ずっと揉み合いが続いていた【4592 サンバイオ】でしたが、今日1月21日(月)になって、ようやく揉み合いを上放れてギャップアップしてくれて、大きな利益を獲ることができました!

 



しかし、この【4592 サンバイオ】を保有し続けるのは、なかなか辛いものがありました。


私が【4592 サンバイオ】を買ったのは、1月11日(金)でした。
14時頃、いったん10000円の節目を割った時に、9980円で買いました。

 



これは、とても良い価格で買うことができました!
というのも、翌週15日(火)にはすぐ10000円の大台に戻り、二度と10000円の節目を割ることは無かったからです。
週末で、三連休を前にいったん株を手放したい、と思った人が売ったために、いったん10000円を割ったのではないかと思います。


翌週の15日(火)は、ギャップアップから上昇して、前場のうちに10640円まで急上昇しました。
仮に1000株を買っていたとしたら、この時点で、66万円の含み益になります。
このまま10720円の直近高値を超えて、大陽線になると期待しました。

 


ところが、後場になると株価は急落し、10180円まで下落しました。
せっかくの66万円の含み益が、20万円まで減ってしまいました。

 




翌日の16日(水)は、再びギャップアップしたので、今度こそ上昇すると期待しましたが、寄り天井でどんどん下落し、もう少しで10000円の節目を割るところまで下落しました。
月曜日には66万円の含み益が出ていたのに、あわや、すべてパーになるところでした。
しかし、かろうじて10000円の大台を維持しました。

 




翌日の17日(木)は、前場の途中から急上昇し始めて、昼休み後には、遂に高値を更新し、10790円まで急上昇しました。
仮に1000株を買っていたとしたら、この時点で、81万円の含み益になります。
今度こそ、大陽線になると期待しました。

 



ところが、13時すぎからは株価が急落し、大引けの頃には、10400円の始値の近くまで戻して、前場からの急上昇がすべてパーになってしまいました。
せっかくの81万円の含み益が、47万円まで減ってしまいました。

 




翌日の18日(金)は、寄り付きから再び急上昇して、前場のうちに10920円まで上昇しました。
仮に1000株を買っていたとしたら、この時点で、94万円の含み益になります。
今度こそ、大陽線になると期待しました。

 



ところが、後場に入ると株価が急落し、すぐに10450円の前日終値まで戻して、前場の急上昇がすべてパーになってしまいました。
せっかくの94万円の含み益が、また47万円まで減ってしまいました。

 




そして、18日(金)の引け後に、株探のニュース:

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月18日発表分)

で、「再生細胞薬「SB623」の新規適応症として慢性期脳出血プログラムを追加」という好材料が出て、今日21日(月)に、ようやくギャップアップして、揉み合いを上放れました。


仮に1000株を買っていたとしたら、21日(月)の寄り付きで利食いしても136万円、(私はできませんでしたが)もし12730円の高値の近くで利食いできたら、275万円近い利益となりました。

 




結局、二度と10000円を割らなかったため、逆指値にも引っかからず、15日から18日まではずっと何もせずに見ているだけでした。
しかし、上昇しそうに見せては、すぐに下落し、含み益が100万円近くまで増えては、すぐに半分まで減ってしまう、ということを繰り返されると、見ているだけ、というのもなかなか辛いものがあります(^^;

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)