小田原釣れない日記
  • 20May
    • 037 & 038-180520 お誕生日 & フラット狙いと親子フィッシング

      5月18日(金)は、娘の11歳のお誕生日でした。ここまで無事に育ってくれて有難う!という事で、会社を早めに脱出、家に帰ってお誕生会をしました。そういえば、ここ4~5年、一緒に誕生日を祝ってあげた記憶がありませんでした。いつも出張中のような気がします。今回は、娘の希望で、初めてホールケーキを買ってきました。我が家は奥様とお子様と私の3人家族、今までケーキは食べきれないという事で、自分の好きなショートケーキを選んでいましたが、そんな時、娘から「どうして内は大きなケーキじゃないの?」という言葉が・・・。よって、今回はあらかじめケーキ屋さんに予約を入れていたようです。結構な大きさのケーキです。私も食べましたが、奥様と娘で頑張って完食したようです。絵柄は、大好きな「動物と話せる少女リリアーネ」です。娘には本を良く読む子に育ってほしいと思い、一番初めに買い与えた本の主人公です。現代の「ドリトル先生」版ですね。ドリトル先生は私もドキドキしながら読んだ記憶があります。今では、娘と一緒にリリアーネを読んで、お互いの感想等を言い合っています。初めてのホールケーキ どうやって切るか、悩んでいました。お誕生日のプレゼントは、本で良いと言っていたので、奥様が新たに5冊プレゼントとして買ってきていました。本当は、プレステ等のビデオゲームにも興味があるみたいですが、一応我が家では今の所禁止となっています。この日は、ご馳走を一緒に食べて、明日土曜日のために、早めに就寝、お子様はプレゼントの本をかなり遅くまで読んでいたようです。翌土曜日は、朝3時には起床、いったん外に出て雨が降っているのを確認して、潔く釣りは諦めました。雨だけなら問題ないのですが、風が結構強いようでした。また、7時頃まで寝て、外を見ると雨は止んでいましたが、風は相変わらずでした。それでも、取りあえずは浜辺までブラブラと偵察しに行きました。海に近づくと、いつもよりかなり大きな波の音が聞こえてきます。キス釣りの人はいないようでしたが、青物を狙っている人は結構いました。結局この日は、家でゴロゴロして、うたた寝して、といつの間にか時間を浪費したという感じでした。そして、本日ようやく釣りに行く事が出来ました。釣行データ(037-180520)2018年05月20(日) 03:50~ 06:50場所:山王海岸潮汐データ:中潮  満潮 06:47 潮位 134 干潮 14:14 潮位  15日の出:04:36、日の入り:18:44天候:晴れ風 : 北北東の風1m(4時)~北北東2m(6時)~北東の風3m(7時)潮色 : クリアターゲット : フラットフィッシュ釣果 : ソゲ×1匹目撃情報 : なし3時50分にスタートフィッシングです。自分が浜に着いた時には、すでに何人かは釣りをしていました。皆さん、昨日の土曜日になかなか釣りが出来ず、今日は張り切ってきたようです。しかし、本日は風が微妙に強く感じます。天気予報では、朝4時では北北東の風1mとの事で、それ以降2mとなり、3mと強くなってくる予報でしたが、実際にはそれ以上に感じました。そこで、最初に選んだルアーは、風があってもある程度投げれるぶっ飛び君から開始しまいしたが、これでも苦しい状況でした。そこで、直ぐに飛びキングに交換して撃っていきます。潮は、東から西に流れており、本来なら北からの風予報でしたが、結構な向かい風に感じられ、飛びキングでもなかなか難しい状態でした。それでも、辛抱強く撃っていっていると、夜が明けて少したった4時46分、波打ち際で明確なヒットがありました。型は大きくありませんが、ヒラメのお子様が元気よく飛びキングのリアフックをがっちり加えて上がってきました。このコンディションで、なおかつ、飛びキングでの初釣果、単純に嬉しかったです。欲を言えば、やはり胸を張ってヒラメと言えるサイズを釣りたいと思うのですが、なかなか上手くは行きません。4時46分 ソゲ×飛びキング105H ピンキーホワイト素早くリリースして、後続を狙いますが、その後も風は相変わらず激しく、吹いていました。よって、フラットは諦めて、5時40分よりキス釣りにターゲット変更としました。投げ竿なら、もう少し釣りになるかと思ったのですが、それでも厳しい事には違いなく、こちらも結局30分程で見切りをつけ、再度、飛びキングのカラーチェンジをしてフラットに専念しました。しかし、その後は何も起こらず、6時50分にストップフィッシングとしました。家に帰ると、食事をして再度ベッドへ・・・。お昼前に秀吉さんからLINEで、小田原漁港のアジ祭りの情報を頂きました。ネットで調べると、面白そうだったので、お子様にお伺いを立てると、学校の宿題(なんでも新聞を作っているとの事でした)があるので、今行けないとの釣れない返事、残念でした。仕方がないので、また、部屋に戻り、YouTubeで釣りの番組を見たり、まどろんだりしていました。15時前ぐらいに、お子様の宿題も終わりそうだというので、近くの海岸で釣り行かない?と誘うと、今度はOKの返事が来ました。お子様の気が変わらない内に、今年初めての親子フィッシングに行ってきました。釣行データ(038-180520)2018年05月20(日) 15:10~ 17:50場所:国府津海岸潮汐データ:中潮 干潮 14:14 潮位  15        満潮 21:44 潮位 130日の出:04:36、日の入り:18:44天候:晴れ風 : 東の風3m(15時)~南東1m(18時潮色 : クリアターゲット : キス釣果 : なし目撃情報 : なし15時10分 釣り開始です相変わらず、風は結構吹いていました。しかし、ジグを投げている人や、家族で釣りに来ている人等、結構な人出でした。何とかストレスなく釣りが出来る場所を見つけて釣り開始です。お子様には、私の予備の竿の旧ラテオに10号のジェット天秤を付けて、ジャリメを針に付けて差し上げ、投げ込んであげます。昨年の夏に、このスタイルでキスを釣り上げていますので、釣り方が様になっています。本人も、早く魚を釣り上げたいらしく、どれぐらい手ごたえがあったら、合わせるのか?とか色々聞いてきます。出来るなら、エサも自分で付けれるようになってほしいのですが、そんなことを要求すると、今後遊んでもらえなくなりそうなので、ここはせっせとエサを付け、色々とアドバイスをします。私も、隣で投げ竿を出して投げ込みます。しかし、釣りが出来ないほどではないですが、やはり結構な風が吹いており、なかなか釣りづらいです。また、距離も伸びません。せいぜい3色半程度しか飛ばすことが出来ませんでした。出来れば、魚を釣り上げ、娘に自慢もしたかったのですが、無情な事に魚からの便りはありません。娘も頻りに竿を聞いたりして、巻き上げ、エサの確認をしたりしていました。奥様も途中から応援に駆けつけてくれたのですが、結局魚の顔を見ることなく、晩御飯の買い物に出かけて行ってしまいました。17時 魚が付いていないか確認中今年初めての親子フィッシュングは、二人で丸坊主でのスタートでした。私は、Tシャツに半パン、娘も薄着をしているため、だんだん寒くなって来て、17時50分にストップフィッシングとして、家に帰りました。それでも、お子様は結構満足してくれたみたいでした。次は、もう少し風が少なく、温かくなってからまたチャレンジしたいと思います。明日は、22日からの海外出張に備えて、有休を取っています。よって、再度朝のフラット狙いに出かける予定です。何とか、ヒラメサイズをものにしたいと思いますが、いつ釣れてくれる事やら・・・。幸い明日の朝方は、風は弱まりそうなので、頑張って来たいと思います。

      46
      6
      テーマ:
  • 15May
    • 035&036-180515 有休取ってダブルヘッダー

      本日は、有休を取りました。2~3か月前から左足のかかとが痛みだし、時々しびれるような感じもしていました。普通に歩く時にも、少し左足を引きづるような歩き方になっていて、ウェーダーを履いて釣りをする時も、かなりゆっくりとしか歩けませんでした。よって、時間の取れる時に整形外科に行こうという事です。病院に行った結果は、継続的な疲労と、もともと足の骨格(一般よりもかなり足の甲が高いとの事)に起因するもので、日々ストレッチをするように指導されました。また、痛み止めの薬も処方していただき、お昼に飲んだ所、今は、これまでの痛みが嘘のように消えています。今後は、奥様に手伝ってもらって、足首のストレッチをする事になりました。いつまで続くか心配です。というわけで、病院前に釣りに行ってきました。本日の狙いは、早朝はルアーでフラット狙い、日が昇って来て、キス釣りに変更というプランです。ジャリメは昨晩に内田釣具店さんで購入。私の帰宅時間の夜8時にも開いていて便利です。釣行データ(035-180515)2018年05月15(火) 04:00 ~ 07:23場所:山王海岸潮汐データ:大潮  満潮 04:00 潮位 144 干潮 10:37 潮位  9日の出:04:40、日の入り:18:40天候:晴れ風 : 北西の風2m(15日04時)~南東1m(15日8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ、キス釣果:なし目撃情報:フグ今日は少しゆっくり目のスタートで4時に開始です。その時は、まだ誰も浜辺には来ていませんでした。ぶっ飛び君 レッドシャイナーで撃っていきます。潮は東から西にかなりの勢いで流れています。正面に投げても西側から帰って来ます。よって、扇形に距離を変えながら探っりつつ、西へ東へ移動していきます。しかし、まったく反応なしです。その後も、パワーシャッド、エフリードバイブ等で撃ちますが、全然魚からの反応はありませんでした。しかし、目の前では漁船が頻りに網を下ろして漁をしていました。どうもシラスを取っているのでは無いようです。前に国府津海岸で見た時のシラス漁と違う網を使用しているみたいです。同じ網を使っているかは分かりませんが、とにかく魚はいるようでした。しかし私の所にはいつものごとく来てくれませんでした。4時38分 操業中の漁船 船尾から網を下ろしているいるのが見えます5時を過ぎると、ちらほらキス釣りのベテラン達がやってきました。結局私もフラットフィッシュは諦めて、キス釣りを開始しました。5時30分 キス釣り開始海は、まったりしているようですが、27号の天秤でもかなり西側に流されてしまいます。ジャリメを付けて、何回か撃ち込んだのですが、エサはどうやら取られて帰って来ます。そうこうしている内に、三本針の内、2本がなくなって帰って来ました。どうやらフグがいるようです。新たに、仕掛けを交換して撃ち込んでいきますが、結局魚からの便りはなしで、7時23分にストップフィッシングとしました。ちょうど帰りがけに、隣でやっていた人がフグを釣り上げたのですが、今回確認出来た唯一の魚でした。他にもキス釣りのベテランがたくさんいましたが、私自身では釣り上げた所を確認出来ませんでした。家に帰ってから、風呂に入り9時前には近くの病院に行きました。結局、診察が済んで家に帰り着いたのは12時前でした。その後、奥様と来来亭でラーメンを食べに行き、ホームセンターでお買い物、家に帰ってひと眠りと、まったりして過ごしました。お子様が学校から帰って来ておやつを食べていましたが、なんと、今日は英語のクラスに行く日だとの事です。そのため、奥様はお子様の付き添うのため、一緒に出掛けてしまいました。よって、またまたラッキーな気分になり、エサも残っている事もあり、ちょっとだけキス釣りに再度チャレンジする事にしました。釣行データ(036-180515)2018年05月15(火) 17:36~ 18:50場所:国府津海岸潮汐データ:大潮  満潮 17:16 潮位 148 干潮 22:55 潮位  69日の出:04:40、日の入り:18:40天候:晴れ風 : 南西の風2m(15日17時)~西南西2m(15日19時)潮色 : クリアターゲット : キス釣果 : ダイナンウミヘビ1匹目撃情報 : なし奥様、お子様を送り出して、家でボチボチと用意して、浜へ向かいました。東側にルアーをやっている人が一名、その他、海を見に来ている人や、家族で波打ち際で遊んでいる人達がいましたが、結構がらんとした様子でした。波は穏やかでした。いつもの場所に陣取り、戦闘開始です。17時36分 釣り開始ですこの場所は、朝方はいつもベテランが狙っている場所で、自分でキス釣りをするのは初めてです。朝方はキスも釣れていたようですが、果たして夕方は?ジャリメを付けて撃ち込んでいきます。この時間は、潮は西から東に流れていました。朝方よりはまだ緩いですが、それでもかなり流されます。肝心のアタリの方はなく、しかし、上げてみると何かにかじられたようになって上がってきます。小さなカニか何かがかじっているような感じです。結局、こちらでもキスの小気味の良いアタリはなく、1時間程撃ち込んだ時に、サビいていると重くなりました。最初は、ヒトデでも着いたか?と思ったのですが、上げてみると細長い魚が付いていました。よく見てみるとダイナンウミヘビの赤ちゃんです。幸いな事に仕掛けはきれいなままで上がってきました。これも私にとっては初めての魚種となります。ルアーでも時々釣れているようですが、出来るだけ釣りたくない種類の魚です。きれいに口にかかっていましたので、直ぐに針を外してあげ、海にお帰り頂きました。18時24分 ダイナンウミヘビの赤ちゃんその後もエサを付けて撃ち込んだのですが、アタリはなく、また暗くなりだしましたので、結局、18時50分にストップフィッシングとなりました。今日の釣りは、残念な結果になりましたが、海は穏やかで非常に気持ちの良い日でした。懸念した左足も、今ではすっかり痛みを感じなくなっております。今後ストレッチ等をしなくてはならないと思いますが、取りあえずは今日は充実した一日を言えると思います。明日からは、また会社へ出社となりますが、次の週末で何とか魚を釣り上げたいと思います。その後は、再度の海外出張となっておりますので、何とか天気が良くなることに期待したいと思います。

      40
      2
      テーマ:
  • 12May
    • 034-180511~12 通しで釣り(ターゲットは、アジ、大サバ、追加でキス)

      やっと週末がやって来ました。本日は、かかりつけの医者へ行くために、会社は15時で引き払って小田原に帰って来ました。もちろん、帰宅後は釣りに行く気満々です。医者から帰って来てから、余裕を見せて奥様とお子様としばしお話をして、おにぎりを握ってもらって出発です。本日のプランは、まずは夜中にアジ狙いです。いつもは時間の関係上、2時間程度で終わるのですが、今回はアミコマセも2ブロック用意して臨みます。その後は、場所取りもかねて仮眠、そのまま、最近ちらほら聞こえてきたサバの釣果を狙って、ジグをしゃくる計画です。という事で釣行記録です。釣行データ(034-180511~12)2018年05月11(金)19:50~05月12日(土)08:30場所:国府津海岸潮汐データ:若潮(5/11)  満潮 14:00 潮位 110 干潮 20:03 潮位  56        中潮(5/12)        満潮 02:35 潮位 130 干潮 08:55 潮位  525/11 日の出:04:43、日の入り:18:375/12 日の出:04:42、日の入り:18:38天候:晴れ風 : 南西の風2m(11日18時)~南南西1m(12日8時)潮色:クリアターゲット:アジ、サバ釣果:アジ8匹(25~27㎝)、クサフグ 7匹、シロサバフグ 匹、キス 1匹(22㎝)、カワハギ 1匹(24㎝)目撃情報:小サバ、キス釣り場に到着後、仕掛けをセットして19時50分にスタートフィッシングです。風もなく、非常に快適な夜でした。5月11日 19時50分 いつもの場所で釣り開始今回は、東側に4号竿+自作グリーンスキンサビキ、西のテトラ側に5号竿+自作ピンクスキンサビキです。しかし、いつもサビキのレシピを替えていますが、基本的にどれが良いのか、まだ良く分かっていません。何となくピンク色が全般的に確実そうですが、グリーン、白等の色も侮りがたく、毎回迷っています。今回は、完全に日が暮れてからのスタートでした。以前ベテランに聞いた話では、暗くなりかけてからが良いとの事でした。最初は何も魚からのシグナルがなく、非常に不安になります。そして、ようやく開始より1時間して、いつものごとくクサフグのお出ましです。これは5号竿+ピンクスキンサビキに来ました。今までの経験上、クサフグで始まり、その後アジに切り替わっていくというパターンが多いため、その後に期待します。その後、直ぐにアタリがありました。無事取り込んだのは、丸まると太ったアジでした。18時51分 アジ×4号竿グリーンスキンサビキ(赤いのは力糸です)しかし、その後また時間が空き、ようやく21時45分にアタリがありました。しかし残念ながら(フグでした)。その後もしばらく沈黙し、ようやく5号竿+ピンクスキンサビキに明確なアタリがありました。しかし上がってきたのは、フグとアジの一荷で、しかも仕掛けをグチャグチャにしての登場でした。21時09分 フグとアジの一荷×5号竿 ピンクスキンサビキあえなく、仕掛けを再度同じピンクスキンサビキに交換して続けていきます。しかし、またもや長い沈黙でした。ようやくアタリがあったのは23時17分、しかもまたもやフグチンです。しかし、その後、約10分後の23時36分にアジを追加、更に23時44分、56分とアジを順調に追加していきます。しかし、その後が続かず、11時59分、00時09分、00時34分、と3連続フグチン、ようやく00時44分にアジ追加です。00時44分 アジ×グリーンサビキその後、00時57分にアジを追加して、長い沈黙が続き、コマセの終了の最期の1投で02:00時にアジを追加しました。これにて、ぶっこみサビキでアジの部は、終了です。最期のアジは、結構いい引きをして釣れて来てくれたのですが、それでもおそらく26㎝程度でした。最期のアジ 02時00分 4号竿+グリーンスキンサビキ今日は、なかなかアジの明確な穂先を絞り込むようなアタリが少なく、気分的には何となくもやもやとしたものが残ってしまいました。確実に回遊はしているのでしょうが、群れの規模が小さく、またその個体も小さくはありませんが、特別大きな個体もいないようでした。本日、帰宅してからのアジ集合写真です。丸まるして美味しそうです。辺りは、そろそろ場所取りの人達がちらほらと来ているようで、駅側から埋まって行っているようでした。私も、ぶっこみサビキの仕掛けをしまい込み、ショアジギの仕掛けをセットすると、持って来ていたレジャーシートの上で、しばしの休憩としました。本当は、寝袋も今回のために購入してきたのですが、今の時期は全く必要なく、ただ寝転がっているだけで寒さは感じませんでした。天気も良く、砂浜に寝転がり、星空を眺めながら、耳には絶えず波の音が聞こえてくるという最高の夜でした。釣りをしないでも、天気の良い日には、普通の日でも、ここで寝ようか?と本気で思ったぐらいでした。今回は、蚊はまだいませんでしたので、それも幸いだったのだと思います。まどろんでいると、辺りでは人が活動しだした気配がします。ちょっと見回してみると、少し早いですが、皆さんすでに浜辺に並んで砲撃を開始していました。結局、3時30分には、私もショアジギスタイルで再度釣りを開始しました。まだ、確率的に非常に厳しいとは承知しながら、いつものごとくずらりと人が並んで撃っていきます。私の東隣には、弓角を撃ちながら、投げサビキに交換したりして撃っている人がいました。小鯖を掛けたようですが、直ぐにリリースしていました。それ以外は全く魚からの反応はみられませんでした。4時53分 日の出魚っケが感じられませんが、実際には海の中は色々な魚が泳いでいるのだと思います。実際、夜のアジは何とかものにする事が出来ました。私の方は、昨晩からの疲れもあり、また、周りのまったりした雰囲気にのまれて、早くも戦意喪失状態でした。ちらほらと、キス狙いの人達もやってきたため、自分もキス狙いに変える事にしました。キスならクーラーの上に座って釣りが出来るという事です。早速、昨夜使った必要ない道具を手に、家に持って帰って、その代わりに投げ竿とキスの仕掛けを持ち、そのまま、内田釣具店さんに顔を出して、ジャリメを1杯購入、また、釣り場に戻りました。キス釣り開始です。6時5分 キス釣り開始ですジャリメを付けて、第一投目、思いっきり遠投します。と言っても、せいぜい4色しか飛びません。すると、仕掛けがなじんですぐに大きなアタリがありました。半信半疑で投げたばかりの仕掛けを回収していきます。魚からはグングンという、ちゃんと反応が返って来てます。そして、なんと、自分にしては非常に大きなキス、しかも今年初めてのキスを釣り上げました。6時07分 今年初のキス 22㎝俄然、気合が入ります。再度エサを付けて、投げ込んでいきます。すると、結構な割合で、反応があります。しかし、なかなかうまく針掛かりさせる事が出来ません。私の仕掛けは、湘南キス7号にホンテロン1号のハリス、エダスはフロロを使った3本バリ仕様です。天秤はデルナー天秤の27号です。針が大きすぎるという事はないと思うのですが・・・。キス釣りは、初心者で、良く分からないのですが、基本的に向こう合わせの釣りだと持っていたのですが・・・。しかし、反応はあるも針かかりせずです。ようやく、何とか針掛かりさせて、ファイト開始です。手元に大きな反応を得つつ回収してきたのですが、波打ち際でふっと軽くなり、バラシです。後から仕掛けを確認すると、針がなくなっていました。フグ?しかし、いつも釣っているクサフグにしては明確なアタリと反応でしたので、頭が??の状態になります。そして、7時34分にその正体が分かりました。私にとっての初めての魚、サバフグです。けっこうな大きさのフグです。家に帰って調べたところ、おそらくシロサバフグであり、食用にもなるとの事、しかし、自分で捌いて食べる気も起こらず、直ぐに海にお帰り頂きました。7時34分 シロサバフグ(初魚種)それからも、仕掛けを投げ込んでいくのですが、小さな反応はあるものの、針かかりせず、魚との勝負に熱くなっている時間が続きます。結局、8時20分に小さなアタリをとらえて、こちらも自身にとっては初めてのカワハギの大物を手にすることが出来ました。昨年は、ワッペンサイズは結構釣りましたが、今回は24㎝ありました。引き味も良く、慎重にずり上げた1匹です。8時20分 カワハギ 24㎝結局、キスは一匹しか釣れませんでしたが、その代わり大きなカワハギを釣る事が出来ました。昨晩からの疲れも出て来て、今日は、結局8時30分にストップフィッシングとしました。今回、大サバは残念ながら釣れませんでしたが、アジ、キス、カワハギと新魚種のシロサバフグを釣る事が出来て大変満足いく釣行でした。色々な釣りがあり、すべて出来るわけではありませんが、今後も積極的に続けて行きたいと思います。明日は、急きょ社内会議が入り、午後から東京に行かなくてはならなくなりました。しかし、午前中はフリーなので、また朝の時間を利用してフラット狙いに行く予定となっています。

      34
      4
      テーマ:
  • 07May
    • 032 & 033-180506 GW最終戦とまとめ

      いよいよ2018年度のGW最終日となりました。決戦場所は、いつもの西側サーフに決定、今日も気合を入れて早い時間から行ってきました。釣行データ(032-180506)2018年05月06(日)02:50~06:38場所:山王海岸潮汐データ:中潮        満潮 06:50 潮位 124  干潮 14:20 潮位 30日の出:04:48、日の入り:18:33天候:晴れ風 : なし潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:ヒラメ 2~3枚朝2時50分よりスタートフィッシング、海岸には誰もいないと思っていたのですが、ぶっこみサビキをしている方がいました。こちらの釣果はどうか?と少しお話をお伺いしましたが、あいにく釣れていないとの事でした。フラット狙いの方はまだ誰も来ていません。今日は東側に向かって撃っていきます。底を引いてくると落ち葉等が時々針にかかってきます。また、千切れた海藻も少し漂っているようです。キャスト後少しリトリーブをして、いきなり重くなり、ヒットか?と期待もしたのですが、何も動きなく、またイカでも抱きついたか?とも思いながら、何とか引き寄せてくると、大きな海藻でした。がっかりです。東側はゴミ等を拾ってくる回数が多い気がしたので、再度西側に大きく移動しながら撃っていきました。明るくなりだす頃には、さすがGW最終日という事で、フラット狙いの人達がぎっしり入ってきました。4時53分 日の出ようやく、辺りが見えるようになってきましたので、海面を眺めながらなんとか魚からのシグナルを確認しようとします。ルアーをとっかえひっかえして、遠近打ち分けていきます。しかし、魚からの反応はなしです。他の人達はどうかと、周りを確認すると、東側にヒラメを釣り上げた人が2名、西側からは腰にビニール袋をぶら下げて引き上げる人が1名と見受けられました。決して魚の活性が低いわけでは無いようです。しかし、サーフでの釣りは疲れますね。フィッシングベストを着て、色々な装備を付けて、ずっと立ちっぱなしという事で、腰や背中が痛くなってきます。そこで、今回は携帯式のイスをアマゾンでポチって持ってきてました。これも使わないときは、ベストにぶら下げてますので、その時は重いです。初めての使用でしたが、小さいだけあって、座り心地はあまりよくありませんが、気休めぐらいにはなりました。5時39分 一休み中結局、それからも少し頑張ったのですが、魚さんは今日は、自分の所には遊びに来てくれませんでした。6時38分に疲れ切ってストップフィッシングとしました。帰りがけに、小さな花が咲いているに気が付きました。なるほど、これがハマヒルガオか?初めて見ました。薄紫色の可憐な花でした。記念に写真に撮っておきました。6時40分 ハマヒルガオ家に帰ってみると、まだ家族は起きてきていません。ロッドやリール、ルアーを洗って陰干しして、メール等をチェックすると、fishingfolife さんからメールが入っていました。前日、fishingfolife さんも出撃するとの事でしたので、現場で会えたら良いねというやり取りがあったのですが・・・。わたしは西よりの場所でやっていて、結局は会えずじまいでした。fishingfolife さん、今回は会えませんでしたが、またの機会にお願いします。という事で、昼間は家族とテレビを見ながら話をしたりして、私の方はその間にぶっこみサビキ用のハリを結んだり等しながら過ごしておりました。しかし、GW最終日という事で、何とか有終の美を飾りたいと、再度夕まづめ狙いで出撃です。場所も今朝と同じ場所です。釣行データ(033-180506)2018年05月06(日)17:30~19:06場所:山王海岸潮汐データ:中潮  干潮 14:20 潮位 30 満潮 21:57 潮位 117日の出:04:48、日の入り:18:33天候:晴れ風 : 南西から西南西の風 4m~3m潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なし風の状態が気になっていました。天気予報を見ると16時で南西の風4、それから西南西の風3に変わる予定との事です。しかし、浜辺に着いて実際に体験してみると、結構な風が吹いています。軽いルアーでは何をやっているのか分からないくなってしまいます。結局、飛びキング一本で狙っていきました。これだと着底もばっちり分かります。私は、サーフの真ん中ぐらいの位置に入りましたが、東側の河口あたりに、やはり釣り人が一人見えました。それ以外の人達は、ご近所の人が散歩に来ているぐらいでした。真ん中から、西に向かって集中して撃っていきます。だんだん辺りが暗くなって来て、波も少し大きくなってきたような気がします。潮は明らかに動いている感じがしましたが、結局はドラマは起こらず、19時06分に2018年度のゴールデンウィーク釣行は終了となりました。海外出張から帰って来て、4月26日より休みを取り、途中、仕事での姫路出張、中国でのトラブル等はありましたが、内容の濃い休みを過ごすことが出来ました。釣りには、延べ13回行き、ヒラメ1匹、ソゲ4匹、ツバクロエイ1匹、アジ9匹とまあまあ魚の顔も見れました。また、家族との時間も、私の誕生日、娘の授業参観、箱根散策、奥様の実家への帰郷、お台場でのキュリオス観覧等、非常に充実したものでした。今日から、また日常の始まりです。5月23日からは再度海外出張、6月初めに帰って来てその1週間後には、さらに海外出張と、仕事は立て込んでおりますが、次回の釣りを楽しみにしてまた頑張りたいと思います。

      33
      4
      テーマ:
  • 05May
    • 031-180505 またもやソゲ & こどもの日 キュリオス観劇

      昨日夕方に埼玉より帰って来ました。思ったよりも早く帰れたので、夕方一勝負出来るかと思ったのですが、波が高くて断念しました。翌朝には治まってくれる事を祈って、家でダラダラしてました。そして、夜はコストコで買ってきた大好きなジャックダニエルで晩酌しました。昔はレギュラーサイズを一晩で飲めてましたが、めっきり酒量も減ってきています。軽く飲んで、早めに就寝し、翌朝に備えました。大好きなジャックそして、今朝、いつものように3時前に起床、すぐさま平塚沖の波の状態を調べてみます。3時の時点で106.2㎝、ちょっと高めだと思いましたが、GWも残すところ今日と明日のみとなっております。取りあえず海に行って見ようと出発しました。釣行データ(031-180505)2018年05月05(水)03:33~06:00場所:山王海岸潮汐データ:中潮        満潮 06:30 潮位 132  干潮 13:39 潮位 26日の出:04:49、日の入り:18:32天候:晴れ風 :若干の北風潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:ソゲ目撃情報:なし海に着いて見ると意外な事に波はおとなしめです。これであれば十分釣りが出来るとさっそく3時33分にスタートフィッシュングです。皆さん、波高を警戒したか、この時間なのに私一人でした。ようやく4時過ぎに数人が来た程度で、今までで一番空いていました。釣りの方は、今日は東から西への流れがきつくルアーがすぐに流されてしまいます。大潮の方が流れがきつそうですが、山王海岸も国府津もどうやら大潮よりも中潮の方が、潮の流れがきついように感じます。よって、ルアーを遠投して、東から西にかけて扇形に探っていく感じで撃っていきました。ぶっ飛び君、かっ飛び棒、パワーシャッド、飛びすぎダニエル、飛びキング等、ルアー交換を繰り返していましたが、なかなか魚からの便りはありませんでした。再度かっ飛び棒にルアーチェンジした時に、結構近めでやっとヒットしました。グングンと頭を振るような引き方をしていたので、最初はマゴチかと思ったのですが、上げてみるとまたもや小さなソゲっ子でした。4時46分 ソゲ×かっ飛び棒130BR 赤金グローベリー小さくても、何とか釣れてホッとします。素早くリリースして、さらに大型化を目指していきます。赤金が効くのか?と思い、ぶっ飛び君、飛びキングと同じカラーで試して見ましたが、結局その後はノーバイトで終了でした。しかし、大きなのが釣れません。かわいらしいソゲっ子は一生懸命アタックしてくれているのですが・・・。やはり大きくなるにつれて警戒心が強くなり、釣るのが難しくなるのでしょう。チヌにせよ、グレにせよ、コッパサイズは果敢にエサに食いついてきます。去年に比べれば贅沢な悩みですが、何とかサイズアップ狙いたいと思います。本日は、こどもの日です。よって、早々に釣りを切り上げて、東京はお台場へ出発です。今日は家族でキュリオス観劇に行ってきました。初めてお台場に来ました。なんとも賑やかな所で、良くテレビで見ていた光景です。また、すごい人の波です。キュリオス お台場ビッグトップ 今まで、シルク・ドゥ・ソレイユって、良く聞いていたのですが、てっきり劇団だと思っていました。しかし、本日やっと分かりました。実はサーカス団だと・・・。ちゃんと上の看板にも書かれてました。しかし、公演の方は、今まで見たサーカスの中で、ピカ一です。30分の休憩をはさんで、合計2時間30分の演技は非常に見ごたえのあるものでした。そして、大きなガンダムを見たり、ドイツビールの祭典である、オクトーバーフェスを通り過ぎて、すぐ隣で開催されていた肉フェス を横目でにらんで、フジテレビの方へ行って見ました。オクトーバーフェスも肉フェスも人が一杯でとても並んで入いる気がしませんでした。フジテレビの中では、ちびまる子ちゃんと写真を撮ったり、ゲゲゲの鬼太郎のポスターを見たりしました。また、せっかくなので、25Fにある「球体展望台」や24Fの「めざまスカイ」というめざましテレビで実際に使われているスタジオを見学しました。ちびまる子ちゃんと記念写真ゲゲゲの鬼太郎と ゲゲゲの鬼太郎は、アニメ化50周年記念で、なんでも6回目の放送だそうです。私が見ていたのは、第何回放送なのか?それにしても、その時代時代に合わせて、キャラクターの絵が変わってきてます。娘は、初めてゲゲゲの鬼太郎を知ったようで、キャラクターの説明をじっくりと読んでいました。という事で、GWも残りは明日だけとなりました。明日は、各自フリーとなっております。私の方は、今晩からアジ狙いで、そのまま早朝の大サバを狙って、続いて投げでキスを狙うという、計画を一瞬頭に思い浮かべてしまいましたが、やはり体力的に厳しく、思いとどまりました。大サバをターゲットに、国府津海岸へも行きたいのですが、熾烈な場所取りを考えると、もう少し釣れだしてからチャレンジしたいと思います。やはり、明日も西隣の山王海岸へ出撃して、ぜひともフラットフィッシュのサイズアップを目指したいと思います。

      31
      8
      テーマ:
  • 03May
    • 030-180502 二匹目のドジョウを狙ってぶっこみサビキ そして 奥様の実家へ里帰り

      5月3日からは、奥様の実家である埼玉県岩槻市に1泊2日で行く予定となっております。義兄家族も来て、久しぶりに賑わいのある一族団欒が待っています。そこで、ぜひともアジのお刺身を味わってもらおうと、夕方の天気が悪い中ぶっこみサビキに行ってきました。奥様からの激励を受け、いざ出発です。釣行データ(030-180502)2018年05月02(水)17:28~20:30場所:国府津海岸潮汐データ:大潮        満潮 18:47 潮位 139  干潮 翌00:12潮位 77日の出:04:52、日の入り:18:29天候:小雨風 :なし潮色:クリアターゲット:アジ釣果:アジ 25㎝×1匹、クサフグ3匹目撃情報:なし海へ出た時は、まだ雨は降っていませんでした。しかし、夕方7時以降は雨との事、そのため、去年購入していたゴアテックスのレインスーツを着込んでいきました。今まで私が着ていたレインスーツとは雲泥の性能の差がありました。感激ものです。おニューのレインスーツ そして、今回もう一つのニューアイテムは、キャリーカートです。家から海岸までは非常に近いのですが、最近体力の衰えを覚え、出来るだけ楽をしようと、キャリーカートを購入しました。チヌのウキフカセ釣りをしていた時以来の購入でした。砂浜でもある程度使えるように、車輪の大きなものにしました。ニューカート(移動が快適になりました)そして、前回良い目を指してもらった場所で17時28分に釣り開始です。今回の使用仕掛けは東側に4号竿+自作グリーンサビキ、西側に5号竿+自作ピンクサビキです。左がピンクスキンサビキ、右がグリーンスキンサビキです。面白半分で作ってましたが、結構市販のものと変わらないぐらい釣れるので重宝しております。エダスの長さや間隔、針の号数および仕掛けの糸の太さ等、自由に作れるため安心出来ます。今日は、万全の態勢を整えてきましたが、アタリが全くありません。開始後1時間を過ぎてやっといつものフグがかかってくれました。18時46分 クサフグ×自作グリーンスキンサビキ大体、最初はクサフグからスタートなので、これからアジがこの前みたいに来るぞ!と期待が膨らみます。しかし、今日は、それからが続きませんでした。ようやく分かりにくいアタリで釣れてきたのは、またグリーンスキンサビキにクサフグの一荷でした。19時11分 クサフグ一荷×自作グリーンスキンサビキまた、しばらく間が空きます。雨も少し強くなった気がします。そして、やっとグリーンスキンサビキの方に、明確な強いアタリが出ました。軽く合わせをくれると、手元に明らかにフグと違う力強いアタリが感じられます。今日の波際は、結構大きな波が押し寄せてきていますので、口切れのバラしが起きないように慎重に取り込みました。19時49分 アジ×自作グリーンスキンサビキ25㎝程度の丸々と太ったアジでした。アタリからすると尺は越えたかと思ったのですが…。その代り丸々とした美味しそうなアジでした。しかし、それ以降アタリが沈黙してしまいました。今日の終了予定時刻は20時30分と決めておりましたので、結局このまま終了となってしまいました。奥様に大見得を切って出てきましたので、残念な結果となってしまいました。今回のぶっこみサビキですが、ピンクスキンサビキに全く反応がありませんでした。いつもだと、大体ピンクスキンサビキの方が反応が良いのですが…。まだまだ分からない事だらけです。また、4号竿と5号竿の使用感もずっとチェックしています。感覚的にはここでのアジ釣りには4号竿で十分な気がしますが、それだと仕掛けを投入する距離を犠牲にするため、まだ4号竿が良いのか、もしくは5号竿が良いのか、結論が出ていません。取りあえず、さびしいですが家に帰ってアジの写真を撮りました。そして、本日は朝も少しは釣りが出来ないか?と気になり、いつもより少し早い2時30分頃に目が覚めてしまいました。雨は降っているようですが、雨だけならレインスーツを着て、少しは出来ると思っていたのですが、平塚沖の波のデータを見ると、結構波が高くなってきています。しかし念のためと思い、海まで様子を見に行ってきましたが、やはり大きな波がテトラを洗っている状態でした。また、人も誰もいません。素直に諦めて、二度寝を決め込みました。そして午前中に、奥様の実家の埼玉県岩槻市に来ています。まずは、お義父さん、お義母さんを岩槻で拾い、そして三郷にあるコストコを目指しました。そこで義兄一家と合流して、お買いものを済ませ、今岩槻の家にいます。それにしても、コストコはすごい人気で入場するまでに大分待たされました。ここで色々と食材をそろえて今日はみんなで宴会となります。本日は、ここに泊まり明日には小田原へ帰れますので、次の釣りは土曜日の朝となります。海の状況も静まってくれることを祈っています。

      18
      4
      テーマ:
  • 02May
    • 028-180501 またソゲっ子 そして 姫路出張 & 029-180502 フラット狙い

      5月1日は、お仕事で姫路に出張でした。しかし、朝方にはきっちりとフラット狙いに行ってきました。釣行データ(028-180501)2018年05月01日(火)03:21~05:53場所:山王海岸潮汐データ:大潮        満潮 04:49 潮位 144  干潮 11:27 潮位  15日の出:04:53、日の入り:18:29天候:晴れ風 :なし潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:ソゲ目撃情報:なし本日も、気合を入れて2時45分起床でした。しかし、起きるのが辛く感じてきました。ここ連日早朝のフラット釣行を繰り返しているため、慣れが生じてきた可能性があります。しかし、海外出張中は釣りが出来ないため、ここは踏ん張って起きて、さっそく釣り場へ向かいました。スタートフィッシングは3時21分でした。選んだルアーは ぶっ飛び君95S レッドシャイナーです。なんと今日はすぐに反応がありました。思いっきり遠投してすぐにコツンという当たり、うまく合わせて乗りました。竿先に魚の抵抗が感じられます。大きくはなさそうですが、元気よく竿先を絞ってくれます。遠くでヒットしたため、回収するまで結構楽しめました。無事キャッチしたのですが、その引き具合からは程遠い、またもやかわいらしいソゲっ子でした。3時35分ソゲっ子×ぶっ飛び君95S レッドシャイナーまだまだ時間はあります。すぐさまリリースしてサイズアップを狙っていきます。しかし、期待とは裏腹にその後が続きませんでした。釣り人は結構いるのですが、魚をゲットした人は見かけませんでした。5月1日 4時40分のお月様5時ちょうどの日の出お日様が昇って、約1時間は頑張りましたが、反応を得る事は出来ませんでした。水鳥が海面に向かって突っ込んでいく姿は何回も見れたのですが・・・。結局5時53分にストップフィッシングとしまいした。この日は、帰宅後久しぶりにスーツを着てネクタイを締めて、西へ向かいました。目的地は姫路です。GW中とは言いながら、新幹線の中は空いていました。午後よりお客様にプレゼンを行い、姫路駅に帰って来たのは3時45分頃でした。そこで、小田原行きの新幹線を検索したのですが、驚いた事に17時59分発の、のぞみ138号、名古屋で19時26分のひかり532号で小田原着が20時35分が一番早いルートでした。当初はのぞみで新横浜まで行き、それから国府津を目指そうかとも思ったのですが、そちらのルートの方が結局は時間がかかり遅くなるようです。しょうがなく待機です。姫路城でも見に行こうかとも一瞬考えたのですが、何回も眺めているためわざわざ今日行く必要もなく、結局の所、駅の飲み屋さんで時間つぶしです。姫路おでん姫路には何回か出張で行っていましたが、飲んだのは初めてでした。そのため、初めて『姫路おでん』というものを知りました。なんでもショウガ醤油で食べる所が、普通のおでんと違うようです。そういえば、名古屋では『味噌おでん』でしたり、おでんも各地で色々な食べ方があると、妙に感心してしまいました。ホタルイカと焼酎 黒王そしてお酒は、兵庫県黒麹仕込み 芋焼酎 黒王をチョイスしました。こちらの焼酎も初めてでした。芋焼酎というと、鹿児島ばかりがイメージされますが、兵庫県でも作っていたとは意外でした。また、ホタルイカも、ちょっと変わった食べ方でした。ホタルイカをごま油に付けて食べるとの事でした。こちらも初めての食べ方でしたが、非常においしかったです。ほろ酔い気分で、やっと21時過ぎに家に帰ってくると、奥様が先日釣ってきたアジを我が家の定番の南蛮漬けにしてくれていました。先日のアジの南蛮漬け私の大好物です。家に帰ると、明日の釣りのために早く寝ようと思っていたのですが、ついつい晩酌2ラウンド目に突入でした。晩酌後は翌朝2時45分に目覚まし時計で起こされるまでぐっすり眠る事が出来ました。本日5月2日(水)は元々休みを取っています。さっそく気合を入れてフラット狙いに行きました。釣行データ(029-180502)2018年05月02(水)03:28~06:24場所:山王海岸潮汐データ:大潮        満潮 05:13 潮位 143  干潮 11:58 潮位  14日の出:04:52、日の入り:18:29天候:晴れ風 :なし潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なし今日は、いつも着ていくフィッシングベストをやめて、ライフジャケットはウエストタイプのものを着用しました。理由は、フィッシングベストですと、重くて2時間もすると腰と背中が痛くなってくるためです。ルアーも通常は一ケースしか持っていかないのですが、釣りをしているとその重さが堪えられなくなってきます。やはり年を取ったせいなのかもしれません。よって、肩掛けのカバン一つに必要最小限な道具、そしてウエストタイプのライフジャケットで出かけました。やはり、身軽で非常に快適に釣りが出来ました。しかし、釣りの方は、意外に波が高く、うねりが入っているようです。時々長い足の波がやって来て、怖くて前に出れませんでした。そんな状況だったので、波打ち際はターゲットから外して、沖目をずっと狙っていきました。しかし、全く反応ありませんでした。4時59分 日の出今日もかなりの人達がフラットを狙っていたのですが、誰一人釣果を得ている人はいないようでした。遠くに見えるサーファーの人が朝日を浴びて上手に波に乗っている姿が、黒色のシルエットで見えて、非常に印象的でした。結局6時24分ストップフィッシングとしました。明日から、土曜日までは家族行事が詰まっています。しかし、朝方、もしくは晩方のちょい釣りは可能なのですが、あいにく今日夕方より天候が崩れそうです。しかし、雨の日のために去年、ゴアテックスのレインスーツも購入していますので、性能検査も兼ねて、根性を出して繰り出すか迷っています。多分風が強くなければ出撃する事になるんだと思います。何とか休みの間にもっと魚と遊びたいと思ってます。

      25
      2
      テーマ:
  • 30Apr
    • 027-180430 フラット狙い と 4月29日 箱根散策

      昨日、釣りから帰って来て、箱根へ家族とともに行きました。箱根は、今まで訪れた事はありませんでした。よって、今回、初箱根となります。普段の自分の興味は、海ばかりですが、道中の新緑の美しさに目を奪われて、山も良いかな?と一瞬思ってしまいました。娘も大きくなってきましたので、今年はキャンプにでも挑戦出来ればと思いました。道中の新緑今回の目的は、箱根園水族館です。北海道からやって来たコツメカワウソを見たいと娘が言い出したためです。ところが、一頭しかいなくて、何となく可哀そうな感じでした。新札幌のサンピアザ水族館の年会員でしょっちゅう娘と訪れていたわけですが、そこにはコツメカワウソが5~6頭一緒に展示されていて、非常に可愛く、賑わいがありました。こちらは、少し残念でした。一方、バイカルアザラシのショーがあり、こちらは非常に面白いものでした。いつもは、イルカやアシカ、オットセイ等の迫力のあるショーを楽しむのですが、このバイカルアザラシのユル~イ演技は新鮮に感じました。バイカルアザラシのショーそして、水族館に展示されている魚を見ていきました。もともと釣り好きという事で、魚にも興味があり、詳しいと思っていたのですが、大水槽に入っていた魚で分からないものがありました。最近、どこの水族館へ行っても大水槽で色々な魚を一緒に展示していますが、入っている魚の名前をきちんと説明している水族館が少ない気がします。この水族館でも魚の名前が張り出されていましたが、すべてが説明されているわけではありません。せっかくなのでもう一手間をかけてほしい気がします。名前の分からなかった魚(80㎝~1mぐらいありました)その後は、箱根 彫刻の森美術館へ向かいまいした。箱根 彫刻の森美術館ここがフジサンケイグループだとは知りませんでした。実際の所、彫刻は良く分かりませんが、中は広々としていて、子供の遊ぶところもあり、非常に良かったです。散策をしながら、各彫刻を鑑賞して、その説明を読んでと結構楽しみました。また、ピカソ館もあり、興味深く見させていただきました(さすがにピカソの名前ぐらいは知っているためです)。そして、気づいたのですが、ピカソも若い頃は、普通の絵を描いているようですが、だんだん年を取っていくにつれて、変な顔や形(抽象的というのか?)になってきている事です。こういう芸術家の頭の中は、いったいどうなっているのか、のぞいてみたいですね。結局、閉館までじっくりと鑑賞して帰宅としました。帰りは、さすがに1号線が混んでいましたが、7時過ぎには無事帰宅し、昨日釣ってきたアジの刺身で一杯やりました。脂がのっていて非常においしかったです。お子様、奥様からも好評いただきました。そして、本日の朝のフラット狙いの釣行です。釣行データ(027-180430)2018年04月30日(月)03:23~05:30場所:山王海岸潮汐データ:大潮        満潮 04:25 潮位 143  干潮 10:57 潮位  20日の出:04:54、日の入り:18:28天候:晴れ風 :なし潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:ヒラメ1枚3時30分にスタートフィッシングです。お月様がきれいでした。さすがGWです。私が到着した時には、すでに3名も西側で釣りをしていました。今日も、先日ヒラメを連れて来てくれたぶっ飛び君95S ピンクウェーブからのスタートでした。しかし、残念ながら反応がありません。パワーシャッドに変えても、自分では魚からの反応を引き出すことが出来ませんでした。5時30分頃に腹がゴロゴロなりだしたので、危機を避けるために、今日は5時36分にストップフィッシングとして、家に急ぎました。何とか調整出来るような対策方法がないものでしょうか?目撃情報としては、東からランガンして来た人が腰にヒラメをぶら下げていたので、やはり釣る人は釣っています。また、お昼ご飯を食べる頃に気づいたのですが、家のすぐ近くの浜で、大きなヒラメが釣れていました。自分はさっぱりでしたが、今日は全体的に良かったのでしょうか?早く自分の所にも回って来てくれる事をお祈りしたいと思います。また、本日夕方に近くのサーフを娘と見に行きました。夜にまたアジでも狙おうかと思って偵察に行ったのですが、その時に、ちょうど一人の方が結構いいサイズのワカシを持って帰っている所を目撃しました。サバも来たようですし、いよいよ青物のシーズンに入って来たようです。サーフでは、夕方の時間にも関わらず結構な人が釣りをしていました。しばらく眺めていましたが、明日の事も考え今晩の釣りは止めておくことにしました。明日は、仕事となっており、姫路へ出張です。幸い昼からの仕事なので、朝方は、いつも通りフラット狙いをしてきたいと思います。

      23
      5
      テーマ:
  • 29Apr
    • 025 & 026 180428, 9 アジ乱舞 そして フラット狙い

      昨日、初めてヒラメと呼べるサイズを釣って、気分が良いまま午前中はコロナの湯に行き、サウナを楽しんできました。そして、昼食後、ヒラメの下処理をしようと、まずはYouTubeで5枚おろしの勉強、その後、包丁を研いで、いざ実践です。しかし、身がぐずぐずで柵にするのも一苦労です。身がミンチ状になってしまいました。〆方が悪かったか?それとも、ヒラメの身は柔らかいのか?等々、頭の中は?状態です。しかし、こんなに身がぐずぐずなのはおかしいと思い、さっそくGoogleで調べてみました。すると、「ヒラメのジェリーミート」という言葉がたくさん検索できました。なんでも、寄生虫クアドというのがヒラメの筋肉の中にいて、これがヒラメの死後、身をぐちゃぐちゃな状態にするらしいです。結局、廃棄してしまいました。せっかくキープして、命をもらったのに何となく申し訳ない気分になってしまいました。その後、夕方奥様とお子様に近くのスーパーまで買い物に誘われましたが、丁重にお断りして久しぶりのぶっこみサビキでアジを狙いに行きました。天気予報では、昼間は南風が強く、夕方5時で南風2、6時以降は南風1との事でした。風が静まるのを期待していざ出発です。釣行データ(025-180428)2018年04月28日(土)18:15~20:20場所:国府津海岸潮汐データ:中潮        満潮 16:06 潮位 136  干潮 22:00 潮位 50日の出:04:56、日の入り:18:26天候:晴れ風 :強い南風→なし潮色:クリアターゲット:アジ釣果:アジ8匹(最大35㎝、他25~28㎝)、フグ4匹目撃情報:なし釣り場に着くと、内田釣具店さんのご主人が弓角を投げていました。サバが来ないか、試しているとの事でした。少しお話をしていつもの場所に釣り竿をセットします。18時15分 釣り開始ですしかし、風が強い!天気予報では南風1になっているはずなのに・・・。ほんとうに静まるのか?半信半疑でのスタートでした。いつものように西側に5号竿+自作白ウーリーサビキ、東側に4号竿+自作ピンクスキンサビキです。まず最初のお客さんは白ウーリーにいつものフグさんです。18時30分 クサフグ×自作白ウーリーサビキ続いて、19時03分に再度白ウーリーサビキにクサフグです。クサフグは白ウーリーがお好き?今日は、隣のピンクスキンサビキが沈黙しております。風は相変わらず強い南風で真向かいから吹いてくるような感じです。そしてようやくアジが来ました。これも白ウーリーでした。19時09分 アジ×自作白ウーリーサビキ19時16分に再度白ウーリーサビキにアジが来ました。今日はピンクスキンは不発か?と思いながら、仕掛けを投入していきます。そして、ようやくピンクスキンサビキに反応が出ました。しかもかなり竿が絞り込まれています。上がってきたのは、まあまあのサイズのアジとクサフグの一荷でした。19時22分 アジとクサフグ×自作ピンクスキンサビキそしてすぐ(19時28分)にピンクスキンサビキに反応が出ました。と同時に白ウーリーサビキにも、激しく反応が出ています。だんだん忙しくなってきました。いつの間にか風も止んでおり汗が出始めました。以前、ここでお会いしたベテランの方に教えて頂いたのですが、『同時に竿に反応が出たら、まずは1本目を取り込み、コマセを入れて投入後、もう一本の竿を取り込む。そうすれば魚を散らさないでたくさん釣る事が出来る』という言葉を思い出し、まずは4号竿を取り込みます。19時28分 アジ×自作ピンクスキンサビキそして、コマセを入れて投げ込み、5号竿の処理にかかりました。しかし、おそらく口切れによるバラシてしまいました。しかも最悪な事に、結構走られたみたいで、仕掛けがグチャグチャになってしまっています。力糸まで絡まっています。あえなく殉職です。殉職した仕掛け今日は、もともと早上がりを予定していたため、ここで5号竿は放置して、4号竿のみで釣りを続行しました。その後、またすぐ(19時46分)にクサフグを追加、その3分後の19時49分にアジを追加、更に4分後の19時53分に本日最大の35㎝のアジを追加しました。この魚は、竿が持っていかれるぐらいのアタリを出して、また、クロダイかメジナと勘違いするような力強さでした。しかし、アジの場合は口切れが怖いため、慎重にやり取りをして遂に無事確保出来ました。19時53分 アジ35㎝×自作ピンクスキンサビキこれ以後もアジのアタリが頻繁に出て、投げ込んで竿受けにセットする暇もなく、そのまま強いアタリが出たりしました。写真も撮る暇もなく、また、コマセも詰める時間もない程の忙しさでした。途中かなり大きなアタリが出て、巻き上げている最中にバレてしまった事も何回かありました。また、最後に波打ち際で口切れを起こしてサヨナラしたケースも数回ありました。とにかく、怒涛の如くアタリが出続け、数も数えられなくなり、最終的にはかなり雑な釣りとなってしまいました。元々明日の朝の釣りも考えて、今日は早上がりをする予定でしたので、結局20時20分にストップフィッシングとしました。しかし、続けていればまだまだアジを釣る事が出来るような状態でした。家に帰って、数えてみると8匹のアジの獲得でした。ツ抜けはしただろうと思っていたのですが・・・。最大のアジが35㎝、その他のアジも25㎝から28㎝程度と大型でした。本日のぶっこみサビキによるアジ釣りは大変満足のいくものでした。家に帰ってからの集合写真です。本日最大のアジ 35㎝その他のアジ 25㎝~28㎝そして、本日朝の釣行です。今日は気合を入れて、2時50分に起床、昨日調子の良かったサーフでフラット狙いです。釣行データ(026-180429)2018年04月29日(日)03:23~05:30場所:山王海岸潮汐データ:大潮        満潮 04:00 潮位 141  干潮 10:26 潮位  28日の出:04:55、日の入り:18:27天候:晴れ風 :なし潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なし今朝浜辺に立ってみて気づいた事は、波が非常に穏やかという事でした。昨日のアタリルアー、ぶっ飛び君95S ピンクウェーブにてスタートふぃっしんです。3時23分 ぶっ飛び君95S ピンクウェーブでスタートフィッシング昨日は、まだ暗いうちからアタリがあり、私も暗闇での釣りにだいぶ慣れてきました。よって、ぶっ飛び君を暗闇に向かって思いっきり投げます。しかし、満潮時間が4時ちょうどとの事で、流れ等は全く感じられません。穏やかな海ではありますが、何となくまったりとした感じです。今日は、投げながら西に向かって撃って行きます。しかし、まったく反応が見られず、また波打ち際を観察しても、小魚がいるような気配が感じられませんでした。周りが薄明るくなってきても、昨日あれだけ目撃出来たヒラメのライズも一回も見る事が出来ませんでした。さすがにGWのまずめ時のため、釣り人は沢山来ています。しかし、アタリのないまま、日の出を迎えました。5時2分の日の出風もなく、朝焼けが妙にきれいでした。海もクリアで非常にきれいで、景色としては、ここ最近一番良かったのではないかと思います。しかし、残念ながら、自分にはまったく魚っケが感じられませんでした。結局5時30分にはストップフィッシングとしました。本日は、これから家族で箱根への小旅行です。娘が箱根水族館のコツメカワウソを見たいと言い出したからです。このコツメカワウソは、北海道の新札幌水族館からこちらへ移って来たとの事。北海道時代には新札幌駅の近くに住んでいて、駅に隣接されている新札幌水族館は家族で年会員となっていました。よく、幼稚園だった娘を連れて見に行っていました。当然、そこでもコツメカワウソをよく見ていましたが、箱根水族館へ移ってきた個体がいるという事で興味を持ったみたいです。朝に、晩に自分の好きな釣りに気持ちよく送り出してくれている奥様とお子様に感謝して、家族孝行をしてきたいと思います。

      28
      4
      テーマ:
  • 28Apr
    • 024-180428 授業参観 & トラブル & そして、やっとヒラメが釣れた

      昨日、釣りを終えて、午前中は家でまったりとしていました。そして午後より娘の授業参観に奥様と一緒に行きました。授業内容は体積を求める勉強でした。直方体、立方体の体積の求め方はすでに勉強したようで、今度はそれらが組み合わさった少し複雑な体積の求め方を勉強していました。少し感心に思ったのは、一方通行の授業ではなく、子供達を前に呼んで、意見を聞いたり、発表したりする機会が私の頃よりも多く感じられました。私は各国の人達と働いていますが、彼らの日本人のイメージは、やはり、内向的で、自分の意見をはっきり言わない、何を考えているか分からない、というものが多いです。正直私も外国人と積極的に交流するというのは苦手な方ですが、ぜひとも子供達にはこの苦手意識を持たず、積極的に色々な人と付き合えるようになってほしいものです。一方呆れたことがあります。授業参観に来ていた若いお母さん達ですが、中には、授業参観中に教室の後ろで井戸端会議をしているように、ペチャクチャしゃべっているではないですか!しかも話の内容は、ある人の悪口のようです。子供たちの様子を見ないで、小声でペチャクチャペチャクチャ、先生や子供たちの発表が聞き取りづらくて非常に不愉快な気分になりました。かと言っても、私も注意できるわけでもなく、ただただ我慢しておりました。狭い地域ですので、下手に口を出して、あとから逆恨みをされたり、自分の子供がいじめられてもイヤなので、ひたすら我慢していましたが、何となく情けなくなります。こういった人達は、注意されても何が問題なのか分からないのだと思います。授業参観終了後、さすがに疲れがたまっていて寝てしまいました。出張から帰って来て釣りに忙しくてゆっくり休んでいませんでした。そのため、夕方の釣りは中止としました。夕食は家族で外出しようとしていましたが、念のためメールチェック、そして中国でトラブルが発生している事を知りました。急きょ、中国に電話して対応策等を話し合ったりとかして、1時間程時間を費やしてしまいました。そのトラブルがすぐに解決するわけでもなく、外食中も会社支給のタブレットを睨みながら食事となってしまい、せっかくのGW休みにケチが付いてしまいました。おそらく、GW期間中、断続的にこの問題の解決のために、中国とのやり取りが続くと思われ、少しブルーな気分です。しかし、朝方だけは本当に自分の時間となります。特に中国とは1時間時差があり、日本の方が早いため、今朝も3時に起床、直ぐにメールチェックをして、取りあえず問題がない事を確認して釣りに出発しました。2018年04月28日(土)03:48~06:23場所:酒匂川西岸潮汐データ:中潮      満潮 03:34 潮位 138 干潮 09:54 潮位 39日の出:04:56、日の入り:18:26天候:晴れ風 :なし潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:ソゲ 39㎝×1匹、ヒラメ 42㎝×1匹目撃情報:なし海岸について、3時48分からスタートフィッシングです。今日からGW連休の始まりとなるため、人が多いかとも思ったのですが、私が付いた時には西側に明かりが一つ見えただけでした。今日はsasuke 140 (裂波) アカキンで始めました。シーバスも意識して選択したのですが、暗闇の中、通常使っているルアーと比べると軽く、何をやっているのか分からない状態が続きました。評判は良いのですが、自分にはまだ使い方が分からないみたいです。次に選択したのは、ぶっ飛び君95Sのピンクウェーブです。これが正解でした。思いっきり遠投して、少し巻いた所でヒットです。暗闇の中でヒットさせたのは久しぶりでした。正直暗闇の中での釣りは苦手です。4時9分 ソゲ39㎝×ぶっ飛び君95S ピンクウェーブ今まで釣った中で一番大きいものが釣れました。しかし、計ってみると39㎝、もう少しです。時間もまだ早い事ですし、もう少し大きくなれと海にお帰り頂きました。今日は、何となく雰囲気も良いです。周りに目をやると、東側、西側に結構なルアーマンが入って来て釣りを開始していました。辺りは薄っすらと明るくなってきております。水面に目を凝らすと、何やらざわざわしています。どうやらベイトが群れているようです。そして、ヒラメのライズが時々出始めました。そこで、ライズのあった波打ち際にキャスト、ゆっくり引いてくると、またヒットです。4時31分 ヒラメ42㎝×ぶっ飛び君95S ピンクウェーブせっかくの写真ですが、辺りが薄明るくなっていたため、どうやらiPodのフラッシュが効かなかったようです。先ほど釣ったものよりも若干大きく感じました。念のため計ってみると42㎝ありました。初の40㎝越えです。ギリギリではありますが、ヒラメ釣果達成です。こちらは家族で楽しみたいと思い、キープしました。しかし、先ほどのと比べて、たかが3㎝の差ではありますが、こちらの方が肉厚に感じられました。更に追加を目指して撃って行きます。今度はマゴチが釣りたいと、色々ルアーを替えながらやります。そして日の出を迎えました。4時59分の日の出と釣り場の風景日が昇ってからは、だんだん投げ釣りの人達もやって来て、身動きもままならなくなってきました。それでも少し粘ってみましたが、その後は何事も起こらず、6時23分にストップフィッシングとしました。家に帰り着いてもまだ7時前です。家族はまだ起きてきていません。ゆっくりと、釣り竿とリール、使用したルアーを洗い、ヒラメの記念写真を撮りました。記念写真です。少し反り返ってしまいました。今日は、まだまだ時間がありますが、家でメールの処理や釣り道具の整理等をしながら、ゆっくり過ごそうと思います。

      17
      4
      テーマ:
  • 27Apr
    • 022-180426 キス狙い & 023-180427 フラット&キス

      昨日、朝の釣りを終えて、運転免許の更新、14時半にやっと家に戻って来れました。家でだらだらしていてもしょうがないため、夕方、今年初めてのキス釣りに行ってきました。風が少し強そうなのが気になりましたが、内田釣具店さんでジャリメを半カップ購入、いざ出撃です。2018年04月26日(木)16:34~18:00場所:酒匂川西岸潮汐データ:若潮      満潮 14:21 潮位 118 干潮 20:34 潮位 43日の出:04:59、日の入り:18:25天候:晴れ風 :強い南風潮色:若干濁りありターゲット:キス釣果:なし目撃情報:東側でルアーマンがシーバス?16時34分から釣り開始です。思った以上に風が強いです。しかも向かい風になっています。久しぶりの投げ竿、投げ方が分からなくなっており、且つ向かい風のため、本当に飛びません。また、服装も半袖のポロシャツを着ただけでしたので、だんだん寒くなってきてしまいました。私が釣りを開始した時に、東側に2名のルアーマンがいたのですが、その内の一人が何かを釣ったようです。銀色に光っていたためシーバスのようでした。たぶん自分だったら、この向かい風の中、ルアーをやるという選択肢はないと思っていたのですが、向かい風の時には、ベイトが岸際に寄せられてチャンスも多い、とどこかで読んだ気がします。今度は少々風が強くても、ルアーを振ってみたいと、改めて思いなおしました。さて、今回のターゲットのキスですが、最近では釣果もかなり見られるようになっているため、ぜひ自分でもという思いで頑張りました。ジャリメを1匹付けにしたり、小さく付けたりして色々と試して見ます。時々針がストリップで上がってくるため、何かがいる模様です。しかし、何回か投げ込んでいるうちに、針がなくなって帰って来てしまいました。フグがいる様です。結局、ジャリメも使いきらず、寒くもなってきたため、獲物無しで18時には終了としなりました。久しぶりにキスの気持ちいいプルルというアタリを味わいたかったのですが、結局は針3本切られて終了でした。そして、本日朝の釣りです。2018年04月27日(金)03:43~08:00場所:酒匂川西岸潮汐データ:中潮      満潮 03:07 潮位 134 干潮 09:22 潮位 52日の出:04:58、日の入り:18:25天候:晴れ風 :なし潮色:クリアターゲット:フラット&キス釣果:ソゲ1匹、ツバクロエイ1匹目撃情報:なし今朝はなんと2時に目が覚めてしまいました。やはり、休みを取っているとリラックス出来て、目覚めも良くなる?のかもしれません。さすがに、この時間から釣りに行くのは早すぎるため、メールのチェックをして時間をつぶしました。いくら、自分が休みといっても、他の国の同僚はお構いなしにメール爆弾を送ってきます。早めのチェックがとにかく肝心なため、開けたくもないメールを開けて無事を確認、そしてゆっくりと家を出ました。今日は、昨日のジャリメもあまっている事もあり、フラット狙いの後には、キス釣りにも再チャレンジする予定でした。そのため、クーラーと投げ竿も一緒に持って、バイクに跨りました。やはり荷物が多くなって大変です。そして、3時43分よりスタートフィッシングです。昨日の夕方は、南風が強く、かなり気持ちも萎えてしまいましたが、朝方はいつもの通り風も強くなく、且つ北からの風のため、釣りにはまったく問題ありません。また、昨日のような濁りはなさそうです。最初は、いつも通りパワーシャッド、その後、ぶっ飛び君等のハードルアーを投げていきます。明るくなりだすと、ルアーマンが何名かそれぞれ、東側や西側に入っていきます。私もまずめ時のチャンスタイムを逃すまいと、ルアーを交換しつつ、もくもくと撃って行きます。そして、5時頃に待望のアタリがありました。瞬間的に合わせ、針掛かりに成功!ファイト開始でしたが、勝負はあっけなくついてしまいました。またまた可愛らしいソゲっ子が来ました。4時50分 ソゲっ子×F LEAD Vib 115 チャートバックレインボーソゲが釣れるようになったのは、去年より少しは上手になったのかもしれませんが、Big Mama がなかなか釣れません。大きくなっての再会をお願いして、海にお帰り頂きました。まだまだ、チャンスタイムのはずです。気を取り直して、集中して砲撃再開です。ルアーチェンジをして、遠近、東西と探っていきます。そして、再度 F LEAD Vib に戻して、思いっきり遠投したら、そのフォールで違和感を感じあわせをくれました。ズシという感触のあと、ゴンゴンという魚の反応が帰って来ました。結構大きいかも・・・と期待が膨らみます。ゴンゴンの後は、グングンと下に潜るような動きをしています。悲しいかな、ヒラメサイズを釣ったことがないため、これが Big Mama の引きかと思いましたが、何となく不信感が出てきました。ひょっとしたらエイ?という思いがよぎってきます。何とか、近くまで寄せると、案の定エイでした。しかし自分では初めての魚種となるツバクロエイでした。新魚種という事で、取りあえずは良かった!でも、今度からはもう来ないでね!という感じです。早々にお帰り頂きました。5時24分 ツバクロエイ×F LEAD Vib 115-チャートバックレインボーこの後も、ルアーを投げ倒しましたが、反応はありませんでした。また、キス釣りの人達もちらほら海岸に現れ始めたため、自分もルアーは6時30分で終了として、昨晩の余りのジャリメで再度キス釣りにチャレンジです。7時7分 釣り場の風景今朝は、風もなく、また波も落ち着いているため、渾身の力を振るって遠投を試みます。しかし、残念ながら4色半が精一杯でした。昨年からの課題の回転投法ですが、練習もしてないため、当然出来るわけもありません。自分の投げ方は剣道の面を撃つようなやり方のみです。もう少し遠くに飛ばしたいのですが、なかなかハードルは高そうです。道糸はPE1.5号を使っていますが、これを1号に下げれば、もう少し距離も出るかもしれません。しかし、このリールは弓角やぶっこみサビキとの兼用なので、1号では不安もあります。結局は、地道に投げ練をした方が良さそうです。頑張って練習したいと思います。釣果の方ですが、結局はアタリもなくキス釣りも終了です。周りの人達は釣れていたのかは確認出来ませんでした。今日は、お昼からお子様の授業参観に行く予定です。こんな時期に授業参観があるとはちょっと意外でしたが、せっかくの機会、お子様の頑張って勉強している姿を見て来たいと思います。その後夕方は、アジ釣り?ルアー?ちょっと迷ってしまいます。

      25
      4
      テーマ:
  • 26Apr
    • 021-180426 お誕生日と釣り

      昨晩やっと出張から帰ってきました。日本に帰ってくると本当にホッとします。帰り着くと家族からのサプライズがありました。この出張中に51歳の誕生日を迎えた訳ですが、誕生プレゼントが用意されていました。娘の書いた絵とamazonのギフト券です。そう言えば、出張中にLINEでHappy Birthdayの歌と5と1のローソクを刺したケーキのビデオが送られて来ていたのを思い出しました。娘からの誕生カード いつまでくれるかな?奥様からのアマゾンギフトカード また、釣り具が買える!娘からは、「また釣りに連れて行ってね!」とのメッセージ付きです。一生懸命エサ付け係の仕事をしたいと思います。実は、今回自分でもプレゼントを用意しておきました。今までは漠然と色々な大きさのFREAMSを使ってきていましたが、ハイギアのリールを持っていませんでした。現在使用中のリールも問題なく使えるのですが、今回さらにもう一台追加する事に決めました。もともとダイワ派だったため、正直シマノのリールはあまり良く分かりません。そのためダイワのリールから選ぶことにしました。最初は少し高いCERTATEにしようかとも思ったのですが、今まで使っていたFREAMSの新しいタイプも気になり、結局は18FREAMS LT4000D-CXHを購入しました。決め手は、当然価格が安いという事と、重さがこちらの方が軽いと分かったためです。実際手にしてみると非常にコンパクトで驚きました。今後の活躍を期待したいと思います。18FREAMS LT4000D-CXHというわけで、昨晩は久しぶりの家族団らん、そして早めの就寝として、今朝さっそく釣りに行ってきました。釣行データ(021-180426)2018年04月26日(木)04:30~06:16場所:酒匂川西岸潮汐データ:若潮      満潮 02:36 潮位 129 干潮 08:48 潮位 68日の出:04:59、日の入り:18:25天候:晴れ風 :なし潮色:若干濁りありターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なし朝4時にバッチリと目を覚まして一番最初にしたのは、波の大きさの確認です。平塚沖のデータでは朝4時で93.3センチ、やはり25日の大雨の影響が出ています。結構波ジャブジャブじゃないかと思ったのですが、風を確認すると北西の風2mから1mへと小さくなる予定、久しぶりという事もあり、また釣れないのはいつもの事なので、早速用意して現場へ急行しました。釣り開始は、4時40分でした。最近は明るくなるのも早く、あたりはすでに薄明るくなっています。海の方は、あまり波足は強くありませんでしたが、全体的に濁りが出ていました。しかし、数名の釣り人の姿も見えていましたので、自分も早速どんどん撃っていきます。4時40分 釣り場の風景今回の入砂地点は、一気に真ん中から始めました。しかし、東の川に近い方では時々ゴミを拾って来てしまいます。そのため、西側へ移動していきますが、手前は濁っており、釣れる気がし全くしません。そのためパワーシャッドのジグヘッドではなく、飛距離の出るかっ飛び棒、飛びキング、メタルジグ等で撃っていきましたが、何の反応も得られないまま6時16分には終了としました。また、明日も行けるため余裕の早じまいとしました。釣りの後は二俣川まで免許更新手続きに行ってきました。残念ながら、約5年前、免許切り替え直後に、苫小牧の高速道路で後部座席に座っていた会社の後輩がシートベルトをしていなかったため、警察に捕まり1点引かれたため、今回はゴールド免許の取得はならず、青色で有効期間は5年でした。とにかく、今後も安全運転に気を付けていきたいと思います。今日から、私のGWが始まりました。当初は5/6まで連続で休むつもりでしたが、急遽5/1に姫路出張が入ってきてしまいました。しかし、お客様との打ち合わせは、午後からなので、朝方は問題なく釣りに行けそうです。当然この期間中には家族との予定等も入っていますが、釣りも目一杯できる予定です。願わくば沢山のお魚の顔を見れればと思っています。

      26
      6
      テーマ:
  • 19Apr
    • 出張中 マレーシア&シンガポール

      4月16日(月)から出張に出ています。夜特に何もやることがないため、久しぶりに出張中のブログをアップをしたいと思います。まずは、先日釣ったマゴチの料理です。釣った魚は、ヘタクソながら、基本的には自分で料理をします。という事で、マゴチは予告通りアクアパッツアにしてみました。あさり、エビ、イカを加えたアクアパッツアお酒「山頭火」と合わせてお酒は、昨年の山口県出張時に購入してきた「山頭火」という日本酒です。山口というと「獺祭」が有名になりましたが、私が宇部にいる時にはまだそんなに流行っていませんでした。今回は、あえて「獺祭」を選ばずに購入してきていた「山頭火」を飲んでみました。どちらかというと甘口になるのか?結構濃厚な味でおいしく頂きました。肝心なアクアパッツアの方は、見た目は悪いですが、非常に好評で、一家三人でペロッと食べてしまいました。そして出張です。16日午後3時にシンガポールに到着後、空港からタクシーに乗りBugisのクロスボーダータクシーステーションに行き、そこでマレーシアのジョホールバルへ向かいます。夕方にも関わらず、すんなりとホテルまで到着出来ました。ホテルから見下ろしたジョホールバルの風景です。シンガポールから車で1時間離れるだけで、景色が全く違って見えます。17日にJBで仕事をこなし、18日に再度シンガポールへ入国です。今回のホテルはいつも泊まっているホテルが取れずに、オーチャード・ロードのホテル Royal Plaza on Scotts なりました。ホテル周辺の風景です。ジョホールバルとは全く違います。そして本日、会社での会議等をこなし、夕食はラーメン屋さんとしました。行ったのは、ホテルのすぐ近くの伊勢丹の中にあるラーメン屋さん 「三宝亭」というお店です。なんでも、新潟醤油ラーメンのお店との事です。まずは、タイガービールとおつまみの「唐揚げ おろしポン酢ソース」、そしてラーメンは「濃厚鳥味噌ラーメン 全部のせ」、ラーメンだけでは物足りないと思い、「おにぎらず イクラ」です。濃厚鳥味噌ラーメン 全部のせおにぎらず イクララーメンは、いかにもこってり系で、麺がかなり柔らかめに作られており、私にはちょっと合いませんでした。結局、ビール2本、唐揚げ、ラーメン、おにぎらずを食べて、シンガポールドルで58.03ドルでした。羽田空港で両替したレート(1SGD=90.37JPY) で計算すると、5,244円となります。なんと物価の高い事、ラーメンだけでも19.8 SGD(約1,800円)となります。食費は会社に請求出来ますが、なんとなく気が引ける金額です。ただし、他の国では逆に本当に安く食事できたりします。この仕事を始めるときに、日本を拠点にするのではなく、シンガポールベースでという話もありました。当時は、本当にイヤで拒否し続け、なんとか日本拠点での活動に納まりましたが、本当に正解でした。釣りにも行けず、物価の高い、特にタバコ、酒の高いシンガポールは、私には合いません。中には、シンガポールが大好きという人もいますが、私はもっとゴミゴミして、みんなヤケクソで生活しているような町が好きです。ラーメン屋の帰りがけに、伊勢丹に入っているスーパーマーケットを覘いてみましたが、大根1本約10SGD(約900円)、ネギ2本で12SGD(約1,100円)でした。目が回るくらいです。明日もう一日、シンガポールで仕事をこなし、土曜日には再度マレーシアのクアラルンプールへ移動です。日本に帰ってからの釣り三昧を夢見てもう少し頑張りたいと思います。

      31
      2
      テーマ:
  • 14Apr
    • 020-180414 マゴチ&ソゲっ子

      釣行データ(020-180414)2018年04月14日(土)04:40~07:40場所:酒匂川西岸潮汐データ:大潮        満潮 03:59 潮位 133 干潮 10:01 潮位 46日の出:05:14、日の入り:18:15天候:晴れ風 :なし潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:マゴチ(44㎝)、ソゲ目撃情報:フラット4~5枚待ち遠しかった休みがやっときました。前回の4月4日に海外出張から帰国後、家族で下田旅行、そして、広島へ日帰り出張と、バタバタとした日を過ごしていました。何とかストレス解消(家族旅行はストレスではありません)をしたいと思っていました。そのため、土日の天候が気になって仕方がありませんでした。当初は土曜日にも雨マークがついていたのですが、何とか朝方は大丈夫のようでした。よって、本日朝4時にばっちりと起床してさっそく釣りに行ってきました。4時40分に釣り開始です。すでに辺りは薄明るくなってきていました。いつもは人が少ないサーフですが、私が到着した時には、見渡す限りで5名の方がすでに釣りを開始していました。河口から順番に人で埋まっています。そのため、かなり西側に歩いて行きました。釣り場の風景 04時55分本日の竿は、やっと修理から戻ってきたNESSA CI4+ S1102MMH です。幸いトップガイドの交換のみで済みました。今度からは、竿の直置き等はしないように心がけたいと思います。海の状況は、潮はあまり動いておらず、波も非常に穏やかでした。ベイトの気配はしませんでした。最初はいつも通り波際を狙って、パワーシャッドで狙っていきます。そして、ルアーチェンジで、かっ飛び棒、飛びキングで遠目を狙い、どんどん西側に移動していきます。一度遠目で小さなアタリがありました。残念ながら針掛かりさせる事が出来ませんでした。更に、ルアーをどんどん投げながら、水面を観察していますが、ベイトが泳いでいる気配はしません。また、水鳥も周りにはいませんでした。しかし、5時半頃に西側の人がヒラメを釣ったようです。その後、また、西側の別の人が何か釣ったようです。地合いか?こちらも、気合を入れて、ルアーをとっかえひっかえしながら、遠近探っていきます。そして、近場を狙っていた私にも待望のアタリが・・・。マゴチ×常磐プレシャスオレンジ 4" 05時58分何とか40㎝程度か?波際でのアタリだったため、やり取りは非常に短い時間でした。マゴチの40㎝は、非常に軽くてあまり食べる所もなさそうですが、久しぶりの獲物という事もあり、また今日は土曜日で時間も十分ある事からキープする事にしました。久しぶりにアクアパッツァでもやってみる予定です。まだ、時間もあるため、さらに追加を狙って撃っていきます。そして、かっ飛び棒に変えて、遠目を狙っていた時に、かすかなアタリ、しっかりフッキングさせて魚の手ごたえを感じて、ファイト開始・・・、しかし、フックアウトか?手ごたえが非常に軽くなってしまいました。少し早めにリールを巻いて回収してくると、水面を滑るように近づいてきます。上がってきたのは可愛い可愛いソゲっ子でした。ソゲ かっ飛び棒 サンライズチャート 06時34分丁寧にフックを外してあげて、海にお帰り頂きました。気を取り直して、再度撃っていきます。辺りを見回しながら、撃って行っていると、今度は私の西側の方がヒラメを上げたようです。別にベイトが打ち上がっている訳でもないのに、今日は結構フラットのアタリが出ているようです。いい季節になって来ているのも一つの原因でしょうが、なんで今日はこんなに釣れているのかよく分かりません。私の方は、東側に移動しながら探っていきます。途中、練馬から良く来ているという方と情報交換させていただきました。彼もマゴチを釣ったとの事でした。情報交換後、さらに東に帰りながら撃って行ったのですが、結局は7時40分にストップフィッシングとしました。家に帰って、マゴチの記念撮影をしました。結構スリムで小さく感じたのですが、計ってみると44㎝ありました。この後、お昼には、今シーズン初めてのキスを狙って、夕方からはぶっこみサビキと思っていましたが、天気予報では、この後、南南東5mの風、夕方からは雨予報となっています。さすがに無理っぽいですね。今日はおとなしくしているつもりです。来週月曜日からはシンガポール、マレーシアへの出張となっており、帰国は4月25日(水)です。今回の出張は、タフな交渉が控えておりますが、仕事は粛々とこなしたいと思っています。その後は、代休、有休も使ってGWに突入します。5月6日まで釣り三昧を楽しみたいと思います。

      35
      6
      テーマ:
  • 08Apr
    • 019-180405 久しぶりの釣り と 下田旅行

      やっと出張から帰ってこれました。3月13日朝5時に家を出発して、4月4日夜10時過ぎに懐かしい我が家への帰還です。22泊23日、5か国を回る海外出張でした。その間、本来釣りに行ける祝祭日7日を見逃してしまいました。仕事とは言え、ストレスがたまりまくりです。昨夜もベッドに入ったのは深夜12時頃でしたが、翌朝は根性で4時起き、4時半より釣りに行く事が出来ました。釣行データ(019-180405)2018年04月05日(木)04:30~06:30場所:酒匂川西岸潮汐データ:中潮        満潮 06:40 潮位 136 干潮 13:29 潮位 27日の出:05:26、日の入り:18:07天候:晴れ風 :なし潮色:若干濁りありターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なしまだ暗いうちから、サーフに一人で黙々と撃っていきます。しかし、あいにく反応なしです。ちらほら聞こえてきているフラットフィッシュの便りに、期待は高まりましたが、あいにく私にはお触りもありませんでした。また、最近稚鮎のベイトも打ち上がったとのニュースも聞いていたのですが、自分では確認出来ませんでした。今回印象的だったのが、海岸に桜の花びらがたくさん打ち上げられていたことです。結局今年も満足に桜を見る事が出来ませんでしたが、海岸に打ち上げられた花びらで、かろうじて季節の流れを感じる事が出来ました。海岸に打ち上げられた桜の花びら実は、昨日で娘の春休みが終わり、今日から学校という事でした。昨晩は帰った時間が遅かったため結局会えず、さすがに今朝ぐらいは顔を合わせておかないといけないと思い、6時30分に終了して、そそくさと家に帰り、娘と出張期間中の話等をして、無事に学校に送り出すことが出来ました。5日は有休を取っていたため、娘を送り出した後、二度寝を決め込み、午後からは前回トップガイドの交換と、その他のガイドのチェックをしてもらうために出していた NESSA CI4+ を釣具屋さんに引き取りに行ったり、床屋に行ったりして過ごしました。そして、金曜日に出社して、土・日で家族と約束をしていた伊豆下田旅行へ出発です。7日(土)の早朝にワンチャンスあるかもと期待していたのですが、あいにくの天候で結局は釣りに行けず、7時に家を出発です。今回の目的地は、河津にある 日本初!体感型動物園iZoo で一日遊び、夜は下田白浜にあるペンションに泊まり、翌日は 下田海中水族館 で遊んで帰ってくるというプランです。iZoo はテレビ番組の「池の水ぜんぶ抜く」で知り、河津という事もあり、今回初めて訪れました。しかし、iZoo は思ったよりも、かなり小規模な動物園で、主に爬虫類を中心とした展示でした。それでも、奥様とお子様はヘビ等を見たりして、結構キャーキャー言いながら楽しんでいました。iZoo の玄関ワニと記念写真そしてTVでも出てたカメとアリゲーターガーの池ですさすがに、iZoo のみでは、まだペンションに行くまで時間が早すぎるため、今度は下田市内まで行き、昼食を取り、その後黒船の勉強をしてきました。MOBS 黒船ミュージアム最初は、MoBSとは何の事か分かりませんでしたが、単純にThe Museum of Black Ship の略称でした。なんだか勉強した気分です。ペリーの似顔絵とお子様そしてやっとペンションです。実は、生まれて初めてペンションという宿泊施設に泊まりました。何となくお洒落な所と聞いていましたが、基本的には温泉旅館が好きなタイプです。しかし、洋風の建物に料理、さらに温泉よりもリーズナブルな価格設定という事で、気楽に利用できる点等、気に入りました。宿泊したペンション ガーデンヴィラ白浜部屋からの風景部屋から見下ろした白浜港です。強風の中、どうやらエギをやっている人達が見えました。やはり、水も小田原より澄んでいるようです。Dinner色々出てきたのですが、結局写真に残っているのはこの三枚だけでした。これに、たまにはワインでも合わせれば良かったのですが、やはり安定の焼酎を選んでしまい、出張から帰って来て、初めて本当に朝までゆっくり休む事が出来ました。そして、本日は朝から下田海中水族館で一日遊びました。アザラシと記念写真イルカショー本日、夕方5時半に家に帰って来ましたが、途中西湘バイパスから海を見ると、何となく波も落ち着いている感じがしました。ひょっとすると夕方少しでも竿を出せるかと思い、帰宅後すぐに近くのサーフへ偵察に行きましたが、やはり風もかなりあり、無理をしていくまでもないという事で、釣りはお預けとなりました。出張から帰って来てバタバタとしていましたが、今度の土・日は釣りに行ける予定です。何とか釣り日和の天候になってほしいものです。

      36
      6
      テーマ:
  • 12Mar
    • バカをした話 と 018-180312 3月ラスト釣行

      昨日の夜はかなり落ち込んでしまいました。その理由は、夕方近くのサーフにぶっこみサビキでアジを狙いに繰り出した事です。3月11日 17時16分に竿をセットし終わった時の写真です。仕掛けを用意してアミを入れて、期待の第一投です。その間に2本目の竿の仕掛けをセットしようとしていました。チラリと投げ込んだ竿を確認すると、動きが変です。取りあえず、2本目の仕掛けを用意して様子を見ようと思いましたが、やはり気になり、すぐに先ほど投げ込んだばかりの竿を上げてみる事にしました。すると、大量の草等のゴミがかかってきました。そういえば、先日からの大雨で海の中が荒れているとネットでも書いていました。どうして、気が付かなかったのか?今朝、少し西のサーフでは若干のゴミを拾ってくるものの何とか釣りは出来たが・・・等々。結局は、1投したばかりで、強制終了です。再度広げた道具を片付け、トボトボと家に帰りました。さっき出て行って、もう帰ってきたため、奥様やお子様からは何事か発生したかと心配して、「どうしたの?何かあった?」と心配されました。訳を話すと「フッ!」と鼻で笑われる始末でした。大概は冷静な性格だと思っていますが、事釣りに関しては判断力がなくなってしまうようです。というわけで、何となくイヤな気分をになってしまいました。そして、本日12日(月)は、小田原で野暮用があるため、有休を取っています。という事は、早朝の釣りに行けるという事で、さっそく行ってきました。釣行データ(018-180312)2018年03月12日(月)05:30~07:30場所:酒匂川西岸潮汐データ:長潮        満潮 03:06 潮位 111 干潮 07:59 潮位 98日の出:06:00、日の入り:17:48天候:晴れ風 :なし潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なし本日も、朝は4時に起床、しかし、そんなに早く行ってもしょうがないという事で、ゆっくり目にサーフインです。しかし、驚いた事にすでに3名の先行者の方たちがいました。さっそく自分も用意して少し明るくなりかけた5時30分にスタートフィッシングです。今日は、先行者もあった事なので、自分では初めてのかなり山王川よりに寄った所からのスタートでした。最初はパワーシャッドから近めを探って行きます。撃ちながら西に移動していきますが、反応なしです。そうこうしているうちに、日が昇ってきました。6時 日の出です海で迎える朝日は、本当に気持ちいいです。特に少し寒い時期の方が、風情があって好きです。逆に夏には夕日が似合うと思っています。これで魚が釣れれば更に良いのですが、こちらはなかなか一筋縄ではいきません。途中、飛びキングで沖側を撃っていた時に、何か重たいものを引っかけました。最初は期待したのですが、魚ではないのは明らかです。かなり重かったのですが、リールを巻くと、じわ~と寄ってきます。かなり岸際まで寄せたところで、大きな波が来て足を取られた時にバランスを崩して、その拍子で外れてしまいました。おそらく、底に沈んでいたゴミか、もしくはあの感覚は、大きめのタコだったのかもしれません。どちらにせよ、確認は出来ませんでした。バランスを崩した時に、リールにもかなり波をかぶってしまい、ゴリゴリしてきたため、結局は7時30分にはストップフィッシングとしました。帰りがけに、何人かのルアーマンの方や、キス釣りの方とお話をさせて頂きましたが、残念な事に釣果を上げている方はいませんでした。。家に帰ると、お子様はすでに学校へ、奥様は北海道時代の友達とのランチ会があるとの事で、東京へ行ってしまいました。私の方は、野暮用を片付けに行きましたが、なんと4時間もかかってしまい、その後、行きつけの医者に行ったり等でバタバタとなり、結局最後の休日も終わってしまいました。明日からは、また海外出張です。今回の目的地はシンガポール、バタム島、セブ、マニラ、ホーチミン、上海、青島と回って、4月4日(水)にやっと日本に戻ってくることが出来ます。よく会社の人から揶揄われますが、訪問する都市の名前だけ見ると本当に観光地巡りをしているようです。しかし、本人はいたって真面目に仕事をしています。まあ、仕事だから仕方がありませんが、しかし、何がつらいかというと、釣りに行けない事です。出張中でも、当然土日は休みとなりますが、これらの日は、ほぼホテルで一日中寝て過ごしています。最初の内は、自分も外に出て少し観光っぽい事もやっていましたが、最近では、ほぼ引きこもっています。食って、寝て、酒飲んで、歩かないでと、本当に体に悪い過ごし方の見本のようです。と愚痴っても仕方がありませんので、Webで魚釣りの情報を楽しみながら、次回の釣りの事でも考えていたいと思います。4月5日(木)は、いつも通り有休を取っていますので、釣りに行けます。何とか天候に恵まれれば良いなと思っています。また、去年の今頃は、既に国府津にも大サバやタチウオが回ってきていましたので、今年も帰国する頃には寂しかった国府津の浜もにぎやかになっているかもしれません。これからは、何を狙うか悩みそうです。

      44
      4
      テーマ:
  • 11Mar
    • 017-180311 波が高かったですね~

      釣行データ(017-180311)2018年03月11日(日)05:00~07:40場所:酒匂川西岸潮汐データ:小潮 干潮 04:48 潮位 101        満潮 09:43 潮位 110日の出:06:01、日の入り:17:47天候:曇り後晴れ風 :弱い北風潮色:濁りありターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なしやっと釣りに行けました。昨日は、天候も思わしくなく、結局夜の部もお休み。家族でコロナの湯へ行き久しぶりのサウナを堪能、その後、くら寿司で晩御飯です。店に着いたのはすでに20時半を過ぎていましたが、テーブル席は取れず、結局親子三人でカウンターに座って食事です。遅い時間でしたが、結構混んでいました。食事後は翌朝の釣りのため、家に帰ってすぐ寝てしまいました。本日、朝は4時に起床、天気を確認しに外に出てみると、地面がうっすら濡れていましたが、雨は降っておらず。念のため天気予報で確認して4時半頃に出発です。河口に着いてみて驚いた事に、地形がかなり変わっていました。河口の払い出し口が更に西側に移動しており、打ち上げられた草木で一杯です。取りあえず、河口側より5時にスタートフィッシュングです。今回は、NESSA CI4+ は修理に出しているため、10年程前に購入したダイワのLATEO 10ML を引っ張り出して持ってきています。今は新しいLATEOが出ているようですが、私が購入したのは一世代前のタイプで、キャスティングウェイトも 7-35g のものです。調べてみると今は10ML でも 7-40g みたいです。NESSA CI4+ と比べると、非常に柔らかく感じます。しかし、かっ飛び棒や飛びキング等の重量級のルアーも何とか投げれました。今日のサーフは、波が非常に高く、最近の雨の影響か、河口付近はかなり浮遊物、もしくは底に海藻の千切れたものがたまっているようでした。暗いうちはパワーシャッドで探って行っていましたが、キャスト事にゴミを拾ってきます。西側に移動していくと、ごみを拾う確率が低くなってきたため、今日は主に西側で釣りをしていました。釣り座より西側の風景です。しかし、波が高くて釣りにくく、波打ち際では濁ってもおり、あまり期待出来そうにないため、主に重量級のルアーで沖を攻めていきます。明るくなってきて、周りを見渡すと6~7人がキャストをしています。前回もそうだったのですが、西側が人気があるようです。私も、自分としてはかなり西側に移動して行きました。こちら側では近距離も狙えそうでしたので、飛びキングからパワーシャッドに変えて撃っていきました。波裏で何かがかかったようでしたが、波打ち際の高波でバレてしまいました。仕掛けを回収するとウロコが付いていました。6時40分 ウロコこのウロコは、ボラ?コノシロ?どちらにせよ、お目当ての魚ではない事だけは確かです。最近こんなのばかりです。しかし、めげずに撃っていきます。途中、何かがかかったように重くなったりもしたのですが、やはり高波でその重さもなくなってしまいました。イカが抱き着いてきた?結局は7時40分にストップフィッシングとしました。もう少し波が落ち着いてくれればいいのですが・・・。明日の朝にはもう少し波も治まってくれればいいのですが・・・。今晩はアジにチャレンジです。そして翌朝は再度フラットにチャレンジの予定です。何とか出張前に魚の顔を拝みたいものです。

      36
      4
      テーマ:
  • 10Mar
    • 016-180304 帰国後のフラット狙い そして福岡へ一時帰省

      3月3日、お雛様の日にやっと出張から戻って来ました。しかし、今回は、野暮用で、翌日には実家の福岡へ飛びました。その福岡便へ乗る前に、いつもの西側のサーフに出撃して来ました。釣行データ(016-180304)2018年03月04日(日)04:40~07:00場所:酒匂川西岸潮汐データ:大潮               満潮 06:21 潮位 143 干潮 12:16 潮位  44日の出:06:09、日の入り:17:41天候:晴れ風 :なし潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:フグ(スレ)目撃情報:東側で一人?久しぶりのサーフで気分は爽快です。サーフの雰囲気は非常に良くなって来ていると感じられます。また、前回まではかなり寒く感じたのですが、今回は寒さがあまり気にならず、インナーを一つ脱いでやりました。周りが明るくなってきた時に、かすかな違和感が・・・。しかし結果はフグのスレ掛かりでした。怒って、見事に膨らんでいます。優しく針を外してあげてお帰りいただきました。6時01分 フグのスレ掛りそして日の出です。6時14分 日の出川の東側では、かなり多くのアングラーが釣っているのが見えました。その中で、一人袋を出していたので、きっとなんらかの魚を釣ったのだと思われます。大きさや魚種は残念ながら遠くて見えませんでした。そうこうしているうちに、河口側に人がたくさん集まっているのに気が付きました。最初は何だろうと思っていたのですが、7時ごろに浜に降りてきました。そこで、やっとキス釣りのクラブの人達だと分かりました。約20人ほどいるようです。今の時期、クラブで集まるぐらいキスが釣れるのか不明ですが、もう少し暖かくなってきたら私もキス釣りを試して見たいと思います。6時57分 キス釣りの人達私の方は、あまりのんびりもしていられないので、結局7時にはストップフィッシングとして、家に帰りました。その後、9時頃に家を出発して羽田へ、福岡空港へ着いてからは、レンタカーを借りて家に戻りました。年に1~2回しか会えない、愛犬の「こうめちゃん」もちゃんと歓迎してくれました。「こうめ」は、誰かがわざと我が家の近くに捨てていった犬です。おそらく、この家だったら引き取ってもらえると思ったのではないでしょうか?当時我が家には「ももえちゃん」という老犬がいましたが、見るに見かねて母親が引き取った犬です。ちなみに「ももえ」も車に引かれて瀕死の状態の時に、母親が連れて帰ってきた犬です。「ももえ」は21年を我が家で過ごし、安らかに天国へ行っています。「こうめ」を引き取る決心をして、直ぐに行きつけの獣医さんに連れていき、登録したり、予防接種等をしてもらった際に、まだ生まれて間もないと教えていただきました。私の娘とちょうど同じ年という事になります。今は年取った母と「こうめ」で仲良く暮らしています。我が家のお宝わんわん こうめちゃんそして驚いた事に、裏の梅林が既に咲いています。いつも海外出張ばかりしているため、日本に帰ってくるたびに季節の移り変わりの速さに、新鮮な驚きを覚えます。やはり四季のある日本は良いですね。庭の裏の梅林4日(日)、5日(月)と実家での用事を済ませ、6日(火)には再度、小田原へと帰って来ました。本来は、7日(水)も、会社を休んで所用を済まそうと思っていたのですが、どうやら天気も思わしくなく、これではせっかく有休を取っても釣りに行けないという事で、7日は出勤して代わりに12日(月)に休む事にしました。よって、7日からは会社に出て、出張中の清算や、次回出張(3月13日~4月4日)の確認をしたり、またその後に控えている4月中旬から後半にかけての出張のためのアポイント取りをしたり等バタバタして過ごしていました。そして本日は、やっとの土曜日で休みの日です。今日も朝4時には起きたのですが、外を確認してみると天気が思わしくありません。また、連日の疲れもあり、結局は2度寝をして、釣りに行けませんでした。その代わり、先ほど、普段使っているフラット用の竿【NESSA CI4+S1102MMH】をJSYへ持っていき、トップガイドの交換を依頼してきました。Webで色々と調べて、ガイド割れの確認方法を見つけていました。曰く、カッターの刃でガイド内側をなぞると、割れがある場合は引っかかるとの事です。試して見ると、トップガイドのみ引っかかりがありました。SiCリングのみ自分で交換する方法等、色々参考になる記事もたくさんありましたが、自分で行う自信がなく、結局は他のガイドの点検も含めて、メーカー修理に出すことにしました。修理代が結構高くつくと思いますが、新品を購入するよりも安いだろうという事で思い切りました。これで、今まで悩んできた高切れがなくなればいいのですが・・・。とにかく道具は大切に扱うように、今後の自分への戒めとしたいと思います。そのついでに、ルアーコーナーを除くと、この前までは売り切れていた飛びキングがたくさん入荷されていました。思わずバイトしてしまいました。レンズ キャンディ グローベリー と 赤金魚は釣れませんが、ルアーは確実に増えていきます。たくさんルアーを購入しても、それで実績が出てる訳ではありませんが、この病気はなかなか治りません。これからも増えていくと思います。実際の釣りの方は、今日、小田原は曇っており、時折小雨がちらついているような状況です。夕方こそは、フラット狙い?もしくはアジ狙い?で海に行くつもりでしたが、厳しいかもしれません。明日の朝こそは、釣りに行きたいと思っています。

      24
      6
      テーマ:
  • 20Feb
    • 014-180218 チャンスを決められず トホホ & 015 ぶっこみサビキでアジ

      釣行データ(014-180218)2018年02月18日(日)05:00~08:00場所:酒匂川西岸潮汐データ:中潮               満潮 06:36 潮位 138 干潮 12:17 潮位  55日の出:06:27、日の入り:17:28天候:晴れ風 :なし潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なし今日も張り切って4時には起床、あまり早く行き過ぎても寒いばかりと思い、明るくなる1時間前ごろよりスタートフィッシングです。まずは、いつものごとく、川の端より探って行きます。しかし反応なしです。撃ちながら山王寄りに移動して行きます。向こう側には、ルアーをやっている人が数名見えています。向こうの方が釣れるのかな?気になります。しかし、こちら側は砂浜ではなく、砂利浜なので歩きにくいですね。また、川の近くは沖目に少し水草が生えているようで、ゴツゴツ当たり、時々引っかかります。ただしこれも何回か竿をあおれば外れます。西側は、沖の方は完全な砂底らしく、引っかかりがありません。ようやく一人の方がやっているところへたどり着き状況を聞きました。今の所は反応なしとの事ですが、つい先日マゴチの50センチ程度をあげたとの事でした。これを聞き、私も俄然やる気になります。山王川まではまだだいぶ距離もあり、また数人釣りをしていましたので、少し東に戻って再度釣り開始です。昨日チラシ針をセットした飛びキングに交換して沖目を狙いました。2投目、思いっきりキャストして、着底後トントンと竿先をあおった時、ガツンと強い当たりです。ドラグが結構出されるので、少し締め込んだところ、なんとリールのすぐ近くで高切れです。呆然となります。7時20分頃でした。PEラインの高切れに悩んで、昨年12月にG-soul X8 UPGRADE200m 22Lb (1) に交換していました。それ以来、特にトラブルもなく、機嫌よく使っていたのですが・・・。気をとりなおして、リーダーを結び直して、今度はかっ飛び棒を付けて、再度付近を調査しました。しかしキャストすると下巻き糸までもうすぐのところまで糸が出て行きます。何回かそれでもキャストしましたが、何となく落ち着かなくて、8時には強制終了です。お魚さんと海、ごめんなさいです。しかし、こう何回か高切れが続くとPEラインのせいではないかもしれません。もしかすると竿やリールに傷が付いているのか?しかし、竿は前回しつこいぐらいチェックしました。リールのせいかな?取り敢えず、今度はPEラインを少し強くして試してみることにして、同じPEで1.5号(30Lb))を試してみることにしました。何も写真がないので、日の出の写真を載せておきます。6時38分 日の出です。家に帰ると、殉職した飛びキングを買いに小田原のJSYへ行きました。しかし、ピンキーホワイトが一つだけ残っていただけでした。さっそく購入し、さらにぶっ飛び君のレッドシャイナーも一緒に購入。PEラインは、価格差がかなりあったため、amazonでポッチとしました。という事で、本日夜の部です。ここ国府津は、昼から南風が吹く事が多い気がします。そのまま夜に突入すると、とても釣りどころではありません。1月20日にやってから、ずっと天気が悪い日が続いていました。この休日は、ずっと朝から天気予報の確認をしていました。今日は、夜中には風も収まりそうでしたが、夕方は厳しそうでした。そこで、16時に、子供を連れて海の様子を見に行きました。浜には何人か竿を出している人や、家族連れがいました。なんとか出来そうです。すぐにエサのアミブロックを買いに行って準備開始です。釣行データ(015-180218)2018年02月18日(日)17:25~20:20場所:ホームサーフ潮汐データ:中潮               満潮 18:01 潮位 140 干潮 翌00:31 潮位  19日の出:06:27、日の入り:17:28天候:晴れ風 :若干南東の風潮色:クリアターゲット:アジ釣果:アジ3匹(32㎝、29㎝、26㎝)目撃情報:なししかし、だいぶ日が長くなって来ました。また、今日は寒さも厳しくなく丁度良いぐらいです。今回は、5号竿に新調したダイワのウインドキャスト4000QDをセットしています。仕掛けは相変わらず、自作のピンクスキンと白ウーリーです。もうすでに何回か使用しているため、くたびれて来ています。今回終了したら、ゴミ箱行きにしようと思い、いい仕事を期待します。17時20分 釣り開始です左に4号竿+エアロ サーフリーダー SD CI4+ 30+自作ピンクスキンサビキ、右に5号竿+ウインドキャスト4000QD+自作白ウーリーサビキです。1時間ぐらいは、何事もなくただ時間だけが過ぎていきました。2月中旬という事もあり、非常に厳しい時期です。こんな時にもサーフからアジが釣れるのか不安です。クーラーに座ってぼんやり海を眺めていると、5号竿のホタルが激しく揺れます。慌てて駆け寄り、QDを絞めてファイト開始です。手元にグングンとアタリが来ますが、前回のクロダイやメジナほどの強さではありません。しかし、小さくもないアタリです。波打ち際が結構ジャブジャブしているため、タイミングを見計らって一気にずり上げました。18時59分 アジ32㎝×白ウーリーサビキ 今までで一番大きなアジです。またこの寒い季節に釣れた事が嬉しいです。次を狙ってさらに投げ込んでいきます。すると30分後に4号竿にアタリです。慎重に取り込みました。19時33分 自作ピンクスキンサビキ更に19時54分 自作ピンクスキンサビキもう少し粘れば釣れたと思うのですが、明日は仕事に行かなくてはならないので、20時20分に終了です。家に帰って集合写真です。アジは、大きいのはマルアジかと思ったのですが、すべてマアジでした。ヒレが立ってしまっているので分かりづらいですが、胸鰭はゼンゴの所まで伸びているし、尾びれ根元の小さなヒレもありませんでした。この魚も結局自分では料理が出来ませんでしたが、昨晩家に帰ってくると奥様が料理をしてくれていました。 刺身に、南蛮漬け、から揚げです。すべておいしくいただきました。これで冷蔵庫に眠っていたアジもすべてなくなりました。また、調達しに行かなければなりません。しかし、残念ながら明日(2月21日)より、また海外出張で釣りは少しお預けです。今度はジャカルタ、バンコク、広州を回って、3月3日(土)に帰ってくる予定です。3月4日(日)には釣りに行けるかな?その時には、また暖かくなってきており、魚も釣りやすくなると期待しております。

      52
      8
      テーマ:

プロフィール

ジョン

性別:
男性
誕生日:
1967年4月21日
血液型:
O型
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
子供の頃からの釣り好きです。会社の転勤で各地を回り、色々な釣りをして来ましたが、ここ10年は主にルア...

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。