先月Aさんの会社で事務をされていりレディース競技ゴルファー、Sさんのクラブを先月からお世話させて頂いております。

アイアン、UTとお渡ししてなかなか良い結果が出ているということで今回はいよいよフェアウェイウッドです。



色々、試打した中でボールの掴まりの良さと上がりやすさからヘッドはロッディオ クリークをお選び頂きました。



シャフトいくつか試打した中でまさかのアッタスMB-FW 55 フレックスSRがドンピシャ。


Sさん身長は160cm以上ありそれなりに振れるのですが、このシャフトがハマるとは予想しませんでした。

なかなかのしっかり系シャフトです。

スイング的に先端が走るシャフトが合わずに手元がカチッとしたシャフトがしっくりくるようでアイアン、UTと自然にシャフト特性の流れは揃っていきました。


最近シャフトメーカーもヒットしているナショナルブランドクラブがヘッド重量の重たい海外メーカーが多いということでシャフト先端を軽めで出してきてます。

ですのでSさんも男性仕様と同じバランスの出し方でないと振り軽く感じてました。


お渡しして早速練習頂きましたがトップからの切り返し、インパクトまでのシャフトの動きがとてもスムーズで捕まった高いボールが打ててました。


女性だからといってレディース仕様で合わせることは私は2〜3割程度です。

ご年配以外の女性の多くは大手メーカーが出しているレディース仕様はかなりアンダースペックになっているはずです。

もし自分の中で気持ちよく振れてない、クラブに合わせてスイングしていると感じるレディースゴルファーの方は試しに男性仕様のRフレックスでも振られてみて下さい。





ロングアイアンが得意だったNさん。

年齢と共に少しずつキツくなりアイアン型UTも手放しロッディオハイブリッドUT U3、U4を投入。

一緒に会員権を購入したライバルSさんに押され気味になりとうとう導入したのが



ロッディオ ハイブリッドUT U5

一度私も使用しましたがめちゃくちゃ楽ですね。





と、いうことでNさんも実戦投入したその日のラウンドでハーフ30台が出てその日に



U6の追加オーダー頂きました。



ロングアイアンの使い手がUTの使い手になってしまいました。

ロッディオのPグリップレッドもこれで最後になりました。



UさんはUTを武器にライバルSさんを撃破。

悔しくてたまならいSさんはラウンド後練習場に直行したそうです。


Nさん、やりましたね。






久しぶりにご連絡いただいたYさん。

いろいろと忙しかったらしく1年間クラブを握られていなかったそうです。

ゴルフを再開されるということでドライバーを新調いただきました。



BB4 SB01

ヘッドの見た目よりもボールのつかまりが良く前モデルよりも楽にボールを拾ってくれます。


もともとつかまり系シャフトが合うYさん。タイミングが取りやすくボールも適度に捕まるアッタス11をお選びいただきました。

使用されていたドライバーよりも随分と優しいと思いますのでコースでの良い結果を願っております。

有難うございました。


明日、8月2日(日)は定休日となっております。