三重県四日市市のビザ専門三重ビザ申請サポートセンター・行政書士山崎達樹のブログ

三重県四日市市のビザ専門三重ビザ申請サポートセンター・行政書士山崎達樹のブログ

三重県四日市市でビザ専門の行政書士をしております山崎達樹と申します。仕事で起こった出来事や最新のニュースを投稿致します。
四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、松阪市、伊賀市、名張市、津市、伊勢市、志摩市等で活動しております。


テーマ:

皆さん、こんにちは 三重県四日市市にあります三重ビザ申請サポートセンターの行政書士山崎達樹です。

来年4月の導入を目指しております外国人労働者の受入れ拡大に向けた入管法改正案の骨子が示されました。 

日本で就職したい外国人の方、職種は限られますが労働者不足を解消させたい企業には朗報ですね。受入れ業種も当初より多くなっており、さらなる緩和が期待できるかもしれませんね。

 

 

外国人労働者の受け入れ拡大に向け、法務省は12日、臨時国会に提出する入管難民法改正案の骨子を明らかにした。一定の知識・経験を要する業務に就く「特定技能1号」▽熟練した技能が必要な業務に就く「特定技能2号」--という二つの在留資格を新設し、1号は在留期間は5年で家族帯同を認めないが、2号は長期間の滞在を可能とし、配偶者と子の帯同を認める。受け入れ後に、人手不足が解消した業種については受け入れ停止・中止の措置をとる。

 骨子は12日午前の関係閣僚会議で示された。外国人労働者受け入れ拡大は深刻な人手不足の業界に対応するため、政府は来年4月の制度開始を目指す。これまで就労目的の在留資格は大学教授や弁護士などの「高度な専門人材」に限られており、事実上の単純労働も対象に入れた新資格は大きな政策転換となる。

 骨子によると、1号の技能水準は各業種を所管する省庁が定める試験などで確認する。日本語能力は「ある程度の日常会話ができて生活に支障のない程度」を基本とし、受け入れ分野ごとに業務上必要な水準を考慮して定める試験などで確認する。技能実習(最長5年)を終えた外国人は1号の試験を免除する。所管省庁の試験などを経て1号から2号に移行可能とする。2号は既存の各専門分野の就労資格と同様に取り扱い、在留期間の更新を認めるため、日本に長期間滞在し続けることも可能になる。

 受け入れ企業や外国人支援に関する規定も整備する。受け入れ企業は、日本人と同等以上の報酬を支払うなど、雇用契約で一定の基準に適合する必要がある。さらに1号の外国人に対しては、計画を策定して日常生活や職業生活などの支援をするよう求める。

 また、受け入れ業種について、骨子は「生産性の向上や国内人材確保のための取り組みを行ってもその分野の存続に外国人が必要な分野」とした。建設や介護、農業といった十数業種が検討対象となっており、今後具体的に定める方針。

 法務省は来年4月、内部部局の入国管理局を再編・格上げして外局の「出入国在留管理庁」を新設することを目指している。臨時国会には、入管法とともに法務省設置法の改正案も提出する。

2018年10月12日毎日新聞記事引用

 

HP  https://yamazaki-gyosei.com

三重ビザ申請サポートセンター(運営:行政書士山崎達樹事務所)

三重県四日市市垂坂町370番地1

059-337-8126   E-mail  info@tatsuki-office.jp

四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、いなべ市、松阪市、伊賀市、名張市、津市、伊勢市、鳥羽市、志摩市,三重郡菰野町、員弁郡、多気郡、桑名郡、度会郡等で活動しております。

 

<a href="//blog.with2.net/link/?1928169:3906"><img title="士業ランキング" src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_3906_1.gif"></a><br><a style="font-size: 0.8em;" href="//blog.with2.net/link/?1928169:3906">士業ランキング</a>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

皆さん、こんにちは 三重県四日市市にあります三重ビザ申請サポートセンターの行政書士山崎達樹です。

最近、就労関係の記事をよく目にします。

その中でも留学生にとって朗報なニュースがあり目に止まりました。

日本の大学、大学院を卒業して年収300万円以上で日本語を使う職場で働く場合に限り業種や分野を制限せずに外国人の留学を認めるというものです。

そうすると留学生のみなさんが比較的多くアルバイトに就いているコンビニなんか該当しそうですよね。逆に人と接しない流れ作業は無理の様ですね。

コンビニに勤めるにしても300万円の年収はかなり厳しいですが、残業代をプラスすればいけそうな感じがします。

来春にも新たな制度を導入するということで今後の動向に注目ですね。

 

 

スマホ用HP  https://visa-mie.com

パソコン用HP http://tatsuki-office.jp

三重ビザ申請サポートセンター(運営:行政書士山崎達樹事務所)

三重県四日市市垂坂町370番地1

059-337-8126   E-mail  info@tatsuki-office.jp

四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、いなべ市、松阪市、伊賀市、名張市、津市、伊勢市、鳥羽市、志摩市,三重郡菰野町、員弁郡、多気郡、桑名郡、度会郡等で活動しております。

 

<a href="//blog.with2.net/link/?1928169:3906"><img title="士業ランキング" src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_3906_1.gif"></a><br><a style="font-size: 0.8em;" href="//blog.with2.net/link/?1928169:3906">士業ランキング</a>

 

 


テーマ:

皆さん、こんにちは 三重県四日市市にあります三重ビザ申請サポートセンターの行政書士山崎達樹です。

 

業種は限られますが、日本で働きたい外国人の方や人手不足の日本企業には朗報なニュースです。

 

政府が検討している新たな外国人労働者の受け入れ策の原案が明らかになった。これまで外国人の受け入れは高度な専門知識を持つ人に限定されてきたが、単純労働の分野でも、就労できるようになる。

これまで、外国人の受け入れは治安などへの配慮から高度な専門知識を持つ人に限られてきたが、政府は新たに最長5年間の就労資格を設ける。建設、農業、宿泊、介護、造船業の5つの分野を対象に、日本語と簡単な技能の試験を来年4月に新設し、これに合格した外国人は単純労働の分野でも働けるようにする。

また、技能実習制度をすでに終えた人も最長5年間の就労資格が得られるようにする。

政府は深刻な人手不足を背景に、2025年頃までに約50万人の外国人労働者の受け入れを目指すことにしている。

(2018年5月30日 YAHOOニュースの文章を引用)

 

スマホ用HP  https://visa-mie.com

パソコン用HP http://tatsuki-office.jp

三重ビザ申請サポートセンター(運営:行政書士山崎達樹事務所)

三重県四日市市垂坂町370番地1

059-337-8126   E-mail  info@tatsuki-office.jp

四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、いなべ市、松阪市、伊賀市、名張市、津市、伊勢市、鳥羽市、志摩市,三重郡菰野町、員弁郡、多気郡、桑名郡、度会郡等で活動しております。

 

 

 


テーマ:

皆さん、こんにちは 三重県四日市市にあります三重ビザ申請サポートセンターの行政書士山崎達樹です。

今回は入管へ申請した後の審査期間について書きたいと思います。

入管の窓口で申請してから、いつ頃結果が届くのか とか まだ届かないけどどうなっているんだろうなぁ

と皆さん思ったことはあると思います。 というかほとんどの方がそうだと思います。

行政書士の私でも毎日このことを思って仕事をしております。

そこで今年3箇所の入管で申請することができましたのでその詳細を書いてみます。

 

2018年3月卒業の留学生が就労ビザに変更申請した時の各入管での審査期間です。

条件 大学卒業見込み   カテコリ2の企業   (すべて許可の通知です) 

 

東京入国管理局    申請後1週間で通知書が届く(2月申請)

 

広島入国管理局    申請後4日で通知書が届く(2月申請)

 

名古屋入国管理局   申請後2カ月半で通知書が届く(1月申請)

 
名古屋の審査官に聞いてみると「名古屋は非常に混んでいて申請した順番に審査を開始するので
手に付けるまでに相当時間がかかっています」と回答がありました。
 
広島入管から届いた通知書を見ると発送日が申請した翌日になっていました。
ということは審査は1日で済む場合もあるということですね。
 
良く名古屋入管に電話で審査状況を聞くのですが、申請から1カ月経っても2カ月たっても返事は審査中です
審査官が手に付けてない状態でもそう答えていると思われます。
 
卒業後、すぐに仕事を始めるためにも余裕をもって申請しましょう。
3月卒業の方は前年の12月から申請ができますよ。
 
 

スマホ用HP  https://visa-mie.com

パソコン用HP http://tatsuki-office.jp

三重ビザ申請サポートセンター(運営:行政書士山崎達樹事務所)

三重県四日市市垂坂町370番地1

059-337-8126   E-mail  info@tatsuki-office.jp

四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、いなべ市、松阪市、伊賀市、名張市、津市、伊勢市、鳥羽市、志摩市,三重郡菰野町、員弁郡、多気郡、桑名郡、度会郡等で活動しております。

 

<a href="//blog.with2.net/link/?1928169:3906"><img title="士業ランキング" src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_3906_1.gif"></a><br><a style="font-size: 0.8em;" href="//blog.with2.net/link/?1928169:3906">士業ランキング</a>

 

 

 

 

 


テーマ:

皆さん、こんにちは 三重県四日市市にあります三重ビザ申請サポートセンターの行政書士山崎達樹です。今朝の新聞に腑に落ちない記事が載っていましたのでご紹介します。

 

名古屋入国管理局による国外退去処分は不当だとして、愛知県西尾市の中国人男性(24)が処分取消しなどを求めた訴訟の控訴審判決が19日あり、名古屋高裁は男性側の訴えを認め、処分取消しを命じた。一審名古屋地裁は訴えを棄却しており、男性側の逆転勝訴。判決によると、男性は2013年5月に技能実習生として来日。8か月後に実習先を無断で離れ、1年間の在留期限が過ぎた後も愛知県内で住み続けた。15年8月に入管難民法違反(不法残留)容疑で県警に逮捕され、同月、退去処分となった。藤山雅行裁判長は判決理由で男性が当時、永住資格のある中国人女性(38)と半年にわたり同居しており、「安定かつ成熟した内縁関係にあった」と認定。在留を許可すべき積極的な理由にあたるとした。

 入管側は男性が1年3カ月にわたり不法就労をしていたなどと主張したが、藤山裁判長は「特に悪質ではなかった」として、退去強制処分が「著しく合理性を欠き違法」と判断した。

判決について、名古屋入管は「内容を精査し、適切に対応する」とコメントした。

(2018年1月20日中日新聞朝刊引用)

みなさんはこの記事を読まれてどう思われますか?

コンプライアンスを遵守し、まじめにやっている技能実習生がバカをみてるような判決に感じます。

入管は法律違反をした外国人を法律に基づき処分を下します。

留学生が資格外活動(アルバイト)で週28時間の規則を少しオーバーしただけでも就労ビザへの変更の許可が下りません。

外国人はこのことを知っているから日本の法律を守ろうとします。

それが日本の治安維持にもつながっていると思います。

正直者がバカを見る判決。

高裁のこのような判決で、不法就労や不法残留の誘発につながらないことを祈ります。

スマホ用HP  https://visa-mie.com

パソコン用HP http://tatsuki-office.jp

三重ビザ申請サポートセンター(運営:行政書士山崎達樹事務所)

三重県四日市市垂坂町370番地1

059-337-8126   E-mail  info@tatsuki-office.jp

四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、いなべ市、松阪市、伊賀市、名張市、津市、伊勢市、鳥羽市、志摩市,三重郡菰野町、員弁郡、多気郡、桑名郡、度会郡等で活動しております。

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス