ツアーを経て。

テーマ:
久しぶりのイベントライブ、SHIBUYA REXいかがでした?楽しかったかな。

8月の頭っからずっとワンマンで全国を廻ってきて、気がつけば11本も終えて。

まだその余韻から、

「早くツアーに出たい。」

「全国の皆に音を届けたい。」

なんて焦燥感にも駆られていて。

そうしているうちにワンマンツアー後、最初のイベントが今日だったわけで。

忘れてしまったわけではないけれど、どんな感覚のライブになるかな、それは凄く考えていた。

与えて頂いた時間は多くあったので、セットリストを考慮する楽しみもあり、

ツアーで得たベストアクトをここで表現しようと、メンバー皆意気込んでいた。

ただ実際それがワンマンほど理想通りにいかないのが、イベントライブ。

重々承知の上で、臨んだ一本であった。

実際ステージに立ち、SEで登場し、その日の感覚を噛みしめる。

そこで大体のその日のイメージを掴む。

ど頭からぶち上げてやろうとか、右上がりで伸ばしていこうとか、魅せるライブをしよう、とか。

大体メンバー同士、無言でもそれは通じ合う。

だから、大きい声頂戴、と僕らが良く言うのはそれである。

今日は良くも悪くもイベントライブ、という空気を強く感じた。

それは声量も盛り上がりも、ワンマンに比べたらまだまだいけるし、それはつまりそこでCLØWDに興味を持ってもらうきっかけにもなる。

だけど、ライブを進めていくうちに徐々に感じていったのが、オーディエンスのテンション感だ。

ツアーを廻る前に比べたら、全然違う。

凄く皆、生き生きしてる。

表情も、声も、楽しみ方も。

凄く良い!ライブしてる!バンドしてる!

きっと、この11公演で皆培ってたんだ、気付かないうちに。

凄くエモーショナルで、理想としてるバンドとファンに近付いている。

それに応戦するように、僕らも培ってきた、ストレートなロックなライブを皆へ投げ掛けた。

きっと、このツアーを廻ってなかったら、紅い意図〜Oneの流れをイベントに入れ込まなかっただろう。

福岡で、気付けてなかったら、きっと今日も変化球に頼ったり、道が見えなくなっていただろう。

こざかしい、音楽じゃない何かで補填しようとしていただろう。

何かと対比したり、比較をしているわけではない。

今のCLØWDは我が道を進む。

やっと、見つけた気がするんだ。

皆の熱量、本当にカッコイイと思うから!

またワンマンまでは少し空いてしまうけれど、

この火を絶やさずに、僕らのライブはそれが正解だから、

どこにも負けじとアツい空間作っていこう。

今日はどうしてもそれが伝えたくて。

凄く、感じさせてもらった。

ありがとう。



明日はタワーレコード渋谷店さんでアコースティックライブだ。

参加の方はもちろん楽しめる内容になってると思うし、

一度も参加したことない子とか、

興味があるけどって方。

実はタワーレコード渋谷店さんのイベントスペースって、

オープンスペースだから、後ろからでも良ければ見ることが出来るんだよね。

CD購入の方はライブ優先入場券が配られると思うんだけど、

そうでなくともトークやライブが見られるので、是非お友達誘ってでも遊びにおいで。

17:45にタワーレコード渋谷店4階に集合ね!

そして来週は大阪、名古屋。

こちらもインストアも同日にあるので、どうぞ楽しんで!

ワンマン終わってから、会える大阪名古屋、楽しみにしています!

あと、先日17日終演後に行われたチケット発売に関して。

現在事務所で施策を検証中なので、もうしばらくお待ちください。

詳しくは全ての準備が整った時点で皆様へお伝えさせて頂きます。

長くなりましたが、今日もゆっくり休んで。

また明日会いましょう!



猟平


是非、今日何かを感じてくれた方は、3周年記念ライブでお待ちしています。

<2018年1月8日TSUTAYA O-WEST>