代表・藤田のプロフィール | 広告とコワーキング 京都のはなし

広告とコワーキング 京都のはなし

人が集まる広告の企画・制作 京都 株式会社コラボレ
阪急桂西口 駅前コワーキング コラボレmix
のブログです。


テーマ:

はじめまして。

株式会社コラボレ、代表の藤田と申します。

 

仕事柄、お客様のことをあれこれ伺うことが多いのですが

そのくせ自分のことをお伝えする機会が少なく

「なんか不公平やなぁ・・・」と思い

あらためて自己紹介をさせていただきます。

ちょっと長いですが、ご容赦ください。

 

---------------------------------------------------------

 

藤田 観児(フジタ カンジ)

1969年、京都市伏見区生まれ。

 

 

幼い頃は釣りやプラモデル作りが好きでした。

3つ上の兄が児童養護施設にいて、親は自営業でしたので

実は家で一人でいることに苦は感じない方だったと思います。

 

絵画や陶芸が好きだった父が、

作業に没頭するのをよく見ていました。

いつしか父を真似て、絵を描くことを覚え、

時折、手ほどきしてもらったり…。

 

構図の取り方、光と影、色合わせの妙…

思えば、これが私の制作の原点なのかもしれません。

未だに父の技術や発想力には追いつけていないと思います。

 

 

●マネジメントを習得

高校卒業後、世の中はバブル期へ突入。

当時大人気だったタレントショップの会社に就職し、

気がつけば、入社3か月で副店長に。

その後1年で店長となり、この時、人材マネジメントの大切さを学びました。

 

 

●飲食店の経験

やがてバブルが終わり

タレントショップを思い切って退職。

母が細々とやっていたお好み焼き屋を引き継ぎ…

商売の難しさ、お客様の厳しさ・温かさを感じることができました。

 

 

●建築業界へ

数年後、縁あって、リフォーム会社に就職。

マンションのリフォームから、一戸建ての新築、

店舗のプランニング等、ひと通りを経験。

 

特に店舗のプランニングでは、

飲食店の新規オープンに関わることが多かったです。

 

この時、役に立ったのは飲食業の経験、

そして「絵を描くこと」です。

私はお客様にプラン提案をする際、

手描きパースでイメージを伝えていました。

そのほうがイメージ以上の何かが伝わる気がしました。

 

 

●自分で広告を作る

リフォームプランや現場管理をする傍ら、

会社の専務として、

「どうしたら売上が上がるのか?」に悩みました。

 

たどり着いた答えは、

「まずは自社のことを知ってもらい、お客様にファンになってもらう」こと。

 

そこで、始めたのが「ニュースレター」です。

 

昼間はリフォーム現場の管理をしながら、ニュースレターを制作。

集客セミナーに通いながら、ニュースレターを作り続けました。

 

いつの頃からか、お客様から

「いつも楽しみにしてるよ」「毎月お手紙をありがとう」

と声をかけられるようになり

 

「伝えることの大切さ」を実感。

 

その後、広告の依頼が増え始め、仲間と制作チームを結成。

これがコラボレの前身となります。

 

社会福祉法人の社内報制作や、

新規オープンの店の販促・集客のプロデュースなど

建築以外の分野で、事業運営に関わったり、

売上に貢献できることに大きな喜びを感じました。

 

本格的な集客・販促のサポートをスタートさせるため、

2011年にコラボレを設立。

現在に至ります。

 

広告から離れたところからスタートしましたが

商売人として、サラリーマンとして、経営者として

経験してきたことすべてが「今」につながっています。

 

「広告」の仕事は幅が広く多岐に渡ります。

業種に関わらず、ご要望をお伝えくださいませ。

 

 

藤田観児

コラボレさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス