あなたの人生が好転し始める!

       ”自分の人生”を生きる!!


 自分のなかに「未来」を見つければ、あなたの人生は好転し始める



 
         ★☆ 特別メールマガジン(無料) ☆★

         「あなたの人生が好転し始める」 配信スタート ↓↓

            『 あなたの人生が好転し始める 』


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

色眼鏡をかけている自分!?

おはようございます。

日曜日は、
「ちょっと違う視点」の紹介です。

----------------------------------------

 

   自分の「色眼鏡」に気づく!?

----------------------------------------


(参考)

 
 関係のもつれをたどると、きっかけは
 ほとんどが「些細なこと」なのです。

 会議で上司とちょっと意見が対立した、
 自分との約束を友人がうっかり忘れた、

 こちらが挨拶したのに 
 きちんと挨拶を返してこなかった……。

 どれも些細なことですし、そのときの
 感情は相手の一面から受けたものでしか
 ありません。

 しかし、そこで
 「色眼鏡」をかけてしまう。

 そして先入観を持ってしまうのです。

 これほどアテにならないものはないのに、
 根強く心に棲みついてしまうのが、

 先入観のいちばんやっかいなところです。

 (中略)

 「情報」だけで、あるいは、
 相手の一面だけを見て抱いた嫌な感情、

 否定的な思いを持って、
 全人間性を決めつけてしまったら、

 その人を見誤ることは必定です。

 まず、自分から色眼鏡を外すことです。

 そのうえで、
 次の禅語を胸に刻んでください。

 「一切衆生、悉(ことごと)く仏性あり」

 あらゆるものには、仏性という美しい心が
 備わっている、という意味です。


       『心配事の9割は起こらない』

                                         枡野俊明 著

                              
----------------------------------------

 
「文句や悪口」を言っている人を見ると、

 「色眼鏡をかけている」

と感じることがあります。

しかし、実は、

 これも「色眼鏡」で見ている

可能性があります。

実際には、こうして、誰もが、

 いろんな「色眼鏡」をかけて
  お互いを見ている


のかもしれません。

したがって、

 「色眼鏡」を外そうとするなら、

その前に、

 自分が「色眼鏡をかけている」

ことに気づく必要があるようです。


いくら「判断力」を磨いても、

 その基になる情報が間違っていたり、
 部分的な情報のみで判断する


のであれば、

 その判断はあまりアテになりません。

そう考えると、

 「この自分の判断は

    何に基づいているか?!」

ということは、

 常にチェックする必要があるでしょう。


「色眼鏡を外す」のが難しければ、

せめて、

 「いいところが見える色眼鏡」

をかけたいものです。


----------------------------------------

<今日の「智&慧」>

 誰もがいろんな「色眼鏡」を
 かけてお互いを見ている。


----------------------------------------
 
  
 あなたの「色眼鏡」は
 どんな景色が何が見えていますか?!

 
 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>