公益社団法人茅ヶ崎青年会議所(茅ヶ崎JC)2017年度理事長ブログ
  • 31Dec
    • 【御礼】1年間どうもありがとうございました!

      基本理念地域の時代がやってきた豊かな自然環境に恵まれ、心豊かな人々が溢れるこのまちでまちの未来を想う大人達を増やしまちの未来を担う子供達を育てる「ゆるやかな潮風の下、心豊かな市民が輝くまち」を実現するためにスローガン全力、茅ヶ崎!〜まちのために汗をかけ、涙を流せ~本日、茅ヶ崎JC理事長としての最後の日であり、残すところあと数時間です。茅ヶ崎JCに入会して8年、卒業の年に理事長という大役をお預かりすることことが決まった時には、理事長職が終わった時にどのような心境になっているのか、想像もつきませんでした。今、正に理事長職が終わらんとしている時を迎えて思うことは、この1年間自分が茅ヶ崎JCの理事長として全うできたことに対する感謝の気持ちだけです。茅ヶ崎JCの現役メンバーはもちろん、シニアクラブの諸先輩方、神奈川ブロック協議会のメンバーの皆様、県内各地会員会議所理事長をはじめとするメンバーの皆様、その他多くの諸先輩方、今年度事業に多大なるご協力を頂いた行政をはじめとする関係諸団体の皆様、皆々様のお陰でこの1年間理事長職を全うすることができました。本当にありがとうございました。本年はブロック大会茅ヶ崎大会の主管、そして茅ヶ崎JC創立50周年の前年度ということで、様々な機会に恵まれた年でした。メンバーにとって大変だったという側面はもちろんありましたが、こちらでも何度か取り上げた通り、個人としても組織としても大きな成長を遂げるチャンスでもありました。そして、個人的にもそのような年に理事長職をお預かりしたからこその出会いや経験は得難いものでした。今年度事業を通じて、このまちのためにメンバー全員が汗をかき、涙を流した結果、この愛する茅ヶ崎のまちがより魅力溢れるまちになったものと確信しております。あらためまして、今年度茅ヶ崎JCの活動をご支援下さいましたすべての皆様に感謝申し上げます。そして、今後とも茅ヶ崎JCをよろしくお願い致します。2017年12月31日公益社団法人茅ヶ崎青年会議所2017年度 第50代理事長髙橋 慶

      27
      テーマ:
  • 30Dec
    • 次年度理事長予定者、渡辺久夫君!

      こんばんは。私の今年度としての任期もあと2日(というかあとほぼ1日)でございます。というわけで、私から襷を引き継がせて頂く次年度理事長予定者、渡辺久夫君をあらためてご紹介させて頂きます。今年度の第2回次年度理事長選挙管理委員会において立候補届出がなされて正式に理事長候補者となったのが今年5月のこと。いつも冷静沈着な渡辺君が非常に緊張した様子でやって来たことを昨日のことのように覚えています。次年度理事長候補者決定後の懇親会には、今年度日本JCのJCブランディング会議にて渡辺君が大変お世話になっております岡山JCの李大成議長もお祝いに駆け付けてくれました!7月例会では、現役メンバーのほかシニアクラブの諸先輩方も多くいらっしゃる中で所信表明。9月第一例会では次年度理事・監事報告会ということで、渡辺次年度を支える次年度理事・監事メンバーの紹介が行われると共に、あらためて渡辺君より次年度に向けての決意が語られました。今月はじめに開催された歴代理事長懇談会では、歴代理事長の諸先輩方の前で所信表明。創立50周年の理事長としての決意を語ります。そして、先日行われたばかりの12月例会(卒業式)。私から茅ヶ崎JC歴史と伝統のプレジデンシャルリースを引き継いでもらいました!渡辺君のこれまでのJC歴を簡単な振り返ります。2007年入会ということで、現役メンバーの中では最古参の部類に入ります。前にもこちらで触れましたが、私が入会した2010年は同じ委員会(シチズンシップ醸成委員会)でした。元々JCに関してはしっかりと活動したいという想いを持ちながら、仕事の関係でなかなか参加することが難しい期間が続いていたのですが、JCに参加するためにも仕事(会社)をしっかりしなければならないと考えていたとのことで、実際そのことを着実に実践して、JC活動に取り組める環境を整えてきました。2014年、豊岡勝哉理事長の下、愛郷心委員会の副委員長理事として初めて理事会構成メンバー入り。私はこの年は監事+日本JC出向でLOM事業への参画はあまりできなかったのですが、藤田泰征委員長の下での子供達向け事業でバリバリ活躍している姿が印象的でした。2015年、都築佑介理事長の下、地域交流委員会の委員長として活躍しました。この年、私が担当副理事長だったので大変思い出深く、委員会の出席者や結束力も抜群で、委員長として見事な背中を見せてくれました。2016年、岩澤あゆみ理事長の下で専務理事を務めました。常に岩澤理事長の傍にいた1年、現役メンバーから見ると、渡辺君はこの年のイメージが強いかもしれません。2017年、私からお願いした副理事長(OMOIYARI委員会担当)と日本JC・総務グループ・JCブランディング会議の副議長としての出向、本当に大変な1年だったと思いますが、私の想像を超えて一回りも二回りも成長した姿を見せてくれました。最後に、次年度に向けた意気込みを本人が作成した立候補所信の一部より引用させて頂きます。何かに挑戦するときに必要なものは「覚悟」であり、決めてしまえばすべては動き始める。失敗を恐れる事なく挑戦し続け、青年らしく我武者羅に突き進もう!すべては魅力あふれる茅ヶ崎の未来のために。

      テーマ:
  • 29Dec
    • 創立50周年準備特別会議ご報告!

      おはようございます。昨日は創立50周年準備特別会議の最終委員会兼打ち上げが開催され、1年間の御礼のご挨拶をさせて頂きました。これで全委員会の打ち上げが終わったことになり、今年度の茅ヶ崎JCとしての運動もすべて終了しました!あ、拡大は12月31日まであります。メンバーの皆様、よろしくお願い致します!というわけで、茅ヶ崎JCとしての今年度最後の委員会報告、創立50周年準備特別会議の事業報告をさせて頂きます。創立50周年準備特別会議スローガン「確かな礎」副議長   米山 友哉幹事    安武 芳洋委員     伊藤 弘将委員     村澤 靖委員     佐川 貴洋担当正副 議長 信澤 直輝事業計画1.全体事業への参画2.創立50周年準備特別会議の開催3.ビジョン・行動指針改訂の検証4.創立50周年関連事業の準備5.6月例会6.11月例会特別会議体ということで、創立50周年に向けた難しいミッションを担当してもらいました。6月例会では茅ヶ崎JCのビジョンととことん向き合う機会を設けると共に、メンバー間でまちの現況や課題についてディスカッション、今後10年、20年スパンの茅ヶ崎JCとしての根本的な方向性を検討しました。そして、記憶に新しい11月例会では、今年度会議体において検討してもらったまちの現況と今後の茅ヶ崎JCの方向性(後述のビジョン・行動指針の検討含む)に関して活動報告という形でメンバー間への落とし込みを図りました。さらに、創立50周年に向けてスタートということで、50周年実行委員会のご紹介と周年の成功を祈願したダルマの目入れを行いました。ビジョン、行動指針に関する検証は本当に難しい担いでしたが、茅ヶ崎JCがこれからもまちに必要な存在であり続けるために不可欠なプロセスです。創立50周年という節目の年に向けてこれからの茅ヶ崎JCとしてのあるべき姿を検討しました。創立50周年は先輩諸兄が紡いできた歴史と伝統の承継、今年度の準備会議で築いた「確かな礎」で来年度の創立50周年を必ずや成功に導いてくれるものと確信しています。最後に、創立50周年準備特別会議のメンバーの皆様、本当にお疲れ様、そしてありがとうございました!

      テーマ:
  • 28Dec
    • 最終理事長会!

      おはようございます。昨日は箱根の地にて、神奈川ブロック協議会内の各LOM理事長による最終理事長会が開催されました。私は正副監事打ち上げ、そして拡大研修委員会へのご挨拶の関係で大幅に遅刻して二次会からの参加となり、上の集合写真にはいません・・が、理事長の任期もあとわずか、温泉宿での理事長会ということで、皆様心も身体もリラックス、宿泊組は部屋飲みからの馬鹿話ということで、とても楽しい時間を過ごすことができました。やはり、理事長は1年間地域を代表する立場として大きなプレッシャーの中でその役割を全うしており、理事長同士だからこそ分かり合えるところもあります。これからも2017理事長の絆を大切にしていきたいと思います。今回の理事長会の幹事を務めてくれた小田原JC竹田理事長、本当にありがとうございました!そして、2017理事長会の皆様、今後ともよろしくお願い致します!

      3
      テーマ:
    • 拡大研修委員会ご報告!

      おはようございます。昨日は正副監事打ち上げの後、拡大研修委員会の最終委員会兼打ち上げに顔を出させて頂きました。12月例会第一部には間に合わず、卒業証書の授与ができなかった卒業生の青木豊君にあらためて卒業証書の授与を行います。青木君、ご卒業おめでとうございます!というわけで、拡大研修委員会のご報告をさせて頂きます。拡大研修委員会スローガン「進化~100名LOMへ」委員長   中島 隆介副委員長  和田  梓幹事    佐川 貴洋理事     瀬川 政仁委員     青木  豊委員     浦野沙絵子委員     原田 智幸委員     矢部 千尋委員     和田 沙織担当正副 副理事長 松野 聡史事業計画1.全体事業への参画2.拡大懇談会3.2月例会4.5月例会5.新入会員研修6.かながわアカデミーへの引率7.拡大情報共有会議今年度は拡大と研修という人財に関する重要事業を1つの委員会として担当してもらいました。まず、服部信明市長をお招きした2月公開例会では、茅ヶ崎JCのOBでもある服部市長より茅ヶ崎の未来について大いに語って頂き、その中でJCの可能性についても言及して頂き、多くのゲストを入会に導きました。次に、5月例会では前横浜DeNAベイスターズ社長の池田純氏をお招きした講演会を開催、「リーダーの条件〜本気になれば地域は変わる」と題して池田氏よりベイスターズ躍進と絡めて地域改革に関するお話を拝聴、メンバーをはじめとする地域市民の主体者意識の醸成を図りました。そして、例会以外では3回に渡る新入会員研修を開催、座学でしっかりとJCの何たるかを学ぶ機会を設けてもらいました。さらに、神奈川ブロック協議会の事業であるかながわアカデミーの引率も担当、多くのアカデミーメンバーに機会の提供を行いました。最後に、この委員会の最大のミッションである拡大運動のために、拡大情報共有会議と題した拡大のみに特化した会議の開催も主催しました。残念ながら100名LOMという目標は達成できませんでしたが、今年も多くの期待の新入会員を迎え入れることができました。本来であれば別委員会で対応してもよいような重い担いである拡大と研修、今年度はこれを一緒にすることで、入会に導いたメンバーをそのまま研修へと繋げるという相乗効果を狙い、そしてその狙いは相応に実現できたものと思います。最後に、拡大研修委員会のメンバーの皆様、本当にお疲れ様、そしてありがとうございました!

      テーマ:
    • 正副監査報告兼打ち上げ!

      おはようございます。昨日は今年度の正副監事、直前理事長による打ち上げが行われました。今年度正副としての最後の会合となります。また、この際監事による委員会監査を受けてのご報告を受けます。今年度卒業生が多い今年度正副監事ですが、次年度以降も残るメンバーのために、監事より様々な有益なアドバイスを頂きます。また、それぞれのメンバーからも今年の振り返っての話をしてもらいます。次年度は創立50周年、LOMとしてのさらなる飛躍を目指しましょう!1年間、大変お疲れ様でした!このメンバーで茅ヶ崎JCの執行部としてJCができてとても楽しかったです。本当にありがとうございました!

      テーマ:
  • 27Dec
    • JCルーム大掃除&総務広報委員会ご報告!

      おはようございます。昨日は総務広報委員会のメンバーを中心に茅ヶ崎商工会議所内にある茅ヶ崎JCの事務局、通称JCルームの大掃除が行われました。茅ヶ崎JCの事務局について1年間の感謝を込めて掃除をします。事務局の須賀さん、1年間ありがとうございました。そして、その後、総務広報広報委員会としての打ち上げが開催され、御礼のご挨拶をさせて頂きました。というわけで、総務広報委員会の事業報告を兼ねて委員会紹介をさせて頂きます。総務広報委員会スローガン「想いを担ぐ、届け!茅ヶ崎愛!」委員長  岡本 雅司財務理事 奥本健太郎副委員長 木村光太朗幹事 門馬 大介委員   石川 勝教委員    加藤 紘道委員    神 美槻   担当正副 事務局長 北川 哲也事業計画1.全体事業への参画2.1月第一例会(新年式典)3.1月第二例会(新年総会)4.関東地区大会への参画5.9月例会(出向者報告会)6.11月例会第一部(定時総会)7.シニアクラブ交流会への参画8.12月例会(卒業式第一部)9.ホームページの立上げおよび更新10.広報活動11.財務及びコンプライアンスの管理総務広報委員会は組織としての茅ヶ崎JCの要、岡本委員長は昨年度からの唯一の2年連続委員長ということで、委員会内はもとより、他委員会の委員長達もまとめ上げ、組織の要を全うしてくれました。また、委員会としてはどこの委員会よりも多い4例会を担当、しかもそのすべてが式典・総会系のかっちり例会でしたが、新年式典から最後の卒業式第一部までしっかりと務め上げてくれました!そして、ポスターの他、ホームページ、フェイスブック等SNSを利用した発信でも前年度の引継ぎを受けて効果的な運動発信が行えたものと思います。理事長ブログで言えば、木村副委員長が事業関係の記録担当となり、私宛ての写真送付、また茅ヶ崎JCフェイスブックでのシェアと1年中頑張ってくれました。さらに、財務・公益・コンプラ関係については奥本財務理事が公益社団法人に相応しくしっかりと対応してくれました。なお、委員会メンバーではありませんが、卒業生である戸塚部会長が前年度財務理事の経験を活かして今年度財務のフォロー、そしてブロック大会関係の会計を取り仕切ってくれました。本当にありがとうございました。総務広報委員会のメンバーは、次年度も多くのメンバーが茅ヶ崎JCの中核としてLOMを支えます。次年度以降の活躍も期待しております!最後に、総務広報委員会のメンバーの皆様、本当にお疲れ様、そしてありがとうございました!

      1
      テーマ:
  • 26Dec
    • このブログの行く末。

      おはようございます。昨日に続いて、このブログに関する記事を書きます。さて、最近、来年1月1日以降このブログはどうなるんですかと聞かれます。こちらでも取り上げた通り、来年1月6日に今年度の第13回理事会が開催されます。茅ヶ崎JCではこの日に新旧理事会と称して今年度と次年度の各理事会(正確には前年度と今年度)が連続して開催され、そこでの仕切りが今年度理事長としての最後のお役目となります。しかしながら、JCの特徴である単年度制というところで言えば、形式的には12月31日をもって理事長職は終了となります。そのため、本ブログの更新も12月31日までとします。もちろん、ブログ自体は残しておきますので、今後ともよろしくお願い致します!前にもこちらで書きましたが、これまで私は一切SNSをやったことがない人間でした。そんな私がブログの毎日更新という壮大な目標をぶち上げ、根が真面目なもので、始めたからには内容にもこだわりたいと毎日自分なりに必死に取り組んできました。1本の記事を書き上げることはそれほど簡単なものでもなく、テーマ設定・写真選定・文章書き、平均して1時間くらいの時間はかけていたと思います。誰にとっても必要な手法とは思いませんが、私にとっては茅ヶ崎JC理事長としてとことんJCに向き合うきっかけとして必要であったと考えており、これもまた理事長職を受けることで得た機会でありました。せっかくなので、ブログに関するデータを公表致します。まずはアクセス数です。1月  12,999アクセス2月   9,818アクセス3月  14,750アクセス4月  13,941アクセス5月  11,087アクセス6月  12,779アクセス7月  10,597アクセス8月  12,745アクセス9月  13,726アクセス10月 13,153アクセス11月 14,170アクセス12月 12,116アクセス(~12月25日)合計 151,881アクセス多くの皆様にブログをご覧になって頂いたことに感謝致します。本当にありがとうございました。次に、アクセス数が多かった日の記事をランキング形式で。第10位 ブロック大会茅ヶ崎大会! 9月10日ブロック大会終了翌日ということで、アクセスが多かったと思われます。すいません、内容としては何もない記事です。第9位 茅ヶ崎JC新年式典! 1月13日多くの皆様にお集まり頂き、本当にありがとうございました!第8位 JCバッジについて 5月20日JCメンバーでも意外と知らない雑学です。第7位 JCにおける弁護士メンバー その2 3月3日1位の記事の翌日の記事となります。第6位 JC活動ができるということ。 4月17日今年1月に亡くなられた藤沢JC・安藤信介君に関する記事です。藤沢JC柴山理事長にもご協力頂きながら、おそらく、一番時間をかけて作成した記事です。今年度のありがとうブロックでも、送辞を担当した都築副会長が安藤君について触れていました。JCマンとして安藤君の意思を引き継ぐのは義務だと思っております。第5位 JCに誘われている方。 12月24日一昨日の記事となります。皆様のJCに対するモチベーションに繋がれば幸いです。第4位 茅ヶ崎JCシニアクラブ役員会!その2 6月13日今年度、茅ヶ崎青年会議所シニアクラブの皆様には本当にお世話になりました。サムネイルの写真が美しいです。第3位 第3回新入会員研修リハーサル! 9月16日なぜこの日の記事にアクセスが多かったのかはよくわかりませんが、中島委員長率いる拡大研修委員会の皆様、素晴らしい研修事業をありがとうございました!第2位 8月例会(キャンプ事業)!その2 8月20日100名の子供達が参加したキャンプ事業、保護者様からのアクセスが多かったのかと思います。次年度においても多くの青少年参加型の事業を展開するかと思いますので、ぜひよろしくお願い致します!第1位 JCにおける弁護士メンバー 3月2日この日のアクセスは3000を超えて、年間を通しても最多アクセスとなりました。同業者の皆様からのアクセスが多かったものと思われます。この記事の最後に登場して頂いた川崎JC・川瀬副理事長は、川崎JCの次年度理事長となります!本ブログを1年間ご愛顧頂き、誠にありがとうございました!

      1
      1
      テーマ:
  • 25Dec
    • このブログに初めて来られた方へ。

      こんにちは。これまで、本ブログについては毎日更新を行い、全部で約400件の記事を上げてきました。茅ヶ崎JCの理事長としての動きを中心に、茅ヶ崎JCはもちろん、神奈川ブロック協議会のこと、日本JCのこと、JCに関する大会のこと、はたまた茅ヶ崎のこと、様々な角度からのJC全般に関するブログとして情報を発信させて頂きました。本日は初めてこのブログに来られたという方向けに、ブログの内容を整理したいと思います。これまでの記事はテーマごとに整理していますので(括弧内は現時点での記事の数です)、それに従って記載致します。1 県内賀詞交歓会(14)今となっては懐かしい県内各LOMの賀詞交歓会ネタです。ブロック大会のPRもありましたが、同じ理事長同士の担いということで、行ける限り行きました。各LOMの理事長の決意表明はいつ聞いても緊張感がありました。全国大会主管LOMである埼玉中央JCの賀詞交歓会は思い出深いです。2 新年式典関係(5)理事長業務の序盤にして最大のハイライトとなる新年式典、これほどまでにメンバーに支えられているということを実感することはありませんでした。新年式典の緊張感が伝われば幸いです。3 新年会関係(5)理事長として様々な新年会的な会合に参加させて頂きました。これも理事長職から得られた機会ということで感謝致します。4 理事会関係(13)JC運動の肝となる理事会、LOMによっていろいろやり方が異なる部分もあるかと思いますが、茅ヶ崎JCはかなり手堅いやり方でやっていると思います。理事会そのものもさることながら、準備のための時間もかなり要しますが、ここから学べることはたくさんあります。これから理事会構成メンバーを目指すメンバーに読んでもらいたい内容です。5 茅ヶ崎JCについて(20)茅ヶ崎JCに関する紹介です。今年度スローガンやビジョン・行動指針といった形式的なものから、名刺デザインやポスター等も紹介させて頂きました。茅ヶ崎JCについて知りたいという方は、ぜひこちらからどうぞ。最近、ようやく各委員会の事業報告を兼ねた各委員会の紹介を始めました。また、公益社団法人に関するネタもこちらでまとめています。6 JCについて(15)そもそもJCって何?というところから、JCの6つの特徴についてもこちらで取り上げております。セレモニーや出向といった用語についても解説しております。JCのことをよく知りません、という方はこちらからご覧頂ければと思います。7 JC大会関係(33)JCの大会関係(JCI・日本JC・関東地区)をまとめたものです。神奈川ブロックの大会はブロックでまとめています。京都会議(日本)、金沢会議(JCI)、関東地区フォーラム(関東)、ASPAC(JCI)、サマーコンファレンス(日本)、関東地区大会(関東)、全国大会(日本)、世界会議(JCI)、ありがとう関東地区(関東)、今年度はすべての大会に参加させて頂きました。これまで大会に出たことがないというメンバーにも見てもらいたい内容です。8 例会関係(45)様々な事業を開催させて頂いた年ですが、LOMの基本はやはり例会です。本年度は16回の例会(うち1回は中止・ハロウィン事業)を開催させて頂きましたが、リハーサルも含めた様々な準備段階から記事にさせて頂きました。茅ヶ崎JCの(ブロック大会を除いた)1年間を活動記録としてご覧下さい。9 神奈川ブロック協議会関係(29)ブロック大会を除いた神奈川ブロック協議会関係の記事をまとめています。会員会議所会議やブロック事業(アカデミー関係・ハイスクール議会等)が中心で、ブロック出向に興味があるという方にぜひ読んで頂ければと思います。10 正副理事長会議(12)正副理事長をはじめとする執行部による理事会前の会議となります。地味で、あまり表に出ることのない会議ですが、茅ヶ崎JCの方向性を決める非常に重要な会議です。11 湘南4LOM関係(11)平塚JC・藤沢JC・寒川JCとの合同で行う「湘南4LOMまちづくり会議」に関する記事となります。今後、2020年の東京オリンピックの年に向けて、「観光」をテーマとした事業展開を目指します。12 メディア関係(8)年初のタウンニュース(人物風土記)に始まり、今年は理事長として何度もメディアに取り上げて頂く機会を頂きました。また、神奈川新聞連載の「かながわ青年会議所物語」についてもこちらで取り上げております。色々な方から「新聞見ましたよ」とお声掛けを頂きました。13 委員会・会議関係(21)理事会・正副理事長会議以外の会議ネタを集めたものです。今年度はブロック大会実行委員会や拡大情報共有会議を開催させて頂きました。14 行政出向関係(11)今年度、理事長として様々な出向がありました。出向先は行政だけではないのですが、茅ヶ崎JCの立場を代表して会議に出席させて頂いておりますので、茅ヶ崎JCの名に恥じないように頑張って参りました。これも理事長職から得られた機会ということになります。15 例会以外の事業(33)例会以外の茅ヶ崎JCとして事業をまとめたものです。今年度も新入会員研修、拡大懇談会、市民討議会、家族会、未来”手”想図等、様々な事業を展開させて頂きました。16 他LOM・他の地域関係(12)他LOMの例会や事業に参加させて頂いたものをまとめています。茅ヶ崎JC以外の例会・事業に参加するのも非常に勉強になりました。17 ご挨拶・自分について(17)自分語りが中心です。ご興味のある方はどうぞ!18 ブロック大会PR関係(14)ブロック大会のPRに関する記事となります。今年5月から8月にかけて、各LOMの例会や理事会にお邪魔させて頂き、ブロック大会茅ヶ崎大会のPRをさせて頂きました。原田実行委員長による茅ヶ崎アロハ!も遠い日の出来事のようです。19 シニアクラブ関係(8)茅ヶ崎青年会議所シニアクラブ関係の記事となります。ブロック大会茅ヶ崎大会に関して、現役支援委員会及びシニアクラブ役員会の皆様には本当にお世話になりました。また、シニアクラブとの交流会についてもこちらで取り上げております。次年度は茅ヶ崎JC創立50周年、引き続きよろしくお願い致します!20 ブロック大会関係(34)今年度の大目玉、ブロック大会茅ヶ崎大会に関する記事です。ブロック大会の説明から、社会実験(雄三通り活性化プロジェクト)のご紹介、そしてブロック大会本体の告知と本番の事業報告に至るまで、非常に多くの記事を上げさせて頂きました。ブロック大会当日の記事(~その7と番外編)だけでもお読み頂ければ、ブロック大会茅ヶ崎大会の概要についておわかりになるかと思います。21 次年度関係(13) 次年度である2018年度に関するネタをまとめています。4月の第1回次年度理事長選挙管理委員会に始まり、次年度理事長の所信公聴会、そして次年度理事会と、JCでは年の半分以上は次年度関係と並行しながら走り続けています。これこそが単年度制の弊害を解消し、「不連続の連続」を実現するための工夫であります。次年度理事長予定者、渡辺久夫君をよろしくお願い致します!22 茅ヶ崎関係(7)茅ヶ崎JCと関係がなさそうで関係がある茅ヶ崎関係のネタを集めてみました。JR茅ヶ崎駅の発車ベル、えぼし麻呂、アロハビズ、横浜Denaベイスターズ、桑田佳祐さん、市民の森といったところで、茅ヶ崎に興味をお持ち頂けたら幸いです。23 日本JC関係(11) 日本JCに関しては、理事会へのオブザーブ参加を中心として、日本JC会頭やJC会館、会員誌「We Believe」、果ては日本JCじゃがいもクラブに至るまで、若干マニアックな話題も含めて取り上げさせて頂きました。国際アカデミーという日本JCの事業に関しては、ぜひご一読頂ければと思います。国際アカデミー!ちなみに、今年度国際アカデミーの参加に関して、LOMとしてエントリーを行ったものの、抽選(あみだくじ)で敗れてしまいました。すいません。以上、23のテーマに分けて本ブログを簡単にご紹介させて頂きました。本ブログを引き続きよろしくお願い致します!

      テーマ:
  • 24Dec
    • JCに誘われている方。

      こんばんは。本日は、JCに誘われている方向けのテーマをば。JCって何だろう?と検索でこちらに来た方、今正に茅ヶ崎JCメンバーから誘われて、何をやってる団体だろうと思って茅ヶ崎JCホームページから飛んで来た方、茅ヶ崎JCメンバーに限らずJCに入ったはいいけれどもイマイチこれでよいのか悩んでいる方。卒業式を終え、これまでのJCライフの振り返りも終えて、理事長ブログも残すところ1週間というところで、思うところをあらためてつれづれなるままに書き残しておきます。私がJCに入った理由、それは一言で言えば、なりゆきです。私は、3人きょうだいの真ん中でサラリーマン家庭で育ち、特に家業というものもなかったので、大学を出て普通にお勤めをするのかと思いきや、専門職になりたいと思い立ち、大学在学中から司法試験受験をはじめ、社会人経験なしで弁護士となりました。開業場所も川崎ということで、特に茅ヶ崎と関わりがあったわけでもありません。詳細はこのブログでも触れていますが、まぁ営業だの少しは地元のためにという気持ちがあったのは確かですが、それほど明確な入会理由があったわけではなく、「誘われたので入った」というのが正直なところです。JC入会のきっかけJC入会のきっかけ その2今となれば、きっかけは何でもよかったと言えます。それまで、私は、JCなんて全く聞いたことがありませんでしたが、JCに入会して、大きく人生が変わりました。気がつくと、ハイパーリンクが張れるようになった自分がいました。気がつくと、パワーポイントを使えるようになった自分がいました。ここまではまあどうでもいいとして。気がつくと、自分の悪い面も指摘してくれる本当の仲間に囲まれていました。気がつくと、「少しは自分なりに成長したかな」、そんなことを感じた自分がいました。気がつくと、「全ての出会いと機会に感謝」と思う自分がいました。気がつくと、「JCを真剣にやるために、仕事も家庭も大切に」も思う自分がいました。今、JCへの入会を勧められて迷っている方。もし、メンバーなのに、今ひとつJCについて本気になれない方。JCには、今後の人生に活かせるありとあらゆる機会がたくさんあります。JCでかいた汗と涙は決して裏切りません。JCを、自分自身の選択を信じて下さい。前にこちらでJCの特徴について取り上げたことがありました。その中で、JCの最大の特徴にして素晴らしいと言えることは組織が若いこと、メンバー側から見れば卒業制度があることです。これまで、多くの先輩の卒業のご挨拶で「卒業までの限られた期間を大切にして下さい」というお話をお聞きしてきました。卒業を控えた身として、現役メンバーに伝えたいことは、究極的にはやはりこれに尽きます。地域から世界にまで開かれた組織において、素晴らしい仲間たちと共にあらゆる経験ができる。限られた今という時間を、思い切ってやってみる、思い切って頑張ってみる。私からお伝えできるのはそんなところです。

      1
      テーマ:
  • 23Dec
    • 神奈川ブロック協議会運営委員打ち上げ!

      おはようございます。昨日は地域交流委員会のほか、今年度の神奈川ブロック協議会運営委員として出向したメンバーによる打ち上げがあり、こちらでも御礼の挨拶をさせて頂きました。運営委員とは、神奈川ブロック協議会の副会長として出向した都築佑介副会長に付いて行くメンバーで、副会長の送迎やスケジュール管理、諸会議の設営を行う役割となります。非常に地味ながらも、運営委員がいなければ文字通り神奈川ブロック協議会の運営は立ち行かない重要な役割です。今年度は伊藤弘将君、望月信史君(運営リーダー)、門馬大介君、和田梓君が運営委員として出向し、昨日の打ち上げには都築副会長はもちろん、事務局次長の信澤直輝君、そして運営のヘルプで入ってもらった瀬川政仁君も参加しました。1年間、茅ヶ崎JCの看板を背負った活動、本当にお疲れ様でした!そしてありがとうございました!

      1
      テーマ:
    • 地域交流委員会ご報告!

      おはようございます。昨日は地域交流委員会の最終委員会兼打ち上げが開催され、こちらで御礼の挨拶をさせて頂きました。というわけで、本日は地域交流委員会のご報告をさせて頂きます。地域交流委員会スローガン「笑顔の絆」委員長   加賀妻英樹副委員長  山本 真吾幹事    古川 葉月理事    戸塚 昭洋委員    青柳 陽介委員    伊藤 弘将委員    大柳 裕一委員    亀井 隼人委員    小出 俊介委員    小嶋 祐太委員    鶴田 直也委員    美澤 一憲委員    宮崎 哲郎担当正副 専務理事 相田幸規雄事業計画1.全体事業への参画2.新年会3.京都会議への参画4.津JCとの交流事業5.3月第二例会6.湘南祭への参画7.家族会8.浜降祭への参画9.サマーコンファレンスへの参画10.未来手”想”図11.全国大会への参画12.12月例会(卒業式第二部)13.サザンビーチフェスタ実行委員会への参画とにかく事業数が多く、しかも新年式典後の新年会から最終最後の卒業式第二部まで、正に1年中LOMのために頑張ってくれました。まず、寒川JC、津JCとの交流は、お互い切磋琢磨できる良き仲間としてさらなる友情を深めました。次に、大岡越前祭・湘南祭・浜降祭・サザンビーチフェスタといった地域のお祭りを通じて、地域団体・関係者の皆様との関係をさらに深めました。最後に、新年会・家族会・大会引率・卒業式第二部を通じたLOM内の交流。地域交流委員会の今年のテーマは「ファッションショー」ということで、事業ごとに委員会メンバーの体を張ったショーが行われたのですが、その一生懸命さがLOMメンバーの気持ちに伝わり、LOM内の結束に繋がったと思います。加賀妻委員長率いる地域交流委員会の皆様、本当にお疲れ様、そしてありがとうございました!

      テーマ:
  • 22Dec
    • 第13回正副理事長会議!

      おはようございます。昨日は13回目となる正副理事長会議が開催されました。最後の正副理事長会議となります。財務理事による決算議案や監事による最終監査議案が上程されたほか、12月例会(卒業式)の事業報告・決算議案について協議されました。卒業生でもある私は卒業式第二部議案について初めて見たわけですが、第一部も含めて来年以降のより良い卒業式のために様々な意見が取り交わされました。そして、昨日の会議で最も時間を費やしたのが、ブロック大会実行委員会によるブロック大会茅ヶ崎大会主管報告議案。招致時に掲げた招致理念はどの程度達成されたのか、ブロック大会開催の益(特に主管益)はどうであったのか、ブロック大会招致から現実のスケジュールの流れ、技術的な注意点や改善すべき点、各部会の引継事項等、「次にブロック大会茅ヶ崎大会を招致したい」と未来の執行部が考えた時にまず参考にすべき議案という視点で作成してもらったものです。私自身、常々ブロック大会茅ヶ崎大会主管の経験はメンバーにとっても組織としての茅ヶ崎JCにとっても大きな財産であると言ってきましたが、「使える財産」にするために可視化を図ることは大きな意味があると考えます。今年度だけで13回、次年度段階を含めて19回行われた正副理事長会議もこれにて終了、今年度執行部も終わりに近付いていることを実感します。会議会場を快く提供してくれました松野副理事長、本当にありがとうございました。茅ヶ崎JCのシステムとして、来年1月6日に今回の正副に対応した第13回理事会が行われますが、形式的には本年12月31日で任期としては終了、次回理事会はブログとしても上げる予定はありません。青年会議所はその名の通り「会議」をすることにその本質があります。今年最後の会議、大変お疲れ様でした。そして今年度執行部の皆様、1年間ありがとうございました!

      2
      テーマ:
  • 21Dec
    • ブロック大会実行委員会ご報告!

      おはようございます。昨日はブロック大会実行委員会の最終委員会兼打ち上げが開催され、御礼の挨拶をさせて頂きました。というわけで、本日はブロック大会実行委員会のあらためてのご紹介と活動報告をさせて頂きます。ブロック大会実行委員会スローガン「更なる飛躍への第一歩」副実行委員長      清水 悠平総務部会 部会長    戸塚 昭洋式典部会 部会長    岡  陽子社会実験部会部会長   森永 信道交流部会 部会長    瀬川 政仁総務部会副部会長    原田 智幸式典部会副部会長    小川 正史社会実験部会副部会長  矢部 千尋交流部会副部会長    宮崎 哲郎担当正副 実行委員長 原田 裕介事業計画1.全体事業への参画2.ブロック大会に向けた意識向上3.ブロック大会実行委員会の開催4.4月第一例会(結団式)5.7月例会(決起集会)6.9月第二例会(ブロック大会)7.ありがとうブロック(伊勢原)への参画ブロック大会実行委員会は本年茅ヶ崎JCがブロック大会を主管させて頂くにあたって設置した特別会議体、理事会とは別に原田実行委員長を議長して10回に及ぶ実行委員会を開催させて頂いたほか、他の常設委員会と同様に委員会として2つの例会(結団式、決起集会)を担当しました。ブロック大会に向けた意識高揚として、県内20LOMや関係諸団体の皆様に対してPR活動を続けて参りました。このPR活動を通じて、神奈川ブロック協議会のブロック大会運営委員会と茅ヶ崎JCとの間の結束が深まり、また茅ヶ崎JCメンバー自身の意識も変わって行ったのが感じられました。今年度のブロック大会の特徴であった社会実験、雄三通り活性化プロジェクトへの参画は茅ヶ崎JCとしても大きな挑戦でした。多くの関係諸団体の皆様のご支援を頂きながらの運動展開、そして当日のブース設営に至るまで長期間に及ぶ事業でしたが、地域活性化のためのまちづくりの可能性を感じさせる事業であったかと思います。ブロック大会当日についてはこちらでも取り上げさせて頂きましたので、詳細はそちらに譲りますが、行政をはじめとする関係諸団体の皆様や茅ヶ崎JCの諸先輩方に多大なるご支援を頂いたことはもちろん、やはり実行部隊であるブロック大会実行委員会のメンバーの皆様の汗と涙なくして実現することはできなかったと思います。ブロック大会主管LOMとして何ができるか、各部会において考え抜いた結果はいずれも私の想像を超えるもので、メンバーの皆様には感謝しかありません。最後のありがとうブロックへの引率もご苦労様でした。今年度、ブロック大会実行委員会の皆様の汗と涙はこのまちを変える礎となり、次年度以降の茅ヶ崎JCの貴重な経験と財産となったことは間違いありません。メンバーの皆様にとってもブロック大会主管LOMとしての1年間を過ごした経験を、これからのJC運動、そして人生にぜひ活かして下さい!最後に、ブロック大会実行委員会のメンバーの皆様、大変お疲れ様、そしてありがとうございました!

      テーマ:
  • 20Dec
    • OMOIYARI委員会ご報告!

      おはようございます。昨日はLOVE&PRIDE醸成委員会に続いて、OMOIYARI委員会の打ち上げでもご挨拶をさせて頂きました。そこで、引き続きOMOIYARI委員会のご紹介と委員会の事業報告をさせて頂きます。OMOIYARI委員会スローガン「想う心と愛でる心」委員長   藤澤  努副委員長   永田  健幹事    金子  遥理事    岡  陽子委員    麻生  光委員    大川 明嗣委員    加藤 隆之委員    加藤由香里委員    志村 冬樹委員    杉森 孝行委員    高久 秀明委員    永野 雄平委員    山宮 立珠委員    吉村 浩臣担当正副 副理事長 渡辺 久夫事業計画1.全体事業への参画2.3月第一例会3.関東地区フォーラムへの参画4.10月例会5.湘南4LOM合同懇談会6.湘南4LOMまちづくり会議7.ありがとう関東地区への参画OMOIYARI委員会はその名のとおり、青少年に対するOMOIYARI醸成事業を中心とした事業を担当しました。特に、今年に関して言えば、今や茅ヶ崎JCの看板事業へと成長した10月例会(ハロウィン事業)をOMOIYARI事業としたいという私の想いを引き継いでもらいました。ご承知のとおり、残念ながら台風の影響でハロウィン事業は中止にせざるを得なかったのですが、事業準備までの汗はメンバーや本事業対象者である中学生にはしっかりと伝わっています!また、3月第一例会もこれまでにない新しいOMOIYARI事業として、市内のお寺である宝生寺を舞台に「おもいやりの気モチ」と題した事業を行いました。ご住職からの法話や精進料理、そしてお餅つきから子供達のおもいやり精神の醸成を図りました。さらに、今年度の湘南4LOM担当委員会として、前年度提言された「観光」というテーマに関してさらに深掘りを行い、JCのストロングポイントが生かせる「着地型観光」についての理解を深めるための事業を行いました。茅ヶ崎JCにおける青少年向け事業として、これからもOMOIYARI運動は欠かせないものであり、本年はまた新しい1ページを刻むことができたものと思います。藤澤委員長をはじめとするメンバーの皆様、1年間大変お疲れ様、そしてありがとうございました!

      テーマ:
    • LOVE&PRIDE醸成委員会ご報告!

      おはようございます。FMレディオ湘南の番組出演に続いて、昨日はLOVE&PRIDE醸成委員会の最終委員会兼打ち上げが開催され、私も1年間の感謝の気持ちを込めてご挨拶させて頂きました。というわけで、本日から今年度の茅ヶ崎JCの委員会について、今更ながらご紹介を兼ねて活動報告をさせて頂きます。まずはLOVE&PRIDE醸成委員会のご報告から。LOVE&PRIDE醸成委員会スローガン「地域とともに未来をひらく」委員長   小林 拓也副委員長  望月 信史幹事    小川 正史理事    森永 信道委員    青木浩太郎委員    太田  憲委員    太田理一朗委員    加納 利春委員    高嶋 藍子委員    竹内 悟門委員    津脇 良輔委員    村澤  靖委員    湯舟 達也委員    吉田 健太担当正副 副理事長 山田 博之事業計画1.全体事業への参画2.4月第二例会3.ASPACへの参画4.8月例会5.9月神奈川ブロック大会記念事業6.湘南祭実行委員会への参画7.市民討議会実行委員会への参画茅ヶ崎JCの継続かつ看板事業である湘南祭とキャンプ事業を担当するこの委員会は、本当に多忙な1年を過ごしました。湘南祭では、前年に引き続き神輿康の中里康則様のご協力を頂いて神輿文化継承プロジェクトを継続、同時に砂像事業も復活させました。キャンプ事業では烏帽子岩上陸はもちろん、海の家に宿泊するという正に茅ヶ崎らしさ全開の設えで、参加した小学生に強烈なインパクトを与えたものと思います。また、本年はブロック大会記念事業としての「茅ヶ崎トレジャー祭」を開催し、こちらも大成功に終わりました。委員会の理事である森永信道君がブロック大会実行委員会の部会長として大活躍、委員会メンバーも社会実験部会として頑張ってくれました。茅ヶ崎市・文教大学・茅ヶ崎JCの三位一体事業である市民討議会も、今年度2回開催した重要事業であり、このまちの市民の皆様とまちの将来について討議しました。まちへの誇りと愛情を育むという単純ながらも難しいミッションをしっかりと遂行してくれました!小林委員長をはじめとする委員会メンバーの皆様、大変お疲れ様、そしてありがとうございました!

      テーマ:
    • FMレディオ湘南番組出演!

      おはようございます。昨日はFMレディオ湘南の「GO!GO!JC」に出演させて頂きました。レディオ湘南への出演は今年2回目、昨年以前も(確か)2回出たことがありますので、かれこれ4回目の出演です。レディオ湘南出演!前回は電話出演だったのですが、今回はミスターマックス湘南藤沢ショッピングセンター内にあるレディオ湘南特設スタジオにて生収録に参加。今年度、共に歩んできた相田専務と出演して、茅ヶ崎JCの執行部として、また卒業生として、今年について振り返るという趣旨です。今年度総務広報委員会の岡本委員長と次年度総務広報委員会の藤澤委員長が引継ぎを兼ねて同席してくれました。早速収録。今年はFM湘南ナパサやFMヨコハマにも出演させて頂きましたが、やはり生収録は緊張します。というわけで、先日行われたばかりの卒業式の日付を間違えてしまいました。それでも、今年度理事長、今年度卒業生として、残るメンバーに対する想いを語らせて頂きました。卒業する身としては、やはり何はなくともJCは40歳までの組織、悔いのないJC生活を送って下さい、ということに尽きます。FMレディオ湘南の皆様、今年1年間大変お世話になりました。どうもありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

      テーマ:
  • 19Dec
    • 2016年について。

      おはようございます。ついに昨年度、2016年まで来ました。岩澤あゆみ理事長の下で再び副理事長を務めました。担当する委員会は瀬川政仁委員長率いるLOCAL FIRST実践委員会です。同じ副理事長という役職でも、担当委員会・担当事業が異なると全く対応が変わってきます。その意味で、私は3委員会を副理事長として担当することができたのはとても良い経験でしたし、委員長をはじめとするメンバーの成長を目の当たりにできること、特にメンバーがさらなる上の役職にチャレンジすることは担当冥利に尽きます。さて、LOCAL FIRST実践委員会は、3月例会、8月第一例会、そして湘南4LOMまちづくり会議を担当しました。3月例会では、「地域再生フォーラム~平成の寺子屋を目指して」と題するフォーラムを開催致しました。それまで茅ヶ崎JCとして全く取り組んだことがなかった「子どもの貧困問題」に真正面から挑み、地域の大人たちによる教育を通じた地域コミュニティ再生の重要性について広く告知することを目的としました。また、8月第一例会では、「平成の寺子屋~茶道から学ぶおもてなし」と題して、茅ヶ崎茶道会様の全面的なご協力の下に茅ヶ崎市勤労市民会館に茶室を設え、3月例会で募った地域ボランティアの皆様と共に、小学生の参加者に対して和菓子作り体験と茶道体験をしてもらいました。子供達に対しては茶道を通じたおもいやり精神の醸成を、地域ボランティアの皆様には今後も地域で子育てすることの意識の醸成を実現できたものと思います。LOCAL FIRST実践委員会のメンバーは瀬川委員長のリーダーシップの下、それぞれの役割を全うし、いずれの例会も成功に導きました。また、両例会に参画して下さった地域活動支援センター「光の風」様より一連の事業について大きな評価を頂き、同センター主催の「地域ネットワーク会議」において瀬川委員長が講師として講演を行うという貴重な機会も頂きました。岩澤理事長が掲げる「地域の諸団体との連携を通じた地域コミュニティの再生」への道筋の一助になったものと考えます。そして、湘南4LOMに関しては、7年目にして初めて担当として関わりを持たせて頂きました。幹事LOMである寒川JCの佐藤正憲議長の下、2020年を一つのターゲットとして「観光」というテーマにフォーカスすることを提言させて頂きました。そこに至るには様々な苦労があったのですが(湘南4LOMまちづくり会議の臨時役員会を2回やりました…)、この時の経験によって湘南4LOMの皆様と多くの繋がりを持つことができました。そして、先日の卒業式において、昨年度湘南4LOMスタッフメンバーがわざわざ茅ヶ崎にまで駆け付けてくれたことには、本当に感謝しかありません。前年度に引き続きの海外ミッションであるASPAC高雄大会、とても楽しかったです。ざっと振り返ったところでも、本当に色々なことがあった7年間でした。1年1年の積み重ねによって今年があるということをあらためて実感すると共に、これまで私をここまで導いて下さった全ての皆様にあらためて感謝申し上げます。

      2
      テーマ:
  • 18Dec
    • 2015年について。

      おはようございます。2015年、都築佑介理事長の下で副理事長を務めました。初めての正副ということになりますが、いきなり2つの委員会を担当することとなりました。渡辺久夫君が委員長を務める地域交流委員会、そして佐藤青藍君が委員長を務める茅ヶ崎LOVE&PRIDE醸成委員会です。少し細かい話になりますが、茅ヶ崎JCでは副理事長の下に「室(トップは室長)」は設けていないので、副理事長が委員会を直接担当する形となります。まずは地域交流委員会。新年会に始まり、京都会議引率、寒川JC合同例会(ドッジボール大会)、大岡越前祭、湘南祭クリーン事業、家族会(バーベキュー)、未来手"想"図(サザンビーチフェスタ)、全国大会東北八戸大会引率、そして卒業式第二部に至るまで、茅ヶ崎JCの対内・対外交流関係事業を一手に引き受けて駆け抜けました。特に、卒業式第二部の卒業生一人一人に寄り添った演出は大変好評でした。1年間を通じて盛り沢山の内容で、委員会メンバーにも負担は大きかったと思いますが、渡辺委員長がこだわりをもっていた委員会出席率も素晴らしい結果を残して、LOM内の結束を図るという目的は十二分に達成し、また委員会メンバー自身にとっても成長に繋がる年になったものと思います。次に、茅ヶ崎LOVE&PRIDE醸成委員会。5月例会(湘南祭事業)と8月第二例会(キャンプ事業)という今も継続している茅ヶ崎JCの看板事業というべき2つの事業を担当しました。湘南祭事業は、以前こちらでも取り上げたことがありましたが、サザンビーチに巨大えぼし麻呂像を作成して、子供達に海岸を大切にすることを学んでもらいつつ砂像作成の体験事業を行いました。また、この例会では茅ヶ崎JCとしては久々となる100%出席例会を達成することができました。そして、キャンプ事業では市議会議員である山田悦子様のご厚意で里山公園近くの土地をお借りしての野営、そしてこのまちを舞台としたマメ記者活動という新しい試みを挑戦しました。佐藤委員長は慣れない現場系の業務が山積する中、適材適所でメンバーの力を存分に発揮させて、本当に素晴らしい事業を構築することができ、また子供達の地域に対する誇りと愛情の醸成にも成功したものと思います。この年はASPACコタキナバル大会、世界会議金沢大会にも参加させて頂きました。前年度のASPAC山形大会には参加していましたが、国外ミッション・世界会議は初めての参加で、個人的にも思い出深いです。国際ミッション参加はなかなかハードルが高いと思われがちですが、やはり我々はJC「I」、すなわち「Junior Chamber International」という国際に繋がる組織の一員なのですから、その機会を存分に活かして、世界各地での多様性を学びつつ、また志を同じくする世界の仲間の存在に刺激を受けて、明日からの運動の糧にして頂きたいと思います。また、前にもこちらで取り上げました市民の森の公園整備事業もこの年の事業で、またハロウィン事業を初開催したのもこの年でした。市民の森!2015年は前年の出向の年にも増してJCが忙しい年ではありましたが、とても充実した年でした。続きます。

      テーマ:
  • 17Dec
    • 第12回日本JC理事会!

      おはようございます。昨日は第12回日本JC理事会にオブザーブ参加させて頂きました。今年度最後の日本JC理事会ということで、これまでにも増して全国から多くの理事長がオブザーブ参加されていました。冒頭の青木照護会頭(名古屋JC)によるご挨拶。最後は少し感極まったように見えました。この日は審議事項70項目、報告事項19項目という最後に相応しいボリューム。JCブランディング会議の副議長である渡辺久夫君が担当した年間広報議案も上程され、無事審議されました。偶然にもこの日が40歳の誕生日だった李議長、1年間大変お疲れ様でした!茅ヶ崎メンバーも大変お世話になりました!取材のためにJC会館に来ていた渡辺君、この日の私のアテンドだった小林拓也委員長と一緒に記念撮影。この2人が次年度茅ヶ崎JCの理事長・専務として茅ヶ崎JCを引っ張ります!今年度の日本JCの運動もこれで一区切り、次年度池田会頭予定者にバトンが引き継がれます。今年度の日本JC関係者の皆様、大変お疲れ様でした!

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス