こころの駅・駅長のブログ
  • 07May
    • 会話が減ってきたから。

      娘も中学生になって、めっきり会話が少なくなってきた。たまに、無気力な行動を取るので、叱ると黙って返事もしないときがある。約束事は守ること、生活態度はきっちりなどと言っても聞いていないような気がする。だから黙って、本を買ってベッドの上に置いておく。中学校で毎朝、本読みの時間があるから、読んでくれるだろう。親がとやかく言っても聞きたくない年頃なんだろう。黙って、本を置いておくのも教育だと思っている。今日、そっと置いたのは吉野源三郎著「君たちはどう生きるか」という本を置いといた。思春期過ぎれば、また、直接話すことも多くなるだろう。その時までは、私の気持ちを本に託すことにしようと思う。

      3
      テーマ:
  • 06May
    • 和解。

      TOKIOの山口メンバーが、これから、一生、芸能活動出来ないような巷の話に、私は違和感がある。以前、島田紳助が、マネージャーに暴力振るって訴えられた。そのマネージャーは、二度とテレビに出てほしくないと言っていた記憶がある。しかし、島田紳助は、一定期間経つとテレビに出ていたと思う。なぜでれたのか?和解したからである。今回も、被害者とは和解できてるのである。だから、アルコール依存症の治療がすめば、テレビに出ればいい。今まで、テレビ局各社も山口メンバーには助けられたこともあるんじゃないのか?それよりも、アルコール依存症であると前から気付いてたんでしょう。それを承知で、テレビに出してたんだから。それと、TOKIOの他のメンバーも問題が起こる前に、治療をさせておくのが、メンバーの努めだと思うのだが...。私の娘が、幼稚園の時に大阪駅のホームで走ってきた男にはね飛ばされたことがある。その時の恐怖からか、トラウマになり、夜中に突然泣き出したりして、子どもの精神科でPTSDと診断され、裁判にしたことがある。かかっていた医師からも、毅然とした態度を子どもに見せるのも治療の一部と言われたこともあって、裁判にしたのだ。日本では、PTSDは、中々認められないと言うことで、裁判官より和解を勧められたらが、私は拒否した。裁判官に子どもが苦しんでるのに、そのような目に合わせた加害者と和解なんてできないし、許せないと言った記憶がある。今回のTOKIOの山口メンバーの件は、被害者もこれで終わりにしたかったんだろう。だから、和解になった時点で、世間体以外の問題は、一応の解決をみたと思っていいのだろう。だから、アルコール依存症の治療後に芸能活動に復帰すればいいと私は思うんだが...。

      テーマ:
  • 05May
    • 大阪城に独り旅

      Masanobu Kuniiさん(@masanobu921)がシェアした投稿 - 2018年May月5日am3時30分PDT

      1
      テーマ:
  • 23Apr
    • これって、誰が教えるの?

      新しく高校に入って、少しずつ慣れてくる。慣れてくれば、クラスないの雰囲気も分かってくる。そうすれば、揉め事も起こってくる。それを、注意する事も起こってくる。注意されれば、口堪えする事も起こってくる。先生に、口堪えしたからではなく、年上や目上の人に口堪えは良くないことだと指導する。しかし、高校生だ。そんな事は、もう、学んでるはずであろう。でも、学んでない。これは、誰が教えるの?小中学校で教えるの?いやいや、家庭で教えるの?今の子ども達は、わからないから高校生位で教えるのが普通なの?そもそも、そんなことは社会が自然と身につけさせることなのかも?私は、思うのだ。Twitterなどで、論破する事が格好良いと思われがちなこの世の中。この世の中が、目上の人に口堪えしたりする事が、格好良いと思わせてるのではなかろうかと。人を論破して格好良いか?例え、論破する機会があったとしても、論破何て事でなく、意見を戦わせた相手をうやまうべきだと思うのだ。世知辛い世の中だと思うのは、私だけなのかなぁ。

      テーマ:
  • 09Apr
    • 折り目。

      今日は駅に着くと折り目のついた制服を着ている学生がたくさんいた。入学式を終え、今日から登校が始まるのだろう。私の学校も今日が始業式。お昼からは、入学式がある。3年生の副担任となったので、忙しくなると思う。進路指導課も兼任なので、皆を希望の進路に導いてあげれれば幸いだ。一つだけ卒業までに伝えられればと思うのは、間違えたときにそれを正すと答えが「違うねん。」から始まる生徒が多い。これこそ「違うねん。」といいたい。先ずは、ごめんなさいなど、謝罪でしょ。そこから、言い訳でしょ。それを伝えたいと思っている。来年から、就職する生徒が多い。最初は、間違える事もあるだろう。素直に、ごめんなさいが言えないと人間関係がギクシャクするかもしれない。それは、本人達に重荷になってしまうこともあるだろう。そうならない為にも伝えたいと思っている。3年生達も2年前は、折り目のついた制服を着ていたのだと思うと、感慨深いものだと感じている朝である。

      3
      テーマ:
  • 01Apr
    • 橋下さんも人間なんだから。

      今日、テレビを見ていたら、橋下さんが出てた。橋下さんは、元外交官の宮家さんが怒ってると思ったそうだ。その理由は、大阪都構想を宮家さんが批判したので、Twitterでボロクソにtweetしたからだそうだ。当の宮家さんは、Twitterを見ないので、そんなことはつゆ知らず、橋下さんを国政に待望しているそうだ。人の意見の中には多様な面があり、少しくらい意見が違うところがある方が、お互いを認められるものだ。橋下さんが、大阪を変えようとしていることには、賛同する事が多いが、賛同出来ないこともある。公務員の給料を下げることは、ある程度理解できる。しかし、学校の先生、消防士、警察官の給料を下げることは大反対だ。特に、学校の先生なんか大阪のレベルは、全国でも最下位ではないかと思う。給料水準が、全国でも最下位クラスで、良い先生、講師の方が、他府県に流れていってしまっている。悲しい事だが、それが、現実である。校長先生クラスの管理職も最悪ではないか。橋下さんも人間だ。良いところがあるが、悪いところもある。教員組合の方々も良いところがあり、悪いところもあると思う。でも、良いところがある先生もたくさんいるのだ。だからこそ、話さないとわからない。府知事も市長も組合側も胸襟を開いて、未来を背負う若者達のため、トコトン話し合いして、良いシステムを作ってほしい。改革は、綺麗事では出来ないのだ。『白河の清きに魚も住みかねて もとの濁りの田沼恋しき』こんな狂歌が、流行ることの無きようにお願いしたいものだ。橋下さんも人間なんだから、話せば相手の良いところが見えると思う。論破する事より、論破したがる人に興味を持ってみては如何だろう。

      2
      テーマ:
    • 国技を剥奪せよ。

      大相撲が国技と言われているが、国が制定したものではない。しかし、国技として認定されている。でも、この理事長では、国技として恥ずかしい。貴乃花親方も普通でないと思うが、これだけ問題続出で、理事長として責任を取らないのでは恥ずかしいだろう。立て行司が刀を差しているのは、差し違えたときに腹を切って責任を取るためである。今の世の中、ホントに腹を切る人はいない。しかし、覚悟の問題であろう。だけど、理事長在職中にこれだけ問題が起きても辞めないのなら、責任を取る気がないと言わざるを得ない。こんな理事長で、相撲界が良くなるわけがなかろう。トップは、責任を取るべきであろう。八角理事長が、意欲がありこの人なら任せておけると見えているのだろうか?相撲界は、既に、自分では改革できない所まで来ているのであろう。厳しさと虐めの区別が付かないのではないか?相撲取りというスポーツマンではなく、欲の皮が突っ張った只の太ったオッサンではないか。貴乃花親方以外にも、やる気のある若い親方はいるだろう。そんな親方が理事長になって大鉈を振るってもらいたいと思うのは私だけではないだろう。

      2
      1
      テーマ:
  • 28Mar
    • なんとかなるじゃなく、なんとかする覚悟。

      子ども達や若者は、なんとかなると思っている子が多いように思う。なんとかなるという考え自体は、間違えではない。そう思えないと自分を追い込んで苦しみの坩堝にのめり込んでしまうこともある。でも、なんとかなるには、なんとかする覚悟がいると思うのです。しかし、若者たちには、その覚悟を理解しているのかなと思うとこもある。ある若者が、次の日に大切な用事があるのに、夜中まで深酒をして、辛い顔で出社する。どうしたのと聞くと、友達に誘われて、終電で帰ろうとしたのですが...。次の日に大切な用事があるなら、振り切って帰るべきである。接待で飲んでいたなら仕方ないこともあるが、友達と飲んでいたなら、振り切って帰るべきである。また、友達なら大切な用事があるなら、今日は帰りと言うのが友達であろう。大切な用事を、失敗してしまったら。なんとかなると思うんだろう。でも、そんなものはなんとかならないのである。なんとかしようと思う気(覚悟)がなければ、中々なんとかならないものである。引き留める友達を振り切った事は、なんとかなるなもんだ。若者は、相対的に頭が良い子が多いと思う。その反面、覚悟がない若者が多いのには、ちょっと残念である。

      3
      テーマ:
    • 変なやつ。

      自分の娘ながら、つくづく変なやつと思った。家に帰るとわざわざ人の前に来て、ちょっとしんどいからと言う。だからと言うと。体温計、どこにあると聞いてくる。そんなん自分らしか使ってないやろと言うと。探すもなにもなく、ペン立てに入っている体温計を取り出し、熱を計りだした。そして、少し咳払いをしだした。37.8℃と言うけど、知らんふりしていた。ご飯を作らないといけないので、準備をしだすと上に上がって行った。少し立って、クリーニングを取りに行くのを忘れていたので、取りに行くように言った。不満そうな顔をしてたが、しぶしぶ取りに行った。すぐ近くなので、5分程で帰ってた。沢山あったので、クリーニング屋さんの前で友達に会ったから手伝って貰ったという。家の前まで送っていくと言うので、知らんぷりしていた。ご飯の用意も出来て、皆を呼びご飯を食べ出した。一番下のチビが、一人居ないので、どこに行ったのと聞くので、友達を送りに行ったと話した。でも、当分帰らないよと答えた。皆が、食べ終わった頃に帰ってきた。知らんぷりしていた。遅くなってゴメンナサイも言わない。それよりも、38℃程の熱はどうなったのだろうか。親を舐めるんじゃない。熱なんかあるわけがない。家の片づけをしてないから怒られると思って言い訳のつもりで言ったのだろう。体温計は、どこにあるなんて聞くのがそもそも可笑しい。あなたの行動は、読まれているのです。わかりきった事を言う変なやつだ。子育てなんてこんなもの。何でも言ってることを鵜呑みにできないものだ。

      1
      テーマ:
  • 18Mar
    • 野党よ。

      野党よ。今の君達は、本当に国民のためになっているのか?与党、政府を追求するのはいい。しかし、ダイナミックな政治を提案してくれよ。今のままでは松平定信のような政治を目指しているように思う。田沼意次の賄賂政治を改革すべく登場した松平定信だが、庶民からこう言われた。「白河の 清きに魚も 住みかねて もとの濁りの 田沼恋しき」庶民が豊かになるようなダイナミックな政治を目指してくれよ。辻元清美の発言も虚しく聞こえる。安倍総理が退陣しても自民党の人間が総理になるだろう。そして、国民はそれで納得するだろう。追求は追求として、反対は反対として、じゃ、どうするんだと言うことを高らかに宣言すべきであろう。ダイナミックさがない。その昔、追求する方も命懸けの政治家がいた。情けない。政権取る気のない野党しがないのは、国民が不幸である。取る気はあると言うだろうが、虚しいだけだ。野党よ。ジャーナリストや朝日新聞やTBSの方を向くのではなく、国民が何を欲しているか考えよ。野党よ...。

      1
      テーマ:
    • 薬。

      チビももう中学生。花粉症の薬を飲み忘れることが度々ある。自分の身体は、誰よりも自分で守るようにその都度言っている。子ども達は、医療補助が各自治体であり、一回500円で診療も薬も頂ける。チビに言った。パパは、病院で500円しか払ってないけど市や府や国がそれ以上の分を払ってくれてるんやと教えました。それは、子どもは国の宝物だから、元気に勉強してほしいし大きくなって一生懸命働いて税金を収めて恩返ししてほしいからと説明しました。なのに、そこまでしてくれてるのに、薬を飲み忘れてしまうことは、いいことなのかな?そう聞くと黙ってました。別に、国に義理立てしろと言う意味で話したわけではないのです。この国のシステムを教えてあげたかったから、丁度、良い機会だと思い話しました。大きくなっても、市役所の手続きが出来ない子ども達。郵便の封筒の宛先の書き方を知らない子ども達が意外と多いのです。義務教育の間で、教えてあげるべき事じゃないのかなと思うんだが...。このままで良いのかなと思う今日この頃だ。

      テーマ:
  • 15Mar
    • 教育が...。

      少年野球の始球式で、稲村亜美さんが襲われた事件は教育の崩壊を見せつけられた。今の義務教育は、ほぼ崩壊である。これは、危機である。政治は、こんな時にこそ本来の姿を発揮すべきである。企業の倫理観のなさ、官僚の文書改竄等も教育の破綻を意味するのではないか。高校生の九九を理解してない生徒の多さは、今の世の中を物語っていると思う。親御さんもその事をあまり深刻に思っていない。九九なんぞ知らなくても生きていける。そう思っているのかも知れない。究極には、そうかも知れない。でも、一昔前の親御さんなら、九九位言えないと恥ずかしいと考えて、家でつきっきりで一緒に九九を覚えさせたと思うのだ。そう、自分の子どもに関心が低い親御さんが増えたのだと感じるのだ。関心が低いのではなく、関心をもてない状況になっているのかも知れない。大阪はバカロレアという、中学、高校を開設する。それはそれでいいかも知れない。だが、本来、九九を義務教育終了後で覚えてない子ども達の事を考えるべきではないのか。大阪市民、大阪府民、国民は、この危機こそ政治に求めないとダメではないのか。この国を次に託す子ども達を育成するには、何十年係る事業なのだと思う。だからこそ、今すぐに始めないとどんどん手遅れになる。ホントに、日本は坂道を転げ落ちているのかも知れない。

      2
      テーマ:
  • 08Mar
    • 自分。

      全ては、結局自分なんです。良いこと、悪いこと、結局、自分に跳ね返る。カウンセラーが、世の中に沢山いればいいなと思った日もあった。今は、カウンセラー云々じゃないと思う。結局、自分。引きこもって家からでれないのも自分。引きこもりから脱出出来たのも自分。悶々と嫌な日々を過ごしてるのも自分。そこから抜け出して、洋々とした日々を過ごしてるのも自分。気づきを与えるのがカウンセラーといっていたが、ホントにそうなのか?自分の中に色んな自分がいる。その自分を見せてあげて、どの自分が一番いいかを選択させてあげるのがカウンセラー。ホントか?放って置いた方がいいんじゃない。そう思うこともある。今、若者たちを見てて、時代が違うことを感じる。でも、この若者たちも自分で自分を見つけないと。私は、カウンセリングしたクライアントの皆さんは、凄い自分を持っていた人達だと今思う。今、逞しく生きている。その人たちに今、教えられている。そう、私も自分を感じている。悩み多い人が多いから、カウンセラーが増えている。言いように言えば生業だが、言い方を変えれば金儲けである。西成で仕事してた時も思った。言い方を変えれば、貧困ビジネスの会社に入っていたのだと。所詮、この世は金儲け。それが悪いとは思わない。でも、汗をかこうと今思う。それが、私が思う自分だと。カウンセリングを受けている皆さん。辛いことも多いと思いますが、自分の中の自分に気づいて下さいね。いい自分が見つかりますように。

      2
      テーマ:
  • 01Mar
    • 怖いお父さんの何が悪い!

      頑固親父、雷親父、怖いお父さんの呼び方が色々ある。昨今は、子どもの話を聴いてあげて、勉強を教えてあげて。何でも先回りして子どもに嫌な思いをさせないでと云う風潮だ。私の家では、そんな話は通用しない。産まれてきた家が不幸だったのだ。そう、教えている。大人になって、理不尽なこともたくさんある。嫌なこともたくさんある。それを、自分で解決していくのも人生ではないか。今日、娘と一緒に次の進路のため学校に赴いた。日本語がたどたどしいから、覚悟がいることはわかった上で、本人が決めたのに、子供の話を聞いてあげてとか、お父さんの気持ちは理解しているが、娘さんの気持ちがわからないとか言い出した。いつもの悪い癖がでた。頭の中でカチンと音がした。娘は、できないと言ってるかと怒ってしまった。何やかんやと話した上で、帰り道にどうするのかと娘に聴いた。この学校に行くと決めていたからそうするという。願書は独りで出しに言って、自分の意志だと言ってくると話した。パパは、こなくていい。また、切れられたら厄介だからだと思う。しかし、ちゃんと自分の意志で決めているのだ。天晴れである。流石、私の娘である。怒り飛ばしても、ちゃんとわかっているのだ。私の家では、それで円満なんだから、人がとやかく言うことはない。何でも教科書通りに子育てなどできることがない。頑固親父に喝采を。

      1
      テーマ:
    • 人生をなめるな。

      娘が、高校受験に失敗した。娘は、帰国子女扱いなので、公立高校の特別枠の受験であった。娘は、英検2級を取得しているので、英語の試験は、80%の得点が認められる。試験科目は、数学と英語及び作文なのだが、実質数学を頑張れば合格すると言われていた。でも、出来がよい娘ではないので死に物狂いで数学の勉強しろと言っていた。しかし、家で勉強している姿を見かけない。そんなのでは、合格しないと何度も言っていた。そして、昨日、見事桜散るである。家に帰って言った。受験をなめるなと。そして、合格した子達は、お前の何倍も努力したであろうと。結局、もう、行く学校がないのだ。日本語が完璧でないので、普通の高校に通えば進級など到底無理であろう。だから、特別枠でその学校に入らなければならなかったのだ。普段、怠けててもやるときだけは、キッチリできる人にならなければ、この世の中は渡れない。今日、卒業式を迎える教え子達よ。社会に出たら、もっとそういう思いをするのだろう。人生、舐めてかかったらあかん。娘は、単位制の高校へ進む事になるだろう。そこで、この経験を活かして、勉強に励めば、この思い出も笑える時が来る。でも、舐めてかかれば、今以上の嫌な思いをするだろう。私は、その人生を先に進んでいる先輩なのだ。先輩の教えは、聴くだけでもキッチリ聴くことが大切なのだ。教え子達よ。娘の失敗のような事なきよう人生を進んで欲しい。そして、皆、幸せになってほしい。

      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。