小田原釣れない日記
  • 20Jan
    • 010, 011-190119, 20 バラシ病?

      またまた忙しい週が開始されました。まず、休み明けの火曜日は、お客様と新年会で赤坂へ・・・。はじめて来ましたが、私の会社がある場所から結構な時間がかかりました。東京も広いです。そしてお洒落な街並みで、なんとも高そうな店が並んでいます。お店の場所も分からず、Google Map で道案内をしてもらいますが、使い方がよく分からない!何とかたどり着いて、お酒をしこたま飲んで、結局0時半頃にやっと家に帰りつくことが出来ました。水曜日は、私の会社が所属している業界の賀詞交歓会が横浜でありました。終了後、年末に行ったスナックへ義理を果たしに同僚と顔出しして、早めに帰ったと思ったのですが、結局家に帰りついたのは23時・・・。木曜日は、今度は新潟の業界の賀詞交歓会へ、その後お客様の新年会に呼ばれて、こちらもヘロヘロに・・・。そして、金曜日は新潟から始発の新幹線に乗って、今度は横須賀にある会社の施設へ・・・。そこで内の会社の全国会議に参加して夜はまたまた立食パーティーの予定でしたが、午後からは急きょ会議を抜けて横浜のお客様へ出向き、打ち合わせ・・・。これは嬉しかったです。連日の飲み会で、お客様関連は仕方がないですが、自社関連の飲み会は極力抑えたい。しかも明日は土曜日!釣りに行く日です。早めに帰って翌朝に備えたい!という事で、お客様訪問後、そのまま早めに直帰して、家で家族と食事しながら、ささやかな晩酌を楽しみ(外で飲まないでも、家でも飲みます)、元気に早起きをして釣りへGO!でした。しかし、疲れがたまっていたのか、目が覚めたのは3時30分過ぎ、慌ててもしょうがないので、いつもの通りコーヒーを飲んで、結局釣り場に着いたのは4時30分過ぎでした。という事で、今回の記録です。釣行データ(010-190119)2019年1月19日(土) 04:45~ 07:30場所:湘南サーフ潮汐データ:大潮 満潮 04:17 潮位  134  干潮 09:22 潮位  96日の出:06:51、日の入り:16:58天候:晴れ気温:1℃(5時)~3℃(8時)海水温:16℃(5時)~15.9℃(8時)風:北北西2m(5時)~ 北北西2m(8時)波高:52.4㎝(5時)~ 47.8㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なし今回も湘南サーフにやって来ました。すでに釣り人はいるようですが、そんなに多くない。あまり釣れていないのか?大体いつもの場所に陣取り4時45分から砲撃開始です。いつものかっ飛び棒からスタートですが、ベイトがいない・・・。なみも若干高めでした。結構、サーフをうろうろしたのですが、結局はNo Bite No Fishで終了です。明らかに、いつものサーフとは違うため、いつもは大体8時頃までやるのですが、7時30分に早上がりとしました。しかし、寒かった!特にリールを巻く右手の指先が辛抱出来ません。当然ホッカイロ等を持ってきているのですが、何とかいい方法がないものか?魚の釣れない冬の釣りは辛いです。6時53分 日の出家に帰りつくと、現実が直面しています。実は今日と日曜日は自宅でお仕事がみっちりです。新年の挨拶周り、飲み会ばかりで、実質的に仕事をする時間がありません。うちの会社は決算日が12月末なので、1月は色々なレポートやチームの人事評価のまとめ等々がどっさり入っています。しかも、本社から矢のような催促が・・・。この時期は気持ちが晴れる事がありません。しぶしぶ気持ちを切り替えてひたすらやるのみです。そして、今朝の釣行です。昨日は、志村動物園を家族で見て、いつもの通り寝酒も決めて早めに就寝、いつもの通り2時30分には起床しました。昨日の湘南サーフは魚っ気が全くありませんでしたので、今回は別のサーフへGO!果たして結果は・・・。釣行データ(011-190120)2019年1月20日(日) 03:52 ~ 08:38場所:湘南サーフ潮汐データ:大潮 満潮 05:02 潮位  143  干潮 10:13 潮位  94日の出:06:50、日の入り:16:59天候:晴れ気温:3℃(4時)~6℃(9時)海水温:15.8℃(4時)~15.9℃(8時)風:北2m(4時)~ 静穏0m(9時)波高:38.8㎝(4時)~ 29.1㎝(9時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:ヒラメ、マゴチ等4人程度今朝は、気合を入れて4時前からサーフインです。ここでもいつもの場所を選択、さっそくかっ飛び棒を付けて撃って行きます。昨日に比べると波は非常に穏やかになってきています。しかし、いつもの通り反応なしです。よって、どんどん移動していきます。そして、すーさんさんも合流して挨拶・・・。ようやく5時過ぎにどうやらかなり近いところで、ベイトがたまっているような反応が出始めました。しかし、今日はかっ飛び棒が何となくしっくりいかない感じでした。大潮ではありますが、潮があまり動いていない様子、かなり底を引きづってしまいます。そこで、ぶっ飛び君にしたりしていましたが、更にワームに変更してウエイトを落としました。5時15分 狙い的中で見事パワーシャッドの鮃レッド4インチにアタリが・・・。フッキングさせてやり取り開始をすると、ヘッドシェイクをしてきます。マゴチだ!でもあまり大きくないな、と余裕を見せて落ち着いてやり取りをしている最中で、なんとフックアウト!またバラしてしまいました。しかし、いつの間にかワームでの釣りが分からなくなってしまってます。本当にしっかりフッキング出来るのか?ジグヘッドに鮃シャフトでトレブルフックも付けているのですが・・・。かっ飛び棒は3本フックシステムで安心感がありますが、何となくワームは勝手が違います。しかし、周りで釣っている人は、圧倒的にワームで釣果を上げているようにも見えます。何とか、ワームでフラットフィッシュを釣り上げたいと思います。気を取り直して、そのまま場所移動もせずワームで撃って行きます。しかし、その場所での反応は、それからありませんでした。よって、更に東に移動していきました。ルアーもかっ飛び棒からぶっ飛び君、エフリードバイブ、ベイトが小さいのかと思って、プチボンバー等を投入します。そうしてルアーチェンジを繰り返していると、やっとアタリが・・・。6時ちょうどにぶっ飛び君95Sラトルのバナナフラッシュレインボーにアタリが・・・。こちらは先ほどばらしたものよりも大きめでしっかりヘッドシェイクで答えてくれます。今回は捕れるだろうとおもって慎重にやり取りをしたのですが、こちらも結局途中でバラしてしまいました。なんで・・・?本当に釣りは難しいです。しかし、2回のバラシで身体もかなり温まり、指先もだいぶ楽になっています。3度目の正直だ!と気にせず、またルアーチェンジを繰り返しながら撃っていると、夜明け前に私の東側で釣っていた方にヒット、マゴチの55㎝程度のようです。こちらも俄然やる気を出して撃って行きます。しかし、続きません。7時30分頃、すーさんさんが終了するという事で情報交換しました。しかし、その時までは、まだ魚をゲットしたのは、先ほどマゴチを釣り上げた人だけでした。私は、今日はしばらく粘ってみるとお伝えしてすーさんさんとお別れしました。すーさんさん、毎度有難うございます。次回は二人で釣果を上げたいですね!それからは、また西側に大幅に動いたりして探って行きました。8時前に私の西側に入ってきた人がいきなりヒラメをゲットしていました。少しお話をお伺いしました。第一ブレイク後のストップ&ゴーとの事でした。あまり覚えていませんが、ルアーはやはりワームの様でした。やっぱりワームが良いのか?と自分も再びパワーシャッドに換えて、西側へどんどん移動しながら撃って行きましたが、結局 No Fish での終了となりました。昨日とは違い、魚っ気はありました。ベイトも沖側と手前側にちゃんと入っていました。私が確認出来た中で獲物を手に出来た人は、おそらく4名程度、浜には釣り人が多数いました。おそらく獲物を手にできるのは7~8%程度の人達ではないでしょうか?やっぱりハードルが高い釣りです。という事で8時38分 終了時の海の写真です家に帰って来てからは、泣く泣く仕事をして何とか目途を付け、やっと釣り記録を付ける事が出来ました。明日からはまた出張で、家を6時前に出発です。今回は北海道へ2泊3日の出張です。その後も金曜日までぎっしりとスケジュールが入っています。北海道では、雪で滑って転ばないように、気を付けて行ってきたいと思います。そして、次回も土日に元気に釣りが出来るように頑張って来たいと思います。またまた、釣れないブログに戻ってきていますが、今後も頑張りたいですね。

      51
      4
      テーマ:
  • 14Jan
    • 009-190114 まだ罰ゲームが続いているようでした・・・

      今日は、3連休最後の日です。有終の美を飾りたいところ・・・。いつもの通り、朝起きて早めの時間にサーフ到着です。場所は昨日と同じサーフです。昨日あれだけいたベイトがまだいるか?本日も、すーさんさんとのコラボフィッシング、またアナキンさんも出撃されるとの事でした。という事で、本日の釣り開始です。下記のデータの通り、本日はホゲました。昨日に比べると気温も低いし、海水温もまた下がっています。これが魚に同影響したのか分かりませんが、もう少しデータ取りをしたら、少しは分かるかも知れません。恐らく2~3年のデータを取らないと本当の所は不明だと思います。釣行データ(009-190114)2019年1月14日(月) 03:40~ 08:15場所:湘南サーフ潮汐データ:小潮  干潮 02:58 潮位  56 満潮 09:55 潮位  124日の出:06:52、日の入り:16:53天候:晴れ気温:3℃(4時)~3℃(8時)海水温:15.9℃(4時)~15.6℃(8時)風:北2m(4時)~ 北北東2m(8時)波高:26.7㎝(4時)~ 29.0㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:アカエイ1匹目撃情報:ヒラメ1匹、マゴチ1匹、アカエイとカスザメ数匹私は3時40分からスタートフィッシングでした。昨日帰りがけにヒラメが釣れていたポイントへちょっと浮気をしてみました。しばらく撃っても何もなし。また、今朝は非常に波が高く、激しく感じられました。何となくイヤな雰囲気が・・・。どうしてか分かりませんが、湘南サーフはのっぺりしていた方が、私の釣果は良いようです。すぐに、自身がヒラメやマゴチを何匹か上げたポイントへ移動しました。ここですーさんさんと合流、お互い本日の健闘を誓い合い、それぞれ撃って行くことになりました。そして、直ぐにドンというアタリが・・・。最初はヒラメかと思いましたが、またまたイヤな感じが・・・。しかし、昨日の初めの奴ほどではありませんでした。少しは期待したのですが、何とか引っ張り上げたのは、やっぱりアイツでした。アカエイです。昨日と比べて比較的早く上げる事が出来たのは、今日はエイの口付近にかかっていました。やはりスレ掛りよりもこちらが有利に戦えます。4時21分 アカエイ×かっ飛び棒ラトル バナナフラッシュレインボーまだ、昨日の罰ゲームが続いているのか?すーさんさんも近寄って来て少しお話・・・。今度はすーさんさんが西側に入り撃って行きます。私は少し休憩をして再度撃っている時です。すると、すーさんさんの動きが少し変です。どうやら魚とやり取りしている様子・・・。近づいてみると、なんと私が釣り上げたエイよりもまだ大きい奴と格闘中でした。波打ち際には来ているのですが、なかなかフックを外せる所まで引っ張り上げられません。尻尾に気を付けながら、足でサポートして何とかフックを外すことが出来ました。しかし、エイが立て続けに釣れるのは、魚っ気があるのか?フラットからの便りを求めて、私は又西の方へ移動、すーさんさんは東へ移動して行きました。しかし本日はお得意のかっ飛び棒を使っても、何の便りもなしでした。カラーを変えたり、ワームに換えたり、遠近打ち分けてみたりと、出来る事はほぼやった感じがします。日が昇るころには、入砂地点まで戻ってきていました。そこで、まずめ時を迎えじっくり撃つことにしました。今日は、昨日あれほどいたコノシロや他の小さなベイトも見当たりません。小潮で、干潮が3時、満潮が10時とまづめ時はちょうどいい潮加減ではないかと思うのですが・・・。そして、明るくなって来て普段はあまり使わないスピンビームを遠投です。中間地点まで巻いてきた時にアタリが・・・。竿先もグンッと入り込み、フッキングしたのですがなんとまたバラシてしまいました。スピンビームでの初釣果かと期待したのですが・・・。ガンガンという感触が有りましたので、恐らくマゴチのアタリではないかと思うのですが・・・。その後、飛びすぎダニエルやエフリードバイブも投げたのですが、お魚を連れて来ることは出来ませんでした。7時半頃か、西側を見るとアナキンさんが撃っていました。そこで挨拶に行くと・・・。アナキンさん、おめでとうございます!しばらく情報交換をしてだべっていました。そしてまた自分の釣りに戻ったのですが、結局No Bite でした。周りでも釣れている様子はありませんでした。その後、すーさんさんとリベンジを誓い、お別れをして、私も8時15分にストップフィッシングとなりました。最期に、またアナキンさんとお話をして8時30分に釣り場を後にしました。本日のルアー達です。結構使ったのですが釣れませんでした。家に帰りつくと、今度は家族とのお時間です。今日は午後から買い物と、卓球場へ・・・。先日のママ友会での久しぶりの卓球が楽しかったため、小田原でも出来る場所を探しました。私と奥様は、温泉卓球のレベルですが、それでも好きな方です。そして、見つけたのがバッティングセンター金太郎です。酒匂川沿いにあり、以前から今どきバッティングセンターとは珍しいなと思っていた場所です。HPをチェックしてみると、卓球場もあるとの事。さっそく家族でGOです!バッティングセンター金太郎そしてさっそく卓球開始です。最初はお子様には難しかったようですが、直ぐに慣れて来て夢中になってくれました。親子三人1時間遊んで、結構な汗もかいて、楽しく良い運動が出来ました。近くで良い場所を見つける事が出来ました。今後も通いたいと思います。汗をかいた後は、そろって買い物に行っての帰宅となりました。そして、本日の夕食は昨日釣ってきたマゴチです。まずは、今回はコブ締めにしてみました。マゴチのコブ締め  相変わらず、ブサイクな盛り付けですが、味の方は抜群でした。やっぱりコブ締めにした方が身も締まり美味しかったです。そして、頭とアラは煮付けに・・・。抜群の美味しさです。マゴチが釣れたら、我が家の定番料理になりそうです。家族からはもっと釣ってこいと発破をかけられました。こちらとしては望む所なので、来週は頑張りますと回答しておきました。明日からはお仕事でまた、出張、飲み会の日が続きますが、今週は後4日働いたらまた休みです。次の休みが待ち遠しいです。

      59
      6
      テーマ:
  • 13Jan
    • 007、008-190112, 13 マゴチ 釣れたけど 罰ゲームのような一日でした

      1月7日からの仕事始め、今年は会社に出社することなく、いきなり出張からでした。まずは、北関東のお客様へ新年のご挨拶です。昼食を取ろうと、高速のサービスエリアへ・・・。見慣れぬ料理がありました。まずはトライしてみる事に・・・。ひもかわうどん と言うらしい後から調べたところ、群馬県桐生地方の郷土料理との事。物珍しさで頼んでは見たものの私は普通のうどんの方が好みでした。そして、当日は大宮泊まりで北海道から来ていたお客様と夕食、翌火曜日は、再度埼玉方面を中心にお客さんへ新年の挨拶、その後つくばエクスプレスに乗って、研究学園駅前のホテルで宿泊、水曜日は茨城から栃木にかけて挨拶回り、そして宇都宮泊まりとなりました。そこで、会社の先輩達とささやかな新年会・・・。結局2次会のカラオケスナックまで行ってしまいました。しかも勘定は私持ち・・・。しかし新年から楽しく過ごしています。楽しそうな先輩そして、木曜日には宇都宮から仙台まで移動、こちらも新年の挨拶回りです。夜はいつも行くお店へ・・・。ここは本当に美味しい料理を食べさせてくれます。まずは数の子、そして刺身盛り合わせです  ひじきの煮物と仙台牛タン(これは美味いです)  更に、ブリカマ、お酒は、最近のお気に入り 茜霧島  仙台は、仕事はキツイですが、このお店は大好きです。そして、金曜日は福島のお客様を訪問です。この辺りはシャモが名物らしく、昼食はシャモを使った親子丼でした。これまた絶品でした。  そして、12日は待ちに待った休日です。いつもの通り早起きをしてさっそく釣りに向かいました。しかし、本日は藤沢時代のママ友の会が磯子であります。そのため8時には家に帰ってくる必要があります。近場に行こうか、やはりいつもの所へ行こうかと迷いましたが、近場ではあまりフラットで良い目に合っていないため、最近通っている湘南サーフへ出動です。釣行データ(007-190112)2019年1月12日(土) 03:40~ 07:00場所:湘南サーフ潮汐データ:小潮  干潮 01:47 潮位  3 満潮 08:45 潮位  129日の出:06:52、日の入り:16:51天候:晴れ気温:3℃(4時)~3℃(7時)海水温:16.2℃(4時)~16.0℃(7時)風:北北東3m(4時)~ 北北東4m(7時)波高:20.6㎝(4時)~ 28.4㎝(7時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:マゴチ2匹(30㎝程度、47㎝)目撃情報:なしいつもより早い時間にサーフイン、さっそくかっ飛び棒で撃って行きます。一時間程、撃ったところでアタリがありました。しかし、さほど大きくはなさそうですが、子気味良く竿先を絞り込んでくれます。元気に上がってきたのは可愛らしいマゴチでした。30㎝程度です。優しくリリースです。4時24分 マゴチ 約30㎝×かっ飛び棒ラトル バナナフラッシュレインボーそして、次を狙って行きます。撃ちながら西へ西へと移動していきます。そして次のアタリがありました。先ほどより少し元気が良いです。無事に取り込んだのは47㎝のマゴチです。5時12分 マゴチ47㎝×かっ飛び棒ラトル バナナフラッシュレインボー本日、釣りから帰宅後すぐにお出かけですので、こちらもリリースしました。その後はドラマも起こらず、7時にはストップフィッシングとして急いで帰宅、8時30分には、藤沢ママ友の会のために、家族全員で磯子へ出発です。今回の藤沢ママ友の会は、Nさんのご主人の会社の体育館を借りて、10時からスポーツ大会、その後、新年会という非常にいい企画でした。今回集まったのは、9家族29名の大所帯となりました。ただご近所同士というだけで、ここまで発展した会も珍しいと思います。最初はママ友同士でのお付き合い、その後旦那連中が引き込まれ、いつの間にか、毎年何回かは定期的に集まるようになりました。藤沢から引っ越しして行った私たちは小田原から、もうひと家族は埼玉からの参加、あとは全員藤沢の同じ小学校に通っているご家族の方々です。まずは子ども対大人でドッジボール大会、3ゲームやって、すべて大人チームが負けてしまいました。最初の2ゲームは旦那連中は利き手ではない手でボールを投げる (奥様達は利き手OK)というルールでしたが全く歯が立ちません。そこで最後の3ゲーム目は旦那連中も利き手を解禁したのですがそれでも完敗・・・。いままで大人しそうなお嬢ちゃんがその実、非常に活発だった事は新たな発見でした。残念ながら、我が娘は球技はどうも苦手の様だという事も新たな発見でした。その後は、家族対抗バドミントン大会、我が家は初戦敗退しました。その後夫婦で卓球勝負等々、非常に楽しい時間を過ごすことが出来ました。12時30分に終了で近くのレストランに移動して新年会の開始です。集合写真です 9家族29名 圧巻ですそしてレストランでの様子です。親達と子供たち  結局、13時から磯子で飲んで、その後、更に大船で飲んで、家に帰って来たのは18時すぎでした。わたしは、そのままバタンキューで、翌朝の釣りに備えました。そして今朝の釣行です。釣行データ(008-190113)2019年1月13日(日) 03:50~ 07:38場所:湘南サーフ潮汐データ:小潮  干潮 02:20 潮位  43 満潮 09:17 潮位  126日の出:06:52、日の入り:16:52天候:晴れ気温:6℃(4時)~6℃(8時)海水温:16.1℃(4時)~16.1℃(8時)風:北北西3m(4時)~ 北北西4m(8時)波高:21.2㎝(4時)~ 27.7㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:マゴチ2匹(54㎝、44㎝)、コノシロ1匹、カスザメ1匹、アカエイ1匹目撃情報:マゴチ1匹、ヒラメ1匹昨晩は家に帰ると倒れるように寝たために、いつもの時間に起きても睡眠は十分とれていました。今日は、また土曜日とは違う湘南サーフへ出撃です。そして、いつもの場所より西側へ撃って行きます。釣りを開始をして、20分した頃に一度ドンと下から突き上げるようなバイトがありました。一瞬針掛かりしましたがすぐにフックアウト・・・。よく分かりませんがヒラメっぽいアタリだなと思いました。(経験値が低いためよく分かりません)。使っていたかっ飛び棒ラトル バナナフラッシュレインボーを確認すると、腹側に見慣れぬバイト跡が確認出来ました。まだまだ釣りを開始したばかりのため、直ぐに気を取り直して撃って行きます。そうこうする内に、すーさんさんがサーフイン、ご挨拶をした後、私は西側へ、すーさんさんは東側へ撃ち込んでいきました。そして、4時45分頃、またドン!というアタリです。思いっきりフッキングしました。するとすぐに異変に気付きました。ピタッと底に張り付くようなトルクフルな動きです。絶対アイツです。ここからが長かった・・・。使っているかっ飛び棒ラトルのバナナフラッシュレインボーを取られるのは非常に痛い、という事でドラグを出されながら、こちらも移動しながらなんとかルアーだけでも取り返そうと必死です。近くまで寄せては又ドラグを出され、の繰り返しで腕はパンパンになり、ロッドは凄まじい弧を描いています。そして、5時15分にやっとフックが外れてくれました。約30分、満身の力でのやり取りでした。長い時間を無駄にしてしまいましたが、何とかルアーロストは防げました。しばらく、座り込んで息を整えて、それからやっと釣りを開始する事が出来ました。そして、またまたドンというアタリがあり、見事フッキングです。今度は頭をガンガン振るような馴染みのある反応が帰って来ました。マゴチです。慎重にやり取りをして無事にずり上げました。5時43分 マゴチ54㎝×かっ飛び棒ラトル バナナフラッシュレインボー昨日に引き続き、またマゴチをゲットです。今回は持って帰るために、さっそくエラにナイフを入れて、ビニール袋で血抜きをしておきます。そして、今度はぜひともヒラメをと、またまた砲撃を開始しました。しばらく粘っていると、ドン!とのアタリです。結構な重量を感じて、グングンとした反応がかえって来ます。ひょっとしてこれは大型のヒラメか?期待に胸ふくらみ、慎重にやり取りをしてきます。結構な時間をかけて、何とかずり上げて獲物を確認すると、拍子抜けしてしまいました。6時13分 カスザメ×かっ飛び棒ラトル バナナフラッシュレインボーぬか喜びでしたが、初めての魚種です。でも一度釣れたからもういいです。今度から掛からないでね!とリリースしました。シッポをつかんでリリースしたのですが、噛みつこうとエビぞりになり、結構獰猛でした。また本当に鮫肌でした。そして、気を取り直して撃っていると、ベイトが出てきて、当たっているのが分かります。チャンス到来か?集中して撃って行くと、すぐにドンとアタリが・・・。頭を振っているのが分かりますので、マゴチ、しかし少し小さいかな?と慎重に寄せて無事ゲットです。6時26分 マゴチ44㎝×かっ飛び棒ラトル 赤金レインボーやっとバナナフラッシュレインボー以外で釣れました。赤金レインボーでの初釣果です。メジャーで測ると44㎝でした。少し痩せています。ビッグママになって会いに来てと、こちらはリリースしました。ひょっとして、溜まっているのかと思い、また同じポイントにキャスト、するとまたまたドン!とアタリが・・・。しかし、これはやり取りの途中でバレてしまいました。気を取り直して、ルアーも赤金レインボーからブルピンイワシに換えて撃って行くと、何かがかかりました。おそらくコノシロだろうなと巻いてくると、案の定コノシロでした。6時52分 コノシロ×かっ飛び棒ラトル ブルピンイワシコノシロを釣った後にすーさんさんとおしゃべり、その後、すーさんさんは残念ながらタイムオーバーという事で帰って行きました。私は、今日はのんびりするつもりでしたので、まだまだやる気満々です。やはりルアーカラーが違うか?とブルピンイワシからサンライズチャートへ変更して、更に追釣を狙って行きます。辺りは、すでに釣り人で一杯になって動ける余裕がありません。そのため、少しずつでも引いてくる角度を変えようと、左右に5歩、10歩程度行ったり来たりしながら撃っていると、またまたドン!とアタリが、そして見事フッキング成功!しかし、底へ底へというような動きが感じられます。糸を引き出されながらも何とか巻いて来れます。マゴチの引きではありません。最初はヒラメの引きかと思ったのですが、何となくイヤな予感が・・・。結構な時間をかけて上がってきたのは、やっぱり小型のアカエイでした。7時24分 アカエイ×かっ飛び棒 サンライズチャートしかし、小さいながらも非常にトルクフルで上げるのに時間がかかりました。棘に刺されないようにフックを外し海にお帰り頂きました。この時に本日の釣りを終了していれば良かったのですが、再度キャストしてまたすぐにドン!とアタリが・・・。しかし、今度は全く動きません。今まで何回もキャストしてきたポイントなので、根があるわけでも無いと思います。ひょっとしたら、ダイナンウミヘビ(釣った事はまだありません)に食いつかれたか?と思い、ロッドをガンガンとあおってみたり、ベールを起こして完全にラインをフリーにして放置したりしました。(後からWebで見ましたが、もしダイナンウミヘビだとラインを緩めるのは一番マズい対応らしいです。)しかし、結局は私が我慢できずになり、PEラインをもってじわ~と引いているとラインブレイク、かっ飛び棒 サンライズチャートを殉職させてしまいました。ここで心が折れて7時38分にストップフィッシングとしました。本日の釣りは、非常ににぎやかな結果となりました。しかし、真っ暗闇の中でのおそらく巨大エイだと思われるものとの格闘、カスザメとのファイト、そして小型とはいえかなりトルクフルなやり取りだったアカエイとの格闘、最後は不明ですが(ダイナンウミヘビか?)、かっ飛び棒サンライズチャートのロスト・・・痛い!マゴチ2匹は釣れたのですが、何となく罰ゲームをさせられているような気がしました。明日は、連休最終日です。頑張ってヒラメを釣るぞ!

      49
      8
      テーマ:
  • 06Jan
    • 006-190106 連休最後の釣り ダメでした

      いよいよ正月休みの最終日、本日も気合を入れて釣り場へ向かいました。今日も、昨日入った場所です。昨日は7時過ぎからはベイトっ気も出てきて、私が帰った後にコノシロも釣れてきたとの情報があり、それならチャンスはあるかと考えた次第です。しかし、結果はダメでした。また、曇っていたため日の出の写真も取れず・・・。しかし、記録のために状況を残しておきます。釣行データ(006-190106)2019年1月4日(金) 04:00~ 08:15場所:湘南サーフ潮汐データ:大潮 満潮 05:48 潮位  141  干潮 10:53 潮位  93日の出:06:53、日の入り:16:46天候:曇り気温:5℃(4時)~5℃(8時)海水温:16.8℃(4時)~16.4℃(8時)風:東北北東3m(4時)~ 北北東4m(8時)波高:35.2㎝(4時)~ 36.4㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:マゴチ1匹いつもの時間にいつもの場所へサーフインです。昨日の波高い状況とは違い、今朝は非常に穏やかな海でした。早速いつもの通りかっ飛び棒を付けてサーチ開始です。各方向に撃ちながら、本日も西側に向けて探って行きます。しかし、反応なしです。いつもの状況なので、これまでは予定通りです。大体この場所ではまだ暗い内に反応があるので、他のカラーのかっ飛び棒を付けて更にサーチをしていきます。それでも反応なしなので、今度はサイズ変更という事でぶっ飛び君95Sに変更・・・。しかし、むじょうにも時間のみ過ぎていき、とうとう周囲が明るくなって来ました。そこで、今度は近場を丹念に探るため、ワームに変更して探って行きました。自分ではワームの釣りで釣果を上げたことは少ない方です。しかし、ばらした回数が一番多いのもワームのような気がします。出来れば、ワームで釣果を上げたいとパワーシャッドやミノーMで探って行きますが反応なし。エフリードバイブに替えてアピールを上げてみても反応なし・・・。最期にはスピンビーム(このルアーでも実績ありません)をぶん投げてみましたが、結局は根負けで8時過ぎには終了となりました。本当は、10時ぐらいまでねばるつもりでしたが、やはり寒さのためと、反応の無さで集中力が切れてしまいました。周りの状況はというと、ほとんどの方が獲物無しのようです。しかし、お一人の方が袋を下げてましたので、聞いてみるとマゴチとの事、やっぱり上手い人はこの状況の中でも着実に実績を残しています。帰りがけには、このサーフに通い続けているベテランの方から色々なお話を聞けて勉強になりました。また、次回の糧にしたいと思います。今回の正月休みは12月29日から始まって本日までと、非常に長い9連休でした。幸いなことに天候にも恵まれて元旦を除いてのべ9回行く事が出来ました。そして、年末フィッシュとして大晦日に、ヒラメ1匹とマゴチ1匹(リリース)、年明けフィッシュとして1月2日に、マゴチを上げる事が出来ました。フラット狙いを初めて3年目を迎える自分としては上出来の結果だったと思っています。明日からは、また忙しい日常が戻ってきます。明日は大宮泊まり、火曜日はつくば泊まり、水曜日は宇都宮泊まり、木曜日は仙台泊まり、そして金曜日にやっと帰宅出来る予定です。相変わらずのヤドカリ生活ですが、この一週間を過ごせばまた3連休となり釣りに行けますので、頑張って仕事をして来たいと思います。

      67
      4
      テーマ:
  • 05Jan
    • 005-190105 またしても・・・ そして一大イベント

      今朝の釣り記録です。今日は、またまたペン太さん、アナキンさん、すーさんさんとのコラボフィッシングです。楽しみにしていましたが、なんと朝寝坊してしまいました。と言ってもいつも十分な時間をもって目覚ましをセットしているためいつもの時間にサーフイン出来ました。という事で、本日の釣行記録です。釣行データ(005-190105)2019年1月4日(金) 04:00~ 08:00場所:湘南サーフ潮汐データ:大潮 満潮 05:15 潮位  138  干潮 10:16 潮位  95日の出:06:53、日の入り:16:45天候:晴れ気温:3℃(4時)~4℃(8時)風:東北東1m(4時)~ 北北西1m(8時)波高:75.7㎝(4時)~ 87.8㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なしサーフに出ると、波が高い!しかも大潮です。大潮の時に釣れたためしがありません。とは言いながら、フリーな時間がある時に釣りに行かないで済ます事も出来ず、相変わらず気合を入れて第一投です。風はそんなに気になりません。いつものかっ飛び棒を付けて、いきなり遠投です。しかし、何事もなく帰って来ました。そして、第二投目、なんとベールの戻し忘れのため高切れ、いきなりかっ飛び棒ラトルのバナナフラッシュレインボーをロストです。ボーゼンとなりました。悲しいです。このルアーは、マゴチやヒラメを釣れて来てくれた貴重なルアーでしたが、今回で既に2本目のロストとなります。しかも、根掛かりではなく、すべて自分のミスのため・・・。1本目のロストは、自分の技量のためのロスト、今回のロストは自分の不注意のためと、もう少し注意をしなくてはなりません。早速仕入れに行ってきたいと思います。リーダーから組みなおして、今度はサンライズチャートで撃って行きます。しかし、ベイトに当たる気配がありません。一度だけタコの赤ちゃんを引っかけてきましたが異常なしです。ちょうどその時にすーさんさんが登場です。新年の挨拶を済ませて、撃って行きます。それからペン太さんの到着、そして少し遅れてアナキンさんが、また遠くから歩いて参戦です。4人で並んで撃って行きますが、誰も異常なしです。明るくなって来ても異常なしでした。7時過ぎ頃より波打ち際で細長い魚(なんの魚か不明です。カマスがマイクロベイトを食べていたのか?)が騒ぎ出しましたがルアーへの反応はありませんでした。まずは、すーさんさんが先に帰宅へ(LINEを交換させて頂きました)、その後、私がペン太さんに挨拶をして帰途へ・・・。残念ながらアナキンさんは結構離れた場所で撃っていたため、ご挨拶出来ませんでした。しかし、本日は皆さんとお話が出来て非常に楽しかったです。フラットが釣れれば申し分なかったのですが、こちらはまたもや持ち越しとなりました。釣れない時の写真です。7時6分の朝日です。本日、コラボフィッシングながら早めに帰ったのは、お子様が10時よりお友達と遊びに行くとの事、奥様はすでにお仕事に行っているため、私が見送りをする必要があったためです。お子様を無事に送り出して、ちょっとゴロゴロして、また12時過ぎにお子様の帰りを待っていました。そして、二人で昼食を取り、奥様の帰宅となりました。そして今度は、私とお子様が車に乗り込んで、重要な使命を果たしに外出です。本日、1月5日は奥様の誕生日です。奥様からもらっていたリクエストを果たすために、お子様とお店に行ってきました。しかしお店に行く前に、ちょっと寄り道で、お子様は図書館へ、私は上州屋小田原店へ・・・。さっそく本日ロストしたかっ飛び棒ラトルのバナナフラッシュレインボーを調達しに・・・。なぜか3本購入してしまいました。バナナフラッシュレインボー、赤金レインボー、ブルピンイワシです。すると、上州屋さんが今年のカレンダーをくれました。単純に嬉しく感じました、有難うございます。しかし、昨年末から釣具にお金を使いすぎているので、いい加減に財布の紐を締める必要があります。そして、奥様のリクエストの小物を選ぼうとして指定されたお店に行ったのですが、なんとリクエストしていた商品は既に売れ切れていて現在取り扱いがないとの事。また、今後の見通しもないとの事でした。これに関しては、すぐさま奥様に電話で連絡、アマゾンででも探してみる事になりました。そして、もう一つのリクエストがケーキでした。こちらは無事にゲットです。奥様はフルーツタルトがリクエスト、お子様はチョコレートケーキを選んでいました。そして私は栗を使ったケーキをチョイスしました。最後に奥様の好きな花束を・・・。なぜか女性は花束が大好きです。結婚当初は、花束を贈るのは非常に気恥ずかしく感じていましたが、今ではそんな気持ちは起こらなくなっています。今回はお子様と一緒に来ているので、一緒に花を選んで作ってもらいました。自分は、仕事も遊びも、結構勝手気ままにやらさせていただいているので、こんな時こそ日頃の感謝を伝えました。そして、ご馳走を食べて、今から就寝です。明日は最後の正月休みです。明日こそはフラットフィッシュにたどり着きたいと思います。

      39
      6
      テーマ:
  • 04Jan
    • 003, 004-190103, 04 西湘サーフ 沈黙でした

      1月3日も元気よく釣りに行きました。しかし、本日は箱根駅伝の復路があります。私の住んでいる地区は結構早い時間に選手たちが通り過ぎていくため、交通規制に引っかかってしまいます。この間の湘南国際マラソンの時のように家に帰れなくなる可能性があるため、本日は久しぶりに地元の急深サーフへ繰り出しました。まだ、少しは青物も回っているようですが、今回はメタルジグを持たずに完全なフラット狙いで臨みました。釣行データ(003-190103)2019年1月3日(木) 03:45~ 07:30場所:西湘サーフ潮汐データ:中潮 満潮 03:58 潮位  125  干潮 08:43 潮位  97日の出:06:52、日の入り:16:43天候:晴れ気温:0℃(4時)~2℃(8時)風:西北西2m(4時)~ 北西2m(8時)波高:55.1㎝(4時)~ 51.5㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なし久しぶりの急深サーフです。今の時期は人も非常に少ないようです。やっぱり釣れていないようです。4時にサーフインしたのですが、私一人でした。しかし、湘南サーフとは全く勝手が違います。かっ飛び棒だと時間がかかりすぎる気がして、スピンビームやフリッパーを投げていました。海では、まだ真っ暗というのに漁船が一艘で漁をしているようです。明るくなってからは良くシラス漁船が来て漁をしていますが、この時間に漁をしているのは初めて見ました。5時7分 漁の様子 何を取っているのだろうか?5時過ぎには、釣り人がやって来ましたが、それでも少ないです。皆さんルアーを投げているようですが、ターゲットは何なのでしょう?ジグをシャクっている所を見ると、狙いは青物?この時期でも時々ソーダカツオのナブラが立つそうです。そして、釣れない時のお約束の日の出です。6時53分でした。結局本日の獲物はジグを一つでした。結構きれいなジグでまだロストしたばかりだと思います。いつか使う事もあるかと思いキープしました。本日のお持ち帰り 釣り上げたジグです(名前は不明)家に帰って、本を読んだり、お子様とお話をしたり、うたた寝をしたりとのんびり過ごしました。正月休みの良い所です。そして、夕方から、2日に釣ったマゴチの料理にかかりました。今回はお刺身ではなくてマゴチのから揚げと兜煮を作りました。マゴチの下処理です。だんだん上手になってきている気がしますマゴチのから揚げと手羽先のから揚げマゴチのから揚げは、美味さは鳥のから揚げに全然負けていませんマゴチの兜煮これは美味しかったです。あっという間になくなりました。結局、マゴチは尾ヒレを残して、ほとんどきれいに食べてしまいました。奥様、お子様からも非常に好評です。そして例の如く、早めの就寝、本日4日の釣りに備えました。釣行データ(004-190104)2019年1月4日(金) 03:52~ 08:00場所:西湘サーフ潮汐データ:大潮 満潮 04:40 潮位  133  干潮 09:35 潮位  97日の出:06:53、日の入り:16:44天候:晴れ気温:2℃(4時)~3℃(8時)風:北北東2m(4時)~ 北北東1m(8時)波高:31.9㎝(4時)~ 32.5㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:マゴチ1匹本日は、以前から試して見たかった西湘サーフでも初めての場所です。アクセスポイントに到着して、いざ海への向かいましたが、途中道を間違って少し戸惑ってしまいました。しかし無事にサーフインです。辺りはまだ真っ暗で、周りには人はいないようです。まずは底の様子を探るため、前回海から釣り上げたハウルで調査開始です。ここは水深はそんなにないようです。またそこも砂底らしく、特に根があるようには見受けられませんでした。そこで、お得意のかっ飛び棒を出して本格的に探って行きます。探りながら西側へどんどん移動していきます。最初は、独りぼっちで撃っていましたが5時を過ぎるあたりから釣り人がどんどんやって来て何となく安心感があります。しかし、結局反応を得られませんでした。7時頃より、今度は来た方に戻りながら撃って行っていると、一人だけビニール袋を出していました。覗いてみるとマゴチが入っていました。しかし、その他の人は全く釣れていないようです。先日の西湘サーフで見たコノシロもここまでは来ていないのか?波打ち際には、本当に小さなベイトはいるようで、鳥がくちばしに咥えているのは見かけました。しかし、全体的にのっぺらとした状態で、とうとう8時にはギブアップでストップフィッシングとなりました。正月休みも残す所あと二日となりました。残りの休みの間に、何とかフラットフィッシュの釣果がほしい所です。明日も頑張って行ってきたいと思います。

      34
      テーマ:
  • 03Jan
    • 001, 002-190102 幸先の良いスタートでした

      皆さま、新年明けましておめでとうございます。今年も家族との時間を大切に、仕事を一生懸命やって、その中で出来るだけ釣りを楽しむ!を目標に頑張っていきたいと思います。31日に釣り納めをしてから、家族で奥様の実家がある岩槻へ里帰りをしました。元旦には東京に住んでいるお義兄さん家族も集合、皆で近くの神社へ初詣です。岩槻大師とダルマおみくじ(末吉でした)  今回の里帰りには、大晦日に釣れたヒラメを持って帰りました。奥様の実家で捌くため、出刃包丁、砥石、ウロコ落とし、骨抜き等々を持参しての帰省となりました。5枚に下ろしたヒラメと刺身  実際にヒラメを捌くのは初めてでした。Webで確認しながら何とか5枚下ろしにして刺身にしました自分では上手く捌けた方だと思います。お味の方ですが、最初は生臭くないかと心配していたのですが、奥様のご両親、お義兄さん家族、内の家族、総勢9名でしたが、非常に好評でペロリと食べ上げてしまいました。自分で釣ってきた魚を、自分で料理して食べる、釣り人ならではの楽しみです。また、リクエストもあり、今後の釣りに拍車がかかります。そして、元旦の24時前にやっと小田原の実家に帰省、2日は初釣りを予定しているため、早々に寝て2時30分に起床です。少々寝足りませんが、今日は初釣りという事で、いつもの如くブラックコーヒーを飲んで出発です。釣行データ(001-190102)2019年1月2日(水) 03:45~ 08:00場所:湘南サーフ潮汐データ:中潮 満潮 03:05 潮位  115  干潮 07:37 潮位 94日の出:06:52、日の入り:16:42天候:晴れ気温:1.8℃(4時)~1.9℃(8時)風:北北西2m(4時)~ 北3m(8時)波高:76.8㎝(4時)~ 71.1㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:マゴチ×51.5㎝目撃情報:コノシロ数匹記念すべき初釣りは、どこの場所に行こうか?と迷ったのですが、昨年末二匹のマゴチを釣り上げた湘南サーフへ行く事にしました。サーフに到着してみると、かなりの大きな波音がしています。潮汐表は調べてきていましたが、波高まではチェックしていなかったため、調べてみると89.8㎝(3時)でした。ここ湘南のサーフは浅く、今まで数回しか来たことがありませんでしたが、こんなに波高なのは初めてでした。しかし、収まる傾向でしたのでそのまま続行です。目指したポイントは、前回良い思いをしたポイントです。いつもの通りかっ飛び棒で探って行きます。ベイトに当たる感じはしませんでした。撃ちながら、今回は少しづつ西へ移動していきます。長い時間掛けて何らかの反応が出るまで、更に西へ西へと移動していく内に、魚がじゃれつくようなアタリがありました。神経を集中して合わせを入れても乗りません。そこでしばらく粘っていると、今度は明確なアタリがありました。見事フッキングに成功です。まだ辺りは真っ暗ですが、ここ数日で暗闇の中でのやり取りに経験を積み、慎重にやり取りをしていきました。問題は、波打ち際での攻防ですが、こちらも何とか無事こなし、今年のファーストフィッシュを手に入れました。5時14分 マゴチ×かっ飛び棒ラトル バナナフラッシュレインボー初釣りでのマゴチ確保、非常に嬉しく感じました。昨年は、確かソゲっ子クラスが2月頃に釣れただけだったと思いますが、今年は初釣りから立派なフラットフィッシュ(マゴチ)を釣る事が出来ました。本格的にサーフでフラットを狙うようになって今年で3年目となりますが、何となく自信が付いてきました。今度は、ヒラメも釣りたいと思い、レンジに気を付けながら撃って行きます。辺りが明るくなり、正月2日とはいいながら、アングラーがびっしりと並んでいます。このまずめ時にこれ以上は動けないため、じっくりと攻めていきました。そうするとまた、じゃれつくようなアタリがあり、こちらも合わせましたがスカでした。少し離れた西側では魚が釣れたようです。銀色に光っていましたので、どうやらコノシロを掛けたようです。また、しばらくすると東側の人もコノシロを釣っています。どうやら、じゃれつくようなアタリはコノシロのアタリだったのかもしれません。しかし、その後は何事もなく8時にストップフィッシングとしました。納竿後の計量写真です。51.5㎝ありました。今日は、箱根駅伝の日です。早めに家に帰って箱根駅伝の応援です。テレビを見ながら応援していました。また家の付近を通りかかるのは、どうやら12時前との事なので、11時を過ぎて様子を見てみると、すでに応援する人たちがかなり道に沿って並んでいました。私もお子様に声をかけて陣取りました。東洋大学の選手が一番で駆け抜けていきました。    最後尾のランナーが駆け抜けるまで、それぞれの選手に声をかけて応援です。しかし、選手達は鍛えているとはいえ、ものすごいスピードで目の前を走り抜けて行きます。本当に大したものです。その後は、家でまったりと過ごして、夕方からは再度西湘ゴロタ場の調査に向かう事にしました。釣行データ(002-190102)2019年1月2日(水) 18:10~ 19:30場所:西湘ゴロタ場潮汐データ:中潮 満潮 13:26 潮位  135  干潮 20:53 潮位  30日の出:06:51、日の入り:16:42天候:晴れ気温:8.2℃(18時)~6.5℃(20時)風:北北西1.1m(18時)~ 西北西1.7m(20時)波高:55.7㎝(18時)~ 57.8㎝(20時)潮色:クリアターゲット:メバル、カサゴ釣果:なし目撃情報:なし昨年末に、初めて調査を行い、ゴロタ場での釣りの洗礼を受けた為、さっそく釣具を補充しておきました。補充した釣具出来るだけ、軽いリグで根掛かりを避けつつ、表層に浮いている魚を狙って行くという作戦です。また、今回はメバル用のプラグも購入してみました。今回は、辺りが暗くなってから家を出発しました。というのも、まだ日が明るいうちに移動すると、真鶴方面へ向かう車が非常に多く、いくら単車だといっても時間がかかるからです。思惑通り、車は少なく非常にスムースに移動する事が出来ました。家を出て釣り場に向かっている最中に家にワームを忘れてきたことに気づき、途中の釣侍という釣具屋さんでワームを補充しました。そして西湘ゴロタでのメバルについて聞くと、メバルの魚影は薄く、基本的に回遊狙い、しかし、当たれば尺上のデカいメバルが釣れるとの事でした。また、数釣りを楽しみたいのであれば、東京湾に行った方が良いとのアドバイスも頂きました。結構シビアなアドバイスでしたが、それがこちらの実情なのでしょう。手軽にライトゲームを楽しみたいのですが、自分の家の周りにはそれが出来る環境がないため、しばらくは自分で納得するまで頑張りたいと思います。という事で、前回と同じ場所でのスタートフィッシングです。しかし、今回はかなり潮が引いている状態でした。前も「浅いなぁ」と思いましたが、今回は更に浅く感じました。そのため、シャロ―フリークFでリーダーも60㎝と短め、ジグヘッドも0.5gでスタートしました。キャストの方は、前回購入したGRF TR93 PE Special を使用しているため、ストレスなく遠投が出来ます。何回かキャストしてみましたが、途中1回だけフグにかじられただけで、明確なアタリは得る事が出来ませんでした。今回購入したプラグもキャストすることなく、第二回目のゴロタ場調査は終了となりました。ただ、今回はかなり根掛かりに気を使っていたので、ジグのロストは1つのみでした。また、根掛かりをしてもラインブレイクを起こさず、なんとか回収する事が出来ました。次回は、波平さんからアドバイス頂いたガン玉3Bを使用したダウンショットリグも視野に入れてチャレンジしてみたいと思います。また次に来るときは、ちゃんと潮周りも気にして来たいと思います。西湘ゴロタ場での釣りは、まだまだ調査段階なので不満を口にする段階ではありません。今後は、こちらも精進していきたいと思います。という事で、私の2019年度の初釣りは満足のいく結果となりました。今年は更にサイズアップを目指していきたいと思います。

      46
      4
      テーマ:
  • 31Dec
    • 092, 093-181230, 31 ホゲたけれど、終わり良ければすべて良し

      いよいよ残す所、今年あと2回の釣りとなりました。31日はペン太さんと湘南サーフでお約束をしているため、今回は私自身は初めての場所となる西湘サーフへ出撃です。釣行データ(092-181230)2018年12月30日(日) 03:56~ 08:17場所:西湘サーフ潮汐データ:小潮 干潮 03:57 潮位  59  満潮 10:55 潮位 128日の出:06:51、日の入り:16:40天候:晴れ風:北西1m(4時)~ 静穏0m(8時)波高:58.6㎝(4時)~ 45.8㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:無し目撃情報:4名程×フラットフィッシュ大体いつものパターンで2時半起床、3時半出発で4時開始というペースです。私が始めた時には、すでに2名程それぞれ離れた場所で釣っていました。私も早速、スタートフィッシングです。今回は西湘サーフなので、少し底の様子が気になります。最近分かりだしたのですが、湘南サーフより西湘サーフの方が根があり、ルアーロストをしやすいです。そこで、最初はジグヘッド+パワーシャッドで探って行きますが、こちらのサーフは結構浅いです。しばらく撃ってみても、底に障害物があるような感じがしません。そこで、いつものようにかっ飛び棒にチェンジして、遠くから探って行きます。ルアーに当たるようなベイトは感じられません。しかし、いつ反応があるか分かりませんので、注意して探って行きます。やがて6時半頃辺りが明るくなってくると、複数の漁船が漁にやって来ました。コノシロはいないようですが、シラス等はいるようです。漁船も頻りに網を下ろしているようです。シラス漁船(6時35分)と日の出(6時57分)  日が昇って、私の西側少し離れた方が遠目でも結構なサイズのフラット(ヒラメかマゴチか分かりませんでした)を釣り上げました。この方は、釣れたらすぐに帰って行きました。これを見て、俄然やる気が湧き集中して攻めていきます。そして、ガッとアタリか?やっとヒットしたと思ったのですが、どうやら根掛かり?しかし、先ほどから撃っていましたが、根があるようには思えません。ひょっとしてダイナンウミヘビか?と思い、ロッドを何回もあおってみますが、動き出す気配もなく、仕方なくラインをつかんでジワリと引っ張っていきますが、これも効果なし。結局かっ飛び棒のブルピンイワシをロストしてしまいました。前回のヒット後の高切れは別にして、このようなロストの仕方は非常に痛いです。結局私はNo Bite No Fish で終了です。帰り支度をしていると、東側から二人連れでビニールを下げて帰ってくる人を目にしまいした。そしてその後、東からまたもう一名袋を下げて帰って来ました。東側が良かったのか?今度いつか東側に入ってみたいと思います。そして、本日の今年最後の釣行です。釣行データ(093-181231)2018年12月31日(月) 04:00~ 08:00場所:湘南サーフ潮汐データ:長潮 干潮 05:01 潮位  74  満潮 11:46 潮位 129日の出:06:52、日の入り:16:41天候:晴れ風:北北東4m(4時)~ 北北東4m(8時)波高:22.9㎝(4時)~ 22.4㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:マゴチ×リリースサイズ、ヒラメ×46㎝目撃情報:1名×ヒラメ、1名×ソゲ今年最後の釣行は、ペン太さんとすーさんさんとのコラボフィッシングでした。すーさんさんは初めてご挨拶をさせていただきました。私と同じ NESSA CI4+S1102MMH を使っている方でした。私は4時からスタートフィッシングでした。この場所は2回目という事で、この前入った場所よりも少し西側での開始でした。いきなりかっ飛び棒を使って探って行きます。どうやらルアーに当たるようなベイトはいないようです。かっ飛び棒をフワフワ漂うイメージで沖側を探っていると反応があり、合わせると見事乗りました。しかし、結構な重さを感じますが、頭をゴンゴン降るような反応はありません。しかしそれなりの反応もしています。もしやヒラメ?と思い、慎重にやり取りをしていきます。暗闇の中でのやり取りも、何回かバラしを経験したおかげで、少し余裕をもって行う事が出来るようになりました。上がってきたのは小さなマゴチでした。スレ掛りか分かりませんが、背中の方にかっ飛び棒がかかっていました。大きくなぁれ!と優しくリリースです。しかし、小さなマゴチですが、釣り納めで釣れたので、気分は良いです。4時27分 マゴチ×かっ飛び棒130BR Rattle バナナフラッシュレインボーちょうど、これを釣り上げた時に、ペン太さんとすーさんさんがやって来ました。すーさんさんに初めましてのご挨拶をして、それぞれ情報交換、その後、ペン太さんとすーさんさんは、東側へランガンしに、私は気になっていた西側に移動して行きました。かなり、西側へ移動しながらそれぞれ探って行ったのですが、なんの反応も得られませんでした。そのため、再度先ほどマゴチが釣れた場所まで戻って来ての2投目、かっ飛び棒を遠投して半分程探ってきた時に反応があり、合わせをくれると見事フッキングしました。今度も頭を振る動きはありません。しかし、力強く抵抗してくれています。今度こそヒラメか?まだまだ辺りは真っ暗なため、慎重にやり取りして、波打ち際での取り込みに少し苦労しましたが何とか浜にずり上げました。真っ白いお腹が見えて、獲物はヒラメだと分かりました。40㎝は越えているだろうという事で、さっそくビニール袋を出してお持ち帰りの用意をしました。5時40分 ヒラメ×かっ飛び棒130BR Rattle バナナフラッシュレインボー後からの記念写真です後からサイズを測ってみると46㎝ありました。自身の最高記録です。今まではなかなかヒラメが釣れませんでしたが、やっと釣れました。気を良くして、家から持ってきたコーヒーを飲んで気分を落ち着け、再度、砲撃開始です。そうこうする内に日が昇り始め、手前付近にベイトがパシャパシャと現れました。すかさずかっ飛び棒から、ワームに変更して近場を狙っていきます。ソゲのライズもありました。しかし、ワームには反応なしのため、バイブレーションに換えたり、ミノーに換えたりしましたが反応してくれません。そうこうしているうちに、7時頃、すーさんさんが帰宅となりました。すーさんさん、また今度遊んでください!結局私も8時にはストップフィッシングという事で、ペン太さんへご挨拶をさせて頂き本年の釣り納めとしました。という事で、本年の総括をしておきたいと思います。2018年度は延べ93回釣りに行く事が出来ました。ダブルマゴチや、念願のヒラメサイズも釣る事が出来、非常に良い年でした。色々な方と知り合いになり、一緒に釣行して、そのおかげで行動範囲も広がって来ました。それが後半の好釣果に結び付いたと思っています。生活面では、仕事のジョブローテーションがあり、何かと忙しくなってきていますが、週を跨いでの出張はほぼ無くなり、土曜日、日曜日に釣りに行けるようになりました。そして、2019年度の活動方針ですが、フラットフィッシュをメインに、今度は西側のメバル等のロックフィッシュやイカも視野に入れて釣りをして行こうと思います。また、ご近所サーフでのキス、アジ、青物も出来れば釣りたいと思っています。小田原に引っ越してきて丸2年が過ぎましたが、この日記をつけるようになって、本当に色々な方と知り合いになり、一緒に釣りに行ったり出来るようになりました。また、2019年度も皆さまと交流を深める事が出来れば最高に幸せだと思っております。2019年度も、ブログを通して知り合いになった方々が最高の年を過ごす事が出来ますように、それと共にに家族が健康で、私自身の釣果も素晴らしいものになる事を祈願致します。それでは、皆さま、良いお年を!

      45
      6
      テーマ:
  • 29Dec
    • 091-181229 東北出張と西湘ゴロタ場 実釣

      クリスマスイブは家族で過ごしました。そして、お子様へのプレゼントも用意してクリスマスツリーの下へ・・・。お子様は現在小学校5年生、去年まではしきりにサンタクロースの事を聞いてきましたが、今年はあまり聞いてきませんでした。ただ、サンタさんはプレゼントをクリスマスイブに持ってきてくれるのか?、それともクリスマスの日に持ってきてくれるのか?と聞いてきました。我が家ではサンタさんはクリスマスの朝にクリスマスツリーの下に届けてくれます。  後日、奥様がお子様にサンタクロースの事を聞くと、「それ聞く~?」と笑いながら逆に聞かれたとLINEで連絡くれました。いつの間にか大きくなってきています。そして、25日から今年最後の出張へ・・・。しかし、その前に朝一で会社で会議のため、いつもの通り6時前には自宅を出発しました。11時頃までみっしり会議を行い、やっと電車に乗り込んで一路北へ・・・。行先は、これまで行けていなかった岩手県と青森県です。岩手では思ったほど雪は降っていませんでした。岩手県北上の風景 と 鬼剣舞  遠くに山が見えています。明らかに盆地のような風景でしたが、あとから調べてみると北上盆地との事でした。また、駅に飾られていた人形ですが、こちらも後から調べた所、みちのく芸能まつりの鬼剣舞との事、なんでも8月の第一週に3日間に渡って開催されるお祭りとの事でした。そして、翌日は青森県弘前市です。まずは、新青森駅に到着してお約束のねぶたです。  いつかは実際のお祭りに行って見たいですが、ホテルの確保が非常に難しいとの事です。一体行ける日が来るのか?レンタカーに乗り込んで、五所川原や弘前のお客様を回り、夜には弘前の飲み屋街である鍛治町にてお客様と忘年会でした。日本酒、ワインをかなり飲んで、そのまま二次会へ・・・。そして、翌日は仙台で打ち合わせです。弘前のホテルから新青森駅に送ってもらう途中のパーキングで写真をパチリ、津軽富士と呼ばれるお岩木山ですが、あいにく吹雪のため見えませんでした。松村和子の「帰ってこいよ」が思い出されます。リンゴ畑とお岩木山 雪で見えません、残念です!  そして、ようやく最期の目的地、仙台へ出発です。途中、無性にラーメンが食べたくなりラーメン屋さんへ・・・。同僚は牛タンが食べたかったようですが、それは次回に回すことにしました。仙台とんこつラーメン、しかも太麺  福岡出身のため、とんこつラーメンは大好物ですが、最近は各地で食べられます。オリジナルの味とは違いますが、それぞれ美味しいです。今回は、しょうゆベースのとんこつラーメンでしたが、太麺のとんこつラーメンは初めてでした。美味しかったです。そして最後に関連会社の工場を見学して、今後どのようにコラボして相乗効果を出していくのか、等々の打ち合わせをしてようやく夜に小田原の自宅へ帰りつきました。そして自分へのプレゼントが届いていました。ライトゲーム用に新たなアイテムが届いていました。自分の性格上、悩んだら購入するという事で結局ポチりました。これで、メバルやカサゴも狙って西湘ゴロタにチャレンジです。BREADENGlamourRockFish GRF-TR93PEspecial Houri-Islandです。さすがにリールまでは手が回りませんでしたので、シーバス用に使っていた昔のフリームスKIX2500にPEライン0.6号を新たに巻きました。早く使って見たいです。  そして、12月28日(金)は仕事納めの日です。最終日ぐらいゆっくりしたかったのですが、朝から会議のオンパレード、結局14時までみっちり働いて、ようやく机まわりの掃除、昨日までの出張旅費等の清算を行い、何とか15時からの年末乾杯に参加する事が出来ました。事務所で二時間の乾杯、その後会社の有志が集まって町へ繰り出し、再度乾杯です。私は1次会で勘弁してもらいましたが、皆さんはまだまだ飲み歩くとの事、タフです。ようやく今年一年の仕事も終わり、正月休みに突入です。休みは12月29日から1月6日までと9連休となります。思う存分釣りを楽しむ予定です。そして、今朝ですが、一度2時30分に起きたのですが、結局は二度寝を決め込み、朝のフラット狙いはスキップしました。久しぶりにゴロゴロして、お子様と一緒に「ハウルの動く城」を見ていました。午後になると奥様がお仕事から帰ってきたため、少しダベッて早速新しい竿を担いで西湘ゴロタ場に出撃してきました。釣行データ(091-181229)2018年12月29日(土) 15:38~ 17:50場所:西湘ゴロタ場潮汐データ:小潮 干潮 16:24 潮位  80  満潮 21:40 潮位 108日の出:06:51、日の入り:16:39天候:晴れ風:東北東4m(16時)~ 静穏0m(18時)波高:79.1㎝(16時)~ 70.5㎝(18時)潮色:クリアターゲット:メバル、カサゴ釣果:無し目撃情報:なしどこのポイントに入ろうかと迷ってましたが、まずは初めての西湘ゴロタ場という事で、一番入りやすくて安全な場所にしました。とはいえゴロタ場なので、足元が非常に不安定です。まずは安全第一で釣り開始です。まずは、3gのジグヘッドで取りあえず第一投!ハイ、直ぐ根掛かりでした。気を取り直して今度はシャローフリーク 10.5g フローティングに0.5gのジグ単を付けて投げ込みます。気持ちよく飛んで行ってくれます。ワームも何種類か試して見ましたがアタリがありません。魚は浮いていないようです。そして、今度はシャローフリーク Dive D-16.6gに0.5gのジグヘッドで少し底を探って行きます。するとプルプルというアタリが・・・。合わせますが、なかなかのりません。そしてジグを回収すると、ワームが齧られています。フグの仕業だと思います。ワームを付け替えてやって行きますが、面白いもので齧られるワームと、まったく齧られないワームがありました。また、上のレンジを引いてくると、魚からのコンタクトはありません。底を引いてくると時々プルプルとコンタクトがありますが、そのたびにワームが食べられています。フグだと思います。しかし、気を抜くとすぐに根掛かりをおこしてしまいます。レンジコントロールが難しいです。何回か根掛かりをして、ジグヘッドをロストしますが、とうとうシャロ―フリークもロストしてしまいました。Dive type は一つしか持っていなかったため、再度10.5gのFloat typeに替えて、今度はジグヘッドを3gのものに交換して探って行きます。しかし、相変わらずのロストです。おそらく海の中のゴロタにジグヘッドが挟まってしまい、外れなくなってしまうのだと思います。そのため、ジグヘッドとリーダーを結ぶラクリップが伸びて帰って来てしまいます。結局、かなりのワームをかじられ、ジグヘッドをロストして、本日のロッシュフィッシュ狙いは終了となりました。本当はエギも持っていっていたので、試して見たかったのですが、気持ちが折れてしまい一投も投げずじまいでした。また、夕まづめ狙いで来ていたのですが、だんだんと暗くなって来て、辺りは真っ暗になり何となく心細く感じます。サーフでの釣りとは全く違うという事もよく分かりました。とはいえ、せっかくニューロッドも購入したことだし、今後も調査を続けて行きたいと思います。明日は、西湘サーフにフラット狙いで出撃予定です。今年は、明日を入れて後2回釣りに行ける予定です。最期にフラットフィッシュが釣れてくれればいいのですが・・・。精一杯頑張って来たいと思います。

      50
      8
      テーマ:
  • 24Dec
    • 090-181224 No Christmas Fish & 西湘ゴロタ場調査

      三連休最後の日です。今日も張り切って釣りに行ってきました。今回は、湘南サーフでも初めての場所です。釣り場に着いたのは4時前で、辺りは真っ暗、人の気配が感じられません。しかし、ここも有名サーフ、直ぐに身動きが取れないぐらい人がやって来ました。釣行データ(090-181224)2018年12月24日(月) 04:00~ 08:00場所:湘南サーフ潮汐データ:中潮  満潮 06:30 潮位 151 干潮 11:42 潮位  92日の出:06:49、日の入り:16:36天候:晴れ風:北北東2m(4時)~ 北北東4m(8時)波高:50.7㎝(4時)~ 40.4㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:無し目撃情報:なし早速かっ飛び棒を付けて、ぶん投げてゆっくりフワフワをイメージして巻いてきます。他の釣り方が出来ないので、いつもワンパターンです。何回か撃ち返していると、コツンとベイトに当たったような感触がありました。今日はベイトがいるのか?しかし、それ以降、何の反応もなくルアーが帰って来ます。そうこうしているうちに声をかけられました。一昨日ご一緒していただいたアナキンさんです。私もひょっとしたら会えるかな?と思っていたため、うれしい再会でした。ここは、私にとっては初めての場所なので、少し情報を頂いて撃って行きます。しかし、本日も Nothing です。波は少し高い感じがしますが、それでも西湘サーフと比べれば、非常におとなしく感じます。また、天気予報では風がだんだん強くなってくる予想でしたが、釣っている時は全く気にならない程度でした。日が明けてきて、周りを見渡すと、ずらっとフラットハンターが並んでいます。しかし、誰も獲物を手にしていないのか、砂浜の上にはビニール袋は見当たりませんでした。結局、8時まで粘るも No Bite No Fish で三連休の釣りは終了でした。帰りがけにアナキンさんに状況を聞くと、やはり同じような感じでした。しかし、アナキンさんの西側の人はどうやらヒラメを手にした模様です。この渋い中での釣果、大したものです。アナキンさん、本日も有難うございました。また、サーフでお会いしたら声をかけてください。という事で、本日の写真はハウルです。釣っている最中に砂浜で拾いました。砂だらけでしたが、水で洗うとフックも錆びていず、結構新しい事が分かりました。さっそくセットして砲撃しましたが、魚は遊んでくれませんでした。次回の活躍に期待です。しかし、本日の富士山はきれいでした。富士山を眺めながら、家に帰り、お昼からは単車のオイル交換に行ってきました。本当は昨日行きたかったのですが、お昼より雨が降り始めてしまい、今日になってしまいました。しかも、出がけにまた雨が降り始めたため、少し時間をおいて、念のためレインスーツも持って出撃です。実は別の目的もありました。私がバイクを購入した店は、家から更に小田原寄りにあるため、どうせなら西湘ゴロタ場の調査もしてこようと思っていたのです。本当は真鶴の三ツ石まで行きたかったのですが、早川港方面へ向かう車が渋滞していました。そのため、真鶴までは諦めて結局、江之浦漁港までの調査としました。その目的は・・・。メバリング、エギング等のライトゲームも、もうそろそろ始めたいなと思っているためです。最近湘南サーフにも顔を出すようになりました。そうすると西側の西湘ゴロタ場も、ほぼ湘南サーフに通うのと同じ距離だと気がつきました。そうなれば、もう少し釣りの範囲を広げてみようと思った次第です。そのためにはまずは場所を知らなくてはなりません。そして一番気になっていたのが、どのような服装、足元でやれば良いのかです。ライフベストは当然ながら、足元は?ウェーダーが必要か、もしくはスパイクブーツで良いのか?等々です。そして潮位も気になっていました。今日は中潮で、満潮時間が16時57分です。下見をしたのは午後3時頃でした。取りあえず、足元はスパイクブーツで良さそうです。ウェーダーを履いていると逆に歩きづらく危なそうでした。何となく感じはつかめました。米神漁港です  根府川  江之浦魚港  取りあえず、下見は終了という事で、今度試して見たいと思っています。フラット狙いは、早朝から、夏場のキス釣りはフラット終了後、そしてエギング、メバリング、ぶっこみサビキでアジは、夕方から夜にかけてと、それぞれ時間帯が違います。色々遊びたくて大変です。しかし、その前にエギング、メバリング用の道具を取りそろえないといけません。メバリングの竿は月下美人・INFEET(インフィート)RF76、そしてエギングの竿もダイワのINFEET-X’ EG93Hと、かなり古いロッドを持っているのですが、RF76はソリッドティップで、ジグがMax 5g しか使えず、EG93Hは、かなりハードなエギングロッドで、北海道時代はこのロッドで50㎝程度のアイナメをぶち抜いていました。どうやら、私が現在住んでいるエリアでの釣りには不向きなようです。そのため、現在考えているのがBREADEN GlamourRockFish GRF-TR93PEspecial Houri-Islandなのですが、如何せん値段が高い!しかし、ロングレングスで、しかも対応ルアーが1.5gから20gまでというのは非常に魅力的です。フラット用に使っている大満足しているSHIMANO NESSA CI4+ S1102MMH よりも高い!ずっと、他のメーカーのロッドでもっと安いものを探しているのですが、どうやらサーフで、またはゴロタ場でエギング、ジグ単、フロートリグ等を兼用できるロングロッドは、これ以外見つからないようです。SHIMANO 17 SOARE CI4+ S900M-Sも条件に合いそうなのですが、昨年出たばかりで、あまり情報もなく、またWEBでの評判が、GRFの方が良さそうです。もうかなりの間、アマゾンのウォッチリストに入れていますが、値段が一向に下がらないですね!ジャンプライズのルアーみたいです。まだまだ悩んでいますが、結局、買っちゃうんだと思います。その前に、アマゾンでポチったのは予備のPEライン、リールの下巻や仕掛け制作用のナイロンライン、スプリットリングです。こうやって、どんどんお小遣いが減っていきます。厄介な趣味を持ってしまいましたが、今後もたくさん釣具に費やされると思います。その分、お魚も釣れたら良いな、と本当に思います。明日からは、また出張です。今まで行けなかった岩手県と青森県へ2泊3日、両日ともにお客様と忘年会です。そして仕事納めが28日(金)となっています。29日(土)の朝、釣りに行けるか微妙ですが(28日の年末宴会のため)、年内、あと何回釣りに行けるかな?

      51
      12
      テーマ:
  • 23Dec
    • 088、089-181222, 23 コラボフィッシング 自分は No Fish でした

      今週もハードな一週間を過ごしていました。しかし、ペン太さん、アナキンさんと一緒に釣りに行く約束をしていたため、何とか乗り切りました。まず月曜日は相模原で会議+そこでの忘年会、そのまま宿泊、次の日は会社に戻り、来客や事務仕事をこなして自宅へ帰宅。水曜日は6時には自宅を出発して新潟へ、内の関連会社の行事をこなして、そこで飲み会、しっかり二次会までありました。そして、木曜日は新潟から大阪へ日帰り出張、大阪での会議をこなして、夕方の飛行機でまた新潟へ・・・。そのままお客様との忘年会へ突入、この日も午前様でした。そして、金曜日は新潟の事務所で事務仕事、そのまま夕方までいて、新幹線を乗り継いで自宅へ・・・。やっと一週間が終わった、とホッとします。実は、木曜日に急きょ土曜日のお客様のゴルフに出れないか?との話が・・・。関東の責任者からのヘルプでした。一緒に予定していた内の社員が不幸で出れなくなってしまったとの事。しかし、土曜日はペン太さん、アナキンさんとのコラボフィッシングが・・・。自分も予定があると断り、何とか私の部下に出てもらう事にしました。ごめんなさい。Uさん。今は、ゴルフより釣りの方がしたい自分がいます。という事で、無事にコラボフィッシングです。釣行データ(088-181222)2018年12月22日(土) 04:05~ 08:51場所:湘南サーフ潮汐データ:大潮  満潮 05:00 潮位 145 干潮 10:17 潮位  89日の出:06:48、日の入り:16:35天候:曇り風:西北西2m(4時)~ 西北西2m(9時)波高:37.0㎝(4時)~ 36.9㎝(9時)潮色:やや濁りターゲット:フラットフィッシュ釣果:無し目撃情報:ペン太さん マゴチ×45cm、西隣りの方 マゴチ気持ちがはやり、2時50分に起床です。それからコーヒーを入れたり、持っていくものの確認をして3時30分に自宅を出発、50分に現場到着です。釣り場に着いて見ると、ペン太さんはまだ来ていないようでしたので、LINEでメッセージを入れて、取りあえずサーフに降りていきました。本当は少し離れた所にすでに到着されてたみたいです。そして、ここ最近調子が良かった場所へ・・・。早速砲撃開始で、撃っている最中にどうやら物音が・・・。ペン太さんからのLINEでの着信です。しばらくぶりでの面会でした。最近私が釣った場所等の説明少しして、並んで狙っていきます。思いっきり遠投して探って行きますが、コツン、コツンとベイトに当たる反応があります。今日も良いかも・・・と期待しながらルアーを換えながら集中力を高めていきます。しかし、魚からの明確な反応を得られません。そうこうしているうちに、一名の方がペン太さんと話しながら私の方へ・・・。アナキンさんでした。お初にお目にかかりました。なんでも近くに駐車場が確保できず、結構な距離を歩いて来られたとの事。自分ではもう歩ける距離じゃないです。やっぱり若いって素晴らしいです。そして、3名で撃って行きますが、暗い内に当たっていたベイトがいつしかいなくなってしまったようです。アナキンさんはベイトを探して動き回っていました。そして夜が明けたて辺りが明るくなった時、ペン太さんの声がしました。竿がきれいに曲がっています。私も近くで応援です。そして見事サーフへずり上げました。そこでペン太さんの雄姿をパチリと写しました。写真は後からLINEで送りました。ペン太さん、おめでとうございます!アナキンさんも私も地合い到来か!と俄然やる気を出して撃って行きます。しかし、その後が続きませんでした。そして、少し時間が経った時に、今度は私の西隣りの方にヒット、上がってきたのはペン太さんと同じぐらいのマゴチでした。駆け寄り、お祝いを伝えヒットルアーとか、距離とかを伺いました。次は自分の番だ、と砲撃をくらわしますが、結局はNo Biteで終了となりました。最期は、3人で少しお話をして終了となりました。アナキンさんはランガンしながら、駐車場の方へ向かっていきました。皆さん、また今度遊んでください!しかし、コラボフィッシュングは楽しいですね。そして、自宅に帰ってから上州屋へ・・・。このまえ高切れでなくしたかっ飛び棒ラトル バナナフラッシュレインボーを仕入れに・・・。そして、なんとなくルアーを見渡していると、レンジバイブにバイオレットコノシロというカラーがあり、こちらも仕入れる事に・・・。コノシロパターンに聞くかも・・・。その後は、久しぶりに家でまったりと過ごしました。本を読んだり、うたた寝をしたりと、結構贅沢な一日を過ごしました。そして、今朝の釣行です。今日もペン太さんは出撃との事。しかし、違うサーフに行くとの事でした。私は昨日の敵討ちと、昨日と同じ場所に、同じ時間に入りました。釣行データ(089-181223)2018年12月23日(日) 04:00~ 08:00場所:湘南サーフ潮汐データ:大潮  満潮 05:45 潮位 150 干潮 11:00 潮位  90日の出:06:49、日の入り:16:36天候:曇り風:北北西2m(4時)~ 北西1m(8時)波高:42.0㎝(4時)~ 49.6㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:無し目撃情報:なし早速、砲撃開始です。しかし、しかし・・・。昨日、暗い内はまだベイトがいるのが分かりましたが、今日は??です。わずか一回、ベイトにコツンと当たった感触がしました。昨日購入したかっ飛び棒ラトル バナナフラッシュレインボーを投入しても、レンジバイブ バイオレットコノシロを投入しても Nothing! ワームに替えても反応なしでした。周りの方たちも、獲物に有りついているいる人はいないようでした。結局は、またまた心折れて Stop Fising でした。という事で、釣れない時の日の出の写真です。6時57分 今日の日の出私は今回3連休、明日も釣りに行けます。明日はぜひ獲物をゲットしたいですね。

      44
      8
      テーマ:
  • 16Dec
    • 087-181216 釣れたけれども課題が見えた一日でした

      昨日、早朝の釣りを終えて直ぐにコノシロの下処理をしました。子供の頃にサビキで沢山釣って遊んでいましたが、その頃はあまり食べない魚という事で逃がしていました。しかし、よくよく調べると酢漬けが美味しいらしい、という事で、早速【クックパッド】でレシピを検索、ちゃっちゃと下処理を済ませました。午後からは、久しぶりに奥様、お子様のお買い物にお付き合い、まず娘が図書館で本を借りて、その後年賀状のためにプリンターのインクを補充しにヤマダ電機へ行き、そして灯油を買いに行きました。その前に、すぐ側にある上州屋小田原店で私のお買い物!ニューアイテムのかっ飛び棒130BR ラトルSP バナナフラッシュレインボーを調達、活躍を期待します。そして、夕食は家で焼き肉、風邪気味なので、もりもり食べて体力作りです。そして、翌朝に備えて、いつもの如く早寝です。という事で、今日も無事に3時には起床、コーヒーを飲んだりしながら準備をして4時12分にはスタートフィッシングです。場所は最近お気に入りの湘南サーフです。釣行データ(087-181216)2018年12月16日(日) 04:12~ 09:00場所:湘南サーフ潮汐データ:長潮 干潮 03:51 潮位  60  満潮 11:24 潮位 125日の出:06:45、日の入り:16:33天候:晴れ風:静穏0m(4時)~ 北北西1m(9時)波高:27.3㎝(4時)~ 32.6㎝(9時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:マゴチ44㎝、コノシロ1匹、そしてマゴチ55㎝目撃情報:ヒラメ53㎝、ヒラメ やや小ぶり×1匹、マゴチ×1匹今日は、最初から昨日購入したかっ飛び棒130BR ラトルSP バナナフラッシュレインボーで撃って行きました。ちょうど潮止まりの時間でしたが、潮はかすかに西から東へ流れているようです。また、昨日と同じくコノシロがいるようで、時々コツコツと当たって来ます。雰囲気は良さそうでした。そして、答えはすぐに出ました。魚からのアタリをとらえてファイト開始です。引きからするとマゴチのようです。真っ暗な中でのやり取り、前回もバラしています。慎重にやり取りをして何とか浜にずり上げました。やっと暗闇の中でも釣れました。しかし、魚体を確認すると微妙に小さい気がします。一瞬迷いましたが、しかし今年最後の魚になるかもしれませんので、お持ち帰りして家族で食べようとキープです。4時25分 マゴチ44㎝(家に帰って測定しました)かっ飛び棒130BR ラトルSP バナナフラッシュレインボーとにかく、嬉しい限りです。少息が切れていましたが、家から入れてきたコーヒーで気分を落ち着かせ、また次を狙っていきます。そして、撃ちだしてすぐに大きなアタリがまた来ました。これは明らかに先ほどのよりも大きそうです。また、マゴチ特有の頭をガンガン振る抵抗をしてくれます。かなり沖目で掛けていたため私も焦ってしまい、少し強引にしてしまったのでしょう。なんと高切れを起こしてしまいました。しばし呆然となります。4時50分 痛恨の高切れなんと、昨日買ってきたばかりのかっ飛び棒130BR ラトルSP バナナフラッシュレインボーと早くもお別れです。お魚さん、ごめんなさい!ドラグの設定が結構きつかった様です。フラットフィッシュは口周りが硬くて、針掛かりが悪そうなので、ついきつめに調整してしまいます。今後の反省点です。気を取り直して、リーダーを結んで今度はかっ飛び棒のサンライズチャートで撃って行きます。あわよくば、先ほどのばらした魚が引っかからないか?と思っていましたが、そんな都合のいい話はありません。しかし、先ほどはラトル仕様での釣果でした。今回はノーマルなかっ飛び棒です。不思議なもので、ノーマルなかっ飛び棒で釣れる気がしません。やっぱり進化したものの方が釣れるに決まっている、しかし、もう持っていない、さっきの高切れはラインの劣化?PEラインは1.5号を使っているからそうそう切れるはずはない、ひょっとするとまたSiCガイドの破損?等々、ネガティブな事を考えながら撃っていると、波打ち際で違和感が・・・。かすかな抵抗で上がってきたのは、昨日と同様のコノシロでした。そして、さらにヘドロみたいなのがフックに付いていると思い、よく見ると、可哀想にタコの赤ちゃんが刺さっていました。5時23分 コノシロ と 5時36分 タコの赤ちゃん  人々が続々とサーフにやって来て、動き回る事も出来なくなったため、腰を落ち着けてじっくり探って行きました。そしてようやく日の出です。6時46分 久しぶりの日の出の写真です。綺麗な朝日でした。そして、すぐに明確なアタリがまた有りました。結構な強さの引きですが、先ほどの高切れのため、ドラグも調整しているし、何よりも既に明るくなってます。慎重にやり取りをして無事サーフにずり上げました。5時57分 マゴチ55㎝×かっ飛び棒130BR サンライズチャート家で測定して55㎝だったのですが、釣り上げた時にはもっと大きく見えました。それからしばらくして、私の西側の一人向こう側でやっていた人にヒットです。マゴチを釣り上げたようです。地合いが来たか?と初めてのフラットフィッシュのハットトリックを目指して、砲撃していきます。今度はぶっ飛び君95Sに換えたり、スピンビームを投げたりしていましたが、その後アタリがありませんでした。そして、8時前、そろそろ終了しようとしていたら、先ほどマゴチを釣った方がヒラメを釣り上げました。その方にお話を伺うと53㎝のヒラメとの事です。使っているのはワームとの事。目の前で50㎝越えのヒラメが釣られるのを見たため、私も時間延長を決めて、ワームでヒラメを狙っていきます。竿の動かし方や、リールの巻き方をまねして撃って行きますが、残念ながら反応はありません。8時30分に終わろうとしていたのですが、先ほどの方がまたヒラメを釣り上げました。今回のヒラメは先ほどのヒラメより大きくないようでリリースしているようでしたが、大したものです。やはり上手な方は釣ります。私もまたまた時間延長をして結局9時まで頑張りましたが、ストップフィッシングとなりました。そして本日の集合写真です。今日の釣りを振り返ると、買ったばかりのルアーをバラシてロストしてしまい、落ち込んでいましたが、その後無事に55㎝のマゴチもゲット、酢漬け用のコノシロも手に入り、相対的には良い釣りだったと思います。しかし気になる事が一つありました。何とか、マゴチは釣る事が出来るようになってきたと思うのですが、どうしたらヒラメが釣れるのでしょうか?今まで私の釣果は、ヒラメサイズは1匹のみで、その他はソゲっ子ばっかりです。おそらく、私はルアーをかなり底の方で引いているようです。もっとレンジを上げないとダメなのか?色々考える事が出てきて楽しいです。次は是非ヒラメを釣り上げたいところです。また、SiCガイドの破損も気になっていましたが、家に帰って早速カッターを使ってチェックしてみましたが、幸いなことにガイド割れは見つかりませんでした。高切れしてしまったリールは、下糸を補充して高さ調整を行い、PEラインも裏返しにして次回の釣行に備えました。そして今晩の料理です。今日はマゴチ尽くしです。家族三人堪能しました。まずは、マゴチの刺身とコノシロ酢漬けコノシロの酢漬けは、もう少し甘い方が好みでした。今日釣ったもので再チャレンジです。お刺身は、お子様に大好評でした。しかし、刺身を作るのが上手になりたいです。次は定番のから揚げです。文句ない美味しさです。これが一番好評かも!白身で淡白、本当に美味しいです。そしてマゴチのアクアパッツァです。ちょっと緑が欲しかったですが、あいにく切らしていました。でも美味しかったです。最期に味噌汁です。こちらもネギが欲しかったのですが、美味しかったです。しかし、今日は本当にお魚デーでした。しかも自分で釣ってきた魚なので、より美味しく感じました。明日からもまたハードな一日が待っていますが、来週末に向けてまた頑張ります。

      67
      10
      テーマ:
  • 15Dec
    • 086-181215 コノシロ

      今週も、忙しい毎日を過ごしていました。まず、月曜日は6時前には自宅を出発、新幹線に乗って新潟県三条市のお客様を訪問でした。そして、新潟で人気のラーメン屋さんで昼食です。新潟 おもだかや チャーシューメン  昔ながらのあっさり系でした。人気店という事でしたが、最近のがっつり系に慣れた自分としては少し物足りなさを感じてしまいました。昼食後は、山形県酒田市のお客様に向けて出発、お客様との忘年会です。最初、自分は庄内市というのがあると思っていたのですが、主な市は、鶴岡市と酒田市との事。しかし、江戸時代は庄内藩と言っていたそうです。そして藩主が釣りを武士のたしなみとして奨励していた、またそこでは砂浜で長竿を用いて黒鯛を釣る、いわゆる渚釣りが行われていた、とどこかで読んだ事がありました。しかし、今回改めてググってみると、庄内藩で奨励されていたのは磯からの黒鯛釣りとの事でした。あくまでも現在の渚釣りのような釣り方は磯釣りの前の初心者の練習用との事でした。少し勉強になりました。途中見た海の景色です。やはり太平洋側とは違い、いかにも日本海という感じがします。何が釣れるのだろう?  そしてお客様との忘年会です。ハタハタと牡蠣鍋です。ハタハタは秋田で食べた事があったのですが、その時はあまり美味しく感じませんでした。しかし今回は非常に美味しく感じました。料理方法が違うのか?また、お酒は山形の地酒を飲みましたが、男6名での宴会ですので、4合瓶で4本を空けてしまいました。それぞれ違う種類の地酒を飲んだのですが、美味しかったのですが、かなり盛り上がっていましたので、写真も撮り忘れて銘柄も思い出せませんでした。  そして、なんとお客様からはお土産までいただいてしまいました。なんでもこの地方特有の塩辛との事です。確かに馴染みのある塩辛とは違って、どうやら魚醤に漬け込んでいるようです。自宅に帰って来てから頂いたのですが、かなり塩辛いですが、こちらも酒の肴にピッタリでした。飛島のいか塩から翌日は、今度は山形市のお客様訪問です。そして、夕方事務所により打ち合わせを行い、その日は仙台泊まりとなりました。同僚の行きつけの店に行き、料理をつつきながら仕事の話、愚痴等を言い合って、これまた楽しく過ごしました。刺身盛合せ、カモとセリの鍋 いつも美味しい料理を出してくれます  最近気に入っている茜霧島です。少し甘口かも・・・毎晩酔っぱらいながら、翌午前中は、また会社の事務所に行き会議です。その後、今度はいわき市のお客様へと出発です。いわき市は初めて訪問しましたが、東北のイメージからはガラリと変わりました。なんでも温暖で冬は暖かく、夏は涼しいという事で、東北の湘南と呼ばれているそうです。また、映画のフラガールの舞台にもなったとの事。そういえば、お子様からはCMでやっていた事もあり、ハワイアンズに連れていけと言われた事もあります。次回の家族旅行で考えても良いかなと思いました。無事にお客様訪問も終わり、JR泉駅という所で下ろしてもらい常磐線で東京まで、その後、新幹線に乗り換え、小田原経由でやっと自宅へ帰る事が出来ました。しかし毎度毎度出張がしんどいです。そして翌木曜日は、今度は群馬のお客様との忘年会でそのまま泊まり、金曜日に会社に出社、会議等をこなして、かかりつけの病院に行くために、早めに会社を出ました。16時半頃には病院に着いたのですが、なんと待合室は診察を待っている人であふれていました。そのため一度自宅へ帰ってからまた17時半過ぎに行ったのですが、それでも少し待たされたようやく診察してもらいました。出来れば、ぶっこみサビキでもやろうかなと思っていたのですが、結局疲れていることもあり、夜はおとなしく家でフックの付け替えや翌日持っていくルアーの選別等をして、早めに寝ました。そして今朝の釣行です。釣行データ(086-181215)2018年12月15日(土) 04:25~ 08:15場所:湘南サーフ潮汐データ:小潮 干潮 02:53 潮位  49  満潮 10:29 潮位 125日の出:06:44、日の入り:16:32天候:晴れ風:北西2m(4時)~ 北1m(8時)波高:34.5㎝(4時)~ 35.1㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:コノシロ目撃情報:なし今回も、湘南サーフへの出撃です。自宅からは少し遠いですが、こちらの方が何となく釣れる気がします。前回も暗い内からアタリがあったため、今日も集中して撃っていきました。何やら違和感があり合わせてみると、何かがかかっています。そんなに暴れません。しかし、軽くもありません。そして上がってきたのはコノシロのスレ掛りでした。4時45分 コノシロ×かっ飛び棒130BR サンライズチャートこれが噂に聞くコノシロパターンか?コノシロの下にはでっかいヒラメが・・・と更に集中して撃っていきますが、結局はこれだけでした。夜が明けてきて、海面も騒がしくなって来ました。結構ベイトもいますし、時々ナブラが出て小魚が何かに追われている感じがします。フローティングの方が良いのか?とサスケに換えたり、波打ち際でバチャバチャやっているのを見て、パワーシャッドに換えたりしましたが、アタリなしです。途中、地元の人とお話をしましたが、やはりノーバイトとの事でした。やって来た方に戻りながら、空いている箇所を撃って行ったのですが、結局、ドラマは起こらず、ストップフィッシングとなりました。明日は長潮ですが、前回も長潮の時に釣れていますので、何とか明日はフラットを釣りたいと思います。

      43
      4
      テーマ:
  • 13Dec
    • 085-181209 ゴルフ、出張、そしてバラシ

      12月2日(日)に久しぶりにマゴチの引きを味わった後、また慌ただしい日常が戻ってきました。忘れないうちに記録しておきます。12月3日(月)は、御殿場市に宿泊、翌日はお客様とゴルフでした。場所は太平洋クラブ御殿場WESTでした。この日は暖かく、そのために霧が大発生でした。このような霧の中でゴルフをやったのは初めてでした。霧の中の太平洋クラブ御殿場WEST  写真ではあまり分かりませんが、実際にはもっと霧が濃くて、一日中前方が全く見えない状態でした。当然スコアも良い訳はなく、毎度の情けない気分になってしまいました。しかし、この霧の中、お客様は80台で上がり、キャディさんは一つもロストボール無く、回らしてくれて感心するばかりでした。悔しいですが、記録のためにスコアカードを残しておきます。  そして、水曜日はやっと会社へ出社、社内会議等をこなして、翌朝は6時前に家を出て8時からの打合せをこなし、その足で、新潟出張、そのままお客様と打ち合わせ後、毎度の飲み会で古町にて2次会までこなしました。翌金曜日は、今度は新潟から東松山まで移動、会社の事務所から電話会議をこなして、そのまま東松山のホテルに宿泊、翌朝の今年最後のお客様とのゴルフに備えました。今度は、川越カントリークラブです。川越カントリークラブ  全く良いところなしですが、上のグリーンのボールは西コース8番のショートホール、唯一ワンオンしてパーを取ったのですが、この距離ならバーディーが絶対です。昔のことを言うと、笑われますが、早く本気で楽しめるようになりたいと思います。なんでもリハビリは苦しいです。という事で、スコアです。  仲間内での遊びで、かっ飛び棒2本分を取りあえず預ける形になりました。来年は利息を付けてもらって3本分ぐらいは回収したいと思います。という事で、土曜日の夜、やっと自宅へ戻ってくることが出来ました。当日は、奥様とお子様は、藤沢時代のママ友たちと一緒に、劇団四季のアラジンを観劇しに東京へ行っていました。そのため、私はすぐに寝て翌日の釣りに備えました。釣行データ(085-181209)2018年12月09日(日) 04:05~ 07:50場所:湘南サーフ潮汐データ:中潮  満潮 06:28 潮位 147 干潮 11:40 潮位  92日の出:06:40、日の入り:16:31天候:晴れ風:西北西1.2m(4時)~ 北東0.9m(8時)波高:84.2㎝(4時)~ 81.8㎝(8時)潮色:手前やや濁りありターゲット:フラットフィッシュ釣果:無し目撃情報:なし前回、初めて釣りに行きマゴチをゲットしたポイントに入りました。スタートフィッシングは4時5分でした。当然辺りは真っ暗で、釣り人もまだ来ていないようでした。海の状況は先週とは全く違い、波が激しく押し寄せています。前回は、非常にまったりとした感じを受けたのですが、今回は結構強い波が押し寄せていました。また前回の反省から、今回はフローティングルアーを持ってきています。sasuke 140 裂波 アカキンで撃っていきますが、波が激しすぎてルアーが上手く操作出来ません。何をやっているか分からない状態でしたので、すぐにかっ飛び棒のサンライズチャートに変えて、底をじっくり、ゆっくり舐めるようにリールを巻いていきました。すると、まだ真っ暗でしたが、ゴンゴンという明確なアタリが来て、見事フッキングしました。前回と同じぐらいの引きを味わいながら、焦らないように慎重にやり取りしていましたが、フッと軽くなってしまいました。やっぱりバラシてしまいました。以前も暗闇の中で途中までやり取りをしてバラシてますが、全く成長出来ていません。04時24分 かっ飛び棒 サンライズチャートでバラシルアーを回収してみると… 真ん中のフックがありません。おそらくそのフックに喰らいついていたのでしょうが、それがフックごと無くなるとは?まさかフックのアイの所から折れたとは考えられないため、きっとスプリットリングの合間にフックアイが挟まったまま使っていて、そのまま抜けたのだと思います。しかし、悔やまれます。その後も主にかっ飛び棒を投げて、さらなる魚からのアタックを引き出そうとしましたが、結局は7時50分にストップフィッシングとなってしまいました。サーフは結構な釣り人で埋まっていましたが、今回は獲物をゲットしている人を確認出来ませんでした。先週は確か長潮、今回は中潮と、潮回りは良いはずなのですが…。よく分かりません。しかし、フラット狙いは難しい!そもそも、そんなにアタリがある釣ではないため、数少ない魚からのアタリを如何に確実に取り込んでいくか!まだまだ考えさせられることが多いです。家に帰ると、昨日の観劇からお子様のお友達が家に泊まりにやってきていました。きっと、夜遅くまでおしゃべりをしていたのか、私が家に帰り着いた時には、まだ起きて来ていませんでした。せっかく、お子様のお友達に先週みたいな大きな魚を見せてあげたかったのですが…。私は、一休みした後、午後一杯を使って会社の仕事をするために、パソコンと睨めっこでした。ジョブローテーション後は全く余裕がなくなってきています。飲み会、ゴルフ、長時間移動、そして顧客訪問、会議等々でどうしても、考える時間、パソコンに向かう時間が極端に少なくなり、未消化のまま物事が過ぎて行きがちでしたが、なんとかリカバリーしました。愚痴ですが、やっぱり休みの時は、仕事の事は考えたくありませんね。そして、その夜は、遊びに来ていたお子様のご家族とのんき亭にて夕食会でした。のんき亭のんき亭のオリジナルイモ焼酎と天むす  初めて行きましたが、結構お客さんが入っているのでびっくりしました。奥様、お子様たちは、それぞれ好きな定食を食べて、我々お父さん組は適当におつまみをつまんで、のんき亭オリジナルの芋焼酎を…。そして、最後に元祖天むすを頂きました。元祖という事ですが、名古屋の天むすとの違いにしばし唖然となりながらも美味しく頂きました。今週も、激しく移動しながら仕事をしていますが、なんとか週末はまた釣りに行けたらと思っています。なんとか、穏やかな天気が続いてくれることを祈ります。

      43
      6
      テーマ:
  • 02Dec
    • 083, 084 出張、飲み、そしてアジにフラれてやっとマゴチ

      先週の鴨川シーワルド、市原ゾウの国の後は、月曜日からまた出張でした。月曜日は新潟泊まり、翌火曜日は東松山へ、会議に出席した後そのまま忘年会に突入、大宮泊まりとなりました。そして、水曜日の午前中に会社へ到着、またまた会議です。しかし、この日はやっと家に帰れるため、終業時刻の5時30分になると、速攻で席を立ち、久しぶりの我が家へ向かいました。そして木曜日は、上野で部下と共にお客様と夕食です。場所は上野の鰻屋「伊豆榮 本店」でした。昔から知っている気の置けないお客様なので、会話も弾み、その日は上野泊まりとなりました。そして、金曜日は、今度は上司と一緒に、お客様との夕食が入っていました。私自身が店の予約を取ったわけでは無いため、なんと偶然にもこの日も鰻屋との事でした。桜木町と関内の中間にある「梅林」という店でした。二日続けて鰻屋とは・・・。鰻って料理の仕方はどこも変わらないと思いますが、その味付けの違いが分かり勉強になりました。私自身は、ご近所の「うな和」さんの方が好みの様です。この日は、鰻を食べた後、二次会で関内へ・・・。お客様行きつけのお店に行きました。その店では、すでに一組のお客様が入っており、カラオケで盛り上がっていました。私たちのお客様もキライな方じゃないようで、いつの間にかカラオケ大会の様になってしまいました。私自身は音痴で歌を歌うのは嫌いなのですが、10年ぶりぐらいに歌いました。さすがにお客様の手前、歌わないという選択肢はありません。しかし、皆さん本当にお上手です。そしてお客様と別れた後は、今度は上司がもう一軒という事で、近くのクラブへ行きました。なんでも、上司が以前通っていた店との事です。店の感じも結構いい雰囲気でしたので、私も機会があれば使わせてもらおうかと思っています。本来横浜で泊まっても良かったのですが、今日は金曜日、明日の朝は釣りに行けると思い、初めから帰る予定でした。2次会までは想定内でしたが、3次会ともなると、さすがに明日の釣りは断念せざるを得ません。結局、電車に乗れたのは終電に近い電車で、ヘロヘロになりながら、やっと1時半頃に自宅へ帰り着き、そのまま爆睡でした。朝の釣りには行けませんでしたが、12/4(火)、そして12/8(土)と立て続けにお客様とゴルフが入っているため、午前中に起きだしてゴルフの練習に行ってきました。ショートアイアン、ドライバーはかなり安定してきているため、90分打ち放題で、主に15ヤード、30ヤード、50ヤードを練習します。しかし、昔みたいに本当に100切りゴルフが出来るのか?今は釣りの方へ関心が行っていますが、やるからにはうまくなりたいです。小田原のクラウンゴルフクラブそして土曜日は、奥様とお子様はお出かけの日でした。北海道からママ友が来ており、19時頃まで帰って来ません。私も、のんびり出来ますので、午後からは、バイクに乗ってずっと気になっていた湘南サーフを調査に行きました。茅ヶ崎海岸、平塚海岸と、いつもは車で通りすぎるだけで、どこからサーフへアクセスするのか気になっていました。まずは江の島が見える辺りまで行き、小田原の方へUターンして、海へのアクセス箇所をそれぞれ確認してきました。江の島を望んで一口に茅ヶ崎サーフ、平塚サーフと言っても、色々なポイントに分かれている事が分かり非常に参考になりました。そして、夕方には家に戻ってぶっこみサビキでアジ狙いです。釣行データ(083-181201)2018年12月1日(土) 17:53~ 20:20場所:西湘サーフ潮汐データ:小潮 干潮 18:54 潮位  83  満潮 翌00:09 潮位 109日の出:06:33、日の入り:16:31天候:晴れ風 : 北1m(18時)~ 北北東2m(21時)波高 : 71.5㎝(18時)~ 51.6㎝(21時)潮色:?ターゲット:アジ釣果:サバフグ1匹目撃情報:なし今日は、ぶっこみサビキ用の竿二本とライトゲーム用のロッド1本を持ってきました。ライトゲーム用には、ゴルフの練習の帰りがけに釣具屋さんでアジリンガー(UVアカアミホロ)とアジアダーPro(アジキングシルバー)、あとジグパラマイクロ アカキン 7gというのも購入してきています。浜に到着すると、なんと風が強い!予報では北1mのはずが、体感では東3m程度に感じます。しかし波の方は比較的穏やかでした。潮どまりではありますが、取りあえずぶっこみサビキをセットして18時頃からのスタートです。しかし、アタリが全くありません。しょうがないので、風も少し強いですが、ライトゲーム用のワームでも投げようと思いましたが、なんとシャロ―フリークを家に置き忘れてきました。ショックです。せっかく購入したアジリンガーやアジアダーProも試せません。何とか持ってきていたジグパラマイクロ 7g を付けて投げてみますが、特に変化なし。ぶっこみサビキの方にも、アミエビを詰めてせっせと打ち込みを繰り返しますが、全くアタリなしです。ようやく弱弱しいアタリがありましたが、なんと小さなサバフグでした。18時57分 サバフグ結局、20時20分には心折れて終了しました。ここ最近西湘にはアジが回りだしたと聞いていたのですが、魚っケが全くありませんでした。残念です。そして、今朝の釣りです。釣行データ(084-181202)2018年12月2日(日) 05:08~ 08:06場所:湘南サーフ潮汐データ:長潮 干潮 06:11 潮位  65  満潮 13:04 潮位 133日の出:06:34、日の入り:16:31天候:晴れ風:北北東1m(5時)~ 北1m(8時)波高:26.2㎝(5時)~ 21.8㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:マゴチ55㎝目撃情報:マゴチ2匹、ソゲ1匹今日も、仕事はお休み!元気に釣りに行くぞと出かけてきました。さっそく昨日下見した場所へ行って見る事に・・・。無事にたどり着けました。まだ真っ暗です。どうやら東側に数名すでに釣りをしている方がいるようです。よって自分は西の方へ・・・。そして、第一投目・・・。ひじょうに浅い・・・。浅いとは噂に聞いていましたが、普段自分が釣っている場所と比べると、何となく頼りなく感じます。また、波も非常に静かで、地面も砂浜・・・。歩きやすいのは良いのですが、本当にこんな所で釣れるのか?と不安になります。通常、最初はパワーシャッドを使って近場を探って行くのですが、私の持っているジグヘッドは18g~28g程度です。ここでは、重すぎるような気もします。よって、一番軽いものにチェンジして探って行きますが、探り方がよく分かりません。すぐに底に付いてしまい、ゴツゴツという感触が来ます。湘南サーフ用にルアーの選定をした方が良さそうです。しかし、人は続々と集まって来ているようです。明るくなって周囲を見渡すと、ずらっととフラット狙いの釣り人が続いています。しかし、皆さん手慣れたものでちょっと空いているスペースを見つけると、撃ってみて、反応なしだと分かると、直ぐに場所移動しているようです。ちょうど7時頃に私の両隣の方が、マゴチとソゲを釣ったようです。地合いか?と思い、気合を入れて撃っていきます。ルアーもぶっ飛び君95Sやかっ飛び棒、エフリードミノーをローテーションしていきました。いつもは好きなエフリードバイブは、常に下をゴツゴツとノックするため、本当にこれで良いのか分からず、直ぐに交換してしまいました。私も大きく場所移動して、一投目、かっ飛び棒を思いっきり遠投して底をフワフワしているイメージをしてリフト&フォールをしている時に、『ムズッ』という違和感が・・・。念のため合わをくれるとグングンと竿先が絞り込まれました。ガンガンと頭を振るような引きが伝わってきます。きっとマゴチだ!と慎重にファイト開始です。沖目で掛けたため、やり取りの時間が長くなり、結構強めに設定しているドラグも若干引き出されたりして、ハラハラしましたが、何とか無事に釣り上げる事が出来ました。7時40分 マゴチ55㎝×かっ飛び棒130BR ブルピンイワシ家での撮影しかし、初めての場所で、いきなりターゲットを捕獲、また、『ムズッ』としたアタリの出方も体験出来て最高の気持ちでした。更に探りましたが、今日はまだまだやる事があるため、8時6分にストップフィッシングとして、帰ろうとすると、なんと道路が封鎖されているではありませんか!そうだ!今日は、湘南国際マラソンの開催日だったと気づいた時には後の祭りです。仕方なく、バイクをその場に残して徒歩で目印になる所まで歩いて、奥様にSOSしました。電話を掛けた時は、まだ夢の中のようでしたが、何とか迎えに来てもらい無事に家に帰り着くことが出来ました。ウェーダーを履いて、ライフベストを付けて竿を担いで歩いていましたが、周りの人達はあまり気にもしていませんでした。もともと、ここら辺は、サーファーもウエットスーツ姿でチャリンコにサーフボードをのせてウロウロしていますので、近所の方々も慣れたものなのでしょう。ようやく、家に帰りついて、お子様に魚を見せびらかし、散々自慢した後は、またゴルフの練習に行ってきました。課題のアプローチのおさらいをしましたが、こちらの方はまだまだです。釣りの方は結果が出ましたが、果たしてゴルフの方はどうか?こちらも上手く行けばいいのですが・・・。かるく100発ほど練習をして、そのままバッグをコンビニからゴルフ場へ送ってしまいました。そして、夕方、また奥様に送ってもらい、無事にバイクも取り戻して来ました。私以外にも数台バイクが取り残されていたのですが、既に無くなっていました。私が最後でした。本当に奥様に感謝です。そして本日の我が家の食卓です。まだまだ練習しなくてはなりませんが、取りあえず捌きました。刺身は研究の余地ありですね。マゴチは薄切りが合うとの事、ちょっと厚すぎました。また、マゴチのアラで作った鍋、奥様が豚バラ等を入れすぎて味がぼやけてしまいました。そして、マゴチの皮の酢の物です。もう少し薄くきざめば良かったです。とはいえ、自分で釣って来たもの、すべて美味しくいただきました。お子様が美味しいと言ってくれたのが、本当に嬉しいです。また釣りに行かなくては!マゴチの刺身マゴチ鍋とマゴチの皮の酢の物  明日からはまた仕事です。既に年末まで仕事(出張)がびっしり入っていて、なかなか家でゆっくり出来ませんが、今年もあと残すところ一ヵ月、仕事も遊びも頑張っていきたいと思います。そして、願わくば、少しでも多く魚を釣る事が出来ればと思います。そして、時間に余裕がある時には、今度は小田原から西側の海岸沿いを調査してみたいと思ってます。そしてゴロタ場メバルにもチャレンジしたいと思っています。本当にやりたい事が多すぎて困ってしまいます。

      56
      10
      テーマ:
  • 30Nov
    • 081, 082 鴨川&市原旅行と釣り(?)

      朝方のフラット狙いに見事フラれて、夕方はぶっこみサビキでアジを狙おうと思っていました。しかし、出張中にアジやメバルをターゲットにしている方のブログを最初から読んでいて、非常に興味を覚えました。そこで、旧ラテオ10MLをもって、久しぶりに東の根がきついサーフへ繰り出すことにしました。フラット狙いの時には、ルアーを良くロストしていましたが、それだけ根があり、カサゴ等の根魚も釣れるのではないか?とのもくろみです。釣行データ(081-181123)2018年11月23日(金) 16:50~ 19:00場所:梅沢海岸潮汐データ:大潮  満潮 16:08 潮位 153 干潮 22:55 潮位  06日の出:06:25、日の入り:16:34天候:晴れ風 : 静穏0m(17時)~ 北北西2m(19時)波高 : 36.9㎝(17時)~ 36.8㎝(19時)潮色:クリアターゲット:アジ、メバル、カサゴ等釣果:なし目撃情報:なし16時50分 スタートフィッシングです。最初は、堤防の西側でシャローフリークD+0.5gの尺ヘッドRを使って底を攻めていきます。シャローフリークは、ウルトラシュートよりも飛ばしやすい気がします。丁寧に底を取り、それからリフトアンドフォールや、ストップさせてからのテンションフォール等、教科書に載っているやり方で攻めていきます。しかし、アタリなしです。今使っている道具はシーバスロッドで、かつリールはおそらく0.8号のPEを巻いているものだと思いますが、もしサーフからのライトリグによる釣り(アジ、メバル、カサゴ等々)が成立するなら、新たに道具をそろえたいと考えています。しかし、いかんせんアタリがない!竿がシーバスロッドだから、もしくはラインが太すぎるからアタリが取れないのか?途中で、堤防に行って釣っている方たちの状況を確認しました。彼らはエギでイカを狙っていました。しかし、釣れている様子はありません。私の方も、堤防からワームを変えたり、ジグヘッドを1gに変えたりして、探っていきますがナッシングです。再度、堤防からサーフの西側へ大きく移動して探りましたが、結局アタリすら感じることなく撤収となりました。何回かサーフでのライトリグを試しましたが、以前ぶっこみサビキ中に感じた1回だけのアタリしか無いままです。翌日は家族旅行の予定です。朝、フラット狙いに行く予定でしたが、疲れのため、結局は二度寝をしてしまい、9時には家族でお出かけとなりました。今回の目的地は『市原ぞうの国』です。娘が言うには、なんでもテレビにも出て、小象も生まれたとの事でした。私自身は知りませんでしたが、動物関係なら朝方から行くのが良いだろうという事で、ぞう見学は翌日にまわし、今日は『鴨川シーワールド』に行ってみようという事とになりました。9時に家を出発、道中、西湘バイパス、横浜新道を使って順調に進んで行きましたが、海ほたるのあたりでプチ渋滞にはまりました。しかし、スムーズに進んだ方だと思いますが、12時30分には『鴨川シーワールド』に無事到着しました。早速、それぞれのショーを見ていきました。笑うアシカとの記念写真定番のイルカショーそして一番迫力があり、面白かったシャチのショーです。寒空の中、ジャンプでの水しぶきがかかったり、故意にインストラクターが観客に水しぶきを掛けたりで、久しぶりに興奮しました。いつもは満足しているイルカショーが少し色あせて見えました。そして、最後にベルーガのショーです。CMでおなじみの空気で輪っかを作ったり、インストラクターの方がおでこをたたくとボヨボヨなのが分かったり等々、こちらも楽しめました。ベルーガのショーが終わると、早くも閉園時間の17時との事です。その他の展示物をじっくり見る事が出来ませんでしたが、非常に楽しく過ごせて、また来ても良い気分です。そして、当日の宿「オークラアカデミアパークホテル」です。奥様がアゴダという予約サイトを通じてとったホテルですが、リーズナブルで、部屋も広く、満足行くホテルでした。そして、翌日は『市原ゾウの国』です。私は知りませんでしたが、最近、テレビ番組で取り上げられたとの事です。最初の感想は何となくしょぼい動物園・・・という感じでした。しかし、一旦ゾウのショーが始まるとその迫力に、最初の残念な感じは一気に吹っ飛んでしまいました。初めてゾウがこんなに集まっている姿を目にしました。数えてみると9頭ものゾウがパフォーマンスをしてくれます。しかも、タイからゾウ使いの方たちが来ているとの事・・・。すごく迫力がありました。ゾウのフラフープ奥様とお子様とゾウ非常に濃い記憶を残してくれました。その他、馬やガチョウ等と触れ合って遊んで、お昼過ぎに動物園を出発、途中海ほたるで食事をとって無事に家に16時半には帰宅しました。交通渋滞にもハマる事がなく、2時間程度のドライブでした。そして、家に帰ると、まだまだ時間があります。少しコーヒーでも飲んで、夕食の時間まで、海にお出かけです。釣行データ(082-181125)2018年11月25日(日) 17:30~ 19:10場所:国府津海岸潮汐データ:中潮  満潮 17:10 潮位 154 干潮 翌00:13 潮位  00日の出:06:27、日の入り:16:33天候:晴れ風 : 西1m(17時)~ 北西2m(19時)波高 : 49.4㎝(17時)~ 44.5㎝(19時)潮色:クリアターゲット:アジ釣果:なし目撃情報:なし今回も、近くでライトタックルによるアジ調査です。17時30分 スタートフィッシングです。波も大きくなく、雰囲気的には良い感じです。前回と同様にウルトラシュートではなく、シャロ―フリークで撃っていきます。ジグヘッドは0.5gでイメージ的には底をふわふわさせるような感じですが、本当の所はどうなっているやら…。結局は、またまたアタリもなくノーフィッシュでした。結局は気晴らしに竿を振ってきただけです。家に帰ると奥様が「それでいいんだよ!ストレス解消になるでしょう!」との温かいお言葉を頂戴しました。なんとなく、奥様のウインドショッピングのような釣りになりつつあります。時々は、魚が釣りたいなと、最近本当に思うようになりました。これからもメゲずに頑張っていきたいと思います。

      44
      8
      テーマ:
  • 23Nov
    • 080-181123 海外引継ぎ出張完了と釣れないフラット

      11月12日(月)から昨日の22日(木)まで海外での引継ぎをしてきました。9月1日より、ジョブローテーションで、再度国内営業(東日本)を担当する事になりましたが、私の今までの海外業務に関しては後任者が決まっていませんでした。やっと11月1日付けで後任者が決まり、今回の引継ぎ出張をする事が出来ました。この間、仕事は掛け持ちで、非常にしんどかったですが、やっと海外関係から抜け出すことが出来ました。今回の引継ぎは、シンガポール、マレーシア、バタム島、中国でした。東南アジア(フィリピン、タイ、ベトナム、インドネシア)の引継ぎは、私のチームの後輩に託して、結局私自身は行けなくなりました。これらの国も引継ぎで回りたかったのですが、国内業務が忙しくて、そちらまで手が回らないのが実情でした。各国の仕事仲間およびお客様に後任を紹介して、最後に食事をしてと、これまでの5年間が非常に短く感じました。おそらく、今後これらの国に仕事で行く事はほとんど無くなると思いますので、最後のお別れのような感じになり、何となくしんみりした気分で帰ってきた次第です。各国での記録ですシンガポール、 オーチャード・ロードのイルミネーションジョホールバルのバクテー屋さん  バタム島のシーフードレストラン    中国天津での海鮮料理屋  中国瀋陽での火鍋屋  食べ物ばかりの写真になってしまいましたが、これらも今後は本場で食べれなくなるため、いい記録にはなると思います。出来れば、今度は家族旅行でこれらの国を訪問する事が出来ればと思います。そして、昨日の夜19時頃に家に帰って来たばかりですが、今朝さっそくフラット狙いで行ってきました。釣行データ(080-181123)2018年11月23日(金) 04:47~ 08:00場所:山王海岸潮汐データ:大潮  満潮 04:59 潮位 151 干潮 10:33 潮位  78日の出:06:25、日の入り:16:34天候:晴れ風 : 北北西1m(5時)~ 北北西1m(8時)波高 : 63.4㎝(5時)~ 47.4㎝(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なしいつもの場所に気合を入れて行きました!日の出時間もだいぶ遅くなってきており、その分出発も遅らしました。三連休の初日という事で、人が多い事を懸念したのですが、海岸に出てみると、釣り人がいません。広い海岸に私一人のような状態です。やっぱりここは釣れていないのか?しかし、久しぶりの釣りです。気にせず、どんどん撃っていきます。最初はグラスミノーLのチカチカ室蘭で近場を撃ちます。反応なしという事で、今度はぶっ飛び君95Sやかっ飛び棒で少し遠目を砲撃、次にもう少しアピールを強くして、エフリードバイブでブリブリ言わせます。何にも、反応がありません。その内、日が昇って来ました。いつものごとく、釣れない時の日の出の写真です。6時27分 日の出そして人気のないサーフです。東側に1名のルアーマンのみでした。結局、この日も8時に終了でした。いつも釣りに行ける時は、近くのサーフでフラット狙いですが、本当に釣れませんね。今日は、広いサーフを東に行ったり、西に行ったりと結構動き回ったのですが、魚からの反応はナッシングでした。一体どうした事やら・・・。今日の夕方、アジ狙いでリベンジ予定です。ぶっこみサビキをするか?玉砕覚悟でサーフアジングのみにするか?どちらもチャレンジするか?まだ考え中ですが、何とか魚の顔が見たいと思います。

      50
      4
      テーマ:
  • 13Nov
    • 078、079 ぶっこみサビキ フラット狙い ペタンク 海外引継ぎ出張

      朝方のフラット狙い、見事にフラれてしまいました。しかし、今日は土曜日で、なんとなく、ゆっくりと色々な事が出来る日です。奥様とお子様からは、夕方、外食を要求されましたが、月曜日早朝からは、仕事でまた海外出張が入っています。やっと私の海外業務の後任が決まったっ為、その人を連れて引継ぎに行ってきます。よって、夜ゆっくり出来る日は、本日限り。そこで、外食は日曜日に一日伸ばしてもらい、夜はアジを狙う事にしました。釣行データ(078-181110)2018年11月10日(土) 17:00~ 20:38場所:国府津海岸潮汐データ:中潮 干潮 11:57 潮位  88  満潮 17:20 潮位 152日の出:06:13、日の入り:16:41天候:晴れ風 : - ~ -波高 : - ~ -潮色:クリアターゲット:アジ釣果:3匹(Max 32㎝)目撃情報:なし風データと波高データが無くなっていましたが、浜辺では気にならない程度でした。幾分波打ち際の波が強かった気がします。今回は、ちょっと早めに16時過ぎに家を出て浜に向かいました。まだこの時間は、ジグを撃っている人たちがいて、微妙にぶっこみサビキを行うにはためらわれる感じがしました。そこで、少しカートを引きづって、東側に釣り場を構えました。17時ちょうどにスタートフィッシングです左に5号竿+自作ピンクスキンサビキ、右に4号竿+自作グリーンサビキで開始です。しかし、今日はアタリがなかなか出ません。日が沈んでも、黙々とロケットカゴにアミエビを詰めて撃ち返していきます。そして、ようやく待望のアタリが出たのは18時21分でした。5号竿のホタルがグングンと引き込まれています。ぶっこみサビキの醍醐味の一つは、この魚からのアタリではないかと思います。非常に気持ちがいいぐらい竿先が絞り込まれ、ひどい時には竿受けまで引き倒されそうになります。一気に心臓がバクバクとなります。魚は小さくはないようです。慎重にやり取りをして無事確保できました。18時21分 ファーストアジですそして、すぐに次の魚がかかりました。こちらもピンクスキンへの反応です。18時36分 セカンドフィッシュその後、またしばらく間が空きました。今日はアジの回遊?が悪いようです。そして、1時間程立った時に、再度今度はグリーンサビキに反応がありました。慎重に取り込もうとしましたが、あえなく波打ち際でバレてしまいました。その後、ピンクサビキに2回連続してのアタリがありましたが、これもバラシ…。何がだめなのだろう?結局、アミエビも終わりかけていたため、終わろうとしていた時にもう一匹ピンクサビキで追加することが出来ました。20時4分 最後の魚となりました。今日は、考えさせられる釣行となってしまいました。アジからの便りはありましたが、バラシも多く、いかに取り込むか?という課題が残りました。アジ針は、10号を使っていますが、もう少し大きなものが良いのか?はたまた、遠投竿の5号は少し強すぎるのか?パワー的には4号竿でもいいのですが、20号のオモリをしっかりキャストするには5号竿の方が優れているし…。ベテランの方は投げ竿を使ってぶっこみサビキをやっている事だし等々…。今後も悩んで行こうと思います。サビキの色はやはりピンクスキンに分がありそうです。というわけで本日の記念写真です。Max32㎝でした。そして、翌朝のフラット狙いです。釣行データ(078-181111)2018年11月11日(日) 04:45~ 06:45場所:山王海岸潮汐データ:中潮 干潮 01:15 潮位  20  満潮 07:14 潮位 146日の出:06:14、日の入り:16:41天候:晴れ風 : 西北西1m(4時)~ 北1m(7時)波高 : 39.2㎝(4時)~ 45.8㎝(7時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:ソゲ本日は、午前中8時から子供会の活動があり、釣りは7時までです。東側のサーフに探検も行きたかったのですが、いつものサーフにしました。しかし、いつもの通り No Fish No Bite です。魚がいない?少ない?ルアーの選択が間違っている?リトリーブのスピードは?等々、こちらに関してはまだ糸口さえ見えていません。このままルアーが増え続けていく危険性が大きいです。しかし、今回は、ちゃんと魚が釣り上げられた所を確認できました。私より、少し西側にいた人がソゲ?を釣りました。見ていたところ、リリースしていましたので、おそらくヒラメサイズではなかったのだと思いますが、ちゃんと釣る人は釣っているという事で、魚は確実にいる!という事が分かりました。今後に向けて精進していく必要があります。という事で毎度の日の出です。綺麗で心が癒されます。釣から帰ってきたら、今度はお子様の子供会活動です。昨年も参加しましたが、ペタンクという競技を各地区別に分けて対抗戦をしているものです。なんでもフランスで発祥したスポーツとの事、少しルールは違いますが、陸上版カーリングのようなものです。ペタンク大会の様子午前中で試合が終わり、午後は、私の久しぶりの海外出張の用意、その後、家族で食事へと、少し慌ただしく日曜日を過ごしました。そして、現在シンガポールに来ています。昨日は夜20時ぐらいにホテルに到着、それからシンガポールの同僚たちと明日の顧客訪問に向けて夕食を取りながらの会議でした。なぜか、韓国式バーベキューとチゲ鍋でした。  そして、本日は朝一でお客様訪問をこなし、私の後任を紹介、その後、会社に戻り、お客様との会話をレビューして、シンガポールの同僚に後任を紹介して回りました。久しぶりのシンガポールの景色。街中に大きな木が沢山あります。まだまだ、出張が続き、今週末は釣りが出来ませんが、最後まで仕事を頑張り、無事に引き継を終了させたいと思います。

      52
      8
      テーマ:
  • 10Nov
    • 076、077 サーフアジングとフラット狙い しかし釣れません

      相変わらず、狂ったような出張、仕事を何とかこなしています。7日(水)に北海道から東京の事務所に午後過ぎに帰って来ました。その後、2件の打ち合わせをこなして、親しい同僚たちと一杯でした。この日は少し早めの23時前には家に帰ってくることが出来ました。そして、8日(木)は朝一で虎ノ門のお客様へ直行、打ち合わせの後、同僚と東京駅で待ち合わせ、そのまま新潟へ向かいます。新潟での仕事を終えて、新潟スタッフから一杯のお誘いを受けました。本当は翌日有休を取っているため、早めに帰りたかったのですが、そういうわけにもいかず、結局駅の中の居酒屋でギリギリまでノミニケーションです。仕事に対してのグチや、今後の方針等を酔っぱらいながらやり、何とか20時20分のMaxとき号で東京へ・・・。一緒に東京から出張した同僚と新幹線内での二次会です。地ビールのエチゴビール2種類と、後から缶チューハイも追加してしまいました。  この時間になると、東京駅からの小田原行き新幹線は、既に終了しており、結局東海道線で帰ります。家に帰り着いたのが、ちょうど24時でした。今回の新潟での仕事はうまく行かず、しかも明日から有休も入れているので、そのままレポート作成してメールを飛ばします。結局寝れたのが午前1時半頃でした。そして、翌朝、少し頭がフラフラとしてましたが、4時30分に起床、フラット狙いへとと思い、天気を確認するために、外に出てみますと、地面が濡れています。また、かすかに小雨も降っていました。朝方は雨が降らない予報のはずだったのですが・・・。恐らく午前中は、このまま霧雨、小雨の状態が続きそうです。一瞬、レインコートを着込んで出かけようかと思ったのですが、今風邪を引くわけにはいかず、釣りは中止とし、二度寝を決め込みました。そして、9時頃まで寝てると、電話が鳴りだし、本日有休中ではありますが、パソコンに向かって仕事です。お昼に、お子様が宿泊学習から帰って来て、楽しかった事を報告してくれます。色々とお話を聞いてあげて、家族団らんの時間を楽しみました。午後からは今度は、海外のお客様からも電話が入って来て、その対応に追われます。いまだに海外の仕事が引き継げていません。それまでは、私の方で責任を持って対応せざるを得ず、ストレスが溜まりまくりです。夕方になると、雨も上がっていることから、ストレス解消のために、アジングの仕掛けのみをもって、近くのサーフへ出撃です。釣行データ(076-181109)2018年11月9日(金) 18:30~ 19:37場所:国府津海岸潮汐データ:大潮  満潮 16:54 潮位 155 干潮 23:42 潮位  18日の出:06:12、日の入り:16:42天候:曇り風 : 南南東1m(18時)~南1m(20時)波高 : 60.3cm(18時)~61.0cm(20時)潮色:クリアターゲット:アジ釣果:なし目撃情報:なし浜に立ってみると、波もそんなに強くなく、風もちょうど良いぐらいでした。雨上がりという事もあり、釣りをしている人は見渡す限り確認出来ませんでした。空には時々真鶴の方で稲光が見えました。ちょっと不気味でしたが、雷の音が聞こえるわけでもなく、気にせずやる事にします。今回も、前回購入したウルトラシュートを使ったサーフアジングに挑戦です。これに、ハリス2号を矢引ぐらいで付けて、ジグヘッド1g+アジング用のワームを付けて、思いっきり投げ込みます。そして、着底したのを感じるとゆっくりとリフト&フォール等で探って行きます。しかし、まったく触りなしです。場所はいつもぶっこみサビキをしている場所です。よって、アジの回遊がある事は分かっています。集中して何らかの異変をキャッチしようと、キャストを繰り返しましたが、異常なしでした。正直、この釣り方で魚を釣ったことがありません。本当に釣れるのか?ここの場所はアジは確実にいる!アジは居付いている訳ではなく、回遊しているようなので、ぶっこみサビキでも忙しい時や、本当に何も釣れず、暇な時があります。単に回遊がなかっただけだと信じたいですが、残念です。ぶっこみサビキでも、何回もボーズになっているため、サーフアジングの方も、気楽に回数をこなして実績を出したいと思います。結局1時間程度のストレス解消のための、キャスト練習でした。しかし、ルアー釣りの良い所は、本当に手軽に出来るという事ですね。これで釣れれば言う事無いのですが・・・。そして、本日朝のフラット狙いです。釣行データ(077-181110)2018年11月10日(土) 04:36~ 07:10場所:山王海岸潮汐データ:中潮  満潮 06:35 潮位 151 干潮 11:57 潮位  88日の出:06:13、日の入り:16:41天候:晴れ風 : 西北西2m(4時)~北西1m(7時)波高 : 60.4cm(4時)~54.3cm(7時)潮色:濁りありターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なし今朝は、気合が入っていました。昨晩も早く寝て準備万端です。4時に起床して、直ぐにウェーダー、ベストを着込み出撃です。今日は一番乗りでした。思い通りに釣り場を選べますが、入る場所は大体同じになってしまいます。辺りは、まだ真っ暗でキャストしながら空を眺めていると、流れ星が一つ見えました。縁起が良いのか?6時35分が満潮ですので、ちょうど上げ潮時の良い時間帯だと思うのですが、なかなかお魚からの便りなしです。明るくなりだして確認したのですが、手前は濁りが入っていますが、30m先では濁りもなくなり、雰囲気は良いです。時々、ボラジャンプが見え、また、シーバスらしきものが捕食しているような感じもしましたが、結局 No Bite No Fish でした。そして釣れない時の日の出の写真です。しかし、本当に釣れませんね。周りには、フラット狙いの方が結構来ていたのですが、魚をキャッチする姿は、なかなか見れません。ある人に聞いたのですが、ここの海岸は国府津に次ぐ、いわゆる急深サーフとの事です。もっと浅いサーフの方が良いのか?ここよりも東側が良いのかもしれません。しかし、まったく実績がないわけでも無いのですが・・・。明日は、ペン太さんから東側のサーフに誘われたのですが、残念ながら子供会の行事が午前中に入っていて、7時までしか釣りは出来ません。明日も、結局はここに来ることになると思います。また頑張ります。

      37
      4
      テーマ:
  • 04Nov
    • 075-181103 フラット狙いも相変わらず釣れません そして札幌

      金曜日の夜も東京で飲み会でした。今回は仲間内での飲み会です。会社の研修に来ていた北海道支店長と本社の連中と最寄りの駅の中華料理屋です。しょうもない話をしながら、酒を飲むのは楽しいですね。男5名で焼酎瓶3本を空けました。そして土曜日朝の釣り、さすがに金曜の酒が少し残っていて、4時30分にかけていた目覚ましを止めてしまい、2度寝を決め込み、気が付いた時には5時30分です。慌ててウェーダーを履いて出撃しました。釣行データ(075-181103)2018年11月3日(土) 05:50~ 07:22場所:山王海岸潮汐データ:若潮  満潮 00:21 潮位 116 干潮 07:00 潮位  53日の出:06:06、日の入り:16:48天候:晴れ風 : 北西2m(6時)~北北西2m(8時)波高 : 26.1cm(6時)~27cm(8時)潮色:クリアターゲット:フラットフィッシュ釣果:なし目撃情報:なし5時50分にスタートフィッシュングです。すでに明るくなりかけていていました。フラット狙いの人や、青物狙いの弓角師がたくさん浜辺にいました。6時12分 釣り場の風景波は穏やかで、風もなく非常に釣りやすいですが、なんとなく物足りない感じがしました。空いてる場所を移動しながら探っていきます。しかし、魚からのお便りはありませんでした。と、突然沖側から波打ち際にかけて、小魚の集団が海面に飛び出しながらはねてきました。青物に追われているのか?すかさずジグに付け替えて撃っていきますが、反応なしです。それでも粘ります!時々同様に小魚の集団が沖側から波打ち際に同じように移動してきます。ジグの投げている人たちも、弓角を投げている人も、しきりに沖側から攻めていきますが、結局誰一人魚からの便りはなかったようです。いったい何だったのか?小魚が集団で遊んでいたのか?全く不思議な光景でした。結局、途中おなかが痛くなったのと、今日はこれから札幌に向けて出張が待っていましたので、7時22分にはストップフィッシングとしました。すぐに家に帰ってすっきりして、奥様とお子様に今日の不思議な小魚の行動をシェアしました。馬鹿にされたのじゃない?冷静な分析を頂きました。今日は、PTAの行事で奥様は少し早めに学校へ、10時にはお子様も学校へ行きました。なんでも『ふれあい広場』という行事があるとの事。お子様はクラスで稲から育てたお米『はるみ?』というのを売るとの事です。小学生版文化祭のようなものなのでしょうか?去年も有ったみたいですが、私は不参加でした。あとから奥様から送られてきた写真を見て、次回は自分も絶対参加しようと思いました。ふれあい広場の様子  その後、家を出るまでまだ時間があったため、ずいぶん前に届いていたロッドホルダーを組立、自分の釣具スペースの整理をしました。届いていたロッドフォルダー(中国製)でしたそして整理整頓のBefore and After引っ越した時の段ボールに入ったままの道具があります。今回のロッドスタンドは、自分の評価的には少しマイナスです。立てた竿がまっすぐ立ちません。左側のは日本製です。これは文句なく優秀です。とは言いながら、少しはすっきりしました。ずっと仕舞ぱなっしだった、フカセ用竿や、ワカサギロッド、ハヤ釣り竿、堤防でのサビキ用竿等が出てきました。特に、チヌ釣りにはまっていた時のDAIWA 紫電5.3mや、飛竜6.3mのフカセ竿(自分は釣研のナナメウキ愛好家でいつも2段ウキの固定仕掛けで狙っていました。)、そして中通し竿のMark Dryの5.3mと4.5mの竿は本当に懐かしいと感じました。今後使う機会あるのかな?そして、北海道へ先週に引き続き出張です。今回は、取引先の販売店さんのゴルフコンペに参加、そして、そこでの販売店さん向け講習会や、支店での会議のため、3泊4日での出張です。一日目は千歳で宿泊でしたが、北海道支店の連中に空港で拉致され、そのまま、すすきのへ連れて行かれました。毎度のNIKKA男爵です。そして、毎度の飲んだくれ日記です。今回は北海道の幸を堪能しました。まずは、ニシンの刺身とホッケの刺身  そして、真ダチ(真ダラの精巣)の唐揚げとホヤの刺身  最後に特大シマホッケの開きです。比較のため、アイコスを並べてみましたそして、仲間たちとの気の置けない話、3名での飲み会でしたが、この後二次会に突入、久しぶりにすすきのの夜を楽しみました。結局、私が終電近くの電車で千歳のホテルに帰り着いたのは24時30分過ぎでした。今日も午前様でしたが、他の二人は新さっぽろで降りて、どうやら3次会に突入したとの事です。そして、翌日、取引先のゴルフコンペ。昨日3次会まで連れまわされた若手がホテルまで迎えに来てくれました。新しい組織になって4度目のゴルフです。今回は、以前よく一緒にゴルフに行っていた人たちとのコンペです。聞くと私が優秀候補だと…。5年間全くゴルフをやっていない事、現在左足を引きずっている事等々を伝えて言い訳をします。今回の舞台は北海道ゴルフ倶楽部イーグルコースです。苫小牧にあるコースで、ここもまた綺麗なコースです。向こうに見える山が樽前山です。今日は噴火口から煙が出てません。このゴルフコースはINが11番ホールから始まり、そしてスルーでOUTコースを回り、最後にINコースの10番を回るという変則コースです。初めてプレイしました。結果の方は悲惨でした。本日のスコアフェアウェイキープ5ホール、前半パーなし、後半やっとパー一つ、グリーンも早くて4パット2回、1パット1回、3パット3回と散々でした。意地でFront Nine 16番のドラコンは取りました。しかし、結局INコース60点、OUTコース61点、合計121点と良いところなく、今年最悪のスコアでした。販売店の皆様からは驚かれるやら、心配されるやら大変でした。というのも、北海道ゴルフ倶楽部では、コースは違ってライオンコースとなりますが、9年前に約100名が参加するコンペでいきなり優勝した経験があるからです。その時のスコアはグロス82点、ハンデ10点、ネットでの優勝スコアは72点のパースコアだったからです。コンペパーティーでは、北海道名物?のジンギスカン食べ放題!本当に久しぶりに食べましたが、美味しかったです。どうして北海道以外ではあまりやっている店が無いのか?本当に不思議です。久しぶりに会うコンペ参加者からは、どこか身体が悪いのか?等々の質問攻め。海外担当時代の5年間は、ゴルフをしていない、左足を痛めて苦労している等々の言い訳を言います。実際、左足を引きづりながらのプレイは辛い所がありますが、なんとかせめて100切ゴルフぐらいはしたいと思っています。今年予定されているのは、後2回…。なんとか頑張りたいと思います。釣の方は、フラット狙いは相変わらずホゲていますが、こちらもしつこく頑張っていきたいと思います。小さくても良いので、マゴチ、ヒラメを釣りたいです。また、ぶっこみサビキには可能性が見えますので、メガアジではなく、ギガアジ(40センチ以上50センチ未満)をターゲットに頑張りたいと思います。次回は、次の土日ですかね。天気が良い事を本当に祈ります。

      52
      8
      テーマ:

プロフィール

ジョン

性別:
男性
誕生日:
1967年4月21日
血液型:
O型
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
子供の頃からの釣り好きです。会社の転勤で各地を回り、色々な釣りをして来ましたが、ここ10年は主にルア...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス