フェイスリフト(頬のリフト) ネックリフト(首のリフト) 症例写真 | シエルクリニック院長ブログ

シエルクリニック院長ブログ

他院修正、美容整形症例写真多数掲載しております。

六本木東京ミッドタウン隣、
正しい美容外科の知識を紹介します。


テーマ:


フェイスリフト   頬のリフト



首のリフト   ネックリフト


フェイスリフト   頬のリフト


フェイスリフト フェイスリフト 傷跡

フェイスリフト 傷跡 フェイスリフト 傷跡

フェイスリフトとネックリフトの1年後です。


フェイスライン、アゴ下がすっきりしました。

耳たぶの形は、術前、術後も変化はありません。


SMASとリガメント(靭帯)の処理をしっかり行えば、傷に力がかからないので、フェイスリフト耳にはなりません。


フェイスリフト耳にならないという事は傷に引っぱる力がかかっていないので、傷跡もきれいに治ります。

傷に引っぱる力がかかると傷が赤くふくらんだり(肥厚性瘢痕)、盛り上がったりして汚い傷跡になってしまいます。


白○で囲んだホクロを見れば、ホホの皮膚が引き上げられているのがわかります。

今回は皮膚の余りも多かったため、多めに皮膚切除していますが、通常は頬やフェイスラインのタルミが引き上がった分だけ必要最小限の皮膚切除を行います。

皮膚を多く取るのが目的ではなく、タルミを取るのが目的だからです。


耳の前の皮膚を多く切除したからといって、タルミが取れるわけではありません。

SMASやリガメント処理をせずに皮膚切除だけ多く行うと傷が目立ったり、フェイスリフト耳になってしまいます。


フェイスリフト後の傷跡を修正しにいらっしゃる方が結構多いです。





こちらのモニター様の詳しい記事は

http://ameblo.jp/ciel-cl/entry-11598336348.html

http://ameblo.jp/ciel-cl/entry-11607977291.html

http://ameblo.jp/ciel-cl/entry-11776383911.html



この施術に関するご相談・お問い合わせは

シエル美容クリニックまでお願いします。

http://www.ciel-cl.com




シエル美容クリニック院長ブログ-フェイスリフト クリック他のフェイスリフトの症例も多数掲載しております。




シエル美容クリニック院長ブログ-眉下切開
クリック眉毛下切開の症例を多数掲載しています。




シエル美容クリニック院長ブログ-目の下のタルミ取り
クリック目の下のタルミ取り症例写真多数掲載しています




シエル美容クリニック院長ブログ-無料カウンセリング





シエルクリニック院長ブログ-20%オフ












cielさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス