小林旭が「放送禁止用語」、フジテレビが謝罪 ネットでは「正しい表現なんだから謝る必要ない」の声
10/7(土) 17:26配信 J-CASTニュース


小林旭が「放送禁止用語」、フジテレビが謝罪 ネットでは「正しい表現なんだから謝る必要ない」の声


ラスベガスで起きたのは「米史上最悪の銃乱射事件」と呼ばれている。


 昭和の大スター、小林旭さん(78)がフジテレビ系情報番組「バイキング」にコメンテーターとして登場し、アメリカのラスベガスで起きた銃乱射事件に関し「キ×××」という言葉を発したためアナウンサーが神妙な面持ちで謝罪した。

  ネット上では小林さん批判が相次いだが、「言葉狩りだ!」「ほかに思いつく言葉はない」などと小林さんを擁護し、「放送禁止用語」に首を傾げる人が結構多い。

■「無抵抗の人間だけを狙う奴は、バカかキ×××しかいない」

  番組では現地時間1日に起きたラスベガスでの銃乱射事件を取り上げた。犯人はホテルの32階から窓ガラスを割り、2万人が集まったコンサート会場に9分から11分間ほど改造銃で乱射、58人が死亡し489人の負傷者を出した。「米史上最悪」とされるこの事件の感想を聞かれた小林さんは、

   「酷いよね、そりゃぁ赤ん坊をこう捻ってやるのと同じことで、無抵抗の人間だけを狙ってああゆうことをする奴ってのは、バカかキ×××しかいない」

とコメントした。犯人は狩りをする感覚で撃っていて、頭の中には人間としての意識が無い。人間としての意識があったら躊躇して撃てない、とし、自身が撮影の時に本物の銃を使った時のエピソードを話した。そしてCM明けに榎並大二郎アナ(32)が、神妙な面持ちで、

   「先ほどの議論の中で、ですね、精神障害の方に対する差別を助長する発言がございました。お詫びして取り消させていただきます」

と深く頭を下げた。

  この言葉はテレビ側が自主規制している「放送禁止用語」の一つだ。かつては自由に使われていたのだが、現在は当時のドラマやアニメがDVDなどで発売される場合など、その音声部分はカットされている。小林さんの発言にネット上では当初、「小林旭が放送事故!」「老人に発言させるな!」などと激しい批判が出たのだが、途中から議論は一変する。

   「TV事業者が独自の倫理規定で自主規制しているだけなのに、視聴者がここまで『守らなければならないルール』と認識しているとは、TVは見事なまでの洗脳マシーンだと思った」

などといった意見が出て、「何が悪い?」「マスゴミは言葉狩りやめろ!」などという、フジテレビに対する疑問の声が目立つようになった。


ソース元
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000007-jct-soci&p=1
-------------------------------------

 ↑ラスベガスのイクストリームな銃乱射男はイクストリームな表現として馬鹿かキチガイは妥当でしょう。

 

 むしろ、この銃乱射男を馬鹿やキチガイであり、精神障害者は馬鹿やキチガイじゃないわけだから、この場合は精神障害者の人々を引き合いに出してはいけないだろう。

 

 それがすじと言うものです。

 

 なぜ、この銃乱射男を批判している時に精神障害者を持ち出すのだろう。

 

 逆にフジテレビやこのボケアナウンサーは、精神障害者とこの銃乱射男を一緒にしたいのじゃないかと勘繰りたくなるのです。

 

 そう思われても仕方がない。

 

 フジテレビとアナウンサーは、このイクストリームな銃乱射男をどの様に表現するのか見本を見せてみろと言いたい。

 

 間違っても精神障害等と表現しないでしょうね。

 

 精神障害者の人々が傷つきますよ。

 

 自らに適切な表現も出来もしないで、小林旭さんを批判するなと言う事なのです。

 

 小林旭さんが、こんな残忍で卑劣なイクストリームな銃乱射男をイクストリームな言葉で表現して何故悪い。

 

 精神障害者の人々をイクストリームな人達とでも言いたいのかフジテレビとアナウンサーは。

 

 時と現状をわきまえろボケアナウンサーさんよ。

 

 精神障害者の人達を愚弄しているのはフジテレビとこのアナウンサーじゃないか。

 

 フジテレビは精神障害者の皆様と全くそんな意味で使ってない小林旭さんに謝罪しろ!

 

 日ごろから報道の自由無い等と政府を批判しているくせに、自ら報道の自由を抑え込んでいる、馬鹿丸出し。

 

 言っている事とやっている事が全く矛盾している。

 

 ウジテレビと榎並大二郎アナウンサーよ、馬鹿も休み休み言えよ!

 

 

AD