いままでありがとね

いままでありがとね

結婚して22年。
2012年10月4日に子宮体癌で亡くなった最愛の妻の闘病の記録と
今までいっしょに過ごしたかけがえのない時間の記憶を綴っていこうと思います。



テーマ:
今週末、東京の実家の母親の顔をみに行ってきます。
前回の6月の大人の休日倶楽部パスで東京まで行っていながら実家にも寄らずに日帰りで岩手に戻ってその後青森の竜飛崎、八戸、秋田と回って結局実家によらなかったことを後悔していました。
私よりよっぽど健康で元気な母親ですがいつまでも元気でいられるとは限らないし今回は実家に行って母親の顔をみて父親の墓参りと親せきにあいさつ回りをしてこようと思います。
翌日、北陸新幹線で長野の善光寺参りに。
一生に一度くらいはお参りしたいと思っていた善光寺、この機会にお参りしてきます。
近くに古くからのブロ友さんが住んでいらっしゃいますが今回は急な旅行で師走ということもあり、きっとお忙しくされているとおもい、ご迷惑になってもいけませんので連絡を取らずに帰ってこようと思っています。
その後大宮まで戻り、東北新幹線で新青森で奥羽本線に乗り継いで津軽半島西に位置する黄金崎不老ふ死温泉で1泊し、帰りは日本海を南下して秋田にでて、秋田新幹線で盛岡を経由して新花巻に戻ってくるという計画です。

前回同様またまた4日間フルに活用しての大人の休日俱楽部パス旅行です。
JRの運賃、特急券を通常料金で購入すれば総額5万円超のところ、大人の休日倶楽部パスで¥15,000。
実家に1泊、善光寺近くのホテル1泊、黄金崎不老ふ死温泉1泊の3泊4日です。
今年は仕事もろくにせず、こうして遊んでばかりの1年です。
ちょっと娘には言いにくいので実家以外は娘に内緒で行ってきます。

 


にほんブログ村


にほんブログ村


テーマ:
12月だというのに今朝は小雨が降っていました。
例年この時期なら雪になるのですが今年は暖かいです。
それで今日も生花を買って持っていきました。
買ったまではよかったのですが例年ならお寺の水くみ場の水道の蛇口の栓は回せないようにされるんですが今年はまだだったので水が出せて助かりました。
先週から昨日まで仕事が立て込んでいて自宅に缶詰め状態で仕事をしていたため曜日感覚がおかしくなって朝起きた時、今朝、日曜日かと勘違いをしていて少し寝ぼけぎみ。
お墓の周りの杉の葉を拾い集めて掃除をしてお花とお茶をお供えしました。
来月の月命日は真っ白な世界だと思います
 
先月、はじめて妻の夢を見ました。
夢の中で妻の夢を見るというちょっと複雑な夢。
夢の中の夢で妻と私はどこかの温泉宿に予約しないで行って宿泊できる、できないのひと悶着のあとに泊まれることになり、その間にどこかに行ってしまった妻を探しているあたりで夢の中の夢から目覚めてしまうという夢でした。
何だろうね。
まあ、はじめて夢に出て来てくれただけでもうれしかった。
七回忌も終わり、少しずつ自分の心も整理がついてきたのかも。
そういうことにしておきます。


にほんブログ村


にほんブログ村


テーマ:

ひとりで過ごす7回目の”いい夫婦の日”
あれから毎年、この日は献血する日と決めて昨年も献血に行きましたが血圧が高くて献血できませんでした。
その後何度も献血に行きましたが血圧が高くて献血できず、結局病院に行きました。
それから糖尿病の治療がはじまり、今に至っています。
「おとうさんまで逝ってしまったら遺された子供たちをだれが見守るの?はやく病院に行きなさい」
という妻からのメッセージだったんですね。


はやくそっちにいきたいけど、まじめに治療を続けているから安心してください。

ごほうびに夢でもいいから逢いたいな

 

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


テーマ:
 
妻の遺品整理は洋服や普段着などの衣類は入院中に使っていた肌着と医療用帽子一組をのこしてすべて処分しました。
押し入れに妻の掛け布団が残りました。
敷布団がないのは病院から連れて帰って布団を敷いて寝かせた後、翌日葬祭場に妻を移すときに葬儀会社にいっしょに持って行ってもらったのだとおもいます。
記憶がはっきりしませんが押し入れにないのでたぶんそうなんだと。
 
私と妻の寝具一式は結婚祝いとして実家の親が買ってくれたものです。
今も私はその寝具で寝ています。

羽毛掛け布団は軽くて暖かいのでもったいないので娘にきいてみました。
すると娘が欲しいと言ってくれたので布団リフォームすることにしました。
 
偶然ですが先月の4日、妻の祥月命日の日に業者さんが見積に来てくれました。
20年以上使っていたので羽毛が少し抜けて減ってしまったていたのでその分を補充してもらい、側地はカタログの中くらいのグレードの生地を選んで縫製してもらいました。
縫製方法や、生地のグレードで金額の幅はかなり広いのですが、およそ中くらいのところを選びました。

先週リフォームが終わり我が家に帰ってきました。
早速娘さんに渡しました。
娘は今まで合成繊維の布団だったので羽毛の布団の軽さと暖かさに感激してました。
今日11月4日は妻の6年と1か月の月命日です。
朝お墓に行って娘の掛け布団にリフォームしたよって妻に報告してきました。
妻も自分が使っていた羽毛布団で娘を優しく包んであげられて満足しているんじゃないかと思います。
 
 
 


にほんブログ村

 


にほんブログ村


テーマ:

午前中、緩和ケア病棟遺族会に行ってきました。
今年で3回目の参加です。
会場は毎年おなじ、病院内の講堂です。


1時間ほどの講演のあと、5,6人のテーブルごとに自由にお話をしてきました。
遺族会に参加しても何か変わるわけではないのはわかっていますが、同じ境遇の人たちがいることをこの目で再認識して、また1年、歩いていこうという気持ちになるために参加してます。
妻の七回忌が済み、自分の中に区切りをつけ来年以降はもう参加しないと決めています。
毎年、多くの患者さんが退院してゆき、その患者さんの遺族が遺族会に加わりますから6年を過ぎた私は今年で最後にするつもりです。
緩和ケア病棟を訪れる機会もこの先ないと思い、遺族会終了後、看護師さんの案内で緩和ケア病棟を訪れました。

あの日から6年ぶりです。
妻がこの世で最後の4日間を過ごした病室には入院患者さんがいらっしゃいました。
病室の外で少しの間目を閉じ当時を想い、病棟を後にしました。


未来の6年をおもうと想像できないほど長い時間に感じますが、今日までの6年はどうやって暮らしてきたのか印象に残る思い出があまりありません。

時薬なんて・・・そんなもの・・・

そんな気持ちばかりで歩いてきましたが気がつけば今年は遺品整理もやったし、毎日泣くこともなくなりました。

振り返ってみれば少しずつ前に歩いているんですね。


にほんブログ村

 


にほんブログ村

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス