『クックを聴いてください (LISTEN TO COOKE)』

 

驚いたことに、サム・クックのレコードは、レディングよりもずっと一貫して興味深いものです。

彼がポップ・シンガーであることを主張していたアレンジメントに対して、クックのキャリアの大半を戦わなければならなかったので、彼のレコードの全体的な音はレディングのものよりも古いと言えます。

しかし、殆ど奇跡的にクックは彼のレコードの大半で、彼自身を表現し知らしめることができました。

良い断片は、「The Late And Great Sam Cooke」(RCA International 1080)の中にあります。

クックは誘惑されるような魅力的な良い声を不変に持ち、彼が選んだどんな方面にも簡単に流れることができました。

 

"Shake、Rattle、and Roll"では、歌の持つ意味合いに影響されることがなく、熱のない歌い方のように聴こえます。

しかし、クックは頻繁にリスナーを歌の世界に引き込んでいきます。

それは私が知っている限りのどんな似非ロックン・ロールシンガーより、早く良い気分にさせてくれます。

信念を台無しにする仕組みでない似たものとしては、アーサー・コンレイの "Sweet Soul Music"や、ピケットの"Land of 1,000 Dances."があげられるでしょう。

 

クックの"Having a Party"(これはもっとユニークでした。座ってても良いようなツイスト・ソング)"Good Times," そして"Yeah Man"("Sweet Soul Music"のオリジナル曲)はまだ8年前の曲で、クックがまだいる気分にさせてくれます。

"Somebody Have Mercy" と "Bring It On Home(To Me)"では、全く違う抑揚を繰り返す独自の唱法で、あなたを掴んで離しません。

 

クックを聴いてください。

その後で、オーティス・リーヴィルやタイロン・デイビスを。

間で何が起こったか気にする必要はありません。

ソウルは生きています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

この記事で特に珍しいのが、使われているサム・クックの写真だ。

ライブ盤でもお馴染みのツイスティンを歌う時に行われるハンカチーフ・ラン(ウェーブ)の瞬間を捕えている。

「僕のように頭の上でハンカチをグルグル回して!」

歌の途中で観客に向けて発せられたサムの声は聴きとれてはいたものの、こうして実際にサムがやっている姿を確認したのはこれが初めてだ。

記事よりも何よりも、先ずこの写真を見た瞬間の興奮といったらもう(笑)

ほんと、貴重なものが発掘されて嬉しい。

 

で、文中に出てきたサム・クックの良い断片を収録されたアルバムというのが、次に紹介する1969年にイギリスでリリースされたアルバムのこと。

 

Sam Cooke ‎– The Late And Great Sam Cooke
レーベル:RCA International (Camden) ‎– INTS 1080
UK(1969)

A1 Send Me Some Lovin'
A2 Good Times
A3 That's Where It's At
A4 Sugar Dumpling
A5 Yeah Man
A6 Driftin' Blues

B1 Tennessee Waltz
B2 Bring It On Home To Me
B3 Somebody Have Mercy
B4 Shake, Rattle & Roll
B5 Having A Party
B6 Soothe Me

 

多分、今回紹介している『クックを聴いてください』の記事は、このアルバムがリリースされた直後の宣伝用に、イギリスの雑誌に掲載されたものではないかと推測する。

1962年に、サム・クックとリトル・リチャードがイギリス・ツアーを行っていたが、当時の人気の度合いからして、サム・クックより、ロックン・ロールを主体にしていたリトル・リチャードの方がイギリスでは上で、ツアー中もサムは前座的な役割であったようだ。

ビートルズが待ち望んでいたのも、サム・クックよりもリトル・リチャードだった。

 

本国アメリカの白人市場を意識したスタンダードなソウルより、イギリスではダンサブルなソウルやロックン・ロールがもてはやされていた。

69年にリリースされた先ほどのイギリス盤の紹介文の冒頭ですら、オーティス・レディングを引き合いに出し、そのフォロワーであるアーサー・コンレイやウィルソン・ピケットの名前からサム・クックの曲を説明していかないと伝わらない。

イギリスでのサム・クックの人気はファンが思うほど絶大なものではなかったように受け止められる。

"Bring It On Home To Me"の曲紹介のところでも(To Me)が抜けているのは、レッド・ツェッペリンの"Bring It On Home"と勘違いしてたからではないかとも。

 

それでも紹介文を書いているライターにはサム・クックの素晴らしさは理解してもらえてるようで、サムの魅力を上手く表現して説明してくれたと思う。

「サム・クックを聴いてください」、この言葉の前に「先ず」という言葉が隠れている。

69年当時、デビューして勢いに乗っていたオーティス・リーヴィルやタイロン・デイビスを聴く前に、「先ず」それらの若いソウル・シンガーたちの主軸となったサム・クックを聴けと。

8年前の曲でも古くはなく、今の若いあなたたちにもサム・クックが目の前で歌ってくれてるような新鮮さがそこにありますよと。

その間に起きた事件や、それから生まれたソウル・シンガーのことなど考えなくて良いから、とにかくサム・クックを聴いてくれと。

そこにソウルは生き続けてるよと。

その真意は当時のイギリスの若者に伝わっただろうか。

いや、あれだけのノーザン・シーンが生まれた国だけにそれは愚問といったところか(笑)

 

考えてみれば記事と共に使われていたあのハンカチーフ・ランの写真はイギリス・ツアーのときのものかもしれない。

アメリカからの提供された写真ではなく、イギリス・ツアーのときにイギリス側のカメラマンに撮られたもの。

今までなかなか見当たらなかったものだけにそう捉えることもできる。

そもそも、イギリスの記事かどうかも怪しいのだけれど(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前の記事、『熱狂のサム・クック特集、ハーレム・スクールナイン!』でもご紹介していた、サム・クック・フォロワーとしてお世話になっている、HOME MADE 家族のKUROさんのサムを広める布教活動が活発化してきている。

 

シミルボンのコラムでは、『 ソウルミュージックは小説よりも奇なり』という連載記事で、既にジェームス・ブラウンや、レイ・チャールズ、アレサ・フランクリン、マイケル・ジャクソンなどの伝記を、センスのある素敵なイラストと共に紹介されている。

音楽本の紹介とレビューであるのに、一冊の小説でも読んでいるかのように引き込まれる文章力は流石。

やはりシミルボンのコラムの中ではかなり人気があるようで、いつも上位にランクインされていて嬉しい。

今後、サム・クックの自伝からもエントリーされるようなので益々楽しみだ。

 

仲の良いカラテカの入江さんとの対談動画『ライブ選書』では、『HOME MADE 家族 KUROのこれだけは外せない音楽本 3冊』として、第1位にダニエル・ウルフ著の『Mr.Soul サム・クック』を紹介して頂いたりもしている。

 

紹介されている音楽本はこんな感じ。

第3位 『魂のゆくえ』 ピーター・バラカン
第2位 『ソウル・サーチン』 吉岡正晴
第1位 『Mr.Soul サム・クック』 ダニエル・ウルフ

 

 

他の2冊が、バラカンさんと吉岡さんのソウル全般の著書に対し、サム・クックだけアーティスト単体の自伝という選書が、いかにKUROさんがサムを愛されているかがよく分かる。

サム・クックのことをソウルや音楽に興味が無い人にも、もっと知ってもらいたいという熱量が、この動画からひしひしと感じられるから凄い。

「そう、そう」と相槌を打ちながら観ている僕らを、サム・クックを知らない人が観れば呆れられてしまうのかもしれないけれど(^_^;)

いや、しかし、サム・クックのファンであれば、何度も読み返してしまうほど良書であり、バイブル的書であることは間違いない。

そして更に、日本初の音楽ストリーミングサービスと融合したネットラジオとしてこのほど開局された『Backstage Café』にて、毎週水曜日の21時からKUROさんが担当されることが決まり、好きなブラックミュージックと本について語られるとのこと。

情報に乗り遅れて、先週の11月7日(水)に放送された第1回目を聞き逃してしまったが、放送後記からトーク内容と選曲が確認できた。

 

[朗読] スティーヴ・ロッダー著『スティーヴィー・ワンダー ある天才の伝説』 

[紹介本] 原田宗典著『平成トム・ソーヤー』 

[ROOTS話] サム・クック 

[B-STYLE] バスケットボール

 

Chaka Khan / Like Sugar 

Mac Miller / Someone Like You 

Curtis Mayfield / People Get Ready 

The Pharcyde / Soul Flower 

Sam Cooke / A Change Is Gonna Come / That's Where It's At 

Public Enemy / Bring The Noise


有難いことにサム・クック2曲(笑)

そしてROOTS話では、いきなりサム・クックの話題が。。。

どうやらタイムフリー機能がまだないらしく、追っかけて聞くこと出来なくて悔やまれる。

 

それでも、今後、まだまだサム・クックの話題も取り上げて頂けるだろうし、先日のウィリー・ハイタワーのライブにも行かれていたようなので、そのライブレポなどソウル好きには堪らない内容になること必至。

要チェキだ。

 

【番組紹介より】

毎週月曜から水曜日の21時からの1時間はRADIO NEXUS。日替わりのパーソナリティがそれぞれジャンルに特化した内容でお送りします。水曜日はHOME MADE家族/eNBANDの「KURO」による「BLACK & BOOK」 。普段から好きなジャンルはもちろん、今まで知らなかった新たな音楽や知識をここから繋げてみませんか?

 番組名:RADIO NEXUS「BLACK & BOOK
パーソナリティー:KURO
放送時間:毎週水曜日 21:00〜22:00

 

聞き逃すと追っかけれないので、毎週水曜の21時にアラートしておきました(笑)

 

皆様も是非、お聞き逃しのないように!(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 



『サム・クックはコパの試験に合格する』

 

「サム・クックは、彼の最大のハードルであるグリーク・シアター、カーネギーホール、そしてヨーロッパなどの大人の市場に目を向ける」

若くて才能のあるものは、生きている限り重苦しい現実に直面する。

新聞、そしてラジオやテレビなどで大衆に宣伝し、若い才能の昇進を加速させるマスメディアは、二つの役割を果たす。

それらは退化の前触れでもある。

「あまりにも早すぎる」仕組みは独自の意志を持ち、それから逃れる方法を知る者は殆どいない。

上手くいくとすれば、サム・クックがそれをする。

 

29歳でクックは、ショービジネスにおいて7つの例外的に成功した年を振り返ることができる。

ソウル・スターラーズという最高のゴスペル・ソング・グループの1人として卒業し、キーン・レーベルでの最初のシングル・ヒット"You Send Me"でソロシンガーとしてデビューした。

その後、彼はRCAビクター・レコードとサインし、彼のキャリアは徐々に形を整えた。それは強固な形だった。

彼の最後の10シングルは国内のトップ20に入った。

時間をかけて成功した場合はそれほどアクシデントはない。

 

クックにとっては、細心の注意を払った計画でのケースであり、アーティストの能力を再評価するために、特にライブ・パフォーマーとしてコンスタントにそれを行う必要性があった。

「私はコパの最初の挑戦を覚えている。当時、2つのヒット・シングルを持っていて、2番目のストリング・アクトとして予定されていた。しかし、準備不足だった。」

彼自身がそう思うほど、その日を知っている他の人々はクックを責めることはなかった。

しかし、彼は次に戻って来るときは、プロになっていることを誓った。


6月24日、再び彼がそのステージに立った時、ヘッドライナーとしてオープニングセットの前半に、何らかの復讐があった。

彼は張りつめていて、見るからに緊張していた。

しかし、その後、本来のサムが戻ってきた。

彼が"If I had a Hammer."を歌いだすと、聴衆に歌詞を教え、歌と手拍子を求め、彼らをものにしてしまった。

落ち着いたコパの聴衆に対してはかなり危険なトリック。

しかし、それは作用した。

ついにクックは大人の市場に侵入し、そこに居続けるつもりだ。

 

しかし、パフォーマーとしての過去5年間のクックのことについては不思議なことがある。

彼は実際に大人の市場から守られているが、それはこの日と年齢で理解するのは難しい。

それまでの間はずっと巨大な10代の若者を抱えていて、黒人のコミュニティは彼を「スター」として認識している。

 

例えば、ニューヨークのタウンヒルでは、週に12,500ドルをヘッドライナーとして受け取っている。

彼はハーレムのアポロで歌うと入場者記録を打ち破る(先週は52,000人)。

しかし、9か月という長い間、彼のマネージャーであるアレン・クラインは、コパの予約をずっと待ってたのかと尋ねられた時、「率直に言って、彼らは彼(クック)を必要としていなかった」と説明した。

「クックって誰だ?」と聞き返されたと。だから5月までセットされることがなかったと。

クラインは、カーネギーホールやロサンゼルスのグリーク・シアター、そしてヨーロッパの劇場など、クックが野心的な将来の計画をしていることを伝えた。

 

クックは最近、ウィリアム・モリスの代理店を去り、G.A.Cとサインした。

クックのビジネスの実行力が、彼の才能を示すものであれば、彼の存在を感じさせることは殆どない。

彼は自身の出版社(Kags)と、2つのレコード・レーベル、"Derby"と"Sar"を所有している。

作曲家として大半を担当している。ヒット曲(ヒット曲名中略)など、部分的なリストにすぎない。

RCAビクターとの最近の新しい協定には、かなり面白い条項がある。

1つは、自分のレーベルで新しい才能を育てる時、ビクターが最初にその行為にサインすることだ。

 

もし、クックが(ビジネスマンでなく)アイドルなら、それは才能だ。

彼は偉大なパフォーマー、アレンジャー、ライターに夢中だ。

彼は最近ボブ・ディランについて詳しく話した。

「今、本当のソウル(魂)を持った男がいます。彼は素晴らしい考えをシンプルな枠の中に入れることができる才能があります。もし、あなたに何か言いたいことがあれば、それが発言するための方法だと思います。それをしないならば冷静に考え直した方が良いです。もう分かってると思いますが、私は彼のある1曲にとても感動しました。そしてその曲にまつわる"A Change Is Gonna Come"と呼ぶ曲を作りました。」