お客様からメールを頂きました。

-------

「行きたいけど旅をあきらめている親」
「諦めるどころか思いもしない親」

がいる、私のような世代に
気づいてもらいたいと思いました。

私達が一歩、
「心のバリアフリー」をしないとって。

同級生の男性も、親を旅行に行かせたいけど
もう足が弱ってきて・・と、諦めてます。

「家族旅行」「団体旅行」以外には、

「ベルテンポさんのような旅行に親だけで行かせる」

の選択肢だけになってしまってる場合が
多いような気がしたんです。

ベルテンポさんの旅行に、娘や息子が
親と一緒に行って旅をする、
っていうのをもっとみんなに知ってもらえたら、
私達世代はどれほど救われるかなって思っています。

前述の彼の発想にもまだ自分が一緒にいく、
というのは浮かんでいないようです。

「後悔したくない。今なら間に合う」

私も親戚のいとこも同じ思いです。

親の年齢を思うと、先のことも考えます。
今ならできる。

もう親も高齢だから・・
旅をあきらめているのは親世代とは限らず、
子どもの私達があきらめている場合も
多いかと思いました。

ベルテンポさん、
私達世代へももっともっと伝えてくださいね。

一緒に行ってみようよ?

と、笑顔で声をかけてあげる子ども世代が
増えることを願っています。

(ここまでがお客様の感想です)
-------


お母様は腰が痛い、膝が痛い、
もう旅行なんて無理、と諦めているのですが、
娘さんたちご家族も、
「もう、母は旅行は無理なのかな」

と諦めてしまっていると。

今日、ある方と話しをしていて、
「知らせない罪」というものがあると
言われたのですが、ベルテンポが
全国的にほぼ無名のままでは、
必要としている人にサービスが届かない。

これじゃいかんと、ふんどしを締め直して、
更に気合い入れていこうと思いました。

ありがとうございます。