clover chronicles Ⅱ

clover chronicles Ⅱ

b-flower・Livingstone Daisy 八野英史の音楽年代記 クローバークロニクル2


テーマ:

前回のThe Laundries に続き、今日はFor Tracy Hydeを紹介します。

と言ったものの、実は僕は彼らについては、アルバム2枚の楽曲の他、ほとんど何も知らないのです。

ネットで彼らの曲を知って、ただただ勝手に大ファンになって(それはランドリーズとの出会いと同じですね)、ランドリーズさんが以前対バンしたことがあるという縁で、今度対バンさせてもらえることになった。そんな感じ。

 

とにかく僕は夏botさんの作る楽曲が好きで、それがeurekaさんの声で歌われ、U-1さん、Mavさん、Marcyさんによってバンド音楽として世代を越えて聴き手に届く。

 

50代の僕が聴いて感じるのは、彼らの音楽の基礎にあるのは90年代から脈々と続く「シューゲイザー」や「チルウェイブ」のインディーポップのフォーマットであったり、微量の「ネオアコ」の匂いであったり、すっかりアニメ音楽との距離が近くなった「J-POP」であったり(ほぼWikipediaな説明で申し訳ない)。

 

でも僕が興味をそそられるのは、そのインディーポップのカテゴリーの部分よりもむしろ、彼らの「詞曲そのもの」と、過剰にさえ感じられる音に込められた「力」のようなもの。

彼らが他の日本の20代のバンドより圧倒的に優れているのはその2点だと思う。

 

さらに言うと、夏botさんの描く歌詞は、作詞家として(歴代の著名な作詞家やアーティストと比べても)極めて高い位置に君臨していると感じます。

 

去年の12月の時点で今回の対バンが決まっていたんだけど、僕には一つ心配だったことがあります。

2018年の10月までにフォトハイが大ブレイクして、大きな事務所がついて「はぁ?

b-flower?何それ、そんなんと対バンやってる場合じゃないでしょ!」って言われかねないこと。

幸か不幸か、10月は対バンできそうですが、今後はもうどこまで遠くへ行っちゃうかしれませんよ。ぜひ、間近でFor Tracy Hydeを観ておくべきです!

僕もフォトハイのライブを体験できるのが本当に楽しみです。

そしてその体験をもとに、また彼らの魅力について勝手に語らせてもらうつもりです。


テーマ:

10/13(土)高円寺HIGHでのライブイベント『another sunny day 2018』

ここで2枚の新作を先行発売します!

 

b-flower 『I Wanna Be Free』7inch Vinyl(限定300枚製作)

side A「自由になりたい」

side B 「SPARKLE」

 

『b-flower&The Laundries』7inch Flexi(限定250枚製作)

m1「Another Sunny Day(Flexi Short Edit)」b-flower

m2 「I Call Your Name」The Laundries

 

b-flowerの7インチアナログは2015年のSugarfrostからの『純真』以来、3年ぶり。

フレキシはThe Laundriesとのスプリットです。

 

ぜひ会場で入手ください!

 

ライブチケット販売窓口は 

SEEDS RECORDS オンラインストア(SEEDS特典:オリジナルトートバッグ)

イープラス

高円寺HIGH店頭

です。

詳細は主催の Friends of b-flower+Livingstone Daisy(ムクドリの会)のサイトでご覧いただけます。


テーマ:

今日から、今度10/13の高円寺HIGHで対バンすることになったTHE LAUNDRIESとFor Tracy Hydeについてb-flowerファンの皆さんに向け、ご紹介していこうと思います。

 

今日はTHE LAUNDRIES。

 

昨年の12月の渋谷でのライブに続き、2年連続で対バンすることになったTHE LAUNDRIES。

とにかく去年のライブは楽しかった!

b-flowerの「星狩りの夜」をカヴァーしてくれたり、一緒に演奏したペイルファウンテンズの「You'll Start a War」はかなりいい感じの出来だったと思います。

 

90年代レーベルメイトだったネロリーズやペネロープスを除いて、2度も同じバンドと対バンするのは初めてですね、たぶん。それほど僕らは彼らの音楽が好きだってこと。

 

b-flowerは2017年の1月にドラムスの岡部くんを急病で失い、もうバンドを続けていくのが困難だなと思い、一旦10月に決まりかけていたライブをキャンセルしてもらいました。完全白紙撤回というやつです。(それは本当に岡部くんも楽しみにしていた17年ぶりの東京ライブでした。)

 

岡部がいないb-flowerなんて想像ができなかったし、もうライブなんてできるはずがないと思っていました。

ただ、心にずっと「いつか必ず一緒に対バンしようね」というランドリーズ遠山さんや木村さんとの約束が引っかかっていました。

 

たぶん数年前からのその約束がなければ、新しいドラマーを「すぐに探す」なんてことはなかったと思います。

そして2017年にライブの約束がなければ新ドラマーの小林くん(昔、初代ドラマー橋本くんの代わりに一度b-flowerのライブにピンチヒッターで叩いてもらったことがあるんです)も引き受けてくれてなかったと思います。

そういった意味では、ランドリーズのみんなは僕らb-flowerの恩人でもあります。

ただ、僕らはいくら彼らが恩人だからといって、しょーもない音楽を作る奴らならくそみそにけなします。しかし、ありがたいことに、彼らの作る音楽は素晴らしいのです。

 

10/13の高円寺では新曲7インチ「Liberty」を発売予定。

現状彼らの最新作は2016年のアルバム「Synanthrope」。

実はこのアルバム発売時に僕はコメントを寄せています。

 

以下、長い引用になりますがその時の文章をご覧ください。

                                

 

越えてくるんじゃないか...。そんな予感がしていた。

 

ランドリーズとの出会いは、当時発売されたばかりの2ndアルバム「NATALIE」のダイジェストをネットで偶然見かけたのが最初でした。「うわっ、何これ!」まさに度肝を抜かれるとはこのこと。80年代、90年代のイギリスのギターバンドのサウンドを見事なまでに現代に蘇らせて鳴らしていた。こんなバンドが日本に居たのか!早速購入して聴いたところ、「音」だけでなく、歌声、歌唱、メロディ、ギターのフレーズ、バンドとしてのアレンジ、楽器のアンサンブル、楽曲の構成・展開等々、驚きの完成度の楽曲が並ぶ。そして何より僕が感じたのは、その「音楽」に込められた言葉にはできない「意志」のようなもの。このバンドはいい!

そう感じたのが2013年のこと。

 

そして2016年。今年になって、僕の大好きなスコットランドのバンドか次々にアルバムをリリースした。洋楽のロックやポップスを聴き始めて40年くらいになるけど、大好きな英国のギターバンドの中で最も好きなグループのいくつか、Trashcan Sinatras 、Travis、Teenage Fanclub の3つのバンド。どのアルバムも素晴らしくて、なんて今年は実りの多い年なんだと喜んでいました。

 

そしてもうひとつ、ニューアルバムの発売を心待ちにしていたバンド、それがランドリーズ。そう、このバンドは単に「洋楽に憧れて洋楽と遜色ない音を鳴らすバンド」や「ネオアコ、ギタボのカテゴリーの枠内で、それ風の曲を作るバンド」ではない。彼らは自らを敢えて「ネオアコバンド」と称して来た(あまりかっこいいネーミングではないのを承知で、敢えて自らをそう呼んでいるのだと思う)。日本独自のその「ネオアコ」「ギターポップ」というカテゴリーは恐ろしく音楽的に狭いうえに閉鎖的で、小さな枠で囲まれ他の世界と隔てられている。その枠内にとどまり続ける(拡大再生産を繰り返し、その枠内でウケ続ける)のはミュージシャンにとってある意味楽だけれど、と同時に苦痛で退屈なことでもある。おそらくだけど、ランドリーズのメンバーのみなさんもそれをどこかでずっと感じていたんじゃないだろうか。だからその「枠」を越えてくるんじゃないか...。そんな予感がしていた。

 

でも...僕の予想とは異なり、彼らは今回その枠は越えなかった。その代わり、なんとなんとその枠を自力で広げて見せた。この3rdアルバム『Synanthrope』にて、自らの強い意志で真正面から正攻法にてその枠を広げるという離れ業に挑戦し、見事なまでに成功したのだ。(これは本当に凄いことなんだけど、僕の言ってるこの意味、伝わってるだろうか。)もう彼らは、従来の狭いネオアコ枠に収まるバンドでもないし、もちろんイギリスのギターバンドフォロワーなんかではない。前述の Trashcan Sinatras 、Travis、Teenage Fanclub等と同等の「ギターバンドの柱」として今、堂々と大地に立っている。さらに言うと、彼らは「越える」ことなく、「超えて」きた。彼らは、Trashcan Sinatras 、Travis、Teenage Fanclubの2016年の作品を上回る作品を今回作り上げたのだ。

 

 嘘だと思ったら1曲目のイントロから歌いだしの一声まで、ほんの30秒ほど聴いてみればいい。よほどの不感症じゃない限り、誰にだってわかる。

                              

 

 

 

 

 


テーマ:

For Tracy HydeとThe Laundriesとb-flowerのライブイベント『another sunny day 2018』のチケット絶賛発売中です!

 

チケット販売窓口は 

SEEDS RECORDS オンラインストア(SEEDS特典:オリジナルトートバッグ)

イープラス

高円寺HIGH店頭

です。

詳細は主催の Friends of b-flower+Livingstone Daisy(ムクドリの会)のサイトでご覧いただけます。


テーマ:

 

b-flower、新曲「自由になりたい」と「SPARKLE」収録の7inchレコードのジャケットが決まりました。僕がデザインしました。

 10/13の高円寺HIGHのライブから発売します!

 

チケットはSeeds Recordsのオンラインストアにて発売中! https://seedsrecords.stores.jp/ 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス