います。
頭の中で何度も、「やっぱり高すぎた」「下がって当然」といった考えが繰り返されたことでしょう。
つまり、この一週間ずっと、「サンバイオ=下落」というイメージを、自分の頭に刷り込み続けてしまったのです。

さらに、これまであまり気にかけていなかった、「逃げられないまま損失が膨らむ」というリスクが、意外と起こりやすい危険なリスクとして、心に染み付いてしまったはずです。
それこそ、ふつうに値動きを見ていても、突然に大口の売りが出て、特別売り気配になって、逃げ場もないままストップ安に張り付いてしまうシーンが、鮮明に思い浮かんでしまうくらいに。。。


【4592 サンバイオ】を保有していたトレーダーは、大損失を出して、かろうじて残った資金を、これ以上は失いたくないと感じます。
運良く株を持っていなかったトレーダーも、せっかく幸運にも暴落を避けられたのに、わざわざ火中の栗を拾いに行って損するようなバカなことをしたくない、という思いが生じます。

その結果、【4592 サンバイオ】の暴落が止まって、急激に反発・上昇していっても、下落するイメージが払拭できず、手を出しづらいのです。


一方、株を始めたばかりのトレーダーや、サンバイオ・ショックで初めて【4592 サンバイオ】を知ったトレーダーには、こうした下落のイメージはありません。

確かに、【4592 サンバイオ】の暴落を目の前で見て、いろいろと学んでいます。
ですが、それは恐怖には繋がりません。

何故なら、

「一歩間違えれば、自分もサンバイオを買っていたかも」

という可能性が無いからです。

もともと知らなかったのですから、買うはずがありません。
買う可能性が無ければ、暴落に遭う可能性も無い訳で、恐怖を感じる余地がありません。

だから、目の前でサンバイオが反発・上昇していくと、素直に乗りやすいのです。

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)