バスプロ選手権  1日目  フライトは後半。




スタートです。

目当てのエリアは船だらけ。


そう上流域は人気エリアなんです。


なんとか釣り開始するも中々思ったところに入れないしキャストも出来ない。


そこで、一旦地形変化のしっかりしたバンクや、立木をやってみるも全く反応なし。


目当てエリアでも、他選手にたまに魚はあがるが単発。もっとパターンがあるのかもと思いながらウロウロあれこれやってみるもタイムアップ。


初日ゼロ


かなり悔しい…


このままでは終われない。


2日目に見出すしかない。

2日目はフライトはかなり良い。朝から上流に向かうもやはりスポットには船が浮いてるので、少し外して釣り開始。ただ魚影が薄い。これを取り合っても勝てっこないので、下流域に移動。人もまばらでプレッシャーも低めかと思いきや、結局は魚っ気なし。

答えを導き出せずタイムアップとなりました。


本当に悔しい。

上位選手のお話しをしっかり聞いてきました。

前日の時間は少ないが、もっと可能性を試しておけばよかったし、もっとエリアを掘り下げておけば良かった、リグもまだ工夫できたなどと色々反省しながら帰路に着きました。


お立ち台の選手は流石な釣り方。釣り方を聞いてみるとレンジもまばらでバスが上下にも散っているのかな~といった感じ。ベイトをもっと意識してプラすべきだったな~と反省。


もう、反省だらけのバスプロ選手権が終了しました。

銀山湖戦に来年も出場して、次こそは試合で釣る、プリプラの時間も捻出しようと心に決めました。


そんな中、ismのTOPプロである市村直之プロはバサーオールスターで5位入賞との知らせ‼︎



あのメンバーのなかで堂々と戦って虎視眈々と優勝を狙う位置につけてくる市村プロはやっぱりすごいなぁと思いました。


少しでも近づいて、同じカテゴリーで試合するくらい力をつけていきたいですね。