ホテルココ・グラン上野不忍のブログ

ホテルココ・グラン上野不忍のブログ

ホテルココ・グラン上野不忍のお知らせや、
スタッフの日常(!?)をお知らせするどたばたブログです


テーマ:

師走がスタートしました。


クリスマス、年末年始のご準備など、年の瀬はお仕事、プライベートともに慌ただしいかと思われます。


そんな状況のなか、その年の瀬特有の慌ただしさを情緒へと変換させて、子どもの頃のようなワクワクとした日々をお過ごしできるといいですね。


フロント デイジーです。


先月11月下旬頃から、ホテルココ・グラン上野不忍前の不忍池周辺をはじめ、上野公園は紅葉シーズンを迎えております。


その晩秋ならではの物憂げな光景をご紹介したいと思います。

 

東京文化会館の並び、イチョウの並木小道。


例年だと、すべての葉は黄金色に染まり、通りには落ち葉の絨毯が敷き詰められている光景を目にします。


今年の秋は前半が暖かすぎた影響により、まだ少しだけ青々とした葉が残っているようです。

 

それでも、入口のイチョウの木は、このように黄金色に染まっていました。

 

清水観音堂前の秋を感じる光景にシミジミ。

 

清水観音堂裏の鮮やかな赤に染まったモミジ。


源氏物語の第七帖《紅葉賀》を彷彿とさせる風景に、イケメンの公達たちの披露する舞が目に浮かんでくるようです。

 

若葉のイチョウも素敵ですが、晩年を迎えた人間のような黄金色に染まったイチョウは見ごたえあり!


太古の人々が暮らす時代から、冬を迎える一歩手前のこの光景に、秋の豊かな恵みを感じ取っていたのかもしれませんね。

 

秋なのにサクラが咲いていますよ!


これは《10月さくら》という品種です。


文字どおり、10月に花を咲かせることから、このように名付けられました。


春に咲く華やかな桜と比べると、どこか控えめで恥じらいの色を見せる桜に感じますね。


本来ならば、この時期はすでに散ってしまわれていますが、これまでが暖かすぎた影響により11月下旬にもかかわらず満開となっていました。

 

本年度のNHK大河ドラマ「西郷どん」で注目されている、西郷さんの銅像周辺も深いオータムカラーに染まっています。


キツネ顔よりタヌキ顔の男性を好むデイジーにとって、西郷さんはまずまずのタイプなのですラブラブ


西郷さんの故郷、鹿児島をはじめ九州男児と云われる九州人って濃い容姿の人間が多く暮らしているのかな~~

 

なんてね(´∀`*)ウフフ

 

「もみじの裏葉」と表現したらいいのでしょうか。


冬の気配を感じるヒンヤリした風に揺れ、木漏れ日のように真っ赤に染まるその光景は感慨無量!


「桜は日本がいちばん」と称されるとおり、紅葉も日本がいちばん美しいようですね。


たとえば、欧米諸国に見られる紅葉は、ほとんどが一色のみの黄色で覆われています。


でも日本は赤や黄色などのバリエーションに富んだカラーで彩られています。


その品種もさまざま。


なので、平安の昔から和歌などで謳われているとおり、紅葉を愛でる風習が日本には残っています。


でも欧米などではカナダやニュージーランドなど、そのダイナミックな光景を楽しむだけで、日本のように繊細なセンスは見受けられませんね。


こういう時に、日本人に生まれてきてよかった、と感じます。

 

ホテルココ・グラン上野不忍の産土(うぶすな)神社にあたる、五條天神社。


鳥居わきの白樺の木は、デイジーのお気に入りラブラブ


半分以上の葉っぱは散ってしまい、秋色に染まっています。


この日はどんよりとした曇り空でしたが、西に夕日が傾く頃に見るその光景は、まさに絵になる美しさ。

 

五條天神社境内。


晩秋特有の「わび」の美意識を感じます。

 

寒々とした不忍池に映える、桜の木々の葉は命尽きる時がめぐって来るまで、必死に枝にしがみついているようです。


ほろりと風に舞って、赤く染まった葉が水面に浮かぶ姿は、「ものの哀れ」と「無常」を感じさせられます。


魔女の悪だくみにより、白鳥の姿へと魔法にかけられた美しい人間の王子が水面を滑る光景をイメージするデイジーswanswanswan


でも現実世界で目にした光景は、スワンボートでしたww

 

それに取って代わり、反対側の池ではかわいいカモたちが水辺で戯れていましたカルガモ(親)カルガモ(親)カルガモ(親)

 

 

当ホテル前のイチョウは、きらびやかな黄金色に衣替えichou*ichou*ichou*


お部屋の窓からも眺められます。

 

清少納言の《枕草子》に謳われているとおり、秋は夕暮れ時がもっともシミジミとした情緒を感じる時間帯かもしれませんね。


デイジーは、この淋しい物憂げなロマンスへとかりたてる雰囲気がたまらなく好きです。


ご滞在のお客様をはじめ、皆さまも夕暮れ時の不忍池周辺をお散歩され、心豊かなポエチックなひとときをご堪能していただけたらと思います。


※画像はすべて11月28日撮影


さて、お次はクリスマスクリスマスブーツクリスマスブーツクリスマスブーツ

 

11月下旬ころになると、街のあちこちではイルミネーションをはじめ、クリスマス一色でディスプレーされます。


当館も先月下旬より、ツリーやリースをはじめファンタジックなクリスマスモードで演出しています。

 

1Fロビーの暖炉の上のキャンドル。


11月から寒い天候時には、あたりが暗くなり始めた夕刻5時より暖炉に火が灯ります。


どうぞソファーに深く腰かけて、無料ドリンクコーナーにてご用意しているコーヒー、カフェオレ、エスプレッソ、ハーブティーなどをお飲みになって、暖をとりながらリラックスしていただけたらと思います。

 

朝食会場のツリーとリース。

 

氷のようなクリスタルのツリーとまつぼっくりのツリー。


デイジーは、このお菓子のようなマツボックリがお気に入りラブラブ

 

ごらんのように、館内のあちこちに出没しています。

 

ぬくもりとユーモアのセンスを感じる、北欧風のサンタさんのインテリアには癒されます。

 

特室「ヴィラスイートツイン」定番ツリーとメガサイズのリースにてクリスマス気分を盛り上げています。

 

本年度からスイートルームの露天風呂では、サンタさんのブーツでデコレートしたオーナメントがおじゃましています。


ご入浴中もクリスマスモードが楽しめます。


ついつい長湯してしまいそうなラブリーなデザインにリラックスしていただけると思います。

 

ただいま、当館全室のバスルームには、Xmasバージョンの入浴剤をご用意。


Present for you –プレゼント フォーユー-


キャンディパッションフルーツの香り
キャンディ純金ナノコロイド配合(皮膚保護成分)
   純度の高い金を超微粒子サイズにしたもの。
   お肌にハリやみずみずしさを与え、お肌のキメを整えます。


サンタクロースからのたのしいバスタイムの贈り物で、リフレッシュしていただけたらと願っていますサンタクローストナカイトナカイサンタクロース

 

【Xmas2018スペシャルプラン】ご予約受け中♪


ココ・グランでステキな思い出を♪


ココ・グラン上野不忍が贈るクリスマスプランです。


☆特典☆
①ココ・グランのスタッフがセレクトしたイタリー製スパークリングワイン(375ml)♪
②スパークリングワインと相性のよい厳選おつまみ♪


ご自分でご用意されたプレゼントやお手紙を一緒にセットしたい場合などもお気軽にホテルまでご相談ください♪


日頃より頑張っているご自分様へのご褒美にもおすすめプランです♪


ロマンティックなクリスマスの思い出をココ・グラン上野不忍がお手伝いします♪


申し込み期間:12月25日(火)まで(当ホテルHP、楽天トラベル、じゃらんのみ)
料金:室料+¥1,000


どうぞこの機会にお申込みくださいませ。


関東地方は、例年並みの寒さが戻ってきたようですスノーマンスノーマンスノーマン

 

そのほうがクリスマス的な雰囲気は盛り上がると思いますがキャンドルキャンドルキャンドル

 

それでは、お忙しい年末を無事に乗り越え、輝かしい新年を迎えるためにも、体調管理には十分をご自愛くださいね。


チャイコフスキーの《くるみわり人形》に登場するヒロイン、少女クララを気取ったデイジーからでしたお菓子の家お菓子の家お菓子の家

 

          

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス