のべ竿片手に

のべ竿片手に

のべ竿を使ってのメバル釣りとハゼ釣りがメインの釣行記です。
2020年からは小鮎釣りも始めました。

 

昨日は早朝から気合いを入れて仕事をし、夕方にお客さんの所へ行ってこの日の仕事は終わり。

 

淀川はすぐ近くです(笑)

 

 

 

 

まだ少し時期的に早いのはわかっているのですが、せっかく近くまで来たのでちょっとだけ釣査します。

 

大潮満潮ということで、ポイントに着いた時は手前のゴロタ石もほぼ水没しています。

 

もちろん沖側のテトラの位置もわかりません。

 

とりあえず沖側目一杯に仕掛けを入れて手前へ寄せ、ゴツゴツ感でテトラの位置を把握しましょう。

 

そう思っての一投目。

 

 

 

キビレです。

 

やっぱりこれがいるということはまだちょっと早い証拠です。

 

 

 

そのあとはチヌ。

 

これでセイゴがくればエサ取りコンプリート達成です。

 

 

 

しかしこの後、いい意味で期待を裏切って本命がきた。


しかも四連発。

 

サイズは17センチ前後。

 

例年10月半ばはエサ取りに先に食われてハゼの口に届かない事が多いのですが、

 

この日はたまたまなのか今年はエサ取りが少ないのか。

 

いずれにしても納得できたので雨が降る前に退散。

 

いよいよ夜ハゼシーズン開幕です。