宮城の秋!食欲の秋!「はらこめし」を求めていざ亘理町へ | COLORweb学生編集部
2018-10-31

宮城の秋!食欲の秋!「はらこめし」を求めていざ亘理町へ

テーマ:イベント/スポット
 
 


 
紅葉もはじまり、もうすっかり秋ですね。秋と聞くと、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋など…様々ありますが、やっぱり私は食欲の秋!宮城の秋といえば、みなさんは「はらこ飯(はらこめし)」をご存知でしょうか?
 
 

「はらこ飯(はらこめし)」とは?
「はらこめし」とは、鮭の身を煮込んだ煮汁でご飯を炊き、イクラ(はらこ)と鮭の身を乗せた宮城県亘理町の郷土料理のこと。ちなみに、スーパーウルトラハイパー美味しいです。
私もっちー、21年間宮城に住んでいながら、実は実家以外ではらこ飯を食べた経験がありません。「お母さん特製のはらこめしも良いけれど、発祥の地ではらこ飯を食べてみたい!」ということで、どこのお店のはらこ飯を食べようか、事前にリサーチみると…『はらこめしスタンプラリー』なるものを発見!
 
10月1日~11月30日の期間内に参加店で「はらこめし」を注文すると、応募用紙に1食につき1つスタンプがもらえます。スタンプを集めて必要事項を記入し、参加店に設置してある応募箱に投函すると、抽選で賞品が当たるんだとか!スタンプ1個でも募可能なコースと、参加店2店分のスタンプで応募可能なコースの2種類があります。
 
 

行ってきました。亘理町!
仙台駅から常磐線・原ノ町行きに乗り、約30分。亘理駅に到着しました。
 
今回は、2013年に開催された「元祖はらこめし味比べ」でグランプリを獲得した「おしか商店」に行くことにしました。
亘理駅から2kmほどのところにあります。
 
中に入ると、ありました、はらこめし!
 
こちらのお店では折詰のみの販売で、お値段は1300円(税込)です。イクラはお会計の際にレジでもらえます。
 
お店のイートインスペースでいただくことに。
 
わくわく…!
 
 
 
イクラ、だばーーーっ!イクラの洪水です。
 
 

では、いただきまーーーす!
 
 
 
おいしい。間違いないです。とてもおいしい。
もっちー家のはらこめしのイクラはお塩での味付けですが、こちらはお醤油で味が付けてあるようです。
イクラはぷちぷちっと弾け、鮭の身は肉厚で、ふわふわとほどけていくよう。さすがグランプリ…!
 
もちろん、スタンプラリーにも応募しました!当たりますように…!
 
 

これも「はらこめし」!?
事前にリサーチしているときに、もう一つ気になるものを発見。その名も『はらこめしプリン』
亘理駅から1.2kmほどにある、「ジョアンナ洋菓子店」で販売されています。
1つ、購入してみることにしました。お値段は340円(税込)です。
 
予想以上の見た目の再現度に思わずびっくり!
ご飯はメープル風味のプリン、イクラはオレンジ味のタピオカ、鮭の身はイチゴ味のババロアで再現されています。
なめらかなプリンとババロアに、もちもちのタピオカがちょうどよいアクセントになり、見た目も食感も楽しい一品です。もちろん、お味もデザートにぴったり!

 
亘理駅、おしか商店、ジョアンナ洋菓子店の位置関係はこのようになっています。
今回は、はらこめしを食べて、帰りにプリンを購入というコースでした。亘理駅からおしか商店までは徒歩約25分、おしか商店からジョアンナ洋菓子店までは徒歩約10分です。少し距離はありますが、はらこ飯とプリンを楽しみに歩いていたらあっという間でした!(笑)
 
 
 
最後に
ちなみに、『はらこめしスタンプラリー』は11月30日までの開催です。なんと参加店舗は23店舗!自分好みのはらこめしを探してみるのも良いですね。
宮城の秋の味覚「はらこめし」。みなさんも発祥の地、亘理で味わってみてはいかがでしょうか?

Write:もっちー
Photo:みっきー、もっちー

COLORweb学生編集部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス