clockwork-sceneブログ「キロック」

clockwork-sceneブログ「キロック」

clockwork-sceneの心象風景、その記録。

写真は地上から撮った雪降りです。

 

が、こないだ都内で雪が降った時、ビルの10階くらいの窓から見たら、地面に到着する前に、雪はくるくるとおどり、スノードームみたいでほんとうにきれいでした。

 

そして、雪の日にあったかい音楽を聴くと、おこたつとおなじくらいあったかい気がします。あったかい音、しあわせです。

 

 

べえす かえ

タイトルは寅年のご挨拶です。

小正月もすっかり終わっていますが、みなさま今年もよろしくお願いします!楽しくベースを弾き続けたいとおもいます。

 

昨夜、いくつかレパートリーのある(←ホントなくていいのに)わたしの「バンド悪夢」のひとつ、「セットリストを知らないまま本番が始まる」を久しぶりに見てしまって、朝からドキドキが止まらなかったので、一刻も早く厄落としをと思い、その足でスタジオに個人練習に行ってまいりました。

 

あまりに無計画に入ってしまったので、とりあえず家でやる用の基礎練習をわざわざスタジオでやるというある意味贅沢なスタジオ時間になりました…。しかもピックケース丸ごと家に忘れたきたので、めずらしく全部指弾き!!個人的にレアなスタジオはじめとなりました。

 

またしてもなかなかメンバー集まってスタジオに入るのは難しい状況になりつつありますが、なんとか健康と安全を保ってまたライブで弾きたいものです。すてきなオンラインライブを観るたびに、やっぱり会場で音を生で浴びたいと思ってしまうばかりの今日この頃です。

 

何をするにもまずは元気から。体調に気を付けながら、寒い冬をホットな気持ちで皆さま過ごせますように飛び出すハート

 

 

べえす かえトラ

本年もどうか、宜しくお願いします。

 

一生懸命擦って点けた炎も、

一生懸命水をやって咲かせた花も、

あっという間に消えて枯れる。

 

それを分かっていても、

分かったうえで、惜しみない努力と積み重ねをすることが大切で、

それに夢中になれることが幸せだと思うのです。

 

 

ライブハウスのステージのセンターに立って歌を届ける。

 

心が熱くなる歌を

思わず見とれてしまうような景色を

 

今年も変わらず、一歩一歩頑張ります。

 

 

必ず行くから待っててね。

 

 

 

 

noa

 

2022年になりました。ここを読んでくださっている皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
毎年1/1に去年を振り返って目標を書くことを一応の習慣にしていまして、3つ考えてみました。

・ちょっとだけやって形に残す
・オフの時間には何も持ち込まない
・可能性を広げるのが人、記録に残すのが道具、逆にしない

数日経ってから見返すとどれも耳に(目に?)痛いものばかりです。
一人で悩む時間が多い職業柄、3つのどれも侵しがちになります。
丁寧に時間を使って有意義に過ごせるようにしたいなと思います。

気軽に紙に書いてみると、案外色々整理されて、年の初めをスッキリと過ごせるかもしれませんよ。
ここを読んでくださっている皆様にとって2022年が素敵な年になることをお祈りします。

きーぼーど まっけん

明けましておめでとうございます。

2022年はすでに始まりました!
(新年早々ご挨拶が出遅れてしまい、申し訳ございません…(>_<))

 

昨年中は長引くニューノーマルで思うように皆さまにもお会いできず、不自由が続いてしまいました。

そんな中でも新しい音楽に出会えたり、自分たちの過去作品をあらためてじっくり聴いたりと、内向きながらもすてきな時間は確かにありました。

 

今年もよいものをお届けできるよう、さらに精進していきますので、変わらずクロックの活動を見守っていただけましたらうれしいです!

ライブできたらいいなと思っています♪♪


あたらしい毎日に、レッツトライ(←寅年)!

みなさまの健康としあわせをご祈念いたします。
 

clockwork-sceneメンバー一同