自分でも忘れてしまいそうなので

 

作った直後に

 

分量を載せておきます。

 

酒粕ピクルス

https://ameblo.jp/cocoa-maco/entry-12616277917.html

 

 

甘酒使用のレシピでしたが

 

酒粕をお湯で割って甘酒にして

 

使いました~

 

image

 

 

酒粕 150グラム(くらいだった)

 

沸騰したお湯 400CC

 

++++砂糖 大匙1位を入れて

   甘酒に仕立てておく。

 

 

お酢 200CC

 

お塩 小さじ3

 

ニンニク ひとかけ

 

ローリエ 2枚

 

鷹の爪 1~2本

 

黒コショウ 10~20粒

 

今回は乾燥の 

バジル、オレガノ、ローズマリー

を使用

 

image

 

少しのオリーブオイルでニンニク炒めて香りだし。

 

そこに、鷹の爪、ローリエ、ハーブ類投入。

 

お酢を入れたら沸騰直前で

 

甘酒を投入。

 

これも、沸騰直前で火を止める。

 

 

少し冷めたら

 

切っておいた野菜と合わせる。

 

 

だけ。

 

 

image

 

今回は、野菜を大量に切ったので

 

入る瓶がなかったため

 

ジプロックにいれました。

 

今度は、山椒を入れて

 

和風な仕上がりにしたいな。

 

 

 

仮面心理学®とは
人の顔が伝える
脳の物語を学ぶ学問です

 

仮面心理学®を理解すると

 

人といかに

 

感情や思考、潜在意識の傾向が

 

違うかがわかり

 

人に対する

 

【理解】を手放すことの

 

優しさを知ることになります。

 

 

そしてそれは、

 

人間関係の不快感を

 

取り除くことに繋がっていくのです。

 

 

 

 

 

仮面心理学®を学ぶと

 

●違いを理解することで

 人間関係から「トゲ」を取り除き

 生活にバランスをもたらします。


●心理的境界を理解することで

 相互に尊重し合う領域を確立できるようになります。


●一人一人に異なるアプローチの方法が

 あることに気が付けます。 


●自分の持つ特徴に

 自分自身で取り組むことができます。



そして自分以外の人は

「わからない」ことを

学問の見地から理解するという、

他のどのアプローチとも

大きく異なるのが仮面心理学®です。

 


+++

 

学びの内容

 

顔のパーツと脳の関係を

 

脳科学の心理学から推し量ります。

 

実際に自分の顔のパーツを見て

 

また

 

人のパーツを見て

 

その人が持つ本質を知っていきます。

 

 

--+--+--+--+--+--+

講座内容

 

パーツ10個 6時間×2Days 

1.仮面心理学®とは何か。

2.仮面心理学®の礎、パーソノロジーが確立された背景。
 (判事エドワードジョーンズの研究と成果)

3.顔のパーツと脳の関係
 (思考・感情・本能的行動 と顔のパーツの関係)

4.人間関係の中で変わるパーツの意味
 (個人をパーツから断定できない理由)

5.感情に関するパーツのみかたと意味

6.思考に関するパーツのみかたと意味

7.人間の基本行動に関するパーツのみかたと意味

8.パーツを複合でみていく方法

9.人間関係の中での活かし方、考え方

10.細かく分類される、感情や思考について。

 

お伝えするパーツ詳細


■感情の法則

 ・感情の寛容度

 ・感情の表現度

 ・判断の多様性

 ・エゴバランス
 

■思考の法則

 ・思考の処理速度

 ・興味の対象について

 ・競争心
 

■潜在意識の法則

 ・簡潔表現について

 ・無意識に与えるとは
 

■身体法則の基本

・神経反応にかかる速度について

 

 

★修了すると出来る事
 ・限定2パーツを使った協会作成レジュメに沿った
  ミニクラスを開催いただけます。
  (説明会、またはお茶会、と表現しています)


 ※10パーツすべて伝えて頂けるのは認定インストラクターになります。

 

 

講座費用 59,000円

      (税込み・認定証代含む)

カード支払い可能

 

★基本的な講座時間

 6時間×2回

 

(4時間×3回にすることも可能です)

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

突然、

ピクルス作りにはまりました。

 

野菜・塩・酢。

 

これらの食材を一気に使える

 

絶好の一品なのでね。

 

image

 

自体は酸性なのですが、

 

体内に取り込まれたお

 

身体を弱アルカリ性に保つ働きがあるそうなのね。

 

 

 

これはミネラル分摂取のために

 

とてもいいんですよね。

 

ミネラル含有量にこだわって

 

3種の塩を選びました。

 :BierthSalt
 :AleraSeaSalt
 :粟国の塩

 

酢と塩

 

浮腫みを取ってくれる最高の組み合わせ。

 

腎の働きが良くないので

 

夏場は特に、むくみやすくなるんです。

 

美味しくて、野菜がたくさん採れて

 

浮腫みにもさよならできる

 

一石三鳥!!!

 

image

 

あるシェフのレシピ

 

【砂糖不使用・究極においしいピクルス】

 

に、

 

だまされたと思って

 

作って食べてみて!とあったので

 

ちょっとだけアレンジして作ったら

 

なんて、おいしいんでしょ!!

 

から、はじまり

 

ピクルスレシピのネットサーフィンで

 

見つけたのが【甘酒ピクルス】

 

 

実は、冷凍してた酒粕があってね。

 

甘酒じゃないけど

 

甘酒に仕立てて作ればいいんでしょ?

 

image

砂糖は極限まで控えてた

 

甘酒を作り

 

こだわりの塩三種

 

image

 

 

ワインビネガー

 

千鳥酢(やまちゃんに教えてもらった)

 

オーガニック米酢

 

を、ブレンドして

 

山もり野菜を漬け込みました。

 

image

 

全然漬かってないけど(笑

2時間ほどでつまみ食いしただけでも

 

おぉぉぉぉ~~~んま!!

 

明日以降が楽しみね。

 

image

 

昨日仕込んだ、

 

砂糖抜きのピクルス。

 

スイカがおいしかった~~~。

 

 

次のブログで、分量書きますね。