訂正(確定申告2020) | 中国地方の大家の不動産賃貸業日誌
新型コロナウイルスに関する情報について

中国地方の大家の不動産賃貸業日誌

広島で不動産賃貸業をしている大家の業務日誌

先日書いた記事の訂正です。

 

新ブログで確定申告の記事を書いていたら誤りに気付きました。

 

申し訳ありません!

 

新ブログの記事の入力にものすごく時間がかかるので、

 

形になるまで少し時間がかかりそうです。

 

雑感などの軽い感じの内容はこちらのブログに書くようになると思います。

 

 

 

さて、

 

2020確定申告について、

 

前回は今年度の申告分から青色申告控除が減額になる

 

と書きましたが、

 

正しくは、今年度分の申告からの誤りです。

 

つまり2020年(令和2年)分を申告する来年からの適用のようです。

 

来年からは

 

・青色申告控除65万円→55万円

・基礎控除38万円→48万円

 

となります。

 

ただし、青色申告控除を引き続き65万円に据え置く条件を満たせば、

 

65万円の控除が適用されます。

 

 

・e-taxによる申告

または

・電子帳簿保存

 

の2種類です。

 

いずれも事前の準備が必要なので、

 

確定申告に関心のある今の時期に準備しておくとよいかと思います。

 

 

e-taxによる申告

e-Tax のご利用の流れは、

1 マイナンバーカードを取得! 

2 IC カードリーダライタ又はスマートフォンを用意! 

 ※ マイナンバーカードの読み取りに対応した IC カード リーダライタ又はスマートフォンが必要となります。 

3 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」へ 確定申告書・青色申告決算書等のデータを作成し、送信します。

 

電子帳簿保存

令和2年 9 月 30 日までに承認申請書を提出し、同年中に承認を受けて、同年 12 月 31 日 までの間に、仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存を行うことで、65 万 円の青色申告特別控除を受けることができます。

 

(いやーちょっと確認不足ですみませんでした・・・)

 

控除が増えることになるので良い変更ですね。

 

コロナウイルスの影響により、

 

申告期限が1か月延長され、令和2年4月16日までになりましたので、

 

一応お知らせしておきます。