ホームページビルダー20 スカイプ通信講座教室
上のバナーは、ホームページビルダーについている「ウェブアートデザイナー」で作りました。
イラストレータとフォトショップの簡易版のような使い方ができるので、初心者には本当に便利なツールです♪
(素材は、illust AC【無料】から頂戴したものを加工しました。)

詳しい作り方をビデオで紹介しています。



ホームページビルダー20/スカイプ通信講座教室の無料体験レッスンお申し込みはこちらから

※プロのWEB作成技術を分かりやすく教えています。最初からホームページがサクサク作れます。SEO対策にも強いページが自然にできますよ~♪



【WEBのお仕事/サポート中】

◆11年のお付き合い。6年連続検索1位の「滋賀新堀ギター音楽院」(WEB制作、写真撮影加工)

◆10年サポート中。大阪難波の知的財産管理に詳しい弁理士事務所「アルカディア知財」(WEB制作)

◆カラーミーショップをベースに使って制作しました、格安で本格的ネットショップ「菓子問屋かしど2号店」(WEB制作、ショップ初期設定)

◆不登校・引きこもりを合宿生活で支援します(WEB制作、写真撮影加工)


SEO対策に本当に強い基本に忠実なホームページ制作をしています。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

WEB-EYENET

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年07月17日

ホームページビルダーはもう要りませんか? スカイプ通信講座教室 夏のキャンペーン

テーマ:ブログ

ホームページビルダーはもう要りませんか??

今年で7周年☆ 私がしている『ホームページビルダー スカイプ通信講座教室』のサマーキャンペーンを始めます。

スマホの登場、ホームページ自動生成ツールの充実により、ホームページビルダーでホームページを作ろうという人は少なくなりました。でも「ホームページを作るノウハウ」は、ブログでもSNSでも活用できます。

また、私の教室では「一から教えるのではなく」、今困っている、行き詰っている問題を一緒に解決していきますので、ちょっと困った・・・というときのお助けツールとして活用していただけます。

*ブログのバナーをすっきりさせて変えたい
*ホームページにお問合せ機能をつけたいができない
*SNSに上げる写真をうまく加工したい
*その他 ワードでチラシを作る  など

ホームページビルダー以外のご相談もお受けします。
詳しくは『無料体験レッスン』でお尋ねください。
一歩進んだネットライフの充実をお手伝いいたしますよ♪

 

『ホームページビルダースカイプ通信講座教室』

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

2018年06月24日

自分の値打ちを落とさずに時代の変流についていけるかがカギ

テーマ:ブログ

今日は滋賀新堀ギター音楽院の「第13回大発表会」の取材に安土まで行ってました。
13年!・・・こうやって振り返るとずいぶん長いこと、ホームページ制作をサポートさせてもらっています。最初特にオープンから2~3年がものすごく反響があったので、信頼し続けてもらっています。
ずっと年間サポートをさせてもらっていますが、続くところは、コンテンツの更新がまめにあるところですね。コンテンツをまめに更新していると、検索エンジンの覚えもよろしいです。

滋賀新堀ギター音楽院では毎月の会報誌の更新と、年2回(大発表会とクリスマスコンサート)のときは必ずコンテンツを更新しています。
教室は近江八幡市にあるのですが、とても田舎ですし成り立つのかな・・と最初心配もありましたが、先生の努力と私に会えたラッキーでここまで来れました。
しかし・・・油断は禁物。新しい授業方式を取り入れた教室が割に近くに台頭してきています。ここは気を付けないと。。

それにしても13年前といえば、2005年。ブロードバンドが普及しだしたころで、まだ1ページの容量を気にしながらページ作りをしていました。ページが大きいと読み込みがかなり遅くなります。
ページ容量を小さくまとめるために、このころの取材はまだコンデジ(コンパクトデジカメ)で十分対応できていました。
ホームページ制作の内容も13年経った今、ずいぶん変わりました。いろんなことにこだわらず、今だけが良ければ、Jimdo などホームページ自動生成ツールが出来ましたし、スマホ台頭によって、デザインの見た目をPC、タブレットと統一化するために、ソースの記述はずいぶんとプログラムよりになってデザイン優先にできず、自由度が無くなりました。

現状はたびたび変わる変化の速さについていくのがやっとですが、頑張っても年老いてからウェブデザイナーでやっていけるわけではないと思うので、最近しこしこと陶芸も再開したわけですが、陶芸の世界はそれでもっと厳しく感じます。
13年前と比較しますと、100均、ニトリの台頭で、そこそこのものが安く手に入る現在、手作り陶器の需要は確実に減っていると思います。
かといって手を抜いて安い仕事をするつもりはないしできない・・やはり『自分の理想』を追いかけたい。。そんなジレンマがありますが、そういう時代背景の中で、ちゃんと生計も立てながらやっていけるのか?が、ここのところのテーマですね。負けられません、ガンバラナクッちゃ★★

今日は夏が足早に近づいてくるような陽気でした。帰りはかつやでカツカレーを初めて食べました。カツはうまいが、カレーがついていってない、、、なにごともピッタリくるのは難しいですね(^^;)

 

ホームページ制作のご相談は、検索エンジン対策に強いホームページ制作WEB-EYENETへ

 

 

 

 

 

2018年03月06日

ホールコンサート事業について考える

テーマ:ホールコンサート事業

今日は酒なしの夜、いたって気分が爽快なので、こういうことも考えてみる。
音楽業界に友人が多いこともあって、いろんな素晴らしいほんものの音楽をしてくれているのを知っているから、それを少しでも関西にも根付かせたい・・との想いから、これまで2回ホールコンサート事業を起こした。
夢だけで始めた2006年は、収支に関する計算が全くできてなかったこと、当日までの時間が短すぎたことで惨敗。
それを踏まえて、2015年は、周到に収支をちゃんと帳簿につけ、時間も半年前から準備にかかり、やれることは全てやったつもりだったが、結果9万円の赤字に終わった。

コンサートPV撮影、ホームページ、フライヤー、ポスター作成など、私の得意とする技がいっぱい使えて、進行中はそれは面白くて仕方が無い仕事で、ネット時代の恩恵も受けて一人きりで全てを切り盛りしてプロデュースできたんだけど、元々「単発のホールコンサート」を成功させるのはなかなか難しいことを今更ながら考えさせられる。

たとえば、入場料が5,000円とする。200名来てくれたとして、100万円になるが、200名集めようと思うと並大抵の努力ではできない。実際2015年は、招待入れて100名ちょっとの集客だった。ただ、来てくれたお客様たちは知らない人も私を捕まえ、目を細め、心底「良かったぁ~~」と言ってくれたのは喜びである。

入場料を高めに設定してやることもできるけど、ホールコンサートに限らず、ライブハウスのようなところでもミュージックチャージを値上げする傾向が見られるが、ごく一部のバンドを除いて、ホールコンサートの場合5,000円が上限だろうと私は見ている。それぐらいにしないと「気軽に何度も」行けない。
となると、できるだけ集客を増やすしかないが、そこが単発コンサートの弱みだなぁ。。滋賀銀行が年間継続してやっている「けいぶん」なんかめっちゃ奮闘しているほうだろう。

スポンサー頼みにならないビジネススキームを確立し、年に1度くらいのペースでそこそこの売り上げがあるような形に持っていけたら、喜んで仕事に励むんだけどなぁ・・・
まぁ、やるべきポイントは見えてきたので、そのへんの「アタリ」をつけて、なんとか続けたいところです・・・♪


※補足
ネット時代の恩恵で「チケットぴあ」がオンラインで使えたことは大きかった。まだチケットをコンビニ端末で買えることの習慣が根付いてないから、利用者はまだまだ少ないが、「ぴあ」はセブンイレブンの端末でチケットが買えるので、本当に便利です。
もちろん、ローソン、ファミリーマートも同様のスキームを提供しているけど、ぴあとセブンイレブン押さえておいたらまず問題ないでしょ。
このように、生活環境がコンビニを中心にすごい変化をしている最中であることを考えると、今後まだまだ期待できるんじゃないだろうか・・と、また甘い夢を見るのである・・・(*^▽^*)

 

 

ホームページのことなら、SEO対策にめっぽう強いWEB-EYENETへ★

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス