川西市長宛に要望しました。
明日、人権推進室 人権推進課に直接、要望書を持っていきます。
川西市外の方、全国の方も、ご自身の住む市町村宛に
要望をお願いいたします。




平成29年11月6日
川西市長殿
川西市 市民生活部 人権推進室 人権推進課 御中
川西市 教育委員会 御中

                        
秋田美輪さんを救う川西市民の会
                               
代表 中曽千鶴子
            大阪ブルーリボンの会 会員

12月10日から16日までの
「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」に関する要望書

上記につきまして、早急な対処をしていただきたく、下記のとおり、お願い申し上げます。



1. 要望の趣旨、理由
拉致問題は拉致された方の人権を踏みにじる重大な人権侵害であり、到底許されるものではありません。
政府は、北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに,国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し,その抑止を図ることを目的として,平成18年6月に,「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され,国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに,毎年12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされています。

 拉致問題は,我が国の喫緊の国民的課題であり,この解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が,国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中,この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

人権擁護都市宣言を提起されている川西市、川西市長様も一日も早い拉致被害者の帰国を目指し、取り組みや啓発に努めておられる事と存じます。
川西市の広報紙や平成27年4月に人権行政推進プランの改定版 における人権課題として下記のように川西市は掲載されておられます。

【拉致問題など北朝鮮当局による人権侵害】
拉致問題は、わが国の喫緊の国民的課題であり、この解決をはじめとする北朝鮮当局によ
る人権侵害問題への対処が、国際社会を挙げて取り組むべき課題とされています。平成
18(2006)年に「北朝鮮人権侵害対処法」が施行され、国及び地方公共団体の責務が定めら
れました。この問題についての関心と認識を深めていくために、同法の趣旨に基づき、国・
県など関係機関との連携の中で啓発活動に努めます。

政府認定拉致被害者17人のうち、兵庫県関係者では有本恵子さん、田中実さんの2人が認定を受けています。
また、兵庫県警のホームページには、北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者として
秋 教元(あき きょうげん)さん 秋田 美輪(あきた みわ)さん
稲田 周二(いなだ しゅうじ)さん 稻田 裕次郎(いなだ ゆうじろう)さん
岡 元恵(おか もとえ)さん 懸樋 友重(かけひ ともしげ)さん
加藤 小百合(かとう さゆり)さん 金田 龍光(かねだ たつみつ)さん
清崎 公正(きよざき きみまさ)さん 金 姫順(きん ひじゅん)さん
桑村 一二三(くわむら ひふみ)さん 篠岡 彰(しのおか あきら)さん
島脇 文内(しまわき ぶんない)さん 住本 豊成(すみもと とよしげ)さん
髙見 到(たかみ いたる)さん 辻本 春夫(つじもと はるお)さん
津曲 俊直(つまがり としなお)さん 豊田 清(とよた きよし)さん
仲村 克己(なかむら かつみ)さん 西安 義行(にしやす よしゆき)さん
長谷川 久美子(はせがわ くみこ)さん 濱野 喬一(はまの きょういち)さん
廣田 公一(ひろた こういち)さん 福本  勝利(ふくもと かつとし)さん
松島 正樹(まつしま まさき)さん 森本 規容子(もりもと きよこ)さん
山下 千恵子(やました ちえこ)さん 山本 琴美(やまもと ことみ)さん
の28名の情報が掲載されています。

本日、アメリカのトランプ大統領が来日しました。9月19日、国連総会にてトランプ大統領は、初の演説で、拉致問題に横田めぐみさん(52)=拉致当時(13)=を 念頭に、「13歳の日本人の少女を拉致した」などと北朝鮮を厳しく批判しました。そして、今回の来日に伴い11月6日に拉致被害者の家族、拉致被害者の曽我ひとみさんとの面会について、 大統領自身が拉致被害の実態を聞き、心を揺さぶられたことが実現につながったとのことです。今こそ、国民がこれらの報道により関心を強く持つ機会となります。
拉致問題は一刻も早く解決しなければならない人権侵害です。
例年、私ども「秋田美輪さんを救う川西市民の会」は要望を提出させていただいており、市役所ロビーにて、川西市出身の拉致の疑いを排除できない拉致の可能性の強い特定失踪者、秋田美輪さんの資料や拉致問題の啓発資料の掲示をご依頼し、実践して下さっていることに心より感謝申し上げます。

政府 拉致問題対策本部の
「平成28年度における日本人拉致問題に関する理解促進活動の実施状況」
https://www.rachi.go.jp/
に川西市の取り組みが掲載されています。全国他府県他市町村でも様々な取り組みが積極的になされています。が、川西市の多様かつ真摯な取り組みは、その中でもすすんでいると思います。
https://www.rachi.go.jp/jp/archives/2017/h28kobetu-jititai.pdf


今年の拉致週間も、例年よりもまた一歩すすめる形での啓発をお願いいたします。

川西市は、川西市湯山台に当時住んでおられ、川西明峰高校を卒業し、神戸松陰大学に通う通学、登下校の途中で拉致された可能性の高い秋田美輪さんの出身地です。すでに川西明峰高校の校長先生や教頭先生も関心を持って下さり、川西市の多田中学校では、夏休みの人権作文の発表で拉致問題を憂いた在校生の作文をとりあげる等、教育現場でも、最重要人権問題として真摯に取り組んでおられる例がありました。
また、拉致問題が最重要人権問題との意識の高い小中学校、高校などは
学校内に拉致問題啓発のポスターを掲示しているところもあります。

兵庫県では、学校教育における拉致問題の指導について
人権課題「北朝鮮当局による拉致問題等」の指導の手引きや指導案も提示しています。
www.hyogo-c.ed.jp/~jinken-bo/.../megumisidoutebiki.pdf
www.hyogo-c.ed.jp/~jinken-bo/56hohoemi/3siryouhenn.pdf

アニメめぐみ 兵庫県教育委員会の教育指導の活用について
http://www.hyogo-c.ed.jp/~shikama-ths/zenniti/image/megumi_anime_rachi.pdf#search=%27%E5%85%B5%E5%BA%AB%E7%9C%8C+%E6%8B%89%E8%87%B4%E9%80%B1%E9%96%93%27



2. 要望
 ●12月10日から16日までの「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」に市役所ロビーにて北朝鮮啓発のパネルやポスター展示、秋田美輪さんの資料の展示をして下さい。
 ●アニメ「めぐみ」の上映会を実施して下さい。
 ●教育現場で、文部科学省から各小中高校に送付されているアニメ「めぐみ」のDVD等による拉致問題の啓発人権教育が行われているかどうか、確認し、毎年、拉致問題に関する人権教育を実施するようご指導下さい。
 ●広報誌や川西市のホームページ上でも、拉致問題について、北朝鮮人権侵害問題啓発週間について、そしていまもなお苦しむ秋田美輪さんという被害者の存在を大きく啓発して下さい。
 ●毎年、拉致問題啓発週間のポスター展示に「ヘイトスピーチ許さない」という黄色い
ポスターが並べて掲示してありますが、テーマの違う「ヘイトスピーチ」の人権問題と、拉致問題の啓発は、別の時に実施し、並べて掲示しないようにして下さい。


今年度の北朝鮮人権侵害問題啓発週間に対する取り組みの企画
また、学校教育における拉致問題の指導の取り組みについて
お手数ですが、ご解答いただきたくお願い申し上げます。

※また、現在、拉致問題解決のために尽力している個人や団体に対し、反差別を称する団体等が、拉致問題解決に向けた活動に「差別」「ヘイトスピーチ」とレッテルを貼り、不当な圧力をかけるという暴力・人権侵害が繰り返されています。
拉致問題解決のために努力を続ける活動に対する圧力や印象操作こそ、ヘイトスピーチであります。川西市もこのような反差別を称するヘイトスピーチ団体の圧力に屈せず、拉致問題の解決に対する取り組みにご理解いただきたくお願いいたします。

以上
AD