ひみこ歌留多

その言葉を見つけたのは
古神道の修養先で奇跡のタイミングでした。
 

image


それは一方から見れば
当たり前の現象を体験しながら
唐突に見つけてしまったもの。


それは、随神の道に伝わる
音霊のシンプルな力でした。


=音は直ちに神である=


そう書かれた文字を
修行の地で見つけた時には
・・・震えました。


この言葉の持つ意味。
日本語を扱う私たちが
これを、どうすれ活かせるのか。


どういう形で
お伝えすることができるのか。


西江さんと試行錯誤を繰り返し
デザイナーさんを巻き込んで
何度もなんどもやり取りをし
やっとやっと出来たのが
「ひみこ歌留多」という
これ以上ないシンプルなもの。


そこには古来からの知恵
陰陽五行が記されてました。

言葉の元素。


先人の叡智が凝縮された
音霊の精霊。


広く知れ渡らなかったのは
深い意図があったのかもしれない。


随神の道を大切にする人々が
受け継いできたものを
私たちが、お伝えしてもいいものか。


それも、深く悩みました。

 

 

photo:03

 

 


後押ししてくれたのは
ある方のひと言でした。

もう、開かれても
いい時に来たのではないか。



そして、導かれるように
重なる出来事に
応えは明確になりました。

知って頂こう。

 

 

 

 

 

photo:04

 

 


西江さんの魂を込めた文字が
優しく型押しされています。

歌留多を護るために
特別な意味のある結びを使いました。

そして、桐の箱と真田紐。


歌留多の紋様には
卑弥呼に深いご縁のある
あるものを使ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

photo:05


金銀錯嵌珠龍文鉄鏡 
(きんぎん さくがん しゅりゅうもん てっきょう)

卑弥呼が使った可能性がとても高い
鏡の装飾文様には 
4つの神体文字が刻まれています。

命の連鎖の願いがこめられた文字。
そこに
西江さんの古神道の修法に則った
書道により、文字に魂が入る。

表裏そろった時、歌留多は
もうひとつの使命を授かったようです。

【護符】としての使命。


ひみこ歌留多は

◇あなたに与えられた音の使命

◇護符として活かす

◇五行・陰陽に由来する言霊の使命


を、お伝えしていきます。


・・・・・・・・・・


ひみこ歌留多 初伝(2時間)
 ・歌留多に出会う
 ・あなたの名前の音霊を知る
    音霊にこめられた想いを。
 ・清め結びを習得する
  お志祓い 38,000円 (歌留多含む)


ひみこ歌留多 中伝(2時間)
 ・歌留多を陰陽・五行で紐解く
 ・護符としての使い方を知る(初段)
 ・セッションなどの使い方
  お志祓い 10,000円


誕生した歌留多は
行くべきところへ嫁ぎましたので
2017年12月現在、伝授はしておりません。